タグ別アーカイブ: 最適化

その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(42):Windows as a Serviceを正しく理解しませんか――Windows 10とOffice 2016のブランチ更新概論 (1/4) – @IT

Windows 10はまだ誕生したばかりであり、Windows as a Serviceという新しいコンセプトはまだまだ認知されていないようです。Windows as a Serviceには「Current Branch(CB)」「Current Branch for Business(CBB)」「Long Term Servicing Branch(LTSB)」の三つの「Branch(分岐)モデル」が用意されていますが、これらをWindows Updateのタイミングの違いと認識しているのなら誤解があります。

例えば、CBとCBBの違いは、“CBは完全に自動更新”“CBBはアップデートのタイミングを調整できる”というのは完全に間違いです。

各Branchモデルの違いを簡単にまとめると次の表1ようになります。

Branchモデル 内容

Current Branch(CB、最適化モデル) コンシューマー向けのモデル。セキュリティ更新とバグフィックスは都度提供。新機能はリリースと同時に提供。LTSBを除く全てのエディションの既定

Current Branch for Business(CBB、企業向け最適化モデル) ビジネスユーザー向けのモデル。CBのおおむね4カ月後にBranchが始まり、セキュリティ更新とバグフィックス(不具合の修正プログラム)は次の次のBranchが始まるまでのおおむね8カ月間、都度提供。HomeおよびLTSBを除く全てのエディションで選択可能

Long Term Servicing Branch(LTSB、固定化モデル) 基幹業務システムなどミッションクリティカルなシステム向けのモデル。セキュリティ更新とバグフィックス(不具合の修正プログラム)は10年間のサポート期間中、都度提供。Enterprise LTSBのみ対象

表1 Windows 10(Windows as a Service)で用意されている三つのBranch更新モデルの違い

引用元: その知識、ホントに正しい? Windowsにまつわる都市伝説(42):Windows as a Serviceを正しく理解しませんか――Windows 10とOffice 2016のブランチ更新概論 (1/4) – @IT.

Chrome で高速にページを読み込む新しい技術のご紹介 – Google Developer Japan Blog

スクリプト ストリーミングは JavaScript ファイルのパースを最適化します。以前のバージョンの Chrome では、パースを開始する前にスクリプトをすべてダウンロードする単純な手法を使っていましたが、このアプローチではダウンロードが終了するまで CPU を活用できていませんでした。Chrome バージョン 41 からは、async と deferred のスクリプトについて、ダウンロードが開始されると同時に別のスレッドでパースが実行されるようになります。つまり、ダウンロードの完了とほぼ同時にパースも完了することになり、ページの読み込みが 10 % ほど迅速に行われることになります。これは特に大がかりなスクリプトやネットワークが遅い状況において効果的です。

引用元: Chrome で高速にページを読み込む新しい技術のご紹介 – Google Developer Japan Blog.

成功した企業の経営をコピーできない理由 – 竹内研究室の日記

「MBAを取っただけでは役に立たない」と言われるわけです。

では、MBAのような教育が意味が無いかというと、そうは思いません。むしろ、経営学はまだ発展途上で、これからどう発展させるか、試行錯誤が必要な分野だと思います。私も今後の研究・教育の課題として取り組んで行きたいと考えています。

あくまでも個人的な経験ですが、MBAで膨大なケーススタディを読んで、10年後の今でも頭に残っているのは、企業が失敗した事例ばかりです。

成功した理由など、先ほど述べたように本当のところはわかりませんし、下手すると「後付けの美談」になってしまいます。

それよりも、失敗するには必ず理由がある。そして、時代・国・業種が違っても、失敗した事例をたくさん読むと、どこか共通した失敗の理由があることに気付きます。

例えば、

・一度成功したモデルに固執してしまう

・過去の成功が大きいほど、成功したモデルに組織が最適化され変化できなくなる

・必要な人材が変わってもかつての功労者を切れない

・自分より優秀な人間を嫉妬して抜擢することができない

・・・など。多くの場合、人間の弱さに起因して失敗するわけです。心理学も駆使して失敗の原因を探るMBAの講義には、即効力はなくても、普遍的な価値はあると感じました。

結局、経営学・MBAが提供してくれるのは、「成功した企業のコピー」という即効性のある処方箋ではなく、経営者が自分の事業を行う時に失敗しやすいポイントを抽象的ないわばメタのレベルで理解することではないかと思います。

引用元: 成功した企業の経営をコピーできない理由 – 竹内研究室の日記.

