タグ別アーカイブ: 岡山

「ゴミ屋敷」に老夫婦、年金使い込む息子… 認知症社会:朝日新聞デジタル

「お願いです。病院に連れていって」

昨年の冬、岡山県内の自宅で自治体の職員に保護されたとき、70代の妻はそう叫んだ。そばには80代の夫。ともに、認知症を患っていた。

自宅は「ゴミ屋敷」になっていた。捨てられずにたまったゴミの袋が山積みになり、古くなった弁当や汚れたオムツが床を覆っていた。同居していた40代の息子は外出していた。

夫婦は二十数年前、夫の定年を機に故郷の岡山県に移り住んだ。年金は夫婦で月約30万円あり、安心した老後を送れるはずだった。

だが、2人の暮らしは、認知症によって大きく変転した。

移り住んで10年ほどすぎた頃、夫は脳梗塞(こうそく)を起こし、車いすでの生活になった。妻の話を忘れる。過去の記憶と現在を混同する。脳梗塞の後遺症で認知症も進んだ。

「老老介護」は重労働だ。妻はデイサービスも利用しながら夫の生活を支えた。介護疲れから酒を飲むようになり、やがて認知症になった。家が荒れ始めたのは、数年前からだ。

そんなときに、県外にいた息子との同居が始まった。

それからの夫婦の暮らしぶりについて、福祉関係者の記録にはこう残っている。「何カ月も入浴できず、適切な食事もとれず、ネグレクト(介護放棄)状態であった」

息子は独身で無職。借金もあった。夫婦の年金が振り込まれると、決まって20万円が消えていた。夫名義のカードの借り入れも約300万円にのぼった。

近所などからの通報で、自治体もこの家の異変に気づいた。昨冬、自治体職員が息子の留守を見計らって家に入り、夫婦の保護に踏み切った。

夫婦はいま、自治体などの支援を受け、同じ老人ホームに入っている。息子は同じ家に住み続けている。

今月、記者が夫婦を訪ねた。

「お父さん、昔は気難しくてね」「息子はしっかり者だったの」。苦しんだころの記憶は抜け落ち、妻が語ってくれたのは楽しかった時代の思い出ばかりだ。部屋には、夫がリハビリで書いた手紙が貼ってあった。震える字で、こう書かれていた。

〈仲良く、続けませう〉

引用元: 「ゴミ屋敷」に老夫婦、年金使い込む息子… 認知症社会:朝日新聞デジタル.

地方移住:4年で2.9倍 「首都・近畿圏から」3割 – 毎日新聞

調査は昨年12月、アンケート形式で実施。人口が集中する東京都と大阪府を除き、移住相談の窓口や中古住宅を活用する「空き家バンク」などの支援策を利用した人や、住民票提出時の意識調査で移住目的とした人のうち、別の都道府県から移り住んだ人数を各市町村に尋ねた。市町村の情報を把握している鳥取や島根、高知などの18県は県に問い合わせた。残りの27道府県1096市町村のうち92%にあたる1008自治体から回答を得た。

移住者数は09年度が2822人、10年度が3819人、11年度が5143人、12年度が6043人、13年度が8169人。移住者数が最も多かったのは鳥取県で962人、続いて岡山県が714人だった。ただ、他県でも移住者数を集計していない自治体があることや、行政の支援策に頼らず移り住んでいる人もいるため、実際の移住者数はさらに多いとみられる。

一方、13年度の移住者の元の居住地を分析したところ、東京や神奈川、埼玉、千葉など首都圏からの移住者が1365人、大阪、兵庫、京都などの近畿圏からは1035人となり2大都市圏で全体の29.4%を占めた。鳥取の場合、大阪から202人、兵庫から127人など近畿圏からの移住者が3分の1に達し、隣接する岡山が85人で続いた。

市町村別で移住者が多かったのは、大分県豊後高田(ぶんごたかだ)市で、13年度は県外から114人が移り住んだ。市の人口は1950年の約4万9200人をピークに約2万3500人(昨年11月)まで減少したが、空き家バンク制度の導入や、新婚世帯を対象に割安で入居できる集合住宅を建設するなど若者を呼び込む施策を実施。昨年4〜11月で、市への転入が転出を86人上回った。市は2021年までに3万人を目指すとしている。

引用元: 地方移住:4年で2.9倍 「首都・近畿圏から」3割 – 毎日新聞.

