タグ別アーカイブ: 沖縄

なぜか、ビール会社が「製糖」の常識を覆す!|食の安全|JBpress

サトウキビやトウモロコシを原料とするバイオマスエネルギーには、1つの作物を食料に使うのか、燃料に使うのかという食料競合の問題があります。

野村 まず、私たちが取り組んだのがサトウキビの品種改良です。2002年から独立行政法人・九州沖縄農業研究センターと共同で、多収性品種の開発に取り組みました。2005年度から5年間沖縄県の伊江島で栽培試験を重ね、同じ面積で2倍の収穫が可能な「高バイオマス量サトウキビ」の開発に成功しました。

― 2倍の収穫ができれば、当面、食料競合の問題は回避できるということですね?

野村 実は、そう簡単ではないのです。サトウキビには「ショ糖」と「還元糖」という2種類の糖が含まれます。サトウキビジュースからショ糖を取り出して結晶化させたものが砂糖になります。残った糖蜜には、ショ糖の残渣と還元糖が含まれていて、これを発酵させるとアルコールになります。どちらの糖もアルコールの原料になりますが、製糖工程においては、還元糖はショ糖の結晶化を阻害するジャマモノ物質なのです。

引用元: なぜか、ビール会社が「製糖」の常識を覆す!|食の安全|JBpress.

“バケツ1杯”の水で魚の種類一度に特定 NHKニュース

海や川で採取したバケツ1杯分の水を分析するだけで、そこに生息している魚の種類を一度に特定できる新たな技術を、千葉県立中央博物館などの研究グループが開発し、海や川での生態系の研究を加速させる画期的な技術として注目されています。

この技術は、海や川で採取した水に含まれる生き物のふんや粘液などのDNAを解析して、そこに生息している生き物を特定するもので、「環境DNA」と呼ばれ、近年、希少な生物の調査などに活用されていますが、1種類ずつしか調べることができないことが課題でした。

千葉県立中央博物館の宮正樹主席研究員らのグループは、魚のDNAの情報を解析しやすくする特殊な液体を開発し、海や川の水を処理したものに加えて専用の機器にかければ、5000種類分のデータベースと照合して、最短2日間で、そこに生息している魚の種類を一度に特定できるようになりました。

研究グループが沖縄県の水族館で実験したところ、水槽にいる180種類の魚のうち90%以上に当たる168種類の魚を特定できたということで、海や川での生態系の研究を加速させる画期的な技術として注目されています。

宮主席研究員は、「海や川に生息する生き物を地球規模できめ細かく調べられるようになり、いわば海のビッグデータが得られるようになる。生態系を詳しく知るだけでなく、生態系に起きている異変もいち早く捉えて、環境の保全につなげていきたい」と話しています。

引用元: “バケツ1杯”の水で魚の種類一度に特定 NHKニュース.

年金機構、職員の電子メールを禁止 外部向け「当面の間」 – ITmedia ニュース

125万人の年金個人情報が流出した問題で、日本年金機構は6月5日、職員が外部向けに電子メールを使用するのを禁止したことを明らかにした。期間は「当面の間」。「万一の流出を避けるため」という。 流出を受け、6日と7日は「休日年金相談」を全国の年金事務所で行う。 各紙の報道によると、データは東京都、和歌山県、沖縄県の3拠点から流出していたことが分かったという。

引用元: 年金機構、職員の電子メールを禁止 外部向け「当面の間」 – ITmedia ニュース.

松方弘樹さんが釣ったマグロ、落札は「すしざんまい」:朝日新聞デジタル

東京・築地市場で30日朝、俳優の松方弘樹さんが沖縄県の石垣島沖で釣り上げた300キロ超のクロマグロが184万8千円(1キロ当たり6千円)で落札された。

競り落としたのは、「すしざんまい」チェーンを展開する喜代村(東京都中央区)。

同社によると、にぎりにすると1万2千貫ぐらいになるという。同日夕方から築地の店舗を中心に、すしや刺し身で提供する見込み。価格は普段の値段と変えない。

引用元: 松方弘樹さんが釣ったマグロ、落札は「すしざんまい」:朝日新聞デジタル.

<所さんの目がテン!>沖縄・西表島で新種生物を発見! 番組名を命名へ (まんたんウェブ) – Yahoo!ニュース

タレントの所ジョージさんが司会を務める教養バラエティー番組「所さんの目がテン!」(日本テレビ系、毎週日曜午前7時)が、沖縄県の西表島と周辺の海で新種生物の捜索を行い、それぞれ2種、計4種類の新種を捕獲したことが27日、明らかになった。そのうちの1種には、番組にちなんで「メガテンガニ」と名づけ、論文発表と認証を経て、早ければ来春には正式名称として認められる見通し。

