タグ別アーカイブ: 淘汰

オスの存在理由、実験で証明される Page2 « WIRED.jp

研究者たちは10年にわたり、さまざまなゴミムシダマシ科の甲虫の集団を異なるレヴェルでの交配実験を行った。

いくつかの集団では、生殖サイクルごとに、90匹のオスが10匹のメスと交配するために互いに競争した。一方、別の集団では、オス・メスの数の割合をより小さくした。そうして7年間の経過を観察したあとで、研究者たちは、ストレスのかかる出来事に対する集団の抵抗力における、実験のさまざまな条件の影響を評価した。

グループ毎の遺伝的状態を評価するために、研究者たちは同系交配を利用した。つまり、互いに血縁関係にあるサンプル同士を交配させたのだ。子孫に害のある遺伝変異が発現しやすくなる状態で、このプロセスを何世代も繰り返した。

オスは役立たずではなかった!

強い性淘汰にかけられた集団は、強い耐性を示して、有害な変異が過度に蓄積して絶滅するまでに、20世代もの間、同系交配によって生み出されて生き延びた。これに対して、性淘汰がより弱かった、あるいはまったくその影響がなかったグループはより耐性がなく、10世代の間にすべて絶滅した。

したがって、オスは役立たずな存在などではなく、彼らが伴侶を見付けるための競争は、種の遺伝的優位性を保つために必要不可欠なのだ。

「これらの結果は、性淘汰がどれだけ重要であるかを示しています。なぜなら、性淘汰はネガティヴな遺伝的変異をなくし、遺伝子プールのなかにポジティヴな遺伝的変異を維持することに役立つからです」と、ゲイジは説明した。

「自身のライヴァルを効果的に打ち負かし、争いのなかで生殖のパートナーを見つけるためには、個体はあらゆる分野で優秀でなくてはなりません。このため、性淘汰は種の遺伝的優位性を維持・改善する、重要で効果的なフィルターとなります。

わたしたちが導き出した結果は、性が支配的な生殖システムであり続けているのは、性選択がこの重要な遺伝的利益を与えることを可能にするからだ、という考えを支持する重要な証拠です」

引用元: オスの存在理由、実験で証明される Page2 « WIRED.jp.

「ナシ婚」増で市場ジリ貧 式場はネット広告に活路、エッジ効いたサービス競う (1/3) – ITmedia ニュース

民間調査会社の矢野経済研究所が昨年2月に発表した「ブライダル市場に関する調査結果」によると、平成25年の婚礼市場は2兆6060億円(速報値)。20年と比べると7%減で、この5年間でも約1960億円の市場が消えた。式場やゲストハウスの廃業のほか、ホテルでは婚礼事業を縮小、撤退の動きもある。ただ、こうした市況とは裏腹に高額商品の需要がある市場への期待感は根強い。新規参入は絶えず、弱肉強食の“新陳代謝”が続いている。

そのなかで、10年前には市場の4割を占めていたホテルは現在2割半ばまで減少。その一方で、増えてきたのが西洋邸宅風施設のゲストハウスだ。ただ、このゲストハウスも淘汰の時代を迎えている。さらに最近ではレストランや、関西では昨年11月に開業した「ザ ガーデン オリエンタル オオサカ」(大阪市都島区)など、従来のゲストハウスに分類しづらい和の雰囲気などを取り入れた婚礼専門施設の新規参入が相次ぎ、減りつつあるパイをめぐる競争が激化している。

引用元: 「ナシ婚」増で市場ジリ貧 式場はネット広告に活路、エッジ効いたサービス競う (1/3) – ITmedia ニュース.