グーグルが半導体の設計者を雇う理由 – 竹内研究室の日記

今回のISSCCで目がついた発表は、私たちの研究と方向性は似ていて、SSDやストレージ・クラス・メモリ(MRAM、ReRAM、PRAMなど)といった高速なメモリを活用する新しいコンピュータシステム。

新しいコンピュータシステムの呼び方はいろいろで、例えば、

・三星:In-Storage Computing

・Google:Near-Data Computing

・Marvell:FLC(Final Level Cache)

・IBM:Data Centric Computing

全てに共通するのは、膨大なデータをリアルタイムに扱うためには、データを記憶する高速メモリの近くでデータの処理をする必要があるということ。

In-Storage Computingはストレージの中でアプリケーションを動かしてしまうこと、FLC(Final Level Cache)はメインメモリのバスにSSDを接続すること。

一見、逆の方向の技術に見えますが、データ処理とメモリを近づける、という意味では共通しています。

こういった新しいアーキテクチャに取り組んでいる企業は、上の例を見ても、半導体メモリメーカー(三星)、ITサービス(Google)、プロセッサメーカー(Marvell)、ITシステム(IBM)と様々です。

この世界はいわば、異種格闘技戦になっていることが良くわかると思います。

ビッグデータ、IoTなどの新しいサービスが生まれたタイミングと、SSD、ストレージ・クラス・メモリなどの新しいデバイスが成長してきたタイミングが偶然にも一致したからでしょうね。

まさにデバイスからソフト、サービスまでの最適化が必要になってきているのです。

さて、ではどうやって異分野を融合していくか。様々なスキルを持った専門家を自社に抱えるしかないのでしょう。それだけの体力ある企業が生き残る。

事実、Googleの講演者も元々は半導体の回路設計者でした。

必ずしも全てのパーツの製造を自社で手がける必要は無いけれども、少なくとも全ての技術を融合していく時代になっていくのでしょう。

日本では「垂直統合は悪、水平分業が善」というようなことも聞かれますが、世界は既にその先に行っているのです。

引用元: グーグルが半導体の設計者を雇う理由 – 竹内研究室の日記.

CEOの年収2000万円ほか全社員の給与を公開中、Buffer創業者に聞く「過激な透明性」のワケ | HRナビ

以下の一覧表をみて見てほしい。これは現在急速に成長中の、とあるスタートアップ企業における社員全員の年収の一覧表だ。Google Docsを使って常時この表をネット上で公開しているのは、TwitterやFacebookへの投稿をタイムシフトで最適化するサービスを提供するスタートアップ企業の「Buffer」。株式の持ち分や、1株当たり評価額も書いてある。つまり、含み益も含めて、どのくらいお金をもらっているか、今後もらうことになるかが全部内向きにも外向きにも透明になっている。創業者でCEOのジョエル・ガスコイン氏の報酬は年額で17万5000ドル(約2050万円)、持ち株の評価額は、すでに2218万ドル(25.5億円)というのも分かる。

Bufferでは、すべての報酬額を公開しているだけでなく、その算定式も同時に公開している。以下の表をみれば分かるように、役職、経験、居住地などに基く給与算定式もシェアしている。

