タグ別アーカイブ: 生まれつき

ゾウにがんが少ない理由を解明、米研究 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

ゾウは、その大きい体にもかかわらず、がんになることはほとんどない──。この「謎」をめぐる研究結果が8日、発表され、ゾウが持つ、がんに対する防御機能の秘密が明らかにされた。ヒントは遺伝子の中に隠されていたという。

米国医師会雑誌(Journal of the American Medical Association、JAMA)に掲載された研究論文によると、ゾウには、腫瘍の形成を抑制するタンパク質「p53」をコードする遺伝子の一部が変化したコピーが38あるが、人間は、この種のコピーを2つしか持っていないという。

これは、ゾウの体が進化の過程で、腫瘍の形成を阻止する遺伝子の追加のコピーを多数作成してきたことを意味する。

ゾウは人間よりはるかに多くの細胞を持っているため、50~70年間の一生のうちにがんになるリスクは、人間より高いと通常は考えられる。だが実際はそうではないのは長い間、謎とされてきた。

ゾウの死因の膨大なデータベースを分析した結果、がんで死ぬゾウは全体の5%に満たないことが分かった。これに対し人間では、がんは死因の11~25%となっている。

論文の共同主執筆者で、米ユタ大学医学部(University of Utah School of Medicine)ハンツマンがん研究所(Huntsman Cancer Institute)の小児腫瘍医、ジョシュア・シフマン(Joshua Schiffman)氏は「論理的に推論すると、ゾウは途方もない数のがんを発症するはずで、実際には、高いがんリスクにより今頃はもう絶滅しているはずだ」とした上で、「より多くのp53を作ることが、この動物種を今も生存させている自然の方法だと考えている」と続けた。

さらに、がん化する危険性がある損傷した細胞を殺傷するための、より攻撃的な体内メカニズムが、ゾウには生まれつき備わっていると研究チームは指摘。このことについて論文では「隔離したゾウの細胞では、この活性が、健康な人間の細胞の倍になっている」と記されている。

論文の共同執筆者には、米アリゾナ州立大学(Arizona State University)や米人気サーカス団が運営するリングリング・ブラザーズ・ゾウ保護センター(Ringling Bros. Center for Elephant Conservation)の専門家らも名を連ねている。

研究チームは、今回の成果が人間の抗がん治療法の新たな開発につながることを期待している。

引用元: ゾウにがんが少ない理由を解明、米研究 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News.

考える力の弱い人へ – Chikirinの日記

世の中には、「考えてだけいる人」と「行動だけしてる人」がいます。どっちも凡人がやるべきことではありません。

凡人がそんなことやってたら、「頭でっかちで世の中を知らない使えないヤツ」か、「朝から晩まで働いてるのに、全く報われない人」にしかなれません。

考えてだけいて、それなりの結果がだせる人は、天才です。そういう人は元から、生まれつき、考える力が尋常じゃないんです。

行動だけしていて、結果が出せる人も同じです。

何も考えず、ひたすら行動だけしていて、それで結果が出るなんて、凡人にはありえません。彼らは、いわゆる“動物的な勘”ってのを持ってるんです。

でも、凡人にはそんな力もセンスもありません。

凡人がやるべきは、「行動する」と「考える」を上手く組み合わせることです。特に、「オレは(私は)考える力がイマイチだな」と思ったら、できるだけ行動側を強力なものにすればいい。

あまり人が行かない国に行く。多くの人が避けている仕事に就く、あまり人気のないコトをやってみる。他の人が諦めたことでも、諦めない。

そうやって「他の人がやらないこと」を材料にして考えれば、凡庸な日常だけから考えてる人を、一歩凌ぐことができます。

引用元: 考える力の弱い人へ – Chikirinの日記.

マネージャーとリーダーは役割が違う : 「風俗的マーケティング」「デリヘルの経済学」著者・モリコウスケ 公式ブログ

リーダーはひらめきを与え、神経質でないとしても感情的だ。こういう性質は生まれつきのものだ。

マネージャーはリーダーとは全く異なり、バランスが取れていて、合理的で感情的にはならず、(少し退屈かもしれないが)友達になりやすい。

これはリーダーとマネージャー、どちらが優れているかという話ではない。

ある会社は、ある時期に、創造力を発揮し、前例のないことを成し遂げる人が必要なことがある。しかし、また違う時期には、合理的、客観的で、少し退屈な人が必要になったりもする。こういう人は「リーダー」にはならないだろうが、ものすごく優秀なマネージャーだったりする。

時には創造力を発揮し、リスクをとり、奇抜なことを考えたりする必要がある。また、その必要がないときもあったりする。

『ハーバード・ビジネス・レビュー』の記事「マネージャーとリーダーーその似て非なる役割ー」より

引用元: マネージャーとリーダーは役割が違う : 「風俗的マーケティング」「デリヘルの経済学」著者・モリコウスケ 公式ブログ.

創造性をどう伸ばすか? – 統計学+ε: 米国留学・研究生活

創造性をどう伸ばすか? – 統計学+ε: 米国留学・研究生活: 創造性とは、運と生まれつきに左右される部分を除けば、
論理的構成力、知識量、ネットワーキングという
ありきたりだが身につけるのに骨が折れる能力の組み合わせだろう。

尊敬する人たちと飲んで帰ってきたので言いたいことを言う: やまもといちろうBLOG(ブログ)

尊敬する人たちと飲んで帰ってきたので言いたいことを言う: やまもといちろうBLOG(ブログ): 刺激のない人は価値のない人であるという話

 刺激ってのは一言で言うと簡便だけども、実際には普通でない何かだったり、ほかの人とちょっと違うこだわりであったり、生まれつきの価値観の違いだったり、世間一般の人とはここが異なるというアピールの総体なんだよという話で。

 成功した人というのは、そういう自分のほかとは違う何かであったり、価値観を突き詰めていった結果が、運や好機に乗って花開く過程を経験した人ということで、ただし成功は長続きせず、一発当たって舞い上がって墜落して終わる人の共通項は何なのかとか考えると寂寥感があったりとか。