タグ別アーカイブ:

磁気が“見える”ようになる? 「磁気感覚」の創出に成功 東大 – ITmedia ニュース

五感に次ぐ新しい“第六感”として「磁気感覚」を作り出すことに成功したと東京大学大学院の研究者が発表した。脳は新しい感覚でもすぐに習得し、積極的に情報として利用できることも分かったという。視覚障害者の補助に活用できるのではとしている。

東京大学大学院薬学系研究科の池谷裕二教授らの研究グループは、目の見えないラットの脳に、磁界の向きを感知する「地磁気チップ」を埋め込んだ。ラットが北を向いたら右側の、南を向いたら左側の「1次視覚皮質」(目で受け取った情報を最初に処理する大脳皮質)を刺激するように設定したところ、迷路をクリアしてえさを食べることができた。

複雑な迷路でも、目の見えるラットと同様にえさの位置を正確に把握でき、磁気感覚を使いこなせていることが分かったという。センサーの電源を切ると、最初は失敗していたが、その日のうちに課題を解けるようになった。磁気によって作られた「認知地図」による地理感覚が得られたと考えられ、失った感覚(視覚)を新しい感覚で代替できることが証明できたとしている。

脳は新しい感覚も柔軟に取り込めるようだ。視覚障害者が持つ杖に方位磁針センサーをつけるなど、感覚欠損のサポートへの新しいアプローチが期待できるという。

地磁気を利用している生物としては渡り鳥が知られており、渡り鳥は磁気を視覚として使っている(磁気が“見えている”)という説がある。紫外線が見える動物もいるなど、人間が自分の世界だと思っているものは、外界のごく限られた情報だけを検知して構成されているとも言える。

池谷教授は「おそらく人は脳の全てを使えているわけではない。それは人の身体の感覚器が足りないためで、本当の知覚の世界はもっと“カラフル”なものに違いない」と話している。

引用元: 磁気が“見える”ようになる? 「磁気感覚」の創出に成功 東大 – ITmedia ニュース.

CNN.co.jp : ツタンカーメンの生前の姿、明らかに 足に疾患か

古代エジプト王ツタンカーメンのミイラの「仮想検視」を行って生前の姿を初めて実物大で再現した画像が公開された。26日放送の英BBCのドキュメンタリー番組で紹介される。

ツタンカーメンは紀元前1333年~1323年の古代エジプト第18王朝の王で、死亡当時の推定年齢は19歳前後。2010年の米医学誌に発表された研究によれば、足の骨折で感染症にかかった後マラリアのため死亡したと推定される。

生前の姿を再現した画像はミイラのCTスキャンをもとに研究チームが作成した。左足の足首のあたりが変形しているのは、骨に異常が生じるケーラー病だった可能性があるという。

ツタンカーメン王の墓からは100本以上の杖も見つかっている。当初は権力の象徴とみられていたが、実は歩くために杖が必要だったという見方が有力になった。

死因を巡っては、チャリオットと呼ばれる馬車に乗っていて死亡したとする説もあった。しかしイタリアの専門家は、ツタンカーメンが馬車に乗ることは不可能だったと説明。「足がひどく変形していて、支えてもらわなければ立つことができなかった」と指摘している。

家族のミイラの遺伝子を解析した結果、両親はきょうだい同士だったことも分かった。このためツタンカーメンは遺伝性の疾患を抱えて健康状態が良くなかったと研究チームは推測している。

引用元: CNN.co.jp : ツタンカーメンの生前の姿、明らかに 足に疾患か.

視覚障害者にやさしいRFID道 – 革新的発明と製品情報

この道には、RFIDチップを組み込まれているので、白杖で接触すれば、音声で道の名称や方向などの情報を使用者に伝えて、視覚障害者に多くの利便性をもたらすことができる。

引用元: 視覚障害者にやさしいRFID道 – 革新的発明と製品情報.

警察官に「金を出せ」 交番での強盗未遂容疑で逮捕:朝日新聞デジタル

浜松東署は25日、浜松市南区芳川町の芳川町交番で警察官らを脅して金を奪おうとした疑いで、住所・職業不詳の自称鈴木克明容疑者(60)を強盗未遂容疑で現行犯逮捕し、発表した。容疑を認めているという。

署によると、25日午後0時20分ごろ交番に来た鈴木容疑者は、包丁(刃渡り15センチ)を振り回しながら「金を出せ」と、交番にいた横関文彦警部補(40)ら2人を脅かした。横関警部補は近くにあった警杖(長さ125センチ)で包丁をたたき落としたが、鈴木容疑者はすぐに胸ポケットから果物ナイフ(刃渡り10センチ)を取り出したという。

この間、交番にいた松下しのぶ交番相談員(54)が警察電話で110番通報。パトカーで2人の警察官がすぐに駆けつけ、横関警部補とにらみ合っていた鈴木容疑者に対し拳銃を構えて警告。鈴木容疑者が果物ナイフを捨てたところを押さえ込み、発生から数分後に現行犯逮捕したという。

渡辺二朗・副署長は「拳銃を構えたのは、逮捕や逃走防止、自己・他人の防御などにあたり、適切だった」と話した。

引用元: 警察官に「金を出せ」 交番での強盗未遂容疑で逮捕:朝日新聞デジタル.

「まるで福祉施設」 女子刑務所で高齢者急増:朝日新聞デジタル

法務省の研究機関・法務総合研究所が15日、犯罪白書を公表した。女子刑務所の入所者がこの20年で倍増し、65歳以上の高齢者では10倍になったとしている。欠かせない車いすや杖、身の回りの世話をする刑務官……。「まるで福祉施設」とも指摘される刑務所で何が起きているのか。

トピックス:女子刑務所

午後4時半。工場で刑務作業を終えた女性受刑者たちが整列した。列の後尾には、杖をついたり足を引きずったりしながらついていく人たち。車いすの受刑者は別に分けられ、それぞれの居室に戻っていった。

先月下旬、女性だけが入所する和歌山刑務所(和歌山市)で許可を得て取材した。定員500人を超える564人(10月25日時点)が入り、60歳以上が約4分の1の140人。多くが糖尿病、白内障などの疾病を抱えているという。

認知する機能が低下した人もいる。トイレに付き添い、下着を下ろせるかを確認するのは刑務官だ。「税金を使い、受刑者を介護する状況になっている」。ある刑務官が漏らした。

引用元: 「まるで福祉施設」 女子刑務所で高齢者急増:朝日新聞デジタル.

革新的発明と製品情報 » 自己バランス機能付杖

多くの高齢者にとって、杖は必要なもの。でも、杖が倒れたらそれを拾いあげるのは、大変なことになる。この杖は、自己バランス機能を備えるため、使わないときには、直立した状態を維持できている。両手をフリーにしてその他のことをすることができるし、腰をかがめて杖を拾うことも必要なくなる。

引用元: 革新的発明と製品情報 » 自己バランス機能付杖.