タグ別アーカイブ: 生産性の向上

ブルックスの法則 – Wikipedia

ブルックスの法則は、しばしば「9人の妊婦を集めても、1ヶ月で赤ちゃんを出産することはできない」と説明される。ブルックスの法則がしばしば引用される一方で、『人月の神話』でブルックスの法則が述べられる直前の「ブルックスの法則を一言で述べると」という行が引用されることはめったにない。

根拠

ブルックスによれば、この法則が成り立つ主な理由は二つある。

新たに投入された開発者が生産性の向上に寄与するまでには時間がかかる。ソフトウェアプロジェクトは複雑な作業であり、新たにプロジェクトに参加した人は仕事に取りかかる前に、まず開発の現状や設計の詳細などを理解しなければならない。これを既存のチームメンバの側から見れば、新入りの教育にリソースを割かなければならないということであり、従って人員の増加がチームの生産性に与える効果は短期的にはマイナスになる。また、プロジェクトに慣れない間はミスを犯しやすいので、新たなバグの挿入によってプロジェクトが更に遅れる可能性もある。

人員の投下は、チーム内のコミュニケーションコストを増大させる。プロジェクトを進めるに当たっては、チームが協力して同じ課題に取り組む必要があるが、これを実現するには調整のためのコストがかかる。一般に、人が協調して仕事を進めるためには、のコミュニケーションチャンネルを調整する必要があるので、結局、プロジェクトの人員に対してコミュニケーションコストはのオーダーで増加することになる。単純にいえば、開発メンバーを二倍に増やしたチームは、それに伴って四倍のコミュニケーションコストを負担するのである。

解決策

ブルックスの法則で言及された問題を避けるためには、問題全体を小規模のグループが担当できるサイズに分け、より上位のチームがシステムの統合を引き受けるというものだ。ところがこれも問題を分ける過程が正確でなければチームの間の意思疎通コストが増えるようになり、問題をもっと大きくする場合があるという短所がある。

引用元: ブルックスの法則 – Wikipedia.

CSAJ/コラム「やさしい情報経済論」ロックインの分類(その2)

米国防総省が調達する機器やシステムには特殊なものが多い。戦闘機、ミサイル、戦車、イージス艦はもちろん、さまざまな兵器や装備品の多くが特別なものであった。こうした機器やシステムは、教育・訓練が必要であることもあり、特別な理由がない限り、同じものを調達し配備する。当然のことながら、特殊な機器やシステムは供給者が限定され、さらに固定化されるため、その結果として調達コストが割高になる。

米国防総省の調達コストが高すぎることは米国議会でも問題になり、1980年代半ばからCALS(Computer Aided Logistics Support)プロジェクトが開始される。これは後にComputer aided Acquisition and Logistic Support、Continuous Acquisition and Life-cycle Supportと名称が変更になるが、コンピュータとネットワークを利用して調達・兵站コストの削減、生産性の向上を目的とした官民合同のプロジェクトであった。

また、できる限り市販製品を調達するように方針が変更された。市販製品がなく、研究開発を要する場合であっても、その成果物をデュアルユース(軍事用に民生用にも利用できるもの)にすることが求められた。

引用元: CSAJ/コラム「やさしい情報経済論」ロックインの分類(その2).

安倍首相 労働制度の見直しを指示「成果で評価される仕組みを」 – MSN産経ニュース

安倍晋三首相は22日、経済財政諮問会議と産業競争力会議との合同会議で、労働分野の改革について、「時間ではなく成果で評価される働き方にふさわしい、新たな労働時間制度の仕組みを検討してほしい」と関係閣僚らに指示した。労働改革を生産性の向上や企業の競争力強化につなげ、日本経済の活性化を後押しする狙いがある。

民間議員からは、少子高齢化に伴って当面は人口減少が続くことから、女性や高齢者の活用を進めることが提案された。長時間労働を是正するため、有給休暇の強制取得や時間外労働に対し賃金ではなく休暇を給付する仕組みを導入することも検討すべきとした。

同時に、長時間労働を強要したり、残業代を支給しないような法令上問題のある企業の取り締まりを強化する必要性も強調した。

また、一定の条件のもと労働時間ではなく、成果を報酬に反映する方式の導入も提言。従業員本人の同意を前提として、労使が合意して対象職種を決める「労働時間上限型」と、年収1千万円以上で、高度な能力を有する職業を対象とする「高収入・ハイパフォーマー型」の2種類をあげた。

民間議員の提言は、労働時間規制を適用しない「ホワイトカラー・エグゼンプション(労働時間の規制除外制度)」を念頭においたものとみられる。同制度は、企業は社員に一定の年俸と成果に応じた給与を支払うが、労働基準法で定められている時間外労働に対する残業代や休日や深夜勤務の割り増し賃金はなくなる。その代わりに自分の判断で働き方を選べるので、在宅勤務の活用が進むことも見込まれている。

引用元: 安倍首相 労働制度の見直しを指示「成果で評価される仕組みを」 – MSN産経ニュース.