例えば、エンジニア職であれば、基本給は6万ドル(約708万円)。経験レベルに応じて10〜40%が加算される。また会社が小さなときに入社した人は、それだけリスクを取ったということで、その係数も掛け算する、といった具合だ。ほかにも会社の収益向上に応じて支払われるボーナスも役職ごとに定義されているが、このテーブルも公開している。

Bufferの30人強の社員は6つの大陸、11カ国、22都市に分散していて、居住地によって生活費が異なるため、それもA〜Dのランクに応じて6000〜2万2000ドルまで追加される。面白いことに、地価高騰の著しいサンフランシスコのエンジニアだけは別格扱いで、4万ドル(約470万円、月額換算で39万円)が加算されたりもする。表を見れば分かるとおり、ABCDというアルファベット以外にもSF Engineerという文字が並んでいるのが分かる。

引用元: CEOの年収2000万円ほか全社員の給与を公開中、Buffer創業者に聞く「過激な透明性」のワケ | HRナビ.

愛の日記 @ Drivemode | 「どこどこにシリコンバレーを作る」というお話

ちなみに、この規模が小さいがゆえに自然に起こった局地的な集中は、別に戦略的に作られたわけではありません。ITで成功しまくった人たちが増えるにしたがって、だんだん環境がイノベーションを起こして生活するみなさんに最適化されてしまい、もはやIT関係者以外の人たちには住みにくくレベルで謎の生活環境ができあがりました。やはりポイントはこの「利害関係者の種類が少なくなりすぎて、勝手にいろいろな環境が最適化された」ということであり、アメリカ自身も二つ目のシリコンバレーを戦略的に作ることはできていないわけです。結局、上記の図にでてくる様々なプレイヤーのうち、個別のプレイヤーがどうであっても環境としては変化していないわけで、だからといってみんながみんな、いっせーのせ、で、「一緒にシリコンバレーを作りましょう!」というのは難しいから、まだできていないということなんでしょうね。

ただまあやるなら、そこの地域にいるIT関係者以外のすべてのみなさんが激怒するような環境であることが大事だと思います。それが最適化ということであり、それが集中するということだから。

引用元: 愛の日記 @ Drivemode | 「どこどこにシリコンバレーを作る」というお話.

ASCII.jp:ドコモ、AWSの料金システムが複雑なのは「おたがいさま」

AWSの料金についても、大企業としては扱いづらい点もあったという。

「オンデマンドでお金が使えるといっても、予算折衝的には安定的にお金を前払いという方がラク。結果的に安くなるけど、最初の時点で安くなるかどうかは分からないというのは怖い。AWS保険が欲しい」

AWSの料金設定は複雑だ。NTTドコモでは、複数のプロジェクトをまたがって運用している部署がまとめて勘定する「コンソリデーテッド・ビリング」(一括請求)の仕組みを使っているが、運用上の課題があった。

たとえばプロジェクトAが「ワークロードに対して最適化し、RIを戦略的に購入して……」とまじめに考え、プロジェクトBは「まあどうせ会社が払ってくれるんだから何もしなくてよくね?」と適当に考えていたとする。

しかし、請求額が合算されると、Aの努力はBに吸収されてしまうのだ。Bは「なんかしらんけど今月はいつもよりちょっと少なかった」となり、Aは「あれだけ頑張ってんのにやる気なくすわ!」となってしまう。

そこでドコモでは自前のコスト管理ツールを開発。リザーブド・インスタンス(予約金を払うと料金が安くなるAWSのシステム)の有効利用度を見える化し、AWSの料金設計を使いやすくしているのだという。

クラウドならではのスケーラビリティー、為替のように日々変動する料金設計も含めて「AWSは面白い」と栄藤氏。「まあ料金システムが複雑なのはおたがいさまなんだけど」。

引用元: ASCII.jp:ドコモ、AWSの料金システムが複雑なのは「おたがいさま」.

