タグ別アーカイブ: 日本人

米刑務所に日本のメーカー幹部が次々に投獄されている 水面下で広がる新たなジャパンバッシング | 現代ノンフィクション | 現代ビジネス [講談社]

米国の刑務所には、日本の自動車部品メーカーの幹部ら51人が収監されているのだ(2015年3月9日現在)。米国の独占禁止法に違反する「価格カルテル」で摘発され、有罪判決を受けた人々である。

米司法省による日本の部品メーカー幹部の摘発がはじまったのは2010年頃から。記者が入手した資料によると、2011年9月に古川電機工業の社員3人が約10年間にわたってカルテルにかかわっていたとして2億ドルの罰金が課せられ、幹部3人が禁固刑に処された。

続いて矢崎総業に4億7000万ドルの罰金が課せられ、幹部6人が禁固刑に。他にもデンソー、日本精機、パナソニック、日立オートモティブシステムズ、三菱電機、三菱重工、東洋ゴム、ブリジストン、日立金属、日本ガイシなど計34社、51人に禁固刑が科された。

米国は他の先進国、資本主義国の中でも、自由競争を妨げるような行為に対する取り締まりが厳しい。ライバル企業間であっても、担当部署の人間同士が頻繁にあって情報交換したり、他社と調整しながら製品開発したりする日本の企業文化は米国には馴染まないのかもしれない。

だが、それだけで米国で有罪判決を受けた人間の大部分が日本人であり、日本企業であることの説明がつくだろうか。

こうした実態に疑問を投げかけた議員もいる。自民党の三原じゅんこ参議院議員だ。ことし3月16日の予算委員会で、宮澤洋一経産相(当時)にこう問うている。

<グローバル競争の中で闘う日本の企業戦士51名が、現在アメリカの刑務所に数珠つなぎにされております。具体的に申し上げると、我が国の自動車部品メーカー、これがアメリカの反トラスト法、この法律の下でカルテルを行ったというアメリカの司法省の摘発で30社51名にのぼる日本人社員が起訴または収監されているんです>

引用元: 米刑務所に日本のメーカー幹部が次々に投獄されている 水面下で広がる新たなジャパンバッシング | 現代ノンフィクション | 現代ビジネス [講談社].

部族社会に逆戻りするアラブ世界 | 川上泰徳 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

アラブの部族はもともとアラブ民族が出てきたアラビア半島に発する。サウジアラビアではいまでも部族は大きな影響力を持つ。イラクやシリア、リビアでも部族は大きな役割を演じている。部族と聞いても、日本人には実感がわかないかもしれない。私はイラク戦争後にイラク人に「部族」とはどのような存在なのか、と質問したことがある。 その答えとして彼は、「例えば、私が交通事故で誰かを死なせたとする。そんな時は、私の故郷の部族長のところに行って、自分が死なせた人間の部族との間で和解の話し合いをしてもらう」と、部族に頼る場合を挙げた。 部族同士で話をして、「血の代償」の金額を決め、それを払えば、話がつく。そのような部族を通した和解の手続きをしなければ、「血の復讐」という部族の復讐のルールが働いて、被害者の部族または家族に命を狙われることになる。「血の代償」の金額が決まれば、それを支払う部族は、部族の中で金集めをする。部族は地方を拠点にしているのが普通だが、首都バグダッドなどの都会に住んでいるイラク人も、困った時に頼るのは故郷の部族だという。ある意味で、保険のような役割を果たすとい%8

引用元: 部族社会に逆戻りするアラブ世界 | 川上泰徳 | コラム | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト.

