タグ別アーカイブ: 成熟

ほぼ完全な人間の脳、実験室で培養成功 米大学研究 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

米オハイオ州立大学(Ohio State University)の報告によると、小さな脳の培養に成功したのは、同大のルネ・アナンド(Rene Anand)教授。脳の成熟度は、妊娠5週の胎児に相当するという。「それは発生中の脳のように見えるだけでなく、多様な細胞型、1個の脳に匹敵するほぼ全ての遺伝子の発現もみられる」と同教授は述べている。

 オハイオ州立大によると、シャーレの中でエンドウ豆ほどの大きさになったこの脳には、多種多様な細胞や脳と脊髄の主要部位の全てが含まれているが、脈管系は存在しないという。人間の皮膚細胞から培養されたこの小さな脳については、これまでに培養されたもののなかで、最も完全型に近い脳だと主張されている。

 重大な研究成果は、査読学術誌に論文が投稿され、主張の内容に対して独立した評価がなされてから公表されるのが通例となっているが、アナンド教授は、18日に米フロリダ(Florida)州で開催された軍の保健関連イベントで、今回の研究成果を発表した。

引用元: ほぼ完全な人間の脳、実験室で培養成功 米大学研究 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News.

「桃の天然水」 JTが飲料事業から撤退 – ITmedia ニュース

JTは2月4日、「ルーツ」「桃の天然水」などを展開してきた飲料製品の製造販売事業から9月末をめどに撤退すると発表した。飲料市場が成熟する中、今後の成長は難しいと判断した。 同事業の売上高は2014年3月期で約500億円。1996年発売の「桃の天然水」は98年に華原朋美さんのCMでブレイク、同年に1600万ケースを販売するヒット商品になった。

引用元: 「桃の天然水」 JTが飲料事業から撤退 – ITmedia ニュース.

統合型リゾートというビジネスは、どうして成熟国の大都市向けではないのか? | 冷泉彰彦 | コラム&ブログ | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

仮にサンズか何かが、パリに「統合型リゾート」なるものを作って、その中で「全てが完結」するようにしたとします。ホテルがあり、カジノがあって、後は観光客向けのフランス料理屋があり、観光客向けの例えばですがレビュー・ショーの観劇があり、土産物屋がありというような施設です。

全く魅力はないと思います。観光客がわざわざ高い飛行機代を払ってパリに行くのは、本物のカルチャーの経験をしたいからです。地元のパリの人が行く路地裏のレストランに行き、オペラ座に行き、コンサートを聞きに行き、そしてパリの色々なホンモノの老舗で買い物がしたいからです。

東京の場合も全く同じだと思います。例えば、サンズが経営する「サンズ・トウキョウ・サムライ・リゾート」なるものがお台場にできたとして、そこには多少和風のコンセプトの内装にしたホテルがあり、カジノがあり、二流の歌舞伎まがいのショーが見られ、着物まがいのインチキな浴衣などを売る土産物屋があり、「なんちゃって日本食」のレストランがありというようなコンセプトでは、お客は来るでしょうか?

来ないと思います。

そうではなくて、外国人観光客は、それこそ「すきやばし次郎」のような「ホンモノの寿司店」に行って、地元の日本人と同じように「黙って儀式のように寿司が食べてみたい」し、秋葉原や原宿の街歩きをして現在の日本を経験し、歌舞伎座に行って最高の舞台を見て、更には築地市場を見学したり、鎌倉の寺社を拝観してこの国の長い歴史を実感したりしたいのです。新宿や渋谷のネオンきらめく雑踏へ足を踏み入れて、日本のカルチャーの「聖地巡礼」がしたいのです。そのために大枚をはたいて、家族揃って10時間以上もかけてやって来るのです。

引用元: 統合型リゾートというビジネスは、どうして成熟国の大都市向けではないのか? | 冷泉彰彦 | コラム&ブログ | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト.