学習を止めた豚と働けるほど人生は長くない – 銀の人のメモ帳

学習することを止めた人間と仕事をすると、働くのが厭になる。その人と働くのが厭になる、ということではなく、そういう人間でも働き続けられる事に絶望して、働くことそのものが厭になる。

学習を止める理由は、人によって様々だろうけど、学習しなくても業務を処理出来るだけの知識や経験を得た人間が、その後を学習を止めている事は多い。

そういう人間の場合は、程度にも寄るが「知識や経験」から、得られるものが有る場合が多いので、まだいい。

だけど、知識や経験も無いのに、学習をしない人間も居る。つどつど指摘をし再発防止を求めても、同じことをする。あるいは、指摘の根本的な部分を理解せず、改善されない。

そういう人間は淘汰されていく、という幻想はあるが、自分より一回りも二回りも年上の、そういう人間が少なくない給与を貰って働き続けているのを見ると、絶望する。

エンジニア、もしくはプログラマという職業を続ける為には、学び続けて生存確率を少しでも上げる必要があると感じている。どんなに学習をしても、上にいる人間には手が届かないし、学習を止めた人間は"人柄"とパフォーマンスだけで、自分と同じ位置に立っている。

学習を止め、思考停止をし、マネジメント層の評価が高くなるように振る舞えば、苦悩も減るかもしれない。だけど、それは楽しくなさそうだからやりたくない。

引用元: 学習を止めた豚と働けるほど人生は長くない – 銀の人のメモ帳.

学習を止めた豚と働けるほど人生は長くない – 銀の人のメモ帳

学習することを止めた人間と仕事をすると、働くのが厭になる。その人と働くのが厭になる、ということではなく、そういう人間でも働き続けられる事に絶望して、働くことそのものが厭になる。

学習を止める理由は、人によって様々だろうけど、学習しなくても業務を処理出来るだけの知識や経験を得た人間が、その後を学習を止めている事は多い。

そういう人間の場合は、程度にも寄るが「知識や経験」から、得られるものが有る場合が多いので、まだいい。

だけど、知識や経験も無いのに、学習をしない人間も居る。つどつど指摘をし再発防止を求めても、同じことをする。あるいは、指摘の根本的な部分を理解せず、改善されない。

そういう人間は淘汰されていく、という幻想はあるが、自分より一回りも二回りも年上の、そういう人間が少なくない給与を貰って働き続けているのを見ると、絶望する。

引用元: 学習を止めた豚と働けるほど人生は長くない – 銀の人のメモ帳.

奴隷が自殺したら困る | ブログ運営のためのブログ運営

なぜ自殺してはいけないのか、という理由はたいてい嘘が述べられている。

本当の理由は、奴隷が自殺したら困るからである。

全員が貴族とか、全員がエリートという社会はあり得ないので、底辺は必要なのである。

もちろん奴隷的労働は誰でも出来るから、かけがえのない存在とは言えないし、ある程度過労死するのも折り込み済みではあるが、そうかと言って、大量に死なれたら困るのである。

権力者が自殺を禁止するのは当然であると言える。

負けたから自殺というのでは、ゲームが成り立たない。

敗者が隷属してこそゲームなのである。

隷属の義務を怠り、自殺されるとなると、勝者の意味が無くなる。

自殺とは隷属義務の放棄に他ならず、これは禁止されなければならない。

命が大事という決まり文句にも疑問がある。

そもそも人間は寿命で死ぬことになっている。

どうせ死んで無になるということから考えると、本当に命が大事かどうかは怪しい。

自殺というのは、余命の放棄でしか無く、別に永遠の命が絶たれたわけではないのだ。

敗者は「淘汰」されると言っても、本当に死なれた困るのである。

ある程度は死んでもいいが、大量に死なれたら奴隷が枯渇する。

人類は、他人を隷属させるゲームをやっているのである。

権力者は、奴隷という財産を失わないように「自殺をするな」と厳命するのである。

もちろん死んだ人間に罪は問えないが、家族という人質がいるから、そう簡単には自殺で投了というわけにもいかない。

死ぬまで奴隷状態を続けるしかないのだ。

引用元: 奴隷が自殺したら困る | ブログ運営のためのブログ運営.

