タグ別アーカイブ: 最年少

Snapchatのような最新テクノロジーを理解できない大人がすべきこと | TechCrunch Japan

Twitterが取り入れられた過程を思い返してみれば、人はTwitterで行われているやりとりに加わるまでその良さが分からないというのは明らかだろう。そこに到達するまで、多く人は「たった140文字で価値のあることを伝えられるのか?」とか「ブログではだめなの?」と言うものだ。Twitterに深く入り込むことが、Twitterを理解する唯一の方法だ。チームがSnapchatを完全に理解することができるようになる方法について私は考えた。

そして思いついたのが、会社で「Snapchatデー」を開催することだった。1営業日のメール、IM、チャット、テキストメッセージ、Trelloでのコメント、Githubのバグ対応、更には電話も含め、全ての社内コミュニケーションを禁止した。代わりに、全ての社内コミュニケーションをSnapchatで行うのだ。

「Snapchatデー」の出だしは困難なものだった。Snapchatは、効率的な社内コミュニケーションツールとして設計されていないことは明らかだし、それを実感した。ただ、一日の半分が過ぎたころには、チームの全員、このプラットフォームでのメッセージの送受信が上手くなり、操作方法をある程度学ぶ必要のあるインターフェースの基本的な使い方を覚えていた。Snapchatでどのようにバグ対応を連絡するかって?コミット画面の写真を撮って送っていた。

Seamlessでメンバー分の食事の意向を聞いて注文するのも一苦労だった。

チームの最年少メンバーらが他のメンバーのメンターになった。他のメンバーというのは、25歳以上のメンバーほぼ全員だ。若いメンバーは、フォントサイズや色を変える方法、フィルターを付けてSnapchatのStoryを作る方法を教えた。一日の終わりには、全員がSnapchatでプロ並になり、それ以来、Snapchatを使い続けるメンバーもいて、会社のためになっている。

引用元: Snapchatのような最新テクノロジーを理解できない大人がすべきこと | TechCrunch Japan.

最年少5歳で手話5級合格 妹「お兄ちゃんと話せる」:朝日新聞デジタル

全国手話検定試験(全国手話研修センター主催)の5級に、幼稚園生の阿萬暖々果(あまん・ののか)ちゃん(6)=宮崎県西都市=が昨年10月、最年少となる5歳で合格した。兄に聴覚障害があり、生まれたときから手話が身近だった暖々果ちゃん。「お兄ちゃんといっぱい話せるから、手話は楽しい」

暖々果ちゃんには小学2年生の兄、和春(にこはる)君(7)がいる。内耳や聴覚神経に障害がある感音性難聴の和春君のため、清香さん(32)と祐典さん(33)夫妻は、暖々果ちゃんが生まれた年に手話を習い始めた。いまでは、和春君以外の家族同士でも、口に食べ物が入っているときや、家の窓越しに外と中で話すときは、手話を使っている。

暖々果ちゃんが初めて手話を使ったのは1歳のとき。ご飯を食べながら手のひらをほっぺたにあて、「おいしい」と伝えた。自然なしぐさだった。それから、「ありがとう」や「それだめだよ」などと手話で言うようになった。

昨年、清香さんと手話のDVDテキストを見ていた暖々果ちゃんは、読み取った手話の意味をすらすらと口にした。その理解力に驚いた清香さんは、検定への挑戦を娘に提案した。

試験は昨年10月。当時5歳の暖々果ちゃんは、宮崎市の試験会場入り口で清香さんと別れ、試験会場に。「ひとりぼっちでドキドキしたけれど、みんながお世話してくれたから大丈夫になった」と振り返る。

引用元: 最年少5歳で手話5級合格 妹「お兄ちゃんと話せる」:朝日新聞デジタル.

青年が軍の払い下げ装甲車を「衝動買い」したのは「母の一言」が決め手だった – DNA

スウェーデンのジミー・ヨハンソンはエンジンがついているものなら何でも好きな23歳の男性。その運命の日も「メルセデスのエンジンがある」と聞いてジャンクヤードにやってきました。

エンジン自体は程度もそれほどよくなかったようで青年のお眼鏡にかなうものではなかったようですが、その時ふと隅に置いてあったPBV-401装甲車(MT-LB装甲車のスウェーデン版)が目に入ったのです。

巨大で珍しい出物にジミーさんは釘付け。程度もよく、なにより水陸両用で水上走行も可能です。ジャンクヤードのオーナーも「これ買えばきっとスウェーデン最年少の装甲車オーナーになれるんじゃないかな……」とくすぐってきます。

しかし7万6千クロノー(約120万円)出して12トンの中古車を買って帰る……というのはさすがのジミーさんもなかなか決心がつきません。ジミーさんは携帯電話を取り出し母に相談することにしました。

「買うかどうか決められずに母に電話したんです。そして『装甲車を買いたいんだけど』って言ったら笑って『とりあえず買ってきなさいよ』って。公道は走れないからトラックに載せて帰ったんですけどさすがに注目されましたね」

何がどうなるか分からないものを「買っておいで」とは、やっぱりどこの国でも母親というものは強い存在なのですね。なおこの装甲車でまず最初にやりたいのは「おじいちゃんをドライブに連れて行く」ことだそう。お母さんも連れていってあげるのだとは思いますがどちらにせよいろいろな意味で思い出に残るドライブになりそうな気がします。

引用元: 青年が軍の払い下げ装甲車を「衝動買い」したのは「母の一言」が決め手だった – DNA.

朝日新聞デジタル:現職最年少、28歳市長が誕生 岐阜・美濃加茂 – 政治

前市長の病気辞職に伴う岐阜県美濃加茂市長選は2日投開票され、無所属新顔の前市議藤井浩人氏(28)が、無所属新顔の前市副議長森弓子氏(58)=自民推薦=を破り、初当選した。藤井氏は、北海道夕張市の鈴木直道市長(32)を抜き、現職の市長で全国最年少となる。投票率は52・86%(前回無投票、前々回65・01%)で過去最低。

引用元: 朝日新聞デジタル:現職最年少、28歳市長が誕生 岐阜・美濃加茂 – 政治.

「マッキンゼー史上最年少マネジャー」が辞めた理由 インパクトを出す!ための思考、行動、習慣【第1回】:PRESIDENT Online – プレジデント

「マッキンゼー史上最年少マネジャー」が辞めた理由 インパクトを出す!ための思考、行動、習慣【第1回】:PRESIDENT Online – プレジデント: 革新者を革新に導いたもの、それはただひたすらにインパクトを追求するマインド・セット、いわゆる「インパクト志向」に他なりません。彼らはインパクトを生み出さないものやインパクトの阻害になるものは断固として許しません。その対象がヒトだろうが法律だろうが何であろうが一切、関係あ りません。とにかくインパクトに結びつくものは認め、結びつかないものはゴミでしかありません。そんなシンプルな価値観で突き進む彼らにとっては、それが わからない人間はクソッタレでしかありません。そんな彼らの発言や行動は時として長老者や安定志向者にはお行儀が悪く映って色々な批判を受けますが、そん なこともお構いなしです。お行儀良くチンタラやっていても世界は何も変わらないのです。