タグ別アーカイブ: 物理学者

スーパーマリオワールドの表面重力は約8g、物理学者が算出。巨大ガス惑星上構造物の可能性 – Engadget Japanese

ゲーム『スーパーマリオワールド』の世界における表面重力は地球の約8倍(78m/s2、7.96g)であり、おそらくは太陽系外の巨大ガス惑星上に構築されたプラットフォーム上のできごとである可能性が高いとする計算結果を、米ニューヨーク大学の宇宙物理学者 Gabe Perez-Giz 氏が発表しました。

といっても真面目な論文でマリオ世界の実在を論じたわけではなく、米国の公共放送ネットワークPBSで始まった物理・科学教育番組 PBS Space Time のウェブ向けミニエピソードの話です。本編約6分は下に貼り付けた動画でごらんください。

要するに重力加速度とはなにか、地球では9.8m/s2 だがこうやって求められます、数式ではこうなります、では応用としてマリオのジャンプ力の秘密を 仮に実在する環境だったどうなるか? で計算してみましょうとの趣向です。

マリオの縦方向ピクセル数と半公式な身長(150cmちょっと)からゲーム画面内のスケールを割り出し、ジャンプの距離と速度から割り出した結果、スーパーマリオワールド(SNES / スーパーファミコン版)での重力加速度は、マリオのジャンプと落下の速度から計算して 78m/s^2。つまり地球の表面重力の約8倍。

重力が弱いからふわふわと高くまで飛んでいるわけではなく、人間ではただ横たわるにも耐え難い大重力のなかで凄まじい脚力を以ってジャンプしているからこそあの高度と速度という結果になりました。さらにそこまで大重力の惑星は地球型では存在が難しく、太陽系外の巨大なガス惑星上に何らかの力で支えられた平坦なプラットフォーム上のできごとであろう(と考えれば一応辻褄はあう)と結論づけています。

引用元: スーパーマリオワールドの表面重力は約8g、物理学者が算出。巨大ガス惑星上構造物の可能性 – Engadget Japanese.

CNN.co.jp : 創造性の「暗黒面」 抑鬱や狂気が天才を生み出す? – (2/3)

スウェーデン・カロリンスカ研究所のシモン・クヤガ氏の研究チームは、約120万人に及ぶ精神科患者とその親族を調査。ダンスや写真など、創造性が要求される分野で活動している人は、双極性障害を発症する可能性が8%ほど高いことが明らかになった。この傾向は特に作家に顕著で、一般よりも121%増大する。

創作活動にたずさわる人の親戚が、統合失調症などの精神的な疾患を抱える可能性が高いこともわかった。この点は重要で、以前から、創造性と精神疾患が同居して「遺伝」するのではないかと指摘されてきたからである。有名な例でいえば、物理学者アインシュタインの息子や小説家ジョイスの娘は、統合失調症だった。

遺伝子の役割をより直接的に調べた研究もある。ハンガリー・センメルベイス大学の精神科医ケリ・サボルチュ氏は128人の被験者に対して「創造性テスト」を実施し、その後に血液検査を行った。同氏の研究結果によれば、創造性豊かな被験者は精神疾患に関連する遺伝子を保有しているとされる。

引用元: CNN.co.jp : 創造性の「暗黒面」 抑鬱や狂気が天才を生み出す? – (2/3).

「群れ」の科学 « WIRED.jp

天気のよい冬の夕方、この黒い小鳥はローマの日没の空に群れ集い、帆がはためくような音を立てて飛び回る。そこにハヤブサが襲いかかると、ムクドリは一斉にハヤブサをかわす。ハヤブサが見えるはずのない離れた場所を飛んでいるムクドリまでがそうするのだ。どうなっているのだろう?

イタリアの物理学者アンドレア・カヴァーニャは、美術館の冷たい屋根に設置した3台のカメラで数千羽のムクドリを撮影し、コンピューターで鳥たちの動きを三次元的に再現することでその秘密を解いた。

伝言ゲームを思い浮かべてもらえばよいが、個体から個体へと情報を伝達するシステムでは、そのたびにノイズが入って情報の質は低下する。だがカヴァーニャの発見によると、ムクドリはいわば「スケールフリー」的に動くらしい。1羽が向きを変えると群れ全体が向きを変える。1羽が速度を上げると群れ全体が速度を上げる。その規則は単純だ。簡単に言えば、近くの6羽とだけぶつからないように動きを合わせる、ということだ。

こうすると情報の劣化がずっと抑えられるため、個々のムクドリの知覚が群れの隅々にまで拡大され、群れ全体がひとつの動きを取るようになる。

引用元: 「群れ」の科学 « WIRED.jp.

