タグ別アーカイブ: 日本製

脱“トランジスタ売り”の発想 – Chikirinの日記

ニューヨークもロンドンも、シンガポールもドバイも、そこに住む人、そこで働く人、そこで学ぶ人、そこで遊ぶ人自体が、そして、そこで活動する企業や投資家(&投資マネー)自体が、世界中から集まってきているのです。

彼らは何かを「輸出して」国際都市になったのではありません。

そうではなく、世界中から人や企業やお金(投資)を受け入れることで国際都市になったのです。

街中で買い物をしているときに耳に入る言語の多様性こそが、

職場における同僚の出身国の多様さこそが、

学校における(生徒はもちろん)教師の国籍の多様さや、

不動産オーナーの国籍の多様さこそが、その証となっているのです。

「日本製品をたくさん売って外貨を稼ごう。それが国際化だ!」と考えている限り、東京が、国際都市として競争力を高めることはできないでしょう。

今求められているのは、脱・トランジスタ売りの発想です。

私たちに必要なのは、「世界を受け入れる」という覚悟なのです。

引用元: 脱“トランジスタ売り”の発想 – Chikirinの日記.

溶けた鉄全身に浴び作業員重いやけど 岡山 NHKニュース

7日朝、岡山県倉敷市の水島コンビナートにある「JFEスチール西日本製鉄所」の工場で、溶かした鉄から不純物を取り除いていた作業員2人が飛び散った鉄を浴び、1人が重いやけどをし、もう1人が軽いけがをしました。

7日午前6時すぎ、倉敷市水島川崎通のJFEスチール西日本製鉄所の工場で、鉄くずを溶かす炉の中から「ドーン」という音がして、作業員が駆けつけたところ、2人が溶けた鉄を浴びてやけどしているのが見つかりました。

2人は倉敷市内の病院に運ばれましたが、30歳の男性作業員が溶けた鉄を全身に浴びて重いやけどを負ったほか、27歳の男性作業員も軽いけがをしました。

警察によりますと、現場では直径4メートル60センチ、地面からの高さがおよそ2メートル70センチある電気炉で鉄くずを溶かしていて、2人は炉の横に開けてある専用の穴に柄の長さが5メートルほどで、先端がT字型になっている棒を通し、浮いてきた不純物を取り除く作業をしていたということです。

警察は、2人が炉の横の穴の隙間から飛び散った鉄を浴びたとみて、事故当時の状況について調べるとともに、作業に問題がなかったか話を聞いています。

引用元: 溶けた鉄全身に浴び作業員重いやけど 岡山 NHKニュース.

ある日本製品、アフリカ女性に大人気…新工場も : 国際 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

アフリカ諸国での女性用ウィッグ(おしゃれ用かつら・付け毛)需要の増加を受けて、材料となる人工毛髪繊維を製造するカネカと電気化学工業の国内2社が工場新設などで増産を続けている。

ウィッグの需要が毎年10%~15%増の勢いで伸びているためだ。両社は世界市場の6割超のシェア(市場占有率)を確保しており、さらなる需要開拓のため、ウィッグ製造業者や消費者へのおしゃれ提案などにも力を入れ始めた。

世界2位の電気化学工業は今月2日、約30億円を投じたシンガポール新工場の稼働を始め、生産能力を年1万トン強(ロングヘアのかつらで2700万個相当)から約2倍に引き上げた。10年前は年産5000トンを大きく下回っていたが、ここ5~6年で販売が急増。既存工場の設備増強を繰り返した。

最大手のカネカも年約6万トンまで生産能力を拡張してきたが、さらに新工場の建設を検討している。

ウィッグ需要が増えているのはケニアやナイジェリアなど、8億超の人口を持つサハラ砂漠以南のアフリカ諸国だ。2000年以降、豊富な資源生産を背景に、年平均5%台の経済成長を続けている。

黒人女性の間では、ウィッグでストレートヘアやカラフルな編み込みなど様々な髪形を楽しむおしゃれが人気で、アフリカでも所得水準の向上で流行が爆発した。正確な統計はないが、現在、世界のウィッグ需要は年10万トン規模で、6割以上がアフリカ、北米がその半分程度だという。

両社の繊維を使った製品は付け毛で400円前後と人毛製の半額程度。しなやかさと発色の良さで、ウィッグ製造業者に人気だ。

引用元: ある日本製品、アフリカ女性に大人気…新工場も : 国際 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

全日空巨額増資の戦略性を考える | 冷泉彰彦 | コラム&ブログ | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

全日空巨額増資の戦略性を考える | 冷泉彰彦 | コラム&ブログ | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト: この787に関して言えば、日本製の炭素繊維を多用して軽量化を図った結果、従来機の20%以上燃料効率が改善されています。従来機からの置き換えを進めて、飛ばせば飛ばすほど利益が出るのです。また、これは今後の市場が決めることではありますが、金属の使用を減らしていることから腐蝕に強く、機体の市場価格の下がり方も低い可能性があります。