クリスマスイブに鳴ったのは 宇宙からの間違い電話 NHKニュース

国際宇宙ステーションに滞在中のイギリス人の宇宙飛行士が、クリスマスイブに地球上の知人に電話をかけようとして間違い電話をしてしまった失敗談が、インターネット上で話題となっています。

宇宙から間違い電話をかけたのは日本人の宇宙飛行士、油井亀美也さんのあと、今月から国際宇宙ステーションに滞在しているイギリス人の宇宙飛行士ティモシー・ピークさん(43)です。

ピークさんは24日のクリスマスイブに、地球上にいる知人と話そうと国際宇宙ステーションから電話をかけ、電話に出た相手に「こんにちは。そちらは地球ですか」と話しかけました。

ところが、実際は誤って違う電話番号をダイヤルしていたということで、ピークさんは自身のツイッターで「電話をかけてしまった女性におわびしたいです。いたずら電話ではなく、ただの間違い電話でした」と失敗談を明かしました。

これに対し、気に入った投稿を利用者が引用するリツイートが日本時間の26日朝までに2万回以上行われ、読んだ人から「自分にも間違い電話をかけてきてほしい」とか「宇宙からの電話料金は天文学的に高いのかな」といったコメントが寄せられ、ネット上で話題を集めています。

ピークさんからの間違い電話を受けた女性は、今のところ名乗り出ていません。

引用元: クリスマスイブに鳴ったのは 宇宙からの間違い電話 NHKニュース.

ルールと日本人

なぜ、日本ではあれだけのコストをかけて、人々が違反をしていないかどうかを逐一チェックしているのか。「そうしないと皆違反するから」ではなくて、「そうすることによってこのルールを守らなくてはならないものという認識にさせている」のだと思うのです。言い換えると、もし改札がザルで、違反者を見つける努力をあまりしていなかったとしたら、日本人は「ああ、切符は買わなくていいんだ」と思ってしまうのではないか、ということです。

日本人は、ルールをただ決めただけではダメで、「皆がこれを守らなくてはならないと思っている」という認識を共有できないと、ルールを守ろうとしません。だから、取り締まられないルールは、守らなくていいと思ってしまうようです。古くは飲酒運転、最近では自転車の交通ルールがいい例です。ルール自体はずっと前からそのままなのに、罰則が厳しくなったら、とたんに新しいルールができたかのように騒ぎ出します。

たまに、「何が悪いっていうんだ。ちゃんとルールは守ってるだろう」と言う人もいます。「ルールを守る」という、まともな人なら誰でも当然することをやっているというだけで、とても偉そうな態度になるのが不思議です。

本当は、ルールというのは人間として守らなくてはならない最低限のことだけを決め、それ以上のことはマナーとか話し合いとかで解決するべきなのですが、日本ではルールは「守れるのは聖人君子」であって、時には守らなくていいという認識になってしまっています。そのため、ルールは増やそうとはしても、減らそうとはしません。時代に合わないルールは、なくすのではなく、残しておくけど守らないという方向で解決してしまいます。

日本では、ルールを何が何でも形式的に守らせようとすることに対しては批判的で、時と場合に応じてはルールを破るし、時代に合わないルールに対して警察は見て見ぬふりをします。本当は、こんな恣意的な権力の行使は危険なのですが、あまりそれに対して危機感を持とうとしません。

引用元: ルールと日本人.