【やじうまPC Watch】MIT、地震/津波に耐えられる海洋浮遊型原発を考案 – PC Watch

この新型原発は、造船所で建設した後、海岸から数km離れた場所へ移送し、繋留。陸地への送電は海底に敷設した電線を利用する。すでに成熟した軽水炉と海洋石油プラットフォームの技術を用いることで、技術リスクを最小限に抑えられる。

浮遊型の利点は、地震の直接の影響を受けないことと、津波に耐えられる点にある。しかし、最大の利点は無尽蔵にある海水をヒートシンクとして利用することで、緊急時に炉心を冷やし、メルトダウンを防げる点にある。福島第一原発の事故は、地震や津波によって直接もたらされたものではなく、炉心を冷却することができなかったことに起因している。

また海洋に置くことで、立地の問題を解消でき、廃炉の際にも陸地に簡単に戻すことができる。造船所で建設できる規模についても50MWだろうが1,000MWだろうが、限界はないという。ちなみに、海洋浮遊型原発のアイディアはこれが初めてではなく、すでにロシアが建造を行なっているが、ここまで海岸から離れておらず、津波の影響を受けてしまうという。

MITでは、こういった原発は、津波の危険性が高く、電力需要が急増している日本を含むアジア地域に好適だとしている。

引用元: 【やじうまPC Watch】MIT、地震/津波に耐えられる海洋浮遊型原発を考案 – PC Watch.

Keen On:今やイノベーションの破壊力は悪夢のレベル―話題の新刊Big Bang Disruptionの著者インタビュー | TechCrunch Japan

Downesによれば、「イノベーションのジレンマは今やイノベーションの悪夢にとって代わられた」という。現在の新しいテクノロジー・プロダクトは最初から完成度が高く、古いプロダクトより機能が圧倒的に優れている上に価格もはるかに安い。そのためレガシー・プロダクトは文字通り一夜にして葬り去られてしまう。スタートアップはあっという間に成熟企業になり、起業家は急速な成功を目指すだけでは足りず、次のイノベーションの波に飲み込まれないうちに買収先を探すなどの出口戦略を考えねばならない(Snapchatは戦略を誤ったかもしれない)というのがDonwsの主張だ。

革命が連続する今日のテクノロジー市場を考えれば、既存の大企業がイノベーションを持続させるためには社内での開発より成功の兆候が見え始めたスタートアップを素早く買収する方が賢明だという。おそらくDownesは最近Googleが人工知能のDeepMindやロボティクスのBoston Dynamics、モノのインターネットのNestなどを矢継ぎ早にに買収したことを評価しているだろう。AppleがTeslaを買収することもデイスラプトのリーダーの地位を守る上で有効だと考えているかもしれない。

引用元: Keen On:今やイノベーションの破壊力は悪夢のレベル―話題の新刊Big Bang Disruptionの著者インタビュー | TechCrunch Japan.

海に浮かぶ原子力発電所 | スラッシュドット・ジャパン

マサチューセッツ工科大学などの研究者らによる共同研究チームが「浮かぶ原子力発電所」を設計したそうだ(MIT News、slashdot)。今週American Society of Mechanical Enginnersが主催する小型モジュラー炉シンポジウム(Small Modular Reactors Symposium)にて発表されるという。

この「浮かぶ原子力発電所」は軽水炉型原子炉と海上石油プラットフォームという二つの成熟した技術を合わせたもので、リスクを抑えられるとのことだ。発電所は陸上で建設された後に5~7マイル(8〜11km)程度の沖に曳航されるため、地震や津波の影響を受けることが無いという。また、プラントを海上に設置することで周辺の海水を利用した冷却が可能となり、万が一の事態でもメルトダウンといった最悪の事態を免れることができるとしている。

最近では新たな原子力発電所の建設候補地を選定するのが難しくなっており、海上建設はこういった問題も解決するとのことだ。

引用元: 海に浮かぶ原子力発電所 | スラッシュドット・ジャパン.

Red Hat + CentOS FAQ

なぜRed HatはCentOS プロジェクトに協力するのですか?