DQN、大企業と出会う。 – 漂流する身体。

この現象は、少し抽象度を上げると、建設業みたいなモノを作る第二次産業から、モノやサービスを売る第三次産業に産業構造全般がシフトし続けている流れの一つの末端である。第三次産業は、第二次産業ほどのペースでは生産性向上が難しいし(コンビニの店員が長い経験積んでも倍のスピードで客をさばける様にはならないし、機械化も難しい)、差別性の源泉が商品からブランドや接客みたいなソフト的なものの比重が強まるから(コーヒーチェーン間でコーヒー自体には余り差は無い)、第三次産業は生産性の向上や生産性以前の投入資源の価格競争力、或いは差別性等を実現する前提として、規模がより重要になる。似たようなものを売るなら、規模によってコスト下げないと勝負にならないし、似た存在にならない様に、ブランド投資や従業員接客教育を行うにはそれなりの規模が無いと無理だからだ。だから、差別性に乏しい町の普通の寿司屋は潰れて、あきんどスシローやかっぱ寿司に入れ替わるんだけど、結果として規模の大きな全国チェーンは、雇用吸収力も大きいため、その成長の過程でDQNを末端で雇いだす事になる。そう、ここがリスクやクレームに超敏感で厳格な社会のルールの権化みたいなニッポンの大企業と、うちらの論理しか知らないDQNが出会う不幸な場所なのだ。そして、スタバみたいな厳選した採用と、みっちりした教育訓練を、こういったニッポンの大企業の殆どは出来ない為、お客様と、ネット民と、濡れた子猫の様に可哀想なお客様相談室のオッサンの前に、ちょっと訓練されただけのDQNが解き放たれる事になる。

引用元: DQN、大企業と出会う。 – 漂流する身体。.

なぜ掃除機で店内掃除をすると利益が上がらないか 「あなたの仕事・職場」と儲かるカギ【1】ムダと生産性:PRESIDENT Online – プレジデント

「チェーン店が作業改善を目指すうえで、見つめるべきはハードの仕組みなんです。ソフト(人材)の熟練を期待して、努力や根性でカバーするには限界がある。でも作業を根本から見直して発想を転換できれば、50%、80%という改善があるかもしれない」と語るのは、エンジニアリング部課長の久保聡志氏。

入社試験でも論理的思考を問うというサイゼリヤの社員の大半は理系専攻。科学に裏づけされた発想力で、店内清掃や皿洗いといったレストランでは常識の業務も当然のように見直される。その作業がどうして必要なのか、どんな目的なのかを原理原則までさかのぼって考え直し、よりよい仕組みをつくるためだ。

その象徴的な例が、開店前のフロア清掃だ。店舗ごとの掃除時間の平均をデータ化してみると、掃除機をかける時間にもっともムダが多く、ムラがあるとわかった。そこで掃除機を廃して、通路の幅に合わせた最新式のモップを導入した。

「まず掃除の定義について考えました。サイゼリヤにおける掃除とは、フロアに落ちているゴミを最終的になくすことです。はじめから掃除機で吸い上げる理由などないのです」

フロアの規格ごとに最短の順路をマニュアル化すると、どのスタッフでも均一の手順で掃除がすむことがわかった。その結果、従来は開店前の1時間を費やしていた作業が半分の30分に短縮された。実に2倍もの生産性の向上に繋がったわけだ。
表を拡大
仮説と検証の日々

「全836店舗の人件費が30分×365日分削減すると、年間で大体1億円という試算になりました。自分たちの作業改善によるコスト削減は、売り上げとは無関係。仮に売り上げが下がったとしても、損益分岐点そのものが下げられれば、企業として利益が上がる体質になっていきます」

店舗のスタッフ数が少ないのも同チェーンの特徴だが、それも生産性向上の結果だ。フロアの仕事量を移動距離×時間で算出し、必要最低限の人数を配置する。トレーを使わず皿を手で運ぶのは、手ぶらの移動時間をつくらないため。忙しい時間帯は立ち止まらない。キッチンにガスレンジどころか包丁もないのは、スタッフの技能に頼らないためだ。こうした細かい積み重ねが、圧倒的なコスト競争力を生みだす。

「新しい仕組みをつくるときは、『この業務はなくせないか』『何かに置き換えられないか』を考えます。扱う品目と作業を減らしてシンプルにすることで、どの店舗でも、どのスタッフでも均一なサービスが提供できる。当社の基本姿勢は、製造業と同じなんですよ。『売る、儲ける、努力させる』ことから『売れる、儲かる、方法を変える』という仕組みづくりへの転換を目指しています。もはやチェーンストアでは常識ではないのでしょうか」

引用元: なぜ掃除機で店内掃除をすると利益が上がらないか 「あなたの仕事・職場」と儲かるカギ【1】ムダと生産性:PRESIDENT Online – プレジデント.

テクノロジは雇用を破壊しているのか?


テクノロジは雇用を破壊しているのか?: そこで、この10年で合衆国に起きているのは、経済成長に、本来なら伴うはずの雇用の成長が伴わないことだ。これまでは、生産性の向上と雇用の増加は二人三脚だったが、今やそうではない。2000年から2009年までの生産性の向上は年平均2.5%、1960年代以降で最高だ。しかし、この同じ10年に雇用の総数は1.1%減少した。