タグ別アーカイブ: 広告

ASCII.jp:不正広告3700サイトの衝撃!トレンドマイクロが現状を説明

インターネット広告は広告を出稿する広告主、広告を配信するアドネットワーク、広告枠を販売する媒体社によって成立している。広告主とターゲットと期間を指定し、広告を出稿すると、アドネットワークでは広告を審査した上で、秒単位で表示広告と表示先のサイトのマッチングを実行。ターゲットや期間にあわせた広告が媒体社に配信されることになる。しかし、広告配信を行なうアドネットワークには数多くの流通業者が介在しており、広告主と媒体社の意向を反映し、刻一刻と広告と掲載サイトが変化する。こうした複雑でリアルタイムなアドネットワークの中で、不正広告の混入を探すのは至難の業になる。

複雑なアドネットワークにある不正広告を検出するのはきわめて難しい

こうした中、トレンドマイクロとしては広告混入の原因を2つ考えている。1つ目は、外部からの不正アクセスにより、正規広告が改ざんされるパターン。実際、遠隔操作型の不正プログラムに感染した海外の事例では、広告配信ネットワークのサーバーへの不正アクセスから行なわれたという。2つ目は審査を回避して不正広告を正規手続きで出稿してしまうパターンだという。後者の場合、正規手続きで不正広告が混入してしまうので、より検知が難しい。

トレンドマイクロが推測する不正広告混入の原因

攻撃側としても、不正広告を使うのはメリットが大きい。そもそも広告を表示させただけで、複数のサイトから攻撃サイトに誘導できるほか、Webサイトを改ざんするより、攻撃範囲を拡大できる。また、前述したように複雑なアドネットワークでは、不正な広告の追跡が難しいというのも攻撃者のメリット。「Webサイトの改ざんよりも容易に攻撃を仕掛けられる。広告の仕組みを悪用することで、攻撃をターゲッティングすることも可能になる」と森本氏は指摘する。攻撃時期や表示サイトなどをコントロールでき、攻撃者側も詳細にターゲティングできる。まさに広告の仕組みを悪用することで、効率性の高い攻撃が行なえるわけだ。

引用元: ASCII.jp:不正広告3700サイトの衝撃!トレンドマイクロが現状を説明.

ASCII.jp:不正広告3700サイトの衝撃!トレンドマイクロが現状を説明

森本氏は、今年の7月頃から日本語のバナー攻撃が増えており、現在は3700以上のサイトで不正広告が表示されていると指摘。「不正広告が表示されているのはブログやまとめサイトなどが多いが、誰もが知っている有料のネットサービス、ニュースのメディアサイトなどでも不正な広告が表示されている」ということで、事態はかなり深刻だという。

不正広告による被害の実態

通常、インターネット広告はサイトは別のアドサーバーから配信されている。不正広告はこうしたアドサーバーに混入することで、サイト内に埋め込まれることになる。不正広告を置かれたアドサーバーへのアクセスは現在1030万と見込まれており、脆弱性攻撃サイトの誘導元の約4割を不正広告が占めているという。しかも、こうした脆弱性攻撃サイトへの国別アクセスを調べると、日本は47%(170万)にのぼっており、無視できない状況になっている。

引用元: ASCII.jp:不正広告3700サイトの衝撃!トレンドマイクロが現状を説明.

北海道発長寿番組「水曜どうでしょう」に最新作構想 – 芸能 : 日刊スポーツ

「水どう」とは!? 「プロの(芸人の)笑いに勝つためには、ハプニングが一番。(出演者は)素人でも誰でもいいだろう」という藤村Dの思惑で、当時学生で、別番組に出演していた大泉を抜てき。出演者は大泉と鈴井の基本2人で、国内外を旅する珍道中がローカル放送された。同行するのは“出演者”も兼ねる藤村Dと嬉野雅道カメラマン兼ディレクター(56)だけで、大泉の出演料は「おそらくアルバイト程度の額」(藤村D)。制作費は、とんでもなく安価だったという。

DVD大ヒット!? 未放送映像を加えるなどの工夫もあり、累計出荷数は400万本を突破した。9月16日発売の23作目「対決列島~甘いもの国盗り物語~」は、発売初週に7・4万枚を売り上げ、オリコン週間総合DVDランクで初登場首位を獲得。他ジャンルも含めた総合首位獲得は4作連続で、通算9作品。「ダウンタウンのガキの使いやあらへんで」(日本テレビ)や「人志松本のすべらない話」(フジテレビ)でも総合首位獲得は6作品。人気ぶりがうかがえる。

もうかってる!? 現在も全国17局で放送中で、放送権料が発生している。HTBで再放送中の「水曜どうでしょうクラシック」は、広告収入に貢献。まだDVD化されていない旅が6作品ほどあり、累計出荷数500万本突破も現実味を帯びてきた。自社制作番組のDVD化は通常、定価の半分近くがテレビ局に入るとされており、500万本となれば「4298円÷2×500万本」で100億円突破となる。藤村Dは「ローカル局としては異例の事態。局も扱いに困っているんじゃないでしょうか」と話している。

引用元: 北海道発長寿番組「水曜どうでしょう」に最新作構想 – 芸能 : 日刊スポーツ.