Red Hatの成功の源は、コミュニティの力によって生み出されたイノベーションです。たとえば、OpenStackとRDOの成長はコードレベルでの成熟度、 そしてプロジェクトとRed Hat両方の市場での認知度を高めるため、これによってRed Hat Enterprise Linux OpenStack Platformサブスクリプションの需要がさらに増えます。

Red HatはCentOS プロジェクトにおいて積極的に取り組むことで、Red Hatのコミュニティ指向ユーザの輪を拡げて、開発を迅速にしてOpenStackのようなプロジェクトにより多くリーチできるようにします。そしてその成果を今後のCentOSに反映していきます。

Red HatはCentOS プロジェクトと協業することで、Fedoraを通じたプラットフォーム・イノベーションだけでは実現できない成果を達成でき、適度に安定しつつも、求められている改善を施されたコミュニティLinuxディストリビューションをプロジェクトやそのユーザに提供できるようになります。

引用元: Red Hat + CentOS FAQ.

「気付かれない技術」: 七左衛門のメモ帳

フェルミの逆説が核心に迫る問題だとすれば、この答えも同じく核心に迫るものである。それは、技術の発達における究極的な到達点のイメージを、宇宙が私たちに提示している、と言っているのと同じだ。壮大な沈黙を通じて、技術の未来が見える。その未来とは、効率をどんどん向上させることである。機械類がその環境の中で熱力学的平衡に達するまで、そして、経済が何も廃棄しないという生態系になるまで、ということだ。結局のところ、SETI(地球外知的生命体探査)とは、本質的に技術の廃棄物の探査であって、無駄な熱、無駄な光、無駄な電磁的信号を探している。成熟した文明は、そのような無駄を生み出さないと仮定するだけでよい。そうすれば、SETIの失敗も説明できる。

このシュレイダーの理論が示唆するのは、技術が欲するものは「自然」だということである。生物学的な自然だけでなく、地質学的な自然、すなわち、自己調節するガイア、惑星規模での自然である。

引用元: 「気付かれない技術」: 七左衛門のメモ帳.

米クラウドベンダー「SoftLayer」は、Amazon、RackSpaceとどう戦っているか? - Publickey

会場 クラウドのAPIの標準化についてどう考えているか?標準化しようとしている組織はいくつかあり、参加もしている。しかし現在は標準がなく、標準化はいちばん遅いプレイヤーに合わせることにもなるので、成熟する頃には次の進化が起きていると思う。

引用元: 米クラウドベンダー「SoftLayer」は、Amazon、RackSpaceとどう戦っているか? - Publickey.

120131_52_フリーランスとか大手とか言ってないで「ソニーの開発18か条」を今こそ振り返ってみよう! – Onigiri.blog

120131_52_フリーランスとか大手とか言ってないで「ソニーの開発18か条」を今こそ振り返ってみよう! – Onigiri.blog
ソニーの『開発18か条』
第1条:客の欲しがっているものではなく客のためになるものをつくれ

第2条:客の目線ではなく自分の目線でモノをつくれ

第3条:サイズやコストは可能性で決めるな。必要性・必然性で決めろ

第4条:市場は成熟しているかもしれないが商品は成熟などしていない

第5条:できない理由はできることの証拠だ。できない理由を解決すればよい

第6条:よいものを安く、より新しいものを早く

第7条:商品の弱点を解決すると新しい市場が生まれ、利点を改良すると今ある市場が広がる

第8条:絞った知恵の量だけ付加価値が得られる

第9条:企画の知恵に勝るコストダウンはない

第10条:後発での失敗は再起不能と思え

第11条:ものが売れないのは高いか悪いのかのどちらかだ

第12条:新しい種(商品)は育つ畑に蒔け

第13条:他社の動きを気にし始めるのは負けの始まりだ

第14条:可能と困難は可能のうち

第15条:無謀はいけないが多少の無理はさせろ、無理を通せば、発想が変わる

第16条:新しい技術は、必ず次の技術によって置き換わる宿命を持っている。それをまた自分の手でやってこそ技術屋冥利に尽きる。自分がやらなければ他社がやるだけのこと。商品のコストもまったく同じ

第17条:市場は調査するものではなく創造するものだ。世界初の商品を出すのに、調査のしようがないし、調査してもあてにならない

第18条:不幸にして意気地のない上司についたときは新しいアイデアは上司に黙って、まず、ものをつくれ