【写真特集】ユージが沖縄・西表島で新種生物捕獲した瞬間や、新種生物の写真を一挙公開

番組放送25周年を記念して、番組名の「目がテン!」を、発見した新種生物に名付けるというプロジェクト。調査は、7月に沖縄県西表島で行われ、同番組で実験プレゼンターを務めるタレントのユージさんと、琉球大学熱帯生物圏研究センターの成瀬貫(なるせ・とおる) 助教が海を調査し、ヤドカリに近いクダヒゲガニ科の一種と、甲羅の特徴と、生殖器の形や位置などから、これまで発見されていない新属新種のカニを捕獲した。

一方、陸上では、日本テレビの安村直樹アナウンサーと、東京農業大学農学部昆虫学研究室の小島弘昭(こじま・ひろあき)教授が、インドで発見されたゾウムシの種類と異なるツノクモゾウムシの一種と、鱗片によって形成された斑紋が近縁種と違うヒメクモゾウムシの一種を捕獲したという。

「所さんの目がテン!」は、身の周りのさまざまな物事を科学的に解き明かすバラエティー番組。1989年10月1日に放送をスタートし、放送枠移動も挟みながらこれまでに1244回(9月21日放送回まで)放送してきた長寿番組。プロジェクトの模様は、ゲストにビートたけしさんを迎え、28日から2週にわたって放送される。

引用元: <所さんの目がテン!>沖縄・西表島で新種生物を発見! 番組名を命名へ (まんたんウェブ) – Yahoo!ニュース.

ゆうパック:「遅配でクワガタ全滅」採集家が日本郵便提訴 – 毎日新聞

宅配サービス「ゆうパック」の配達が遅れたことが原因で荷物のクワガタ240匹が死に、死骸も無断で捨てられたとして、大阪府の昆虫採集家の男性が、日本郵便(東京都千代田区)を相手取り、19万2000円の賠償を求める訴えを大阪地裁に起こした。同種のクワガタは数千〜数万円で取引され、標本の価値も高いという。28日に第1回口頭弁論があり、日本郵便側は争う姿勢を示した。

訴状などによると、男性は沖縄県の昆虫店の注文を受け、鹿児島県の奄美大島で「アマミノコギリクワガタ」を採集。昨年7月2日、240匹を沖縄へゆうパックで送った。

ところが、到着予定日の7月4日に届かず、男性が問い合わせたところ、郵便局側のミスで熊本県に誤配されたことが判明し、男性は奄美大島への返送を依頼。男性側は7月6日に届いた時点で「クワガタは全て死んでいた」としている。

更に男性が弁償を請求したのに対し、郵便局は死骸を預かり、同9日に「死骸の価値は0円」と弁償を拒否。死骸を返すよう求めても「腐ったので廃棄した」と言われたという。男性は「死体を防腐処理すれば標本として販売することもできた。『死骸だから0円』というのは不誠実」と訴える。昆虫店への販売代金は1匹当たり雄1000円、雌600円で240匹分の代金の賠償を求めている。

一方、日本郵便側は、誤配したことは認めたが、男性に届けた時点で「7匹しか死んでいなかった」と反論。預かった死骸も240匹ではなく140匹だったとしている。代理人弁護士は「男性に返そうとしたが連絡がつかず、腐って業務に支障が出たので捨てたようだ。動物の取り扱いに関しての約款はなく、配達中に死んだとしても免責される」と主張している。

日本郵便によると、昆虫については▽人に危害を与えない▽死ぬ可能性があることを承諾する−−などの条件で、ゆうパックで送ることができる。

引用元: ゆうパック:「遅配でクワガタ全滅」採集家が日本郵便提訴 – 毎日新聞.

セブン―イレブンない県、ゼロへ 沖縄出店を検討:朝日新聞デジタル

コンビニエンスストア最大手のセブン―イレブン・ジャパン(東京)が、沖縄県に初めて出店する検討に入った。市場調査に着手しており、店舗網や商品戦略を今後、詰める。現時点で店がない4県のうち、高知、青森、鳥取への数年以内の進出も決めた。沖縄出店が実現すれば、全都道府県への進出が完了する。

高知、青森には2015年にも出店できるよう、弁当や総菜などをつくる提携業者の専用工場と商品の供給態勢を整えている。鳥取でも、こうした出店準備を始めた。街なかに店をつくるほか、この3月に提携を発表したJR西日本の駅にある「キヨスク」などが、遅くとも19年春までにセブンに衣替えする。

大都市部から店舗網を築き、専用工場からの供給を重視するセブンにとって、隣県から陸路で効率的に商品を運べない沖縄での出店は、ハードルが高かった。ただ、全国でも数少ない人口増加県で若い世代も多く、「魅力あるマーケット」(幹部)と位置づける。一気に店の数を増やして採算がとれる供給網を整備できるかどうかや、地域の味を生かした商品戦略の検討も重ね、具体的な進出時期を決める。

引用元: セブン―イレブンない県、ゼロへ 沖縄出店を検討:朝日新聞デジタル.

