タグ別アーカイブ: 確率変数

コピュラ (統計学) – Wikipedia

統計学におけるコピュラ (英: copula) とは、多変数の分布関数とその周辺分布関数の関係を示す関数のことである。確率変数の相関を表す指標として代表的なものに相関係数があるが、相関係数が 1 個の数値であるのに対してコピュラは関数であることから、確率変数の間のきわめて多様な依存関係を表すことができる。なお、名称はラテン語で相異なる物同士の「つなぎ」や「結び付き」を意味する名詞 copula(英: couple の語源)に由来する。

引用元: コピュラ (統計学) – Wikipedia.