タグ別アーカイブ: 治験

赤外線でがん狙い撃ち 米研究所、新治療法の臨床試験へ:朝日新聞デジタル

人体に無害な光(近赤外線)を当ててがん細胞を壊す新しい治療法を米国立保健研究所(NIH)の小林久隆・主任研究員らが開発し、患者で効き目を調べる治験(臨床試験)を近く始める。光を受けると熱を出す特殊な化学物質をがん細胞の表面に結びつけ、がんだけを熱で狙い撃ちする。

この治療法は「光線免疫療法」。小林さんらが2011年、マウス実験だと8割でがんが完治したと発表。副作用が少ない新治療法になると注目を集め、オバマ大統領が翌年の一般教書演説で取り上げた。今年4月末、米食品医薬品局(FDA)が治験を許可。通常、動物実験から治験開始まで早くても5年以上はかかるとされており、今回は異例の早さだという。米製薬ベンチャーと組んで準備を進め、新興企業に投資するベンチャーキャピタルなどを通して約10億円の資金も確保した。

治験ではまず、近赤外線を受けて発熱する化学物質を、特定のがん細胞に結びつくたんぱく質(抗体)に結合させた薬を患者に注射する。最初は、首や顔にできる頭頸部(とうけいぶ)がんの患者10人前後で、近赤外線を当てずに副作用などがないことを確認。その後、患者20人前後で、近赤外線を当てて効果を調べる。3~4年後にがん治療薬として米国での承認を目指す。

引用元: 赤外線でがん狙い撃ち 米研究所、新治療法の臨床試験へ:朝日新聞デジタル.

報奨(ごほうび)は結果に対してより“事前に”与えたほうが効果的–ハーバード大の研究より

報奨(ごほうび)は結果に対してより“事前に”与えたほうが効果的–ハーバード大の研究より

ハーバードが行った学校の実験では、ランダムに選んだ教師たちに1年の始まりまたは終わりにボーナスを与える。始めに与えられたほう(治験グルー プ)は、生徒の成績が期待値まで上がらなければボーナスを返却する。もっとも良い結果に対してはボーナス総額が8000ドルで、治験グループは最初に 4000ドルもらい、年の終わりに、結果に応じて一定額を返金する、または上乗せされる。
結果は劇的で、最大10%の成績向上が達成された(標準偏差では0.33)。
この研究結果は、企業にも応用できるだろう。社員のボーナスを、年末ではなく年初に与えたらどうだろう? あるいはレストランのディスカウント券を月初に与え、彼らが訪れるたびにチェックインしなかったら無効にするのはどうか?