ネットの記事、実はステマ広告…おわびや釈明相次ぐ:朝日新聞デジタル

インターネットを通して配信されるニュース記事が実は広告だとしたら――。そんな事態が今年の春以降、相次いで発覚し、ニュースサイトや広告会社がおわびや釈明を続けている。なぜ、「広告」の表記が抜けるのか。

問題提起したのは、ブロガーの山本一郎さん。「広告」と表記することなしに、さくらのように第三者を装って良い評判を流すなど、特定の企業や商品に好意的な「記事」がいくつも書かれている、と自らのブログで4月に告発した。

広告の形式や内容が記事と一体化していて、「ステルスマーケティング」(ステマ)とも呼ばれる。レーダーに映りにくいステルス戦闘機のように、ステルスは「こっそり行う」という意味。1、2年前から広がり、対象となる商品は、化粧品や健康食品、ゲームなど幅広い。例えば、「通信会社はA社のサービスが一番早い」といったほめ言葉が添えられる。

最大手ニュースサイト「ヤフーニュース」も7月、ステマ広告について「優良誤認として景品表示法違反に問われる可能性もある悪質な行為。積極的に排除し撲滅したい」との考えを公表し、マイナビニュースなど2社3媒体との契約を解除した。その後も9月に1社の配信を終了させ、12月までに複数社の配信を打ち切る予定という。

朝日新聞の取材に、マイナビ広報部は「チェック態勢が甘かった。現在は、タイアップ記事に提供会社名を明示し、広告企画と編集記事の区別を明確にしている」と話す。

引用元: ネットの記事、実はステマ広告…おわびや釈明相次ぐ:朝日新聞デジタル.

“カジノ型”デイサービス 規制の条例可決 神戸市会 (神戸新聞NEXT) – Yahoo!ニュース

神戸市議会は24日、デイサービス施設でのパチンコやマージャンなどの常態的な提供を禁止する関連条例の一部改正案を可決、改正条例が成立した。市によると、過剰な遊技サービスに対する規制は、全国の都道府県や政令市などで初めて。近く施行する。

改正条例では、射幸心をあおる恐れのある遊技を常時行わせる▽疑似通貨を使い、依存性を著しく強める恐れのある遊技を提供する▽賭博や風俗営業を連想させる広告を掲示する-の3点を禁止。違反が確認されれば、市はデイサービス施設として指定しないことができる。

市によると、パチンコやマージャン、ポーカーなどを機能訓練の一環として提供する“カジノ型”や“アミューズメント型”と呼ばれる施設が全国的に増加。利用時間の大半を遊技に充てるなど、介護保険の趣旨に反するサービスも見受けられるようになっているという。

兵庫県も、同様の改正条例案を今月28日に開会する定例会に提出する方針。

引用元: “カジノ型”デイサービス 規制の条例可決 神戸市会 (神戸新聞NEXT) – Yahoo!ニュース.

1万円の価値(と企業規模と業務システム)のはなし – ku-sukeのブログ

ようするに、クレジットカードでドル払い、従量課金で年間コストが正確に予測できないサービスは、大企業の非IT部門との間で多大な調整コストが発生します。そんな事務処理に毎月数時間費やすとしたらどうでしょう。それが月3万円で解決できるなら払うという企業担当者はめちゃくちゃ多いです。さらに紙のNDAも結ばしてくれると最高。

 

ここで表題の1万円の価値になるんですが、零細企業、あるいは個人事業主にとって毎月3万円って大金だと思うのです。月の売上が100万円とかだと3%じゃないですか。

 

でも、月の売上が1億とか、10億になってくると、3万円なんて誤差でしかないわけです。なので「日本のトラディッショナルな社内標準のワークフローでできるようになる」ことは、大企業にとっては数万円、へたしたら数十万円くらい喜んで払うわけです。

 

僕が1万円の価値っていうのを感じたのは、やっぱ大企業って機材や検証機はケチらないし、いざ広告打つぞってなったら、数万円単位じゃなく数百万円単位だし、逆に月間の売上1000万円くらいだと失敗とみなされるし、子会社が独立して8億円の売却益が発生しても、「当期純利益への影響が軽微なため」って発表しちゃったりして、違うなーと思うわけです。

 

もちろん、そこで所属する人間も、家に帰ればただの人なので、卵1パック188円で高いな、と思ったりするわけで会社人間としての金銭感覚とのギャップでも考えちゃうわけです。

引用元: 1万円の価値(と企業規模と業務システム)のはなし – ku-sukeのブログ.