LGBT差別を許容したい|レアジョブ英会話 会長の日記 ~ Chances for everyone, everywhere. ~

うちの会社で、というよりも、グローバル化しつつある日本社会において、

冷静にリスクリターンを考えれば、人に不快感を与える行動は慎むのが合理的なように思える。

考えられうるケースとしては、不快にさせている本人がそうとは気づいていない場合もあるが、

周りからフィードバックしてもらえるかや、フィードバックを受け止められるも含めて、

本人の力量が不足しているだけなのかもしれない。

しかしいずれにせよ、他人のリスクの取り方が適切かどうかは、僕が口出しすることではない。

むしろ僕は、全ての人の生き方を許容する人でありたいと思っている。

差別をする側も、される側も同様に許容し応援したい。

Chances for everyone, everywhere というレアジョブのビジョンは、

全ての人の生き方を許容し応援する、ということだと思っている。

だから、LGBTもLGBTを差別する人も許容したい。

ただし、少なくともレアジョブという会社はLGBT差別を許容したとしても寛容ではありえないとは言っておきたい。

レアジョブは日本人の国際化を手助けする会社なので、

LGBT差別に寛容でない方が売上増大しやすく、ミッション・ビジョンも実現しやすいので、

これは合理的判断だと思っている。

だから、たとえLGBT差別が社内であったらどうするか、という空想の問いに答えるとすると、

LGBT差別をする人の合理性を僕は不思議には思いつつ、

わざわざ差別を禁止することはなく許容する、

ただし寛容にはしない。

そうするだろうと、思っている。

引用元: LGBT差別を許容したい|レアジョブ英会話 会長の日記 ~ Chances for everyone, everywhere. ~.

アトピーにはキスが効果的? イグ・ノーベル賞に日本人:朝日新聞デジタル

世の中を笑わせ、考えさせた研究や業績に贈られる今年の「イグ・ノーベル賞」の発表が17日、米ハーバード大であった。キスをするとアトピー性皮膚炎患者のアレルギー反応が弱まることを示した大阪府寝屋川市の開業医、木俣肇院長(62)が医学賞をスロバキアの研究者らと共同受賞した。日本人の受賞は9年連続となった。

木俣さんは授賞式には出席せず、19日にマサチューセッツ工科大である講演会に参加する。「栄誉あるイグ・ノーベル賞を受賞いたしまして、誠に光栄です」などと声明で述べた。

受賞理由は、「情熱的なキスの生物医学的な利益あるいは影響を研究するための実験」。木俣さんは、アトピー性皮膚炎やアレルギー性鼻炎の患者と健常者それぞれ30人ずつ計90人に対し、それぞれの恋人やパートナーと静かな音楽の流れる個室で30分間、自由にキスをしてもらった。キスの前後でアレルギー反応の強度を調べる皮膚テストや血中成分を測定したところ、改善傾向がみられた。2週間後、今度は同じカップルにキスをせずに部屋で30分抱き合ってもらったが、効果は確認されなかった。さらに性交でもキスと同様の効果があることを確かめ、2004年に論文を専門誌に発表した。

引用元: アトピーにはキスが効果的? イグ・ノーベル賞に日本人:朝日新聞デジタル.

岩隈、野茂以来日本人投手2人目のノーヒッター – MLB : 日刊スポーツ

マリナーズ岩隈久志投手が、野茂英雄以来2人目で3度目の日本人投手のメジャーでのノーヒットノーランを達成し、今季4勝目(2敗)を挙げた。

投球内容は9回116球を投げ、無安打無失点3四球7三振で、防御率は3・91。直球、変化球ともに切れがあり、抜群の低めへの制球で日米両プロ球界を通じて自身初の偉業を達成した。

走者を許したイニングは4回と8回。4回は2四球で2死一、二塁となったが、パレデスをツーシームで空振り三振に打ち取り、8回には先頭を四球で歩かせたが、ジョセフを遊ゴロ併殺で切り抜けた。

岩隈は楽天からフリーエージェントで12年にマリナーズ入り。メジャー通算では42勝22敗。日本通算は近鉄、楽天を合わせ107勝69敗。

日本人投手では野茂がドジャース時代の96年9月にロッキーズ相手に初めて達成し、レッドソックス時代の01年4月にオリオールズ相手に2度目の快挙を成し遂げている。

引用元: 岩隈、野茂以来日本人投手2人目のノーヒッター – MLB : 日刊スポーツ.