政党助成金 自分に「寄付」 総額3.4億円超/自民参院議員43人

政党助成金を自分に「寄付」した“お手盛り”参院議員

山東昭子(比例) 600万円

尾辻秀久(鹿児島) 1000万円

武見敬三(東京) 1000万円

鴻池祥肇(兵庫) 1000万円

林芳正(山口) 1000万円

伊達忠一(北海道) 500万円

愛知治郎(宮城) 1000万円

吉田博美(長野) 1000万円

松山政司(福岡) 1000万円

森雅子(福島) 1000万円

古川俊治(埼玉) 1000万円

丸川珠代(東京) 1000万円

塚田一郎(新潟) 700万円

牧野京夫(静岡) 1000万円

西田昌司(京都) 1000万円

礒崎陽輔(大分) 1000万円

佐藤信秋(比例) 1000万円

佐藤正久(比例) 1000万円

江島潔(山口) 500万円

滝沢求(青森) 600万円

中泉松司(秋田) 1000万円

大沼瑞穂(山形) 1000万円

上月良祐(茨城) 500万円

高橋克法(栃木) 1000万円

豊田俊郎(千葉) 500万円

山田修路(石川) 500万円

滝波宏文(福井) 800万円

森屋宏(山梨) 1000万円

舞立昇治(鳥取) 500万円

島田三郎(島根) 1000万円

石井正弘(岡山) 1000万円

三木亨(徳島) 459万9826円

三宅伸吾(香川) 1000万円

井原巧(愛媛) 500万円

高野光二郎(高知) 605万5382円

山下雄平(佐賀) 500万円

馬場成志(熊本) 1000万円

長峯誠(宮崎) 500万円

赤池誠章(比例) 800万円

石田昌宏(比例) 300万円

柘植芳文(比例) 500万円

羽生田俊(比例) 1000万円

宮本周司(比例) 577万5850円

(注)順不同、敬称略。政党交付金使途等報告書(2013年分)で作成

引用元: 政党助成金 自分に「寄付」 総額3.4億円超/自民参院議員43人.

給食のご飯にナット…洗米機から外れ混入か : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

岡山県美作市教委は21日、市立英田中学校で9日に出された学校給食に、調理器具の金属製のナット(直径約8ミリ)1個が混入していたことを明らかにした。

同市教委によると、1年生の学級でご飯を配膳中に、ナットが見つかったという。けが人はなかった。ご飯は市立美作給食センターで調理されており、センターが調理器具を点検して、米を洗う機械のナットが1個なくなっていたことがわかった。

市教委は「今後は器具の使用前後の点検をしっかりとするように徹底したい」としている。

引用元: 給食のご飯にナット…洗米機から外れ混入か : 社会 : 読売新聞(YOMIURI ONLINE).

「にらまれたので」フォークで2歳女児突く 岡山の公園、容疑の男逮捕 – MSN産経ニュース

19日午後0時20分ごろ、岡山市北区の西中山下児童公園で、ベビーカーに座っていた女児(2)が、近くにいた男にフォークでいきなり突かれた。女児に出血はなく、頭に軽いけがをした。

岡山中央署は、傷害の疑いで住所不定、無職、岡本光弘容疑者(57)を現行犯逮捕した。

岡山中央署によると、岡本容疑者は、母親と公園にいた女児に正面から近づき、持っていたフォークを振り下ろした。

岡本容疑者は「(女児に)やくざのような目つきでにらまれたので、フォークで刺すふりをした」と供述している。

母親が110番したが、岡本容疑者は逃げようとせず、警察官が到着するまでの間その場にいたという。

逮捕容疑は、金属製のフォークで、女児の右頭部を突き軽傷を負わせた疑い。

引用元: 「にらまれたので」フォークで2歳女児突く 岡山の公園、容疑の男逮捕 – MSN産経ニュース.

労働委 コンビニ店主は労働者 NHKニュース

大手コンビニエンスストアの加盟店の店主で作る団体が、「セブン‐イレブン・ジャパン」に団体交渉に応じてもらえなかったとして、岡山県労働委員会に救済を申し立てたことについて、労働委員会は「加盟店の店主は労働者である」という判断を示し、団体交渉の申し入れに応じるよう命じました。岡山市に本部のある「コンビニ加盟店ユニオン」は4年前、コンビニチェーン最大手の「セブン‐イレブン・ジャパン」の本部が労働条件の改善を巡る団体交渉に応じず、労働組合と会社が対等に交渉することを定めた労働組合法に違反するとして、岡山県労働委員会に救済を申し立てました。これについて岡山県労働委員会は20日、「フランチャイズ契約を結んでいる加盟店の店主は事業者であるものの、セブン‐イレブンのチェーンに組み込まれ、独立性は薄い」として、労働組合法上の労働者であるという判断を示しました。そのうえで団体交渉を拒否する正当な理由がなく、不当労働行為に当たるとして「セブン‐イレブン・ジャパン」に対し、団体交渉の申し入れに応じるよう命じました。「セブン‐イレブン・ジャパン」は「当社の主張が認められず遺憾であり極めて不当なものだ。中央労働委員会への再審査

引用元: 労働委 コンビニ店主は労働者 NHKニュース.

溶けた鉄全身に浴び作業員重いやけど 岡山 NHKニュース

7日朝、岡山県倉敷市の水島コンビナートにある「JFEスチール西日本製鉄所」の工場で、溶かした鉄から不純物を取り除いていた作業員2人が飛び散った鉄を浴び、1人が重いやけどをし、もう1人が軽いけがをしました。

7日午前6時すぎ、倉敷市水島川崎通のJFEスチール西日本製鉄所の工場で、鉄くずを溶かす炉の中から「ドーン」という音がして、作業員が駆けつけたところ、2人が溶けた鉄を浴びてやけどしているのが見つかりました。

2人は倉敷市内の病院に運ばれましたが、30歳の男性作業員が溶けた鉄を全身に浴びて重いやけどを負ったほか、27歳の男性作業員も軽いけがをしました。

警察によりますと、現場では直径4メートル60センチ、地面からの高さがおよそ2メートル70センチある電気炉で鉄くずを溶かしていて、2人は炉の横に開けてある専用の穴に柄の長さが5メートルほどで、先端がT字型になっている棒を通し、浮いてきた不純物を取り除く作業をしていたということです。

警察は、2人が炉の横の穴の隙間から飛び散った鉄を浴びたとみて、事故当時の状況について調べるとともに、作業に問題がなかったか話を聞いています。

引用元: 溶けた鉄全身に浴び作業員重いやけど 岡山 NHKニュース.

