タグ別アーカイブ: 洞察

戦略コンサルタントのポーター的戦略 – 経営戦略コンサルの洞窟

ポーターの戦略論によると、戦略は3つ。コストリーダーシップ、差別化、集中化。

これを戦略コンサル個人の取るべき戦略に当てはめるとどうなるか。

コストリーダーシップ:これは業界最大手が規模の経済などを活用して実施することが多い。コンサルでは本当に「頭が切れ」、アイディアや洞察力で勝負する。

差別化:全てのクライアントに対して差別化したプラクティスナレッジを持つことか。プラクティスに対する「典型的なアプローチ」をもち、過去の事例から改善策を提供する。

集中化:ある種クライアントを絞り込む。クライアントを企業単位とすると分かりやすいのは業界特化か。その業界の知見をため込み、「あるべき業界構造」からクライアントに課題に入る。

引用元: 戦略コンサルタントのポーター的戦略 – 経営戦略コンサルの洞窟.

「CAPTCHAを解読できる」最新式人工知能 « WIRED.jp

あるウェブサイトでは、CAPTCHAのハッキングらしきものが28例挙げられている。アン准教授によると、テキストベースのCAPTCHAは破ることができるかもしれないが、デジタル処理でゆがめられた画像は、いまのところ人間にしか理解できないという。

しかしVicarious社は、同社のAIは機械学習と神経科学から得た洞察を利用することで、現代のCAPTCHAに対する成功率を90%まで高めていると主張している。CAPTCHAのスキームが破られたと見なされるのは、(ハッキング)アルゴリズムが1%以上の精度に到達できた場合だ。

Vicarious社は、「CAPTCHA解読は、Vicarious社が誇るRecursive Cortical Network(RCN)技術が実現できることの、最初の公開デモンストレーションだ」と主張する。

引用元: 「CAPTCHAを解読できる」最新式人工知能 « WIRED.jp.

成功を収める人々に睡眠は必要か – WSJ.com

実際、仕事を遂行する上で睡眠は不可欠な要素だが、徹夜も賢く取り入れれば、他とは違った役割を果たすことができる。例えば、ミシガン州立大学とミシガン州にあるアルビオン大学の研究者らによる2011年の研究では、成人の2つのグループが、創造的な洞察を使うことが必要な難題を与えられた。最初のグループは24時間周期のリズムの「頂点」でこうした問題に取り組もうとした。他のグループは覚醒状態が低く、集中力がない時に問題を解かされた。この疲れたほうのグループが問題解決が著しく優れていて、また、他のそれほど想像力を要しない問題の解決にも同じくらいの効果を発揮した。

この現象はどのように説明されるだろうか。われわれは十分な休養がとれている時、狭く定義された仕事に効果的に焦点を絞るため、最高レベルの認知資源を用いる傾向がある。しかし、想像力を要する仕事は、その反対のことをするよう求める場合が多い。つまり、「既存の枠組みにとらわれない」アイデア、馬鹿げているとか理論的でないとして普段なら退けてしまうようなアイデアを表現することだ。徹夜をしているときに、「既存」の枠組みが崩れ落ち、しかも有利に働く。

想像力を必要としない、つまり単に持続的な注意や忍耐、直線的な思考が必要なプロジェクトについてはどうか。十分に休息を取って徹夜に臨めば、この種の認識上の馬力は驚くほど長時間持続可能だ。例えば、ハーバード・メディカル・スクールの09年の研究では、30時間の睡眠不足にさらされても、言語や理論、理解に関連した様々な認識テストで、若い成人は十分休養をとった若者たちと比較して、それほど劣らないことが分かった。

したがって、結論はというと、仕事の質もしくは量を改善することで自分のキャリアを次のレベルに進めたいのであれば、米国で長年をかけて有効性が実証されてきた徹夜を時折試みることが完璧な処方箋かもしれない。

引用元: 成功を収める人々に睡眠は必要か – WSJ.com.

技術はコンテンツに対し中立でいられるのか?~CD1枚74分とサビ頭ポップソングにその真髄を見る~ | AdverTimes(アドタイ)

物理的に形が目に見える「カウンターの椅子」と違って、デバイス環境がめまぐるしく変化する現状のメディア業界においては、そういう気構えを強く持っていないと、いつのまにか、時代に追いていかれた「裏路地の店」になってしまいかねませんから。

私が言いたかったことをまとめます。配信技術や閲覧デバイスの環境はコンテンツに対し、無色透明なパイプでは決してありええません。環境(アーキテクチャー)の変化がユーザーに対しどのようなベクトルの力を無言のうちに与えるのかについての洞察、このことは今後のメディア編集者にとって決定的に重要なスキルの一つであると筆者は確信しています。

引用元: 技術はコンテンツに対し中立でいられるのか?~CD1枚74分とサビ頭ポップソングにその真髄を見る~ | AdverTimes(アドタイ).

大企業で育つ力。ベンチャーで育つ力。 � イトクロ 人事ブログ

大企業で育つ力。ベンチャーで育つ力。 � イトクロ 人事ブログ: この研究においては、優れた事業家が持つ洞察をeffectual reasoningと呼んでいます。それによると、優れた変革者、事業家は具体的なゴール設定をしないようです。その変わりに彼らは自分の強みや持っているリソースを使って、いかに高みにむけて発展していけるかを考えながら、不確実性に対処していくようです。かなり状況対応的、ということでしょう。これは、事業家が目標を持たない、ということではなく彼らにとっての目標の定義は大企業のマネジメントに比較してもっと広義で、かつ状況に応じて変化していくものだ、ということです。

一方、大企業で成果を出しているマネジメントや役員は因果関係を示すような理由づけを重視するようです。彼らはゴールを設定し、そこに行くための最善の方法を見つける努力を熱心にした上で取り組みます。大企業の中で働くにおいては他者を説得していく必要性が多く発生するわけで、コミュニケーションのツールとしての因果関係や論理性というものが必要とされる中で成果を認められる人とは、つまりそういうことに長けている人である、ということでしょう。

また、アーリーステージの事業家は両方のやり方を行ったり来たりしているようです。生い立ちでいうと実家が事業をやっている中で育った事業家は、MBA卒の事業家が因果関係のリーズニングを大切にするのに比べて、比較的effectual 寄りなります。そして当然のことながら、熟練したVCやエンジェルはアーリーステージの事業家よりも、より熟練した事業家に近い思考法を持っているようです。