炭素惑星 – Wikipedia

炭素惑星(英語: carbon planet)とは、アメリカの天体物理学者 Marc Kuchner が提唱した惑星の類型。炭素やその化合物を主な成分とする固体の天体である。英語では diamond planet(ダイヤモンド惑星)やcarbide planet(炭化物惑星)とも呼ばれる(ただし前者については惑星全体がダイヤモンドというわけではない)。2011年の時点では実際に確認された例はなく、理論上の存在である。

引用元: 炭素惑星 – Wikipedia.

「太陽電池式の人工網膜」で、脳に視覚信号を送信 « WIRED.jp

ネズミの脳に視覚信号を送信できる、太陽電池式の人工網膜が開発された。

この研究は、スタンフォード大学の物理学者と眼科医から成るチームによって行われたもので、既存の無線式光起電力型人工網膜(簡単にいえば「太陽電池式のバイオニック・アイ」)を使用し、ネズミの網膜神経細胞を刺激して脳の反応を観察した。

その結果、中心視力が徐々に失われる原因となる黄斑変性を患うネズミで、視覚情報の伝達に関連する脳の活動が通常の状態に戻ることを研究チームは発見した。

この技術は拡張性があるため、将来的に解像度をさらに高くできる可能性がある。研究チームによれば、今回の結果は「網膜変性疾患が原因で失明した患者の視力を回復するための有効なアプローチ」を提供するものだ。

引用元: 「太陽電池式の人工網膜」で、脳に視覚信号を送信 « WIRED.jp.

理論物理学者のカク・ミチオ氏。ムーアの法則はこの10年で終わり、次は分子コンピュータとの見通しを語る - Publickey

理論物理学者のカク・ミチオ氏。ムーアの法則はこの10年で終わり、次は分子コンピュータとの見通しを語る - Publickey: カク博士は、ムーアの法則が熱と量子力学的な微細化の限界に近づきつつあると説明します。現在のプロセッサの回路は原子20個分の幅しかなく、これが5個になると、熱によってチップが溶ける、あるいは量子論に支配されて電子の位置が決定できなくなり、電子が回路の中にあるのか、外にあるのか分からなくなるため、シリコンによる回路の微細化に限界がくると。

理論物理学者のカク・ミチオ氏。ムーアの法則はこの10年で終わり、次は分子コンピュータとの見通しを語る - Publickey

理論物理学者のカク・ミチオ氏。ムーアの法則はこの10年で終わり、次は分子コンピュータとの見通しを語る - Publickey: ではシリコンの先には何があるのでしょう。タンパク質コンピュータ、DNAコンピュータ、光コンピュータ、量子コンピュータ、分子コンピュータなどの名前が挙がります。

「より速く適切に学べる人」:その理由 � WIRED.jp

「より速く適切に学べる人」:その理由 � WIRED.jp: 物理学者のニールス・ボーアは、専門家とは「非常に狭い範囲で、生じうる間違いのすべてを経験した人」だと定義した。この警句は、学習というものの重要な教訓をまとめている。つまり、人は何度も何度も間違いをおかすことで、正しいやり方を学ぶということだ。教育とは、数々の間違いから搾り取られた知恵のことなのだ。

「より速く適切に学べる人」:その理由 � WIRED.jp 世界最強の「テクノ」ジャーナリズム

「より速く適切に学べる人」:その理由 � WIRED.jp 世界最強の「テクノ」ジャーナリズム: 物理学者のニールス・ボーアは、専門家とは「非常に狭い範囲で、生じうる間違いのすべてを経験した人」だと定義した。この警句は、学習というものの重要な教訓をまとめている。つまり、人は何度も何度も間違いをおかすことで、正しいやり方を学ぶということだ。教育とは、数々の間違いから搾り取られた知恵のことなのだ。