タグ別アーカイブ: 理屈

バークシャー・ハサウェイの役員、スーザン・デッカーがネット広告市場の過当競争に警鐘 – Market Hack

その記事によると2004年から2014年の間に、ネット広告市場の規模は130億ドルから1,420億ドルに増えました。これは年率換算+27%です。

これに応じてネット広告がグローバルの広告市場全体に占める割合も、4%から26%へと増えました。つまり広告主は紙などの従来の媒体からネット広告へ予算をシフトしているわけです。

問題はグローバルの、すべての広告市場で見た場合、10年間の年率換算成長率は僅か+1%に過ぎないという点です。

スーザンは「これは理屈に叶っている」としています。なぜなら消費者が広告に接する時間は限られているし、企業が宣伝広告費に割ける予算は、ほぼ一定だからです。

すると地上波、ラジオ、紙メディアなどの既存媒体から、あとどのくらいネット広告がマーケットシェアを奪えるか? ということに注意を払いはじめるべきだというわけです。

過去10年間のネット広告市場の成長率は+27%だけど、過去3年間の成長率は+19%、+17%、+15%と着実に減速してきているというわけです。

ドットコム・ブームの当時、或るウェブ・スタートアップがビジネスを始めるにあたって必要な初期費用は250万ドルでした。しかし最近は5万ドルもあればウェブサイトを立ち上げることが可能です。

つまり「世界を変えるぞ!」という痛いノリでウェブ企業を始める軽い奴らはゴマンと居るわけです。スーザンは「お手軽にウェブ企業を始められるという事実に注目するのではなく、グーグル、フェイスブックなどのすでにエスタブリッシュされた大企業からビジネスを奪うのがどんなに困難になっているか? という事実に、もっと注意を払うべきだ」としています。

実際、スタートアップ企業が黒字化するまでに必要とした年数は:

グーグル 3年

ヤフー 4年

フェイスブック6年

ツイッター 8年

ユーチューブ 10年(但しグーグルの一部門)

ジロー 11年

トリップアドバイザー 11年

と、だんだん長くなっています。

引用元: バークシャー・ハサウェイの役員、スーザン・デッカーがネット広告市場の過当競争に警鐘 – Market Hack.

ロジックジャンプ: 内田和成のビジネスマインド

その一節にロジックジャンプを信じるというのがある。

ホットペッパーの営業マンは、毎日新規の飛び込み営業をするそうだが、一つの店に複数の営業マンが訪れてしまうことがたびたびあるそうだ。これ自体、営業の教科書から言うと問題だということになるかも知れないが、言いたいことはこのことではない。

飛び込み営業の常として、最初の内は、「じゃまだ」とか「用はない」とか追い返されるのだが、何度も通ううちに、「大変だね」とか、「頑張るね」とか、「お茶でも飲んでいったら」と声をかけてもらうようになる。これもよくある話しだ。

そこへ、全く新しい別の営業マンが飛び込みで訪問すると、店主が「うちの担当は○○さんだよ」と言い出す瞬間があるそうだ。まだ取引もしていないのに担当になっている。

要するに、心理的なつながりが生まれることで、理屈を超えた言葉が発せられる。この瞬間を「ロジックジャンプ」と呼ぶそうだ。

引用元: ロジックジャンプ: 内田和成のビジネスマインド.

ライフネット生命 副社長のブログ: 気鋭のベンチャー経営者たちに学ぶプレゼン術

6. 「他人事」ではなく「自分ごと」とrelateしてもらえるか?

その際のポイントは、「共感・共鳴」「自分ごと」="relevance" のネタ仕込み

「あー、確かにそういうことあるある」

「確かに、こういうのがあったら超便利だよね」

と思ってもらえるかではないか。

これに対して、

「理屈では分かるんだけど、自分はいいや(他人事)」

と思われるようだったら、アウト。

引用元: ライフネット生命 副社長のブログ: 気鋭のベンチャー経営者たちに学ぶプレゼン術.

風立ちぬ、ここで泣いた(ネタバレ) – UEI shi3zの日記

夢を追いかけるのに犠牲はつきものだ。

これは、どうしようもない事実である。

ワークライフバランスという言葉があるけれども、実際には両方器用にこなすのは至難の技だ。集中すべきときは集中したいし、そのときに女は邪魔だ。あらゆる邪念を排し、ただ目標に向かってひたむきに進みたいと思う時もある。ワークライフバランスを大事にしたほうがいい、と理屈では思う。けれども僕は極端なバランスでしか生きられない人間だ。仕事に溺れるか、女に溺れるか。どちらも取るなんていう器用なことが僕にはできない。だから二郎の葛藤もわかる。

仕事をしているときに、女に片手を握られていたら邪魔だ。あんな状態でいい仕事ができるわけがない。あの描写はフィクションと思うが、思い当たる節がいくつもある人もいるだろう。

仕事だけを考えたら、しばらくしたら手を振りほどいて図面に向かうべきだ。

反対に、女が大事なら、そんな仕事はあきらめることだ。

女の方にも都合がある。こちらのタイミングにあわせてくれる相手ばかりではない。

理屈ではそういうことになる。しかしなかなか、人の感情というのは理屈通りにはいかない。

引用元: 風立ちぬ、ここで泣いた(ネタバレ) – UEI shi3zの日記.

Linux へと移行するエンタープライス・サーバー : from UNIX and Windows | Agile Cat — in the cloud

プロプライエタリは、供給する側の理屈とイニシアティブによりドライブされていくプロダクト。 そして、オープンソースは、利用する側の理屈とイニシアティブによりドライブされていくプロダクト。

引用元: Linux へと移行するエンタープライス・サーバー : from UNIX and Windows | Agile Cat — in the cloud.

漢(オトコ)のコンピュータ道: 付加価値の落とし穴

漢(オトコ)のコンピュータ道: 付加価値の落とし穴
オマケをつければ製品の値段を上げても良いような気分になるのは、まったくもって売る側の理屈である。その理屈とはオマケにも原価がある、だからその原価の分価格を上乗せしても良いというものだが、その理屈は完全に誤っている。買う側は自分が欲しいものに対して金を払うのであって、いくら下らないオマケが山のようになっていたって価値など認めない。煩わしく感じるだけだ。分厚いマニュアルなどお断りなのである。
 

経営戦略よりも重要なこと – @fromdusktildawnの雑記帳

経営戦略よりも重要なこと – @fromdusktildawnの雑記帳: 「戦略の正しさ」は、後付の理屈であることが多い。
成功すると、過去に遡って優れた戦略が見いだされ、正しい戦略のせいで成功したというもっともらしい理屈ができあがる。