タグ別アーカイブ: 燃費

鉄の5倍強度の次世代素材を開発へ NHKニュース

地球温暖化対策に向けて、環境省は植物から製造され、鉄の5倍の強度を持つとされる「セルロースナノファイバー」と呼ばれる次世代の素材を開発する実証事業を来年度から始める方針を固めました。

環境省が実証事業に乗り出すのは「セルロースナノファイバー」と呼ばれる次世代の素材です。

この素材は木材や稲わらなどから特殊な技術で繊維を取り出したもので、樹脂と混ぜて固めると植物の細かい繊維が複雑に絡み合っているため、鉄の5倍の強度を持ちながら重さが鉄の5分の1程度と軽いのが特長です。

環境省は、この素材を自動車の部品や住宅の建材などでの利用を検討しています。製造に伴って温室効果ガスを排出する鉄などの金属を使わないことと、軽量化による燃費の改善が図られることなどで環境省は地球温暖化対策につながると期待しています。また、研究が進めば、間伐材や廃材のほか焼酎やジュースの搾りかすなど、植物由来の廃棄物を再利用できる可能性もあるということです。

環境省は来年度予算案の概算要求に38億円を盛り込み、来年度以降、自動車メーカーなどと協力して製品の開発や燃費改善の検証を進めることにしています。

環境省は「この素材は温暖化対策だけでなく国内木材や廃棄物の活用など、さまざまな波及効果が期待できる。企業や関係省庁と連携しながら研究開発を進めていきたい」としています。

引用元: 鉄の5倍強度の次世代素材を開発へ NHKニュース.

三菱重工とIHI、ターボ事業が大繁忙の理由 | 企業戦略 | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト

三菱重工業とIHIといえば、発電所用設備や産業機械、航空機関連など重厚長大分野を主力とする重工メーカー大手。その2社の“ある技術”が世界中の自動車メーカーから熱い視線を集めている。自動車のエンジンに搭載される「ターボチャージャー(過給機)」だ。

これは、大量の空気を強制的に送り込んでエンジンの出力(パワー)を増大させる装置。エンジンは空気が多いほど燃焼効率が上がるため、ターボを装着すると出力が増す。かつてはスポーツ車のための特殊な装置だったが、近年では自動車の燃費改善のための重要なツールと位置付けられ、需要が急速に伸びている。

日本の重工2社はその世界大手メーカーで、両社の関連事業は右肩上がりで成長。IHIの2014年度の販売台数は591万台と前年度比で7%増え、売上高は1680億円と1割以上増える見込みだ。三菱重工も同17%増の630万台へと拡大。同社の事業売上高は2013年度に初めて1000億円の大台を突破し、2014年度は一気に1500億円前後にまで伸びる見通しだ。

引用元: 三菱重工とIHI、ターボ事業が大繁忙の理由 | 企業戦略 | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト.

300m上空に浮かぶ風力タービン、実証実験へ « WIRED.jp

Altaeros Energies社は、マサチューセッツ工科大学(MIT)からスピンオフした風力エネルギー企業だ。ヘリウムを入れて膨らませる、長さ約10mの風力タービン「Buoyant Airborne Turbine」(BAT)を開発し、2012年にはメイン州において、高度100m以上でテストを行っている。

WIRED UKでは2012年に、同社の計画を記事にした(英文記事)。そして今回、その技術を次の段階に進めるための事業パートナーが見つかったわけだ。

130万ドルの予算をかけ、18カ月間にわたって実験が行われる今回の長期実証プロジェクトでは、アラスカ州フェアバンクス南部の敷地で、BATを高度300mまで上げる予定だ。

BATは、タワーに取り付ける従来型のタービンが届く高さよりも高い、風がより強くて安定している高度まで上がるよう設計されている。動かないように強度の高い綱で固定し、その綱に通っているケーブルで地上に電気を送る。

BAT本体は、エアロスタット(軽航空機)、すなわち、大気より軽い気体で浮力を得る飛行船等にかなり似ている。こうしたエアロスタットはこれまでも、重い通信装置を上げるのに使われてきた。

非常に強い風にも耐えるように設計されており、2013年のテストでは、プロトタイプは風速約20m/sの風にも耐えることができた。

Altaeros社のベン・グラス最高経営責任者(CEO)は、「今回のプロジェクトでは、十数軒以上の電力をまかなう電気を発電することになる」と話す。「風力発電では通常、輸送と設置に巨大なクレーンやタワーが必要だが、BATではこうしたものが要らない。これまでの風力プロジェクトでネックとなってきた地下の基礎工事も必要ない」

Altaeros社によると、辺地における電力とマイクログリッドの市場は、現在は燃費の悪いディーゼル発電機が使われており、170億ドルもの価値がある可能性があるという(長期的には、洋上風力もターゲットにしているという)。

引用元: 300m上空に浮かぶ風力タービン、実証実験へ « WIRED.jp.

