タグ別アーカイブ: 昭和

亀田製菓株式会社

柿の種の名前の由来は?A16 もともと作るときから名前があったわけではなく作ったものが、たまたま柿の種に似ていることから命名されたようです。いわれは、餅生地を切り抜くための金属製の筒で、はじめは断面が小判型であったが、あるとき足で踏んづけてしまったため、かまぼこ型の餅ができた。これで作ったところ果物の柿の種に似た形のあられができたため「柿の種」と命名されたと言われています。ちなみに、一番最初に柿の種が商品化されたのは大正13年(1924年)頃だそうです。当社においては、昭和25年(1950年)頃に前身の亀田町農産加工農業協同組合の頃から作っていました。

引用元: 亀田製菓株式会社.

「ご飯に合わない」給食の牛乳取りやめへ NHKニュース

牛乳は、成長には欠かせないカルシウムを手軽に補える栄養源として、給食で提供されるようになりました。

文部科学省や全国学校給食会連合会によりますと、学校給食が全国で始まったのは昭和20年代でした。終戦直後の食糧不足のなか、家庭だけでは不足しがちな栄養を子どもたちに補ってもらうためです。

この時期、給食で提供されていたのは「脱脂粉乳」で、アメリカやカナダなどからの輸入に頼っていました。

しかし、カルシウムなどを手軽に補える栄養源として牛乳に注目が集まり、国内での生産体制も整ったことから、昭和40年代には給食の定番になったということです。

引用元: 「ご飯に合わない」給食の牛乳取りやめへ NHKニュース.

東京駅地下に謎の巨大空洞 地下トンネルの一部か NHKニュース

JR東京駅の北側の地下に、長さ50メートルの巨大な空洞が残されているのが確認されました。およそ50年前に計画された地下トンネルの一部とみられますが、これまで使われたことはなく、どこにあるのかが分からなくなっていました。

空洞が確認されたのはJR東京駅のすぐ北側の国道1号線の真下にあたる付近で、NHKの番組「ブラタモリ」の取材中に偶然、見つかったものです。空洞は幅6メートル、高さおよそ5メートルの穴が2本並んでトンネルのようにおよそ50メートルにわたって掘られています。

この付近の地下を管理している東京メトロによりますと、昭和40年ごろに、当時計画のあった地下自動車道路の一部として掘られたとみられますが、一度も使われたことはなく詳しい資料も残されていないということです。

空洞にはもともと出入り口が作られておらず、長い間、誰も実際に中を確認できませんでしたが、東京メトロによりますと、平成13年に穴を開けて安全性などを調査したという記録が残っているということです。しかし、その際にどこに穴を開けたかは記録されておらず、再び中に入れない状態となっていました。

東京の地下の開発に詳しい東京メトロの丸山茂さんは「ずっと入り口が分からなくなっていたので、今回、偶然見つかって非常に驚いた。安全性には問題ないが、当時の建設計画は詳細が分からず謎が残る」と話しています。

引用元: 東京駅地下に謎の巨大空洞 地下トンネルの一部か NHKニュース.

エレキバンCMで有名に、比布駅建て替え 希林さん感慨:朝日新聞デジタル

35年前に「ピップエレキバン」のテレビCMで有名となった北海道比布(ぴっぷ)町のJR比布駅が、近く駅舎を解体して生まれ変わることになった。当時は全国から大勢の鉄道ファンや観光客が押し寄せた。CMに出演した俳優の樹木希林さんは「懐かしい思い出」と名残を惜しむ。

CMは1980年に放送された。ホームの駅名表示板の前で、希林さんが「何か来ないうちにおっしゃったらどうですか」とエレキバンを製造するピップフジモト(現ピップ)の横矢勲会長(故人)に水を向け、横矢さんが「ピップ」と言おうとした途端、通過列車に遮られるというコミカルな内容だった。駅舎は1934(昭和9)年に建てられ、CM撮影時は希林さんらの控室に使われた。

比布町は道北の水田地帯にある小さな町。それまで観光客との縁は薄かったが、放映直後から鉄道ファンを中心に大勢の人が押し寄せ、入場券だけで一日千枚以上売れた日もあった。「当時は駅前に何軒も店があり、ずいぶんとにぎわった。町の名前を全国区にしてもらい、うれしかった」と今も駅を利用する同町の有田初恵さん(78)は懐かしむ。

引用元: エレキバンCMで有名に、比布駅建て替え 希林さん感慨:朝日新聞デジタル.

