タグ別アーカイブ: 権威

26歳の女性脳腫瘍摘出手術で頭から胎児 バニシングツイン現象か – ライブドアニュース

双胎妊娠において、特に二卵性である時によく聞かれる “バニシング・ツイン”という言葉をご存じであろうか。双子を妊娠するも片方がうまく育たず、初期の段階で母体に吸収されて結果として1人だけが誕生する。そして、その胚がもう片方の赤ちゃんの体内に宿ってしまうことも極めて稀に発生するようだ。アメリカから驚きのニュースが飛び込んで来た。

ロサンゼルスの名医の執刀によりこのほど脳腫瘍の摘出手術を受けたのは、「インディアナ大学」の博士課程に身を置いているヤミーニ・カラナムさん(26)という女性。昨年9月に読解、聴解力が非常に低下していることに不安を覚え、医師の診察を受けたところ脳腫瘍と診断され、低侵襲手術の権威であるHrayr Shahinian博士が率いる脳外科手術の専門機関「Skull Base Institute」を紹介されたのであった。

頭蓋骨は半インチの切開のみという内視鏡による手術は無事成功したが、そこで仰天の事実が発覚した。なんと腫瘍の正体は胎児。骨、髪、歯がしっかりと確認されたのであった。彼女は実は双子で、しかし母親の胎内で片方の胎児が成長しなくなる、いわゆる“バニシング・ツイン(Vanishing Twins)”の現象が起きていたと考えられるそうだ。病理検査の結果は心配された悪性の所見もなく、カラナムさんは3週間ほどで普通の生活に戻れるという。

生き残れなかった胚芽や胎児は普通であれば母体の中に自然に吸収されてしまうが、このたびのケースのように稀にはどこかへ移り住んでしまうこともある。香港で2010年、女の赤ちゃんが体の内部にほかの赤ちゃんを2体宿して誕生していたことが今年になって明らかにされ、世界中の周産期医療に携わる人々を驚かせていた。赤ちゃんが生後3週目になってからその胎児が取り出されたが、へその緒、手足、皮膚、胸郭と骨、腸、脳の組織が確認されるなど、かなりの大きさに育っていたという。

引用元: 26歳の女性脳腫瘍摘出手術で頭から胎児 バニシングツイン現象か – ライブドアニュース.

「赤い血」が流れてるはずの静脈が「青く」見える理由(納得したい人向け) | 雑学界の権威・平林純の考える科学

赤い血が流れる静脈が(静脈が無い周囲の部分よりも)青く見える理由は、皮膚の中に入った光の動きを計算してみるとわかります。下画像は、白色光が皮膚表面から体内に入射してきた際、光の色(波長)ごとにどのような違いがあるかを、たとえば、赤色光と青色光の軌跡例で図示してみたものです*。皮膚上部から皮膚内に入射した白色光があったとき(図示されてる白線です)、その中に含まれる青色の光は皮膚内で(短波長の光は散乱しやすいので)すぐに散乱して(方向を変え続け)、すぐに皮膚表面から皮膚の外へ出て行ってしまいます(ランダムウォークの激しい例ですね)。

 その一方、赤色の光は(比較的散乱もしにくく、メラニンや皮膚内の毛細血管中のヘモグロビンによる色吸収も少ないため)皮膚内奥部まで侵入し、皮膚の内奥部を長くさまよってから(ようやく)皮膚の外へ出ていきます。ちょうど、透き通ったものの中では遠くまで見渡すことができるのと同じように、かなり奥まで赤色光は届きます。かなり奥までさまよった後に、赤色光は皮膚の外へまた出てくるわけです。
 このように「青色光は皮膚内部にはほとんど侵入しない」ので、皮膚表面から1ミリ程度離れた内奥部にある太い静脈部分までは、実はあまり届きません。だから、皮膚の下に静脈があろうとなかろうと、同じくらいの強さの(青色の)光が返ってきます。
 けれど、波長が長い赤色光は皮膚奥部まで侵入します。ということは、皮膚下部に静脈が流れる部分では、赤色光は静脈に到達して(還元ヘモグロビンが暗赤色であるといっても、赤色は多少なりとも吸収されますから)静脈中で赤色光の量はある程度減衰してしまいます。そうして、赤色光の強さが弱まった後、ようやく赤色光は皮膚表面から外へと出てくるわけです。
 その結果、「皮膚下部に静脈がある箇所の色」と「周囲の皮膚部分の色」を比べると、「皮膚下部に静脈がある箇所の色」は(周囲に比べると)青色光の強さは他の部分と同じくらい強く返ってくるのに、赤色の光は周囲よりも少ない量しか返ってこない…というわけで、「(近傍周囲と比較すると)皮膚の上から見た静脈が青色がかる」ということになります。

「赤い血」が流れてるはずの静脈が「青く」見える理由(納得したい人向け) | 雑学界の権威・平林純の考える科学.

