タグ別アーカイブ: 比喩

人身御供 – Wikipedia

人身御供(ひとみごくう)とは、人間を神への生贄とすること。人身供犠(じんしんくぎ[3]/じんしんきょうぎ[4])とも。転じて比喩的表現として、権力者など強者に対して通常の方法ではやってもらえないようなことを依頼するため、もしくは何らかの大きな見返りを得るために、理不尽にもかかわらずその犠牲になることに対しても使われている。

引用元: 人身御供 – Wikipedia.

crash, crush, clash これらの単語の使い分けはできますか? – Yahoo!知恵袋

名詞の clash は「ガチャ」という音そのものを意味して、物が壊れるときにも使われますが、動詞(自動詞)の clash は「衝突する」ということで、必ずしも「壊れる」ことを意味していません。(EX) The two civilizations clashed in the Balkan Peninsula 「二つの文明はバルカン半島で衝突した」、(EX) I often clashed with her over the future of our son 「私は息子の将来について彼女とよく衝突します」. (EX) The yellow color of her hat clashed with her blonde hair 「彼女の帽子の黄色い色は金髪と似合わなかった」.

これに対して、自動詞の crash は衝突したものが損傷すること含意しています。(EX) The car crashed into the wall and totaled 「その車は壁に衝突して全壊した」。crash は、(EX) He crashed his car into the wall 「彼は車を壁にぶつけた」とか、My son crashed my computer のように他動詞としても用いられます。他動詞の crash (壊す)は、(EX) The uninvited guest crashed our party 「その招かざる客が我々のパーティーをぶち壊した」というような比喩的な用法にも使えます。

crush の語源は古フランス語にあるそうで、元は clash や crash と同じように使われていたそうですが、今は、もっぱら他動詞として、「柔らかいモノを押し潰す」という意味に使うことが多いようです。たとえば、(EX) She crushed the flea with her fingers 「彼女は指先でそのノミを押しつぶした」、 (EX) She crushed the tomatoes with a spoon 「彼女はスプーンでトマトを押しつぶした」、 (EX) She crushed him with her heavy breasts 「彼女は大きな胸で彼を押しつぶした」、などのような表現に使われます。

引用元: crash, crush, clash これらの単語の使い分けはできますか? – Yahoo!知恵袋.

技術的負債 – Wikipedia

技術的負債(英: Technical debt)とは、行き当たりばったりなソフトウェアアーキテクチャと、余裕のないソフトウェア開発が引き起こす結果のことを指す新しい比喩である。「設計上の負債design debt」とも言う。1992年ウォード・カニンガムが、技術的な複雑さと債務の比較を経験報告で初めて行った。

引用元: 技術的負債 – Wikipedia.

抽象化スキルが、生死を分ける時代に : NED-WLT

抽象化スキルが、生死を分ける時代に : NED-WLT: そして最も高度な抽象化のトレーニングは「比喩を生み出す」ということだと考えています。普段から周囲のものごとをたとえて話すクセをつけたり、読書をしながら優れた比喩に触れることが抽象化スキルを鍛えると思います。