洗濯方法の表示 約2倍の41種類に NHKニュース

衣類の裏側などにつけられている洗濯の方法を示す表示が、来年から国際規格に合わせて改められ、これまでのおよそ2倍の41種類に増えることになりました。

衣類や布団などの繊維製品についている洗濯の方法を示す表示は、およそ40年前の昭和51年に義務化され、これまで日本独自の記号が使われてきました。

しかし、利便性を高めるため、来年から国際規格に合わせて改められることになり、消費者庁が新しい記号を公表しました。

それによりますと、これまで22種類だった記号は2倍近い41種類に増えます。

このうち、洗い方を示す記号は洗濯機からたらいの絵に変わり、洗濯の際の温度や、洗う強さなどが細かく記されます。

また、洗濯後の干し方を示す記号は、これまで洋服の絵で表現されていましたが、新しい記号では正方形になり、中に縦線があればつって干すことを、横線があれば平らにして干すことを、そして、斜めの線があれば日陰で干すことをそれぞれ推奨しています。

新しい表示は、洋服メーカーなどの準備期間や消費者への周知期間が必要なことから、およそ1年半後の来年12月から始まり、それ以降、店頭に並ぶ商品にはこの新しい表示がつけられます。

消費者庁は、「表示の改正によって、よりきめ細かい情報が消費者に提供され、海外で買った衣類の取り扱いも分かりやすくなる」と話しています。

引用元: 洗濯方法の表示 約2倍の41種類に NHKニュース.

新型出生前検査、病気「陽性」判定の83%中絶 (読売新聞) – Yahoo!ニュース

妊婦の血液を採取して胎児の病気を調べる新型出生前検査について、共同研究組織「NIPTコンソーシアム」は10日、2013年4月の開始から昨年9月までの1年半に1万2782人が検査を受けたことを明らかにした。

病気の疑いがある「陽性」と判定されたのは1・7%の219人で、羊水検査などで201人が胎児の病気とわかった。このうち83%にあたる167人が人工妊娠中絶を選択した。妊娠継続を望んだ妊婦は4人。26人が流産・死産した。

昭和大の関沢明彦教授は「中絶を選択するケースが多いが、夫婦でよく考え、染色体の病気があったら育てるのが難しいと判断した人が新型検査を受けている結果とみられる」と話す。

国内では、同組織以外の医療機関でも検査が行われ、これまでに計約2万人が検査を受けた。

引用元: 新型出生前検査、病気「陽性」判定の83%中絶 (読売新聞) – Yahoo!ニュース.

プラモ、ファミコン…公立博物館が昭和グッズ集めに奔走:朝日新聞デジタル

プラモデル、ゲーム機、家電、新聞の折り込みチラシ……。各地の公立博物館が近年、「昭和」の収集に力を入れている。さらに「平成」に入った1990年代以降の製品にも手を広げる。探し集めるのは意外と一苦労のようだ。

「郷愁昭和史 十番勝負」が開催中の秋田県立博物館(秋田市)。1月から始まった昭和30、40年代の高度成長期の生活を振り返る内容だ。3月15日までの前期は、1965年製の飛行機プラモデルや68年製の「人生ゲーム」初代版など20点が並んだ。5月17日までの後期は、昭和30年代の台所用品や1967年発売のリカちゃん人形が来館者の目を引いている。

同館学芸主事の畑中康博さん(45)らが、知人から借りたり寄贈を受けたりした。持ち主には、手に入れた経緯も聞き取った。「米の収穫後、都会に出稼ぎに行った人が、子どものお土産に買って帰ったものもある。一点一点に秋田の歴史があるんです」

県内には蔵つきの民家が多く、ものを捨てずに保管する人が多く、古いおもちゃが残っているという。

会場でプラモデルに見入っていた同県大仙(だいせん)市の男性(65)は「子どもにせがまれて作ったものだ」と懐かしんだ。

同展のきっかけは一昨年12月。「30代以上の男性が泣くほど懐かしい」をテーマに、ラジカセや家庭用ゲーム機などを展示したところ、県内の別の博物館から貸し出しを頼まれた。畑中さんは「今回の展示で、子どもを連れて訪れた両親が、思い出話を語っていました。子どもたちには、背景の社会状況も知ってもらい、未来を考える材料にしてほしい」。

戦後の生活用品の収集で先駆けるのは、愛知県北名古屋市歴史民俗資料館。

引用元: プラモ、ファミコン…公立博物館が昭和グッズ集めに奔走:朝日新聞デジタル.