運転の様子をデータ化して把握するiOSアプリケーションのDriving Curve | TechCrunch Japan

一方でDriving Curveの方は「シンプルさ」を強みに勝負に挑む。自分のドライブパフォーマンスに興味はあっても、複雑なデバイスを使うのはごめんだと感じている人は多い。

「必要なのはスマートフォンだけです。導入障壁を著しく下げることで、より多くの人に使ってもらうことを心がけました」と、Duoyuan Chenとともにアプリケーションを開発したTim Huangは言う。「細かなマシンデータを採取するのではなく、人の振る舞いを数値化することに注力したのです」。

使い方も簡単だ。運転を始める際にスタートボタンを押す。するとGPS衛星やiPhoneの加速度計を利用してスピードなどの測定を行う。

そして目的地に到着すればストップボタンを押す。するとドライブ中の加速やブレーキングの様子、燃費効率、移動距離などを教えてくれる。

引用元: 運転の様子をデータ化して把握するiOSアプリケーションのDriving Curve | TechCrunch Japan.

スポーツカーのような「ウォルマートの大型トラック」 « WIRED.jp

世界最大の商用トラック隊を保有している企業ともなると、燃料効率は非常に重要になる。そこでウォルマート社は、空気力学を改善して燃料の使用を抑える画期的デザインの新しい大型トラック「Walmart Advanced Vehicle Experience(WAVE)」を開発した。

長距離輸送の未来を予告するWAVEは、ウォルマート社が、Peterbilt社、Great Dane Trailers社、Capstone Turbine社と提携して開発したコンセプト・トレーラートラックだ。

コルヴェットの後ろ半分にトレーラーが乗っかっているように見えるかもしれないが、こうしたデザインにすることで、標準的なトラックより空気抵抗が20%小さくなる。また、世界初となる全長約16mの炭素繊維製トレーラーを牽引している。

運転席は、F1レーシングカーのようにキャブの中央に配置されており、その両側に液晶ディスプレイが設置されている。後部には、流麗な睡眠用キャビンもある。

タービンとバッテリーによるハイブリッドの動力伝達系を採用し、燃焼機関はディーゼルと天然ガス、バイオディーゼルを燃料とする。

興味深いことに、推定燃費については何も触れられていない。だが、空気力学上のメリットだけでも、ウォルマート社は多額の金を節約できる。同社は、6,000台以上のトラックを保有しているので、燃費の節約は大きな意味を持つのだ。

引用元: スポーツカーのような「ウォルマートの大型トラック」 « WIRED.jp.

【特別企画】さくらの石狩データセンターに見る、高効率データセンターの現在と未来 – クラウド Watch

非常用発電設備も、こうした試行錯誤が行なわれた箇所の1つだ。

石狩データセンターの非常用発電機としては、ディーゼルエンジンがずらっと並べられている。これは、初期コストが相対的に安価であることに加え、燃費が良いという理由で選定されたものだ。規模から言えば、一般的にはガスタービン発電機が導入されるところだが、ガスタービンは大型のものを一気に導入する形になるため初期コストが高く、また運転時の燃費もディーゼルエンジンに比べると悪い。

この特徴は、モジュール型の設計とも相性がよく、初期コストを下げることにも寄与するが、反面では稼働率の低い機器を大量に保有する形にもなるため、大型のガスタービンを少数導入して維持する方が実はトータルでのコストは低いのではないか、という考えに傾きつつあるそうだ。

引用元: 【特別企画】さくらの石狩データセンターに見る、高効率データセンターの現在と未来 – クラウド Watch.

エンジンの熱効率、新理論で60%に 早稲田大  :日本経済新聞

早稲田大学の内藤健教授は8日、自動車のエンジンの効率を高める新たな燃焼方法の理論を見つけたと発表した。燃焼室で複数の方向から音速に近い速さで燃料を吹きこんで一点でぶつけて圧縮して燃焼させる。コンピューターでの数値計算(シミュレーション)で可能性を確かめた。エンジンの試作を終えており、今年度内に実証試験でおおよその性能を調べる。

自動車のガソリンエンジンは過去20年間で燃費が1.5倍になったといわれるが、熱効率は最大でも30%。低速運転のときには15%にとどまる。より効率的な燃焼方法を探る研究が進んでいる。

新理論だと数値計算では熱効率が60%以上になる可能性があるという。自動車エンジンだけでなく、航空機用にも応用できる。内藤教授はそれぞれの小型エンジンを試作、実証試験を始めた。実用化に向けて協力企業も探す。

引用元: エンジンの熱効率、新理論で60%に 早稲田大  :日本経済新聞.

ボーイング787 定期便就航後、半年の運航で低燃費と機内快適性が実証されました|プレスリリース|企業情報|ANA

ボーイング787 定期便就航後、半年の運航で低燃費と機内快適性が実証されました|プレスリリース|企業情報|ANA: 787の燃費は、当初のボーイング社の効果予測として、既存機(B767型機)との比較で2割減見込みとされておりましたが、実運航後の比較で予想を上回る約21%の低減を達成しております。