タグ別アーカイブ: 本末転倒

<温泉巡り>称号競争が過熱 ついに究極の位が決定 (毎日新聞) – Yahoo!ニュース

市観光協会で温泉道を担当する堤栄一郎さん(33)は「88カ所巡りは本来、別府の数多い温泉を何年もかけて愛してほしくて始めた。温泉への愛よりスタンプ数が優先しては本末転倒だ。区切りが良い88×88で打ち止めにしました」と話す。

現在ただ一人「泉聖」の称号を持つのが東京都東大和市の指原(さしはら)勇さん(67)だ。5月15日に認定された。44巡への到達が3番目だった指原さんは55、66、77、88巡で一番乗り。家族を東京に残し、1人で別府市の実家に住んで温泉を巡った。この1年は別府に1カ月、東京に1週間の繰り返しだったという。

これ以上称号が新設されないと知った指原さんは「正直ほっとしました。追い抜かれるのが怖くて、3月から1日11カ所のペースで湯に入った。市広報の表紙にも使われ、他の人には負けられないという重圧があった」と話す。

電話工事会社に勤め、アフリカや東南アジアでの生活が長かったが、「定年後、これほど夢中になったものはない。温泉道から生きがいと誇りをもらった。今後はボランティアで別府の身障者の入浴を助けながら1日に1温泉のペースでのんびり湯につかりたい」と話している。

引用元: <温泉巡り>称号競争が過熱 ついに究極の位が決定 (毎日新聞) – Yahoo!ニュース.

「目的があっての手段だ」なんて考え、つまらなくないですか? – nanapi社長日記 @kensuu

「目的があっての手段だ」なんて考え、つまらなくないですか? – nanapi社長日記 @kensuu: 手段を目的化しちゃいけない、とか本末転倒だ、とか、つまんない言葉で、今やりたいと思うそのエネルギーを喪失しないほうがいいんじゃないかと思います!