Ustreamは企業顧客重視へ移行, 無料アカウントのビデオは30日で自動削除へ | TechCrunch Japan

先週Ustreamは、無料アカウントのユーザ全員にメールを送り、ビデオの保存とアーカイビング(長期保存)の方法を変える、と告げた。広告が入る無料のUstream Basicアカウントでは、ビデオは30日保存され、その後自動的に削除されるのだ。

一方、有料アカウントでは、ストレージの容量無制限、というプランが加わった。月額$19ドル99セントの会費を払うと、30日という制限はなくなる。でもProバージョンにアップグレードしないユーザには、自分のビデオをダウンロードしてユーザ自身がオフラインで保存するオプションが提供される。

無料ユーザのビデオアーカイビングを淘汰することは、企業アカウント重視への移行の一環だ。昨年同社は、機能を増強して、メディアや一般企業の顧客を増やしてきた。

協同ファウンダでCEOのBrad Hunstableによると、同社の最大の成長源は大手メディア企業だ。また、全視聴数のうち、アーカイブされたビデオの比率はとても小さい。だから、アーカイブはなくなってもかまわない。

“うちの強みはあくまでもライブのブロードキャスティングであり、そのこと自体は変わっていない”、と彼は言う。“ビデオを保存するための場所はたくさんあるが、うちの場合は視聴数の80%がライブだ”。

また同社のライブストリーミングサービスは、メディア企業以外でも使われ始めている。一部の企業は、自社ブランドの露出性を高めるためにライブストリーミングを利用しているが、そのほか、顧客やパートナーや社員たちとのコミュニケーションのためにビデオを使っている企業もある。

“ここ数年では、LinkedInやSonyといった一般企業がまるでメディア企業のようにうちのサービスを利用するようになっている。たとえば公開企業が決算報告をビデオでやる例があり、また社内放送に利用しているところもある”。

引用元: Ustreamは企業顧客重視へ移行, 無料アカウントのビデオは30日で自動削除へ | TechCrunch Japan.

第27回 詐欺師が弄ぶ「こころのクセ」 (橘玲の世界は損得勘定) | 橘玲 公式サイト

第27回 詐欺師が弄ぶ「こころのクセ」 (橘玲の世界は損得勘定) | 橘玲 公式サイト: 進化論では、生物の特徴にはなんらかの理由があると考える。騙されやすいひとがいつも損してばかりなら、上手に子孫を残すことができずに淘汰されてしまうだろう。それにもかかわらず暗示にかかるひとがたくさんいるのは、信じることに進化論的な合理性があるからだ。人間は社会的な生き物なので、身近なひとたちを疑ってばかりいると誰からも相手にされなくなってしまうのだ。

素人が増えただけで仕事を失うプロなんて、淘汰されるしかあるまい – シロクマの屑籠

素人が増えただけで仕事を失うプロなんて、淘汰されるしかあるまい – シロクマの屑籠: 仮に、そうしたプロの人々を凌駕する素人が出てくるとしたら、それはよほどの素人に違いないし、なるべくしてプロになっていくのだろう。一方で、そういった素人の台頭を前にして、自らのアドバンテージを維持できないプロなんてものは、プロのなかでもよほど質の悪いプロというか、素人との差別化もできず、自分の仕事の立ち位置や風向きにも鈍感なプロだろうから、淘汰されるべくして淘汰されていくのだろう、と思う。少なくとも、そういう素人ともプロともつかない水準の人が、プロからアマチュアになっていったところで、困る人は誰もいない。

素人が増えただけで仕事を失うプロなんて、淘汰されるしかあるまい – シロクマの屑籠

素人が増えただけで仕事を失うプロなんて、淘汰されるしかあるまい – シロクマの屑籠: 簡便なツールを与えられた大量の素人が経済学的報酬のためではなく心理学的報酬*2のためにせっせとプロダクツをこしらえていて、読み手としては案外それで満足できてしまうので、よほどきっちり差別化できていない限り「さすがプロの仕事」と認められるのは難しい。

素人が増えただけで仕事を失うプロなんて、淘汰されるしかあるまい – シロクマの屑籠

素人が増えただけで仕事を失うプロなんて、淘汰されるしかあるまい – シロクマの屑籠: 道具やテクノロジーが普及し、「プロでなければ出来ない仕事」が「誰にでもできる仕事」に変われば、プロがプロとして仕事を期待されるの総量が減少するのは必然。素人がボタンひとつでこなせるような仕事を、カネを払ってまでプロに任せようとは、誰も思うまい。