「OpenDaylightをなぜ嫌いなんですか?」:ジュニパーはなぜ2つのオープンソースSDNコントローラを推進するのか – @IT

では、オープンソースのSDNソリューションを求めている人には、OpenDaylightのコントローラの代わりにOpen Contrailを勧めるということなのか。

こういう風に答えよう。顧客におけるSDNのユースケースは多様だ。それぞれのユースケースに対し、どれが最も効果的なコントローラなのかを考えることが重要だ。OpenDaylightのコントローラのユースケースは、私にとってはまだ完全に明確ではない。いずれかの時点で明確になってくるだろう。明確になってきたら、われわれはどのユースケースにどのコントローラが適しているかについて、もっと論理的な判断ができるようになっていくだろう。

しかしそれまでは、当社のコントローラがいくつかのユースケースを、非常に効果的な形でサポートできると考えている。1つはクラウドサービスのための仮想化データセンターであり、もう1つはレイヤ4~7のサービスチェイニングを提供するサービスプロバイダエッジだ。当社はContrailコントローラを少なくとも初期の段階ではこの2つのユースケースに対して最適化している。つまり、こうしたユースケースの顧客にはContrailを勧める。

引用元: 「OpenDaylightをなぜ嫌いなんですか?」:ジュニパーはなぜ2つのオープンソースSDNコントローラを推進するのか – @IT.

IntelのIT部門が社内における自らの重要性を語る ~過去4年で1億8,400万ドルを創出した戦略とは – PC Watch

同社のIT部門は現在「SMAC」と呼ばれる戦略を展開している。SMACはそれぞれSocial、Mobile、AnalyticsそしてCloudの頭文字を指す。つまり、現在コンシューマでも身近なったソーシャルネットワーク、モバイル端末とアプリ、そしてビッグデータの分析、クラウドサービスという4つのトレンドを、実際に社内のIT基盤に活かし、社内のビジネス価値を高めようとしている。

ソーシャルネットワークの利用という面では、社員のエキスパートを検索するサービスの提供や、ソフトフォンやビデオ会議、会議スペースの検索システムの導入によって、社員間のコラボレーションシップを推進。これによりグローバル全体で社員間のコラボレーション効率を高めた。

モビリティという面では、先ほど挙げたUltrabookやタブレットの導入によって社員の作業効率性を向上させた。また社内の地図を表示したり、会議の時間を知らせたりするiOS/Android用アプリ「Virtual Agent」を開発し、社員の行動を補助するようにしたという。

ビッグデータの分析では、構造化データと非構造化データを分析して、機械的に判断できるシステムを導入。生産ラインの品質管理や、顧客の発注状況などをリアルタイムに反映して判断し、ビジネスにフィードバックしていくことで、販売の最適化、製造コストの削減、SoCなどの検証の加速に繋げて行くことができたという。

最後のクラウドの利用においては、社員の利用内容に応じてプライベートクラウド、パプリッククラウド、ハイブリッドクラウドの使い分けを行なった。新しいサービスの94%もクラウド上で展開することで、サービスインフラを1時間以内に構築できるようになったとしている。

これらの取り組みにより、IT部門の試算では2010年からの4年間で1億8,400万ドル(約180億円)規模のコスト削減、および価値の創出を実現できたとしている。

引用元: IntelのIT部門が社内における自らの重要性を語る ~過去4年で1億8,400万ドルを創出した戦略とは – PC Watch.

Google Cloud Platformのネットワークを改善するAndromeda

Andromedaの利点を享受するため、GCEのユーザは最新のDebianバックポートのイメージを使うことを推奨されている。このイメージにはオフロードとマルチキューの機能を利用できるカーネルドライバが含まれている。GCEはRed Hat Enterprise Linux(RHEL)、SUSE Linux Enterprise Server (SLES)などサポートするOSを増やしているが、Andromeda向けに最適化されたカーネルは搭載していない。また、Windowsイメージ向けのAndromeda最適化については情報がないが2014年5月1日に発表される予定だ。

引用元: Google Cloud Platformのネットワークを改善するAndromeda.