「自動起床装置」、人気で在庫切れ 音せず確実に起床、JR御用達 (withnews) – Yahoo!ニュース

あまりにも不快

音がないのに起きられる…そのヒミツは、設定した時間に敷布団の下の袋がふくらむ仕掛けにあります。

ベッド脇に置かれた一辺30センチほどの金属製の箱からベッド下に伸びたホースに空気が送られ、敷布団の一部が膨らみます。駅員たちによれば、「あまりに不快で起きてしまう」「目覚まし時計よりも威力がある」と言います。複数の同僚が寝ている相部屋でも、静かに目を覚ませます。

商品名は「やすらぎ」

製造・販売するのは山口県下関市の新光電業。従業員約50人の機械メーカーです。起床装置の誕生は約50年前にさかのぼります。

国鉄が1964(昭和39)年、相部屋で音を立てずに宿直乗務員を起こせる装置の開発を数社に依頼したのがきっかけでした。当時は起床時刻が異なる宿直員が同じ部屋で眠り、さらに「起こし番」と呼ばれる職員もいました。

新光の装置の原型機は国鉄に評価され、2年後に直方市(福岡県)の車両基地に初めて納入。全国に本格導入されたそうです。

商品名は、なんと「やすらぎ」。名前と違ってやすらがないのが魅力の「やすらぎ」…。ネット通販で個人向けにも販売され、年100個近くが売れているそうです。価格は10万円ほどしますが、最近は注文が相次ぎ、個人向けは2月には在庫切れに。次の入荷は4月上旬の予定だそうです。

引用元: 「自動起床装置」、人気で在庫切れ 音せず確実に起床、JR御用達 (withnews) – Yahoo!ニュース.

不可能とされた名刀の地紋再現に成功 奈良・吉野の刀匠、刀剣界最高賞を受賞 – MSN産経west

古代刀剣「七支刀(しちしとう)」(国宝)の復元を手がけた奈良県無形文化財保持者の刀匠、河内國平(くにひら)さん(72)=同県東吉野村=が、現代では不可能とされた鎌倉~室町時代の名刀が持つ地紋「映(うつ)り」の再現に成功、刀剣界最高の「正宗賞」を受賞した。専門家は「不可能とされた現代の材料で再現する技術を持つ唯一の刀匠だ」としている。

800年前の技…40年かけ研究

「映り」は、刀の強度を高めるための特殊な熱処理で発生する、鎌倉から室町時代の名刀にみられた地紋。江戸時代以降には絶え、現代の日本刀の材料「玉鋼(たまはがね)」では、再現不可能とされていた。

河内さんは、「正宗」や「一文字」など名刀を産出した鎌倉時代の古来の鍛冶作業にこだわり、約40年来の研究や経験を基に、「映り」の再現メカニズム解明に成功。ほぼ100%の確率で映しを再現できるようなったという。6月10日に開幕した日本美術刀剣保存協会主催の「新作名刀展」に長さ77センチの大刀「國平河内守國助(くにひらかわちのかみくにすけ)」を出品。「該当なし」が続いた正宗賞の太刀で、18年ぶりの受賞者となった。

河内さんはこれまで、伊勢神宮第61回式年遷宮で太刀と鉾(ほこ)を制作したほか、藤ノ木古墳出土の刀剣も復元。昭和62年、最高位の刀匠「無鑑査認定者」に認定された。

同協会の石井彰・学芸員は「驚くべき画期的な成果。現代の刀匠では、太刀に映りを再現させる技術を持つただ一人ではないか」と評価。河内さんは「刀鍛冶の鎚(つち)を振るようになって半世紀が過ぎようとしているが、ようやく約40年来の夢が実現した。さらに技術を磨き、正宗や一文字に負けない歴史に名を残す名刀を生み出したい」と話している。

引用元: 不可能とされた名刀の地紋再現に成功 奈良・吉野の刀匠、刀剣界最高賞を受賞 – MSN産経west.

たばこ喫煙率が初めて20%割る JT調査、健康志向で – MSN産経ニュース

日本たばこ産業(JT)が30日発表した5月の全国たばこ喫煙者率調査で、喫煙者率が19・7%となり、調査開始以来、初めて20%を割り込んだ。減少は19年連続で、前年から1・2ポイントの減少。高齢化の進展や健康に関する意識の高まりに加え、4月の消費税率引き上げに伴うたばこの価格改定などが要因とみられる。 この調査は昭和40年から実施され、喫煙者率の過去最高は41年の49・4%。今年5月の調査では男性が前年から1・9ポイント減の30・3%、女性が0・7ポイント減の9・8%。女性が10%を割り込んだのも初めてだ。

引用元: たばこ喫煙率が初めて20%割る JT調査、健康志向で – MSN産経ニュース.