赤ちゃんの泣き顔のある大気汚染広告 – 革新的発明と製品情報

煙に赤ちゃんの顔が浮かび上がったアイデア広告。工場から排出される煙をスクリーンにして、遠くから見ると、かなり不気味な感覚を与えて、中国国内の大気汚染問題に警鐘を鳴らすとのこと。

引用元: 赤ちゃんの泣き顔のある大気汚染広告 – 革新的発明と製品情報.

FAX広告トラブル増加 規制緩く苦情5年で2倍に:朝日新聞デジタル

望まない人にもFAXで商品などのチラシを送る「FAX広告」に関するトラブルが増えている。消費者庁によると、昨年度は12月末時点で約910件と過去最多ペース。過去5年で2倍近くになった。迷惑メールのような規制がないことが背景にある。

■コスト下がり大量送信

通販でリンゴの購入を勧める内容で「安心・安全」「安く新鮮」などと書かれていたが、興味がなかった男性は、「インクや紙がもったいない」と地元の消費生活センターに相談した。

東京都内にあるFAX広告の代理店の男性経営者によると、FAX広告の料金はA4で1枚4~6円。技術革新でコストが10年前の4分の1以下になった。通信会社のシステムで1時間に約3万件送信できる。「FAXは電子メールと違い一度は必ず見てもらえる。郵送のDMと比べて費用対効果が高く特に中小企業に人気だ」。こうした代理店は国内に少なくとも20社はあるという。

この代理店が扱うのは主に法人向けだが、客からは個人宅向けの要望もある。男性は「客が名簿を持ち込む場合は個人宅が含まれていることもある」と言う。

引用元: FAX広告トラブル増加 規制緩く苦情5年で2倍に:朝日新聞デジタル.

視聴率よりも録画再生率? テレビ業界、揺らぐ人気指標:朝日新聞デジタル

数字の大小にテレビ局が一喜一憂する視聴率。本格的な調査が始まった1960年代以降、企業がCMを出す際の「広告指標」として、そして番組の人気を社会が共有する「文化指標」としての役割も果たしてきた。しかし近年、テレビの見方が多様化するなかで、曲がり角を迎えている。

3月まで続いた冬季の連続ドラマの最終回。放送中に見た割合を示す世帯視聴率(ビデオリサーチ調べ、関東地区)で比べると、NHKの「マッサン」が23・2%で圧勝。多くの民放ドラマは1桁台に沈んだ。

だが同じビデオ社の調査でも、一般には非公表の1週間以内の録画再生率(タイムシフト視聴率)を見ると、「マッサン」は6・1%。視聴率11・3%だった「ウロボロス」が録画では9・1%と、「マッサン」を上回る。「録画してまで見た番組」とモノサシを変えれば、人気の別の側面が浮かび上がってくる。

日本テレビが首位を独走、フジテレビは大苦戦――。世帯視聴率で見た最近の民放各局の状況だ。だが調査会社データニュースの局別録画数ランキングでは、昨年1位はフジ、日テレは2位。同社の大石庸平研究員は「フジは録画されやすいドラマを多く放送しているため、上位に入りやすい」と分析する。

引用元: 視聴率よりも録画再生率? テレビ業界、揺らぐ人気指標:朝日新聞デジタル.

サイバーエージェントなど特定企業の社員が違法なネイティブアドビジネスにぶっこんでいる件で(山本一郎) – 個人 – Yahoo!ニュース

要するに、ステマは違法です。

このステマにかかわる部分で、最近はネイティブアドのノンクレジット問題が出てきています。「ネイティブアドのノンクレジット問題」といわれるとピンとこない人も多いかと思いますが、このネイティブアドはいわゆる「一般記事風の広告」であり、ノンクレジット問題とはこの広告における「広告表記を外すこと」です。

つまり、一般媒体において、広告記事であり業者からカネ貰って書いているにもかかわらず、それに【広告】と記述されなければその媒体が取材を元に客観的に書いたと思われる記事になってしまう、という状態になるのがネイティブアドのノンクレジットの問題点であります。広告主にとってビジネスや購買に繋がる有利な記事を書いてもらいながら、それが中立であるかのように記述されることは、消費者に対して有利誤認を導くことになるのは言うまでもありません。景品表示法の趣旨から見ても、取引の実態から見ても、これらの商取引は利用者の有利誤認を導くことを目的に行われていることで、口コミサイトのステマ依頼のような「欺瞞的取引の疑い」ではなく「欺瞞的取引そのもの」ということになります。

要するに、ネイティブアドのノンクレジット状態は違法です。

カネもらって広告記事を書くのであれば、それが「広告」と明記されなければいけない、ということです。

引用元: サイバーエージェントなど特定企業の社員が違法なネイティブアドビジネスにぶっこんでいる件で(山本一郎) – 個人 – Yahoo!ニュース.