Geekなぺーじ:DNSキャッシュポイズニングの基本と重要な対策

攻撃したい名前の存在しないサブドメインに対する問い合わせを、標的となるキャッシュDNSサーバーに対して実行します。サブドメインの部分は毎回変更するため、ここでは($random)で表します。カミンスキー氏の発表資料では、www.example.comに対する攻撃の場合、($random)www.example.comという名前を攻撃対象としています(ただし、この資料に記載された通りの方法では毒は入りません)。

存在しない名前であるため、キャッシュDNSサーバーはこの名前に対する名前解決を実施します。この場合、通常はexample.comの権威DNSサーバーに対し、名前検索が実施されることになります。

攻撃者は、example.comの権威DNSサーバーからの応答であると偽装した偽の応答の注入を図ります。

偽の応答の付随情報として、www.example.comの情報を乗っ取るための「毒」を仕込みます。(ここが大きなポイントです。)

この場合、example.comの正当な権威DNSサーバは「その名前は存在しない(NXDOMAIN)」という応答を返します。もし、この応答が偽の応答よりもキャッシュDNSサーバに先に到達した場合、攻撃は失敗であり、その攻撃に使った($random)ではしばらくの間、攻撃できなくなります(DNSでは、名前が存在しなかったという検索結果もキャッシュされます)。

しかし、攻撃者は($random)の部分を変更することにより、事実上無限に攻撃を継続できます。

引用元: Geekなぺーじ:DNSキャッシュポイズニングの基本と重要な対策.

「みだらな行為」「全身を強く打って死亡」「○○筋」…ニュース用語に隠された本当の意味 !!【働くモノニュース : 人生VIP職人ブログwww】

1位は「政府首脳と政府筋」。

慣例的には、政府首脳は内閣官房長官を、政府筋は内閣官房副長官をそれぞれ指します。

なぜこのようなあいまいな表現になっているかというと、オフレコで発言しているから。

具体的な役職や名前は出せないけど、ニュースにはしちゃおうというわけです。

2位は「みだらな行為とわいせつな行為と暴行」でした。

みだらな行為は同意のある性交、わいせつな行為は同意のある

性交類似行為(性交ナシ)として区別されているそうです。そして、相手の同意がなければ、

すべて暴行(=強姦)と表現されます。

3位は「政府高官と○○省筋」です。

政府高官は政府筋と同じ意味で使われる場合が多いのですが、各省庁の局長級以上を指すことも。

それに対して○○省筋という言い方になると、各省庁の課長、

課長補佐、係長クラスで事情に精通している実務者になるようです。

4位「権威筋と消息筋」については、ニュースで取りあげた問題について

決定権を持っている人を「権威筋」、決定権は持たないが

専門知識のある人を「消息筋」というらしく、多くは官僚を指しているとのこと。

5位「全身を強く打って死亡」は、原形をとどめていないほど遺体が損傷している状態を

示す隠語だそう。

■番外編:明確に使い分けられているようです

・行方不明者の無事保護と保護と発見(「無事保護」はなんの問題もなく見つかること、

「保護」はケガや疾病など何かしらあった

状態で見つかること、「発見」は死亡した状態で見つかること)

・軽傷と重傷と重体(「軽傷」は全治1カ月未満と診断されるもの、「重傷」は

全治1カ月以上と診断されるもの、 「重体」は全治1カ月以上と診断され生命維持に

かかわる部位に損傷を受けている状態)

引用元: 「みだらな行為」「全身を強く打って死亡」「○○筋」…ニュース用語に隠された本当の意味 !!【働くモノニュース : 人生VIP職人ブログwww】.

Geekなぺーじ:DNSキャッシュポイズニングの基本と重要な対策

典型的なDNSキャッシュポイズニングの例を示します。

以下では、偽の応答を本物よりも先に注入するという手法が使われていますが、偽の応答をキャッシュさせる方法は他にも存在します。

攻撃対象となるキャッシュDNSサーバに対して問い合わせを行う

攻撃対象となるキャッシュDNSサーバが権威DNSサーバに対して問い合わせを行う

権威DNSサーバの正当な応答よりも先に偽の応答をキャッシュDNSサーバに送りつける

キャッシュDNSサーバが、偽の応答を本物と信じ込んで受け入れたら毒入れ成功

この形のDNSキャッシュポイズニングを成功させるためには、偽のDNS応答の送信元IPアドレスを本物と一致させておく(偽装する)必要があります(*1)。

インターネットで使われているIPのうちWebなどで使われているTCPでは通信開始時に相手との接続を確認するため、送信元IPアドレスを偽装してデータを送りつけることは困難です。 しかし、DNSでは通信にかかる負荷や遅延を抑えるため、事前に接続を確認しないUDPが使われています。UDPでは、送信元IPアドレスの偽装をTCPよりも容易に行うことができます(*2)。

引用元: Geekなぺーじ:DNSキャッシュポイズニングの基本と重要な対策.