ワタミ、宅食で474円弁当を拡大 競争激化でワンコイン以下に (SankeiBiz) – Yahoo!ニュース BUSINESS

高齢者向けの食事宅配サービスを展開するワタミタクショクは3日、1食当たり500円を下回る低価格商品「まごころばこ」の配送エリアを拡大すると発表した。消費税率引き上げを念頭に横浜、川崎両市で先月スタートしたが、好評をうけ北海道と青森、秋田、岩手、沖縄各県を除く全国に広げる。

同商品は米飯と惣菜3種を組み合わせたチルド弁当で、1食平均400キロカロリー、塩分を食塩2グラム相当以下に抑えたのが特徴。5日分で2370円(税、配送料込み)と、従来品の「まごころ御膳」(同2780円)より低価格に設定した。

同社は高齢者食宅配サービスで1日当たり約27万食を提供し、同市場(病人食含む)のトップシェアを占める。しかし、コンビニエンスストアや外食・中食チェーンなどの相次ぐ参入で顧客数が伸び悩んでおり、手に届きやすい価格の新商品で利用拡大を狙う。

引用元: ワタミ、宅食で474円弁当を拡大 競争激化でワンコイン以下に (SankeiBiz) – Yahoo!ニュース BUSINESS.

「日本は助けない」発言に韓国高官は絶句 朴大統領、反日外交のツケ回る (夕刊フジ) – Yahoo!ニュース

日米安保条約に基づき米国は日本防衛の義務を負っている。米軍に日本国内の基地の使用が認められているのは、あくまでも日本の防衛が主な目的だ。

米軍が日本国外で軍事行動するために国内の基地から航空機などが発進する場合には日米両政府の事前協議が必要となる。日本側出席者の発言は、この事前協議で日本側が「ノー」ということもあり得るということを示したものだ。

これまで、日米両政府間で事前協議が行われたことは1度もない。ベトナム戦争や湾岸戦争でも「米軍は移動している最中に命令を受けたのであって、ベトナムやイラクに直接、向かうために国内の基地を発進したわけではない」という論理で、日本政府は米軍の作戦行動を担保してきた。

だが、朝鮮半島有事が起きた場合、これまで通りの論理で米軍の作戦行動を日本は認めることができるのか。国内の嫌韓感情がさらに高まれば、韓国支援に対する拒否感情も当然、強まる。政府が韓国支援に動こうとしても世論の強い支持がなければ、全面的な支援は難しくなるのだ。

韓国の国防政策にとって、米軍の来援は死活的な意味を持つ。その米軍は沖縄や岩国など日本国内の基地を使って、北朝鮮と戦うことになっている。その前提が崩れるかもしれないとしたら…。

もちろん、日本政府が事前協議を米国に求めて、その場で「ノー」を言う可能性は限りなくゼロに近い。だが、これまで一切タブー視されてきた日米両政府の事前協議に日本側が触れたことの意味はあまりにも大きい。

引用元: 「日本は助けない」発言に韓国高官は絶句 朴大統領、反日外交のツケ回る (夕刊フジ) – Yahoo!ニュース.

全日展、架空人物に知事賞 主催者が偽名で書道出展:朝日新聞デジタル

文化庁が後援する書道中心の公募美術展「全日展」で、23の県知事賞受賞者が架空の人物だったことが朝日新聞の調べで分かった。主催者が作品を偽名で出展していたことに県は気づかなかった。知事賞の権威失墜は必至で、文化行政のあり方が問われそうだ。

知事賞、偽名使い回し 芸術ビジネスに行政の権威利用

全日展は1973年以降、毎年1回開催し、内閣総理大臣賞や外務大臣賞に加え各都道府県が知事賞を出してきた。昨年は11月26日~12月3日に東京・上野の都美術館で第41回公募展を開催。主催者は2034点の応募があったとしていた。

関係者によると、架空の人物に知事賞を出していたのは2011年は15県、12年は17県、昨年は16県。この3年間で1回でも出したのは岩手、宮城、山形、福島、富山、岐阜、三重、滋賀、奈良、鳥取、島根、広島、山口、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、鹿児島、沖縄の23県で、全て書道作品だ。

主催者は毎年7~8月に都道府県別の応募状況を確認。応募がほとんどない県について、作品を用意して架空の名前で出展し、知事賞受賞作品として展示していたという。書家である主催者の代表は「私は分からない。取材を受ける必要はない」などと話している。

県側は選考を一任しており、受賞者の連絡先などを確認せずに主催者側に賞状を渡していた。大半の県の担当者は「主催者を信用してきた。そんなことが起きるとは思わなかった」と話す。多くの県が朝日新聞の取材を受けた後に主催者に問い合わせたところ、「受賞者の所在が分からなかったので知事賞を返す」として賞状が送り返されてきたという。

昨秋には国内最大の公募美術展「日展」で不正審査が発覚し、第三者委員会の実態調査が続く。文化庁は日展の後援や内閣総理大臣賞の選考を中止し、調査結果を受けて後援のあり方などを見直す方針だ。全日展の不祥事について、文化庁は「事実なら必要な見直しを図りたい」としている。

引用元: 全日展、架空人物に知事賞 主催者が偽名で書道出展:朝日新聞デジタル.