タグ別アーカイブ: 毎秒

Googleが同社のデータセンター内のネットワーキングについてその秘密を(すこしだけ)明かす | TechCrunch Japan

Googleがデータセンター用に独自のハードウェアを作っていることは、よく知られているが、しかし、おそらくあまり知られていないのは、データセンター内部で使うネットワーキングプロトコルも、インターネットの標準プロトコルではなく同社独自のものであることだ。

Googleによると、現在の’Jupiter’と呼ばれるネットワーキングのセットアップは、同社の第五世代のセットアップで、自前のデータセンターの初代に比べると容量は100倍に増えている。現世代の二分割帯域幅(ネットワークを二つの部分に分けたときの両者間の帯域)は、毎秒1ペタバイトだ。言い換えるとそれは、10万台のサーバが互いに10GB/sで対話できる、ということ。

Googleのネットワーキング技術のトップAmin Vahdatによると、全体的なネットワークコントロールスタックは、“従来のルータ中心型のインターネットプロトコルよりもむしろ、Google自身の分散コンピューティングのアーキテクチャと共通している部分が多い”。

彼は、Googleのデータセンターネットワークの設計原則として、次の三点を挙げた:

ネットワークの編成にはClosのトポロジを使用して、小型で安価なスイッチの集合が大きな論理スイッチの性質を備えるようにしている。

データセンター内の数千のスイッチを管理するために中央集権型のソフトウェアコントロールスタックを使い、それらが実質的に一枚の織物のように働くようにしている。

インターネットの標準プロトコルではなく、データセンター用に社内で特製したプロトコルを主に使いたいので、そのためにソフトウェアもハードウェアも内製している。

Facebookが過去に共有した情報などに比べると、それほど詳しくない。数か月後ぐらいには、もっとましな情報を出してほしい。とくに知りたいのは、同社独自のネットワーキングプロトコルの動作仕様だけど、それに関してはちゃんとしたペーパー(技術論文)を発表してほしいね。

引用元: Googleが同社のデータセンター内のネットワーキングについてその秘密を(すこしだけ)明かす | TechCrunch Japan.

マウント社へ大規模サイバー攻撃、毎秒15万回 : ニュース : ネット&デジタル : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

インターネット上の仮想通貨「ビットコイン(BTC=Bitcoin)」の大手取引サイト運営会社で経営破綻した「マウントゴックス社」(東京)が2月上旬、大規模な「DDoS攻撃」を受けていたことが分かった。 2月から今月にかけ、欧州やカナダなどの取引所でもトラブルが発生しており、世界規模でBTCシステムへのサイバー攻撃が行われたとみられる。 関係者によると、マウント社には2月7日頃から、システムの欠陥を狙ってBTCを引き出そうとする不正なアクセスが相次いだ。これとは別に、ほぼ同時期に大量のデータを送りつけるDDoS攻撃があり、攻撃は毎秒約15万回の大規模なものだった。攻撃は数日にわたり、発信源は、米国や欧州のサーバーが大半を占めた。同社は同10日、BTCの引き出しを停止した。 関係者によると、システムの欠陥を修正するタイミングを狙ってDDoS攻撃を仕掛け、情報を抜き取るサイバー攻撃が多いという。同社へのこのDDoS攻撃でシステム自体はダウンしなかったが、その後も欠陥を突かれてBTCが引き出され、大量のBTCを失ったとされる。

引用元: マウント社へ大規模サイバー攻撃、毎秒15万回 : ニュース : ネット&デジタル : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

NBAが巻き起こすビッグデータ革命 | ビジネス | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

今シーズンからNBAのコートには、モーションキャプチャーシステム「スポートVU」が設置される。選手の動きを捉え、データを集積する技術だ。

スポートVUは既に他の競技で導入されている。ヨーロッパの一部のプロサッカーチームは何年も前から使っているし、米メジャーリーグの球団も野手の動きを追跡し、守備を強化するために活用している。だがNBAのデータ収集は、こうした試みとは次元が違う。

試合のたびに、6台のカメラで各選手とボールの位置を毎秒25コマ撮影する。NBAの試合時間は48分間なので、1試合につき40万以上のデータが集まることになる。

引用元: NBAが巻き起こすビッグデータ革命 | ビジネス | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト.

「新しいものによる苦痛」: 七左衛門のメモ帳

最初に過敏な反応があって、その後、受容されるというパターンは、他のメディアの出現時にも見られた。写真という写実的なものが最初に登場したとき、芸術家たちは、写真が「絵画的」になるようにするため、ソフトフォーカスを好んだ。劇的な鮮明さは、過激であり、芸術には「不自然」であり、異様だと思われた。もちろん、時間が経つにつれて、細部に至るまでの鮮明さは、写真の重要な特徴となった。

カラーテレビ、カラー映画(テクニカラー)、カラー写真(コダクローム)は、いずれも、白黒にこそ純粋さと歴史的価値があると考える人々から非難された。今のHFRに対する批判と同じように、カラーは、けばけばしすぎて、気を散らすものであり、観光客向けだと言われた。

新しいメディアが写実性を向上させていく各段階において、その段階が身体的に苦痛だと感じる人たちが存在するように思われる。それは、目、耳、鼻、触覚、あるいは、心の平穏を傷つける。不必要なほどに生々しくて、作品の背景にある芸術性を損なう。この混乱は、頭の中の想像だけで起こるものではない。人間は、そのメディアに対処できるように身体を慣らしていく。身体が変化すれば、「感じ方」が違ってくる。そこに至るまでに、不快な瞬間があるのだろう。

しかし、その混乱を乗り越えると、結局のところ、人間は、写実性を求める傾向がある。そして、そこに安住するようになる。

アナログレコードの引っかくような音、コダック・ブローニー写真機のソフトフォーカス、毎秒24コマの映画のちらつきは、すべて、過去への郷愁という作品の、制作年代を示す目印となるだろう。

引用元: 「新しいものによる苦痛」: 七左衛門のメモ帳.

驚異の日本テクノロジー―Aerial 3Dは何もない空中に3D動画を投影

驚異の日本テクノロジー―Aerial 3Dは何もない空中に3D動画を投影: 現行システムでは、毎秒5万ドットの光点を3次元空間内に表示することができる(2006年にはわずか1000ドットだった)。フレームレートは毎秒10ないし15コマだ。Aerial3Dはレーザー光を空中に焦点を結ばせてプラズマ励起現象によって空気中の窒素、酸素の原子を発光させる。