視点・論点 「古代鏡復元にみる3Dプリンターの応用」 | 視点・論点 | 解説委員室:NHK

この金属3Dプリンターで復原した三角縁神獣鏡は、さまざまなことを教えてくれました。まず、裏面の文様のシャープさが際立っています。これほど精緻な文様が1700年も前に達成されていたことに改めて驚きます。次に、表の鏡面に顔がきれいに映ります。磨かれた金属板に顔が映ることは当たり前のことですが、教科書の写真や博物館に並んでいる姿をみて、「どこが鏡なの?」という誰しもが一度は抱く素朴な疑問を払しょくするには十分なインパクトでしょう。

さらに太陽の光を浴びると特別な反射現象を生じるということがわかりました。

太陽の光が鏡面にあたると、裏面の神様や獣などの文様、さらには縁の三角の部分は少し明るく、その他の部分では暗くなって反射されるのです。まるで、裏の文様がぼんやり透けて映っているような錯覚を覚えます。

この現象の秘密は、先に述べた一枚の鏡の中に存在する肉厚の違いにあるのです。すなわち、反射像の明るい部分は、神様や獣、さらには三角縁のような肉厚の文様に対応し、暗い部分は逆に薄く仕上げられた部分にあたるのです。鏡面にするために研磨していく過程で肉厚の違いによって生じた、人間の目では見えない程度の微妙な凹凸の違いが引き起こす現象と考えています。また、鏡全体が緩やかに凸面に膨らんでいるのは、反射像を拡大させる効果を持つと考えられます。おそらく、三角縁神獣鏡は太陽光との関係でこの反射効果をもたらす鏡として、特別な存在であり、当時の権威の象徴であったと考えてよいと思います。当時の人たちにとって、畏れ多い存在だったことは容易に想定できるでしょう。

引用元: 視点・論点 「古代鏡復元にみる3Dプリンターの応用」 | 視点・論点 | 解説委員室:NHK.

Geekなぺーじ:DNSキャッシュポイズニングの基本と重要な対策

JPRSの発表によれば、JP DNSサーバにアクセスがあったIPアドレスのうち、約10%が未だに固定ポート番号で運用されているとあります。 これらのキャッシュDNSサーバは、数秒から数分でDNSキャッシュポイズニングが可能であり、非常に危険な状態です。 まずはそれらを減らすことが重要であるということで「緊急注意喚起」を公開した、ということのようです。

DNSキャッシュポイズニングは、キャッシュDNSサーバが偽パケットを正規の回答であると誤認してしまうことが原因です。 この誤認が成立するためには、以下の要素が重要となります。

キャッシュDNSサーバが偽パケットを受け取るタイミング。キャッシュDNSサーバが権威DNSサーバへの問い合わせを行い、権威DNSサーバから正規の回答を受け取る前に偽パケットを注入しなければならない。

キャッシュDNSサーバからの問い合わせに対応した回答であること。たとえば、キャッシュDNSサーバがwww.example.comに対するAレコードの問い合わせを行っているときに、別の名前であるmail.example.comや別の型(たとえばIPv6アドレスを示すAAAAレコード)の回答を偽造しても駄目。

キャッシュDNSサーバからの問い合わせメッセージと同じTXID(トランザクション識別子)であること。TXIDフィールドは16ビットなので、ランダム化されていれば、偽パケットがたまたま同じ値になる確率は65536分の1となる(TXIDは16ビットしかないため、TXIDのみが異なる65536個の応答を同時に送るという、総当たり攻撃が可能になります)

キャッシュDNSサーバから送信されたUDPパケットと同じポート番号であること。権威DNSサーバのUDPポート番号は53番になるので常に固定される。キャッシュDNSサーバの送信元UDPポートがランダム化されていれば、偽パケットが注入される確率が65535分の1になる。

これらの要素からわかるように、TXIDとUDPポート番号が両方ともランダム化されていれば、偽パケットが正規のものであると誤認される確率は約43億分の1となります。 現時点では、非常に限られた時間内に、この確率を突破するのは困難です(確率の問題ですので、長時間の攻撃により突破することは理論的には可能です。ただし、そうした攻撃を仕掛けた場合、攻撃が露見する可能性が高くなります。)。

引用元: Geekなぺーじ:DNSキャッシュポイズニングの基本と重要な対策.