出会い系サイトが11億円所得隠し 全国で最大規模:朝日新聞デジタル

全国最大規模といわれる出会い系サイト運営会社140社のグループが国税当局の一斉調査を受け、2012年までの6年間で約11億円の所得隠しを指摘されたことがわかった。140社はいずれも、東京・神田の塗料会社の社長(65)が実質的に経営。その活動拠点に弁護士事務所を開業させるなどして、「隠れみの」にしていたという。

東京、仙台、関東信越、名古屋、高松、広島、福岡の各国税局の税務調査を受けたのは、ラポーアンジェリック(東京都千代田区)▽クイックフロー(さいたま市南区)▽リンクシステムズ(浜松市中区)▽ベイライフ(岡山県津山市)など140社。うち約40社が所得隠しを指摘されたとみられる。

関係者によると、塗料会社社長は07年ごろから、息子ら数人と出会い系サイト運営会社を次々と立ち上げた。一時は100人を超える男性アルバイトが女性を装って利用者を募り、料金を振り込ませるなどして30億円超を売り上げていたという。「異性と会えない」などの苦情が相次ぐと、1~2年でサイトを閉鎖。会社の所在地を全国各地に移転させては、新たな会社を都内に設立した。

引用元: 出会い系サイトが11億円所得隠し 全国で最大規模:朝日新聞デジタル.

「先生は危機感不足」の封書、中から紛失USB : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

岡山県奈義町教委は9日、町立奈義小学校の30歳代女性教諭が2012年4月、児童の個人情報が入った個人所有のUSBメモリーを紛失していたと発表した。

今月8日にUSBが町教委に郵送され、紛失の事実が判明。同小校長は事実を町教委に伝えていなかった。今のところ、悪用された形跡はないという。

町教委によると、女性教諭は12年4月下旬、2008~12年度に勤務した美咲町や鏡野町の小学校や奈義小の児童計228人の名前や電話番号、成績などが入ったUSBを紛失したことに気付き、校長に報告して校内などを探したが見つからなかった。教諭は職員室の机の中に保管していると思っていたが、自宅に時々持ち帰っていたという。

紛失したUSBは「1住民」と書かれた封書で届き、「先日拾って、中身を確認したが、小学校のものではないか。個人情報を扱う先生として危機感が不足しているのではないか」などと指摘する手紙が同封されていた。

笠木義孝教育長は「情報管理検討会議を設置して検証し、校内の情報管理体制の見直しや再発防止の研修を実施したい」と話している。

引用元: 「先生は危機感不足」の封書、中から紛失USB : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

「7月参院選は違憲で無効」 一票の格差で高裁支部:朝日新聞デジタル

参院選で選挙無効の判決が出されたのは戦後初めて。弁護士グループは、今年7月の参院選をめぐって全47選挙区を対象に選挙無効訴訟を起こしており、その最初の判決となった。14高裁・支部の判決は12月26日までに出そろう。

判決はまず、参院の定数配分の合憲性について検討。格差が4倍を超える選挙区が6、3倍を超える選挙区が岡山を含む11あることを指摘して、「定数配分規定は、違憲の問題が生じる程度の著しい不平等状態に至っている」と述べた。

さらに、2007年選挙を巡る09年の最高裁判決が選挙制度の仕組み自体の見直しに言及し抜本改革を求めた点を重視。この判決から約3年9カ月を過ぎても「4増4減」の定数是正にとどまったとし「国会が選挙制度の改革に真摯(しんし)に取り組んだかは疑問だ。是正案を国会に上程すらできなかったことに合理的理由はない」と述べて違憲と結論づけた。

そのうえで、この選挙の効力については、仮に47選挙区すべてが無効になったとしても、10年の選挙で選ばれた議員や比例代表選出議員で参議院の活動は可能と指摘。「投票価値の平等に著しく反する状態が長く続くことに比べ、選挙無効による弊害が大きいとはいえない」とし、即時無効と判断した。

岡山選挙区の選出議員は自民の石井正弘氏。被告の選挙管理委員会側は上告するとみられ、最高裁で無効判決が確定しない限り失職しない。

最大格差が5・00倍となった前回10年の参院選について最高裁は昨年10月、「違憲状態」とする判断を示していた。

一票の格差を巡っては今月20日、最高裁が昨年12月の衆院選を「違憲状態」とする判決を出している。

引用元: 「7月参院選は違憲で無効」 一票の格差で高裁支部:朝日新聞デジタル.