タグ別アーカイブ: 後任

<大阪市立小>公募校長、休み過ぎで更迭…4月以降勤務6日 (毎日新聞) – Yahoo!ニュース

市教委によると、校長は春休みの今年3月下旬から休みがちになり、4月以降、病気などを理由に有給休暇を取り続けた。今年度になってから今月19日までの勤務すべき32日のうち、通常勤務をしたのは6日。残りは有給で休んだり、時間休を取ったりし、今年度の有給20日は既にほぼ消化したという。 市教委は校長に診断書や病気治療計画の提出を求めたが、校長は「出す」と答えながら提出しなかった。同校は、校長不在のため、今年度の教育計画の策定や保護者や地域の意見を聴く「学校協議会」が開催できないなど支障が出ているとしている。市教委は校長の職務の重要性から更迭を決めた。 市教委は早ければ5月中に後任を着任させるが、この校長が、校内保管されていたPTA会費約10万円を校外に持ち出した問題などについては今後も調査を続ける。 この校長は昨年6月、保護者らに虚偽のアンケート調査を実施したとして、市教委から注意を受けた。

引用元: <大阪市立小>公募校長、休み過ぎで更迭…4月以降勤務6日 (毎日新聞) – Yahoo!ニュース.

バッテリー交換式EVのスタートアップ「ベタープレイス」が破産 « WIRED.jp

Fortuneでは事情を知る関係者の話として、ビジネス展開に関するベタープレイスの見通しが甘く、「10年以上はかかると考えられた事業を1年で実現しようとしていた」などと記している。

2007年に創業したベタープレイスは、これまでに8億5,000万ドルもの資金を調達していたが、ここ数カ月は先行き不透明な状態が続いていた。同社の創業者で初代のCEOを務めていたシャイ・アガシは昨年末に退任に追い込まれ、後任のエヴァン・ソーンリーも数ヶ月でCEOを辞任していた。

ベタープレイスにとっていちばんの誤算は、提携企業の数が伸び悩んだことだ。結局、同社の仕組みに対応する自動車をリリースしたのはルノー日産だけで、他メーカー製の電気自動車は同社の設備を利用できなかった。これに加え、バッテリー交換ステーションや充電器などインフラ整備上の課題も浮かび上がり、同社のビジネスモデルは急速に色褪せていった。その結果、交換式バッテリーというアイデア自体の可能性はまだ消えていないものの、同社はお役御免となったようだ。

引用元: バッテリー交換式EVのスタートアップ「ベタープレイス」が破産 « WIRED.jp.

Tips for 転職 外資系転職求人サイト[ダイジョブ Daijob.com]英語を活かした仕事が満載 外資系、英語、バイリンガルの転職・求人情報、英文履歴書

Tips for 転職 外資系転職求人サイト[ダイジョブ Daijob.com]英語を活かした仕事が満載 外資系、英語、バイリンガルの転職・求人情報、英文履歴書: まず、「(1) 自分の後任を育成すること」ですが、このコラムでも繰り返し述べている通り、私は、「マネージャーの最大の仕事は、“次の(後任の)マネージャー” を育成すること」 だと考えています。これは、後任の育成を通じて業績も上がるし、何よりも、自分が次のステップに行くためには、後任を指名する必要があるという理由から言っています。