シリア難民はなぜドイツを目指すのか? – Market Hack

1980年代にプラントの仕事をしていたときはクウェートをベースに中東を飛び回ったのですが、そのときに商社マンの友人から教えてもらったことは「レバシリとのネゴは手強いぞ」ということです。

レバシリというのは商社マンやプラント屋などの海外組日本人ビジネスマン・コミュニティーだけで通用する言葉ですが、レバノン、シリアという意味です。つまりこれらの国々の商売人は、とっても商売がうまく、手強いということ。

(そういえば、フェニキア人とかも、あのへんだったよなぁ)

そう思いながら、その話を聞いた記憶があります。

つまりあの辺は、シルクロードが地中海に出て終わる終点であり、昔から貿易が盛んだったということ。

レバノンのベイルートは、その昔は中東のパリと言われたこともあり、人々は都会的で、洗練されており、コスモポリタンな雰囲気がありました。

引用元: シリア難民はなぜドイツを目指すのか? – Market Hack.

とあるホテルでクレームが減った理由 – はてな匿名ダイアリー

私が客室清掃業務の現場責任者であるところのホテルで、その客室清掃業務でクレームが以前より減る傾向にある。

当然毎日クレームを減らそうとみんな頑張っているけども、その大きな理由は外国人観光客が増えたからである。

そう、クレームをつける大半は日本人なのだ。

外国人も多く滞在するホテルで仕事をしていると、外国人と日本人の間には大きな違いがあると感じざるを得ない。

部屋を綺麗に使うのは日本人であり、掃除に手間がかかるのは外国人の方である。

しかしその反面、とにかく日本人は細くていちいちうるさい。大したこともないのに本気で激怒する客もいる。

額縁の上を指でなぞると埃が指に付いた、このホテルは清掃員にきちっと教育してるのか!→たったそれだけの理由で一時間もフロント対応者に怒鳴りつけた。

さすがにフロントの方もおかしな客だということでこちらにお叱りをすることはなかったが、そんな変なのは100%日本人しかいない。

外国人が全く文句を言わないということではないが、明らかに外国人観光客が増えてクレームは減っておりそこには疑いようのない相関がある。

「おもてなし」という言葉が私は大っ嫌いである。

この言葉の裏に秘められた意味は、一生懸命もてなしますので高評価にしてくださいね、っていう見え透いた下心が見え見えだからである。

そういう日本人的な下衆な考え方が日本人を高飛車にしたのではないかと思う。

引用元: とあるホテルでクレームが減った理由 – はてな匿名ダイアリー.

【日本でも外資に見放される日本人】 : TJ DAYS (教育で世界を変える起業家ブログ)

昨日外資投資銀行で採用をしているアルファ道場生と話をしていたら、投資銀行部門でも新卒採用の多くは外国人留学生になってきていると言っていた。

この傾向は前からだが、いよいよ顕著になってきた。やっぱりこの日本ののんびりした雰囲気は日本を負け組へ誘導していると思うんだよね。シリコンバレーで共感したことの一つはみなが真剣に、必死になって頑張っていること。それが当たり前。なんか日本は頑張っていることに対してネガティブな雰囲気が出てきてない?なんでそんなに頑張ってんの??みたいなさ。

真剣に必死にやる人が勝って富を得るわけで、それをやらない個人や組織が世界で勝ち続けられるわけがない。それで日本企業の競争力が落ちて、雇用が支えきれなくなって、税金が減って、国が滅びていく。国はご丁寧にワーク・ライフ・バランスとか朝に働きましょうとかご指導してくれてるけど、そんなのいらねーつうの。

真剣に必死にやりたいやつはどんどんやらせて世界に出すべきだし、そいつらに投資しまくったほうが孫正義とか三木谷さんのように大量雇用してくれる会社創ってくれるだろ。こんな生ぬるい社会の雰囲気を作ってると、元気のいい日本人は海外に出て行くし、外国人留学生は更に日本で圧勝だ。

真剣に、必死にやるのがカッコイイ。

そんな当たり前の雰囲気にしたいな。

引用元: 【日本でも外資に見放される日本人】 : TJ DAYS (教育で世界を変える起業家ブログ).