Google「バックリンクの重要性は薄れる」今後は著者オーソリティやコンテンツ分析へ::SEM R (#SEMR)

つまりパンダアップデート以後の見解の繰り返しで、コンテンツの品質、あるいはそのコンテンツの著者の権威性や信頼性に基づくシグナルが実用的になればなるほど、相対的にバックリンクに基づいた順位決定の影響力は薄れていくという話ですね。

あるページが誰によって記されたものなのか、その人物は当該領域におけるエキスパートなのかといった、オーサーランク(著者の権威性(オーソリティ))に基づく評価が適切に行われるようになってくれば、バックリンクという第三者(しかし操作もされやすい)評価要因に依存する必要性は薄れます。仮に「誰」がわからなくとも、自然言語処理技術を駆使して、キーワード単位ではなく文章の背景や意味を汲み取り、検索ニーズに合致するかどうか、その文章は信頼に値するものであるかを判断できるようにする、その開発に資源を集中させてきているということで、数年後には実用的に動くのでしょう。

引用元: Google「バックリンクの重要性は薄れる」今後は著者オーソリティやコンテンツ分析へ::SEM R (#SEMR).

全日展、架空人物に知事賞 主催者が偽名で書道出展:朝日新聞デジタル

文化庁が後援する書道中心の公募美術展「全日展」で、23の県知事賞受賞者が架空の人物だったことが朝日新聞の調べで分かった。主催者が作品を偽名で出展していたことに県は気づかなかった。知事賞の権威失墜は必至で、文化行政のあり方が問われそうだ。

知事賞、偽名使い回し 芸術ビジネスに行政の権威利用

全日展は1973年以降、毎年1回開催し、内閣総理大臣賞や外務大臣賞に加え各都道府県が知事賞を出してきた。昨年は11月26日~12月3日に東京・上野の都美術館で第41回公募展を開催。主催者は2034点の応募があったとしていた。

関係者によると、架空の人物に知事賞を出していたのは2011年は15県、12年は17県、昨年は16県。この3年間で1回でも出したのは岩手、宮城、山形、福島、富山、岐阜、三重、滋賀、奈良、鳥取、島根、広島、山口、香川、愛媛、高知、福岡、佐賀、長崎、熊本、大分、鹿児島、沖縄の23県で、全て書道作品だ。

主催者は毎年7~8月に都道府県別の応募状況を確認。応募がほとんどない県について、作品を用意して架空の名前で出展し、知事賞受賞作品として展示していたという。書家である主催者の代表は「私は分からない。取材を受ける必要はない」などと話している。

県側は選考を一任しており、受賞者の連絡先などを確認せずに主催者側に賞状を渡していた。大半の県の担当者は「主催者を信用してきた。そんなことが起きるとは思わなかった」と話す。多くの県が朝日新聞の取材を受けた後に主催者に問い合わせたところ、「受賞者の所在が分からなかったので知事賞を返す」として賞状が送り返されてきたという。

昨秋には国内最大の公募美術展「日展」で不正審査が発覚し、第三者委員会の実態調査が続く。文化庁は日展の後援や内閣総理大臣賞の選考を中止し、調査結果を受けて後援のあり方などを見直す方針だ。全日展の不祥事について、文化庁は「事実なら必要な見直しを図りたい」としている。

引用元: 全日展、架空人物に知事賞 主催者が偽名で書道出展:朝日新聞デジタル.

「君はこんなワクワクする世界を見ずに死ねるか」を読んで

実際私の周りでも一流大卒で英語ぺらぺらで、社会的に権威のある職場にいるのですが、仕事に追われる日々の中で自分自信のキャリアが見いだせずに、苦しんでいる人というのは沢山います。スペックがあがったってサラリーマンはサラリーマンで共通の悩みと焦燥感を抱えているのです。そういう意味じゃ彼がやっていることは人の心に併せて偽りの夢を見せる「笑うセールスマン」のようなことなのでしょうね。最後にどーんと突き落とすという損な役回りは避けているようですがね。本書に出てくるような世界の非日常というのは、読んでる限りは新鮮なのですが、当事者になってしまうと直ぐに日常化して飽き飽きしてしまうことばかりなのです。

引用元: 「君はこんなワクワクする世界を見ずに死ねるか」を読んで.