タグ別アーカイブ: 客観的

宇宙船模した閉鎖環境で2週間生活 JAXAが一般公募:朝日新聞デジタル

宇宙航空研究開発機構(JAXA)と筑波大などは、宇宙船を模し、外部との行き来ができないようにした閉鎖環境に一般の人に滞在してもらう研究を来年から始める。宇宙滞在によるストレスを客観的に把握する方法を開発し、宇宙飛行士の精神面の健康管理に生かす。24日から参加者の公募を始めた。

20~55歳の健康な男性が対象で、8人を公募で選ぶ。JAXA筑波宇宙センター(茨城県つくば市)のバス2台分の広さがあるという訓練設備に2週間滞在。国際宇宙ステーションでの滞在を模し、宇宙食を想定した保存食を食べ、ロボットの製作やパソコンでの作業をする。外部との連絡は管制室のみ。血液や尿などを医師が調べ、表情や声の様子などを見て、ストレスの指標となるものを探す。

2016年度にかけ最大4回公募する。最初の滞在は2月5日からで、専用のウェブサイト(http://www.jcvn.jp/)から申し込む。この研究と宇宙飛行士の採用は無関係。協力費38万円が出る。

JAXA宇宙医学生物学研究グループ長の古川聡宇宙飛行士は「私が宇宙に行っていた時も、自分ではへっちゃらと思っていたが疲れていることがあった。客観的なストレス指標があると有用だ」と話した。

引用元: 宇宙船模した閉鎖環境で2週間生活 JAXAが一般公募:朝日新聞デジタル.

流行には近寄らないという株式投資の哲学について – Market Hack

投資の世界での客観性とは、常にコンセンサス予想のことを指します。だからそれが非農業部門雇用者数の発表であろうが、アップルの決算発表であろうが、常にコンセンサスが問題にされるのです。

ある企業の決算がコンセンサス予想を上回った! というならば、それは客観的に見て万人の期待以上の結果をその企業が出しているわけで、それはその企業の魅力、美しさの輝きが増すことに他なりません。

その反面、決算をしくじった(=つまりEPS、売上高、今後の会社側の予想のどれかひとつでもコンセンサスに満たなかった)場合、他の審査員の中からは:

(ふん、なんだこんなブス!)

と思う奴が続出するということなのです。

「タデ喰う虫も好き好き」ということわざもあるから、皆さんが容色の落ちた銘柄に入れあげるのは本人の勝手です。

でもマトモな決算が出せないということは、そもそも出発点だった「カルト的に支持されている!」という支持自体が離散しているキケンがあるわけだから、それは厳粛に受け止めるべきです。

悪決算を心から憎む

そういう態度を養う事。そして悪決算を出した企業からは潔く決別する勇気を持つ事。

引用元: 流行には近寄らないという株式投資の哲学について – Market Hack.

サイバーエージェントなど特定企業の社員が違法なネイティブアドビジネスにぶっこんでいる件で(山本一郎) – 個人 – Yahoo!ニュース

要するに、ステマは違法です。

このステマにかかわる部分で、最近はネイティブアドのノンクレジット問題が出てきています。「ネイティブアドのノンクレジット問題」といわれるとピンとこない人も多いかと思いますが、このネイティブアドはいわゆる「一般記事風の広告」であり、ノンクレジット問題とはこの広告における「広告表記を外すこと」です。

つまり、一般媒体において、広告記事であり業者からカネ貰って書いているにもかかわらず、それに【広告】と記述されなければその媒体が取材を元に客観的に書いたと思われる記事になってしまう、という状態になるのがネイティブアドのノンクレジットの問題点であります。広告主にとってビジネスや購買に繋がる有利な記事を書いてもらいながら、それが中立であるかのように記述されることは、消費者に対して有利誤認を導くことになるのは言うまでもありません。景品表示法の趣旨から見ても、取引の実態から見ても、これらの商取引は利用者の有利誤認を導くことを目的に行われていることで、口コミサイトのステマ依頼のような「欺瞞的取引の疑い」ではなく「欺瞞的取引そのもの」ということになります。

要するに、ネイティブアドのノンクレジット状態は違法です。

カネもらって広告記事を書くのであれば、それが「広告」と明記されなければいけない、ということです。

引用元: サイバーエージェントなど特定企業の社員が違法なネイティブアドビジネスにぶっこんでいる件で(山本一郎) – 個人 – Yahoo!ニュース.

愛の日記 @ Drivemode | 想像力

ただ、僕の場合は、想像力がもっと欲しいなあ。相手の世界から何が見えているのか・見えていないのかを理解する想像力がもっと欲しい。単純に、多様な価値観を持つことが出来るようになればもっと楽しく生きられると思うんだよね。世界は広くて、いろんな人がいて、いろんな常識、文化、宗教、いろんな価値観があって、それぞれにいい部分があって、自分に合う価値観を広げていけたらとても楽しく生きられる気がしている。僕は昔から、できるだけいろんな国の人や、常識が合わないような人と接するのが楽しかったので、いつも多様性がある場所に身をおくようにしていた。僕の常識が通じない人たち話していると、とても発見が多くて、「ああ、この考え方はすごい!僕もそう考えよう!」とか思うこともあるし、自分自身の常識についてより客観的に見えるようになったことで、自分のことをもっと理解できることも多かった。もうその学びが楽しくて仕方ないというか。

だって、自分の常識で正義を振りかざしはじめた時点で、もうその人の世界はそこから広がらないし、新しい世界が見えることもないし、想像力の成長もないし、そのまま狭い世界で死んでくだけ。こんなにもったいない事あるかね。全盲の人には全盲の人にしか見えない事がたくさんあるに決まっているし、ベビーカーを押す親にはベビーカーを押す親にしか感じられない世界があるに決まっていると思っているし、わからない世界にはなんかこう言葉にできない尊敬がある。もちろん僕の想像力なんて大した範囲には及ばないけど、それでももっといろんな世界が見えるようになりたいと思ってます、いつになっても。

 そのほうが楽しいと思うよ。

引用元: 愛の日記 @ Drivemode | 想像力.

「話のおもしろい人」の法則:自分の話し方を「客観的」に研究する – 誠 Biz.ID

さんまさんはどうやって話を広げているのか、広げた話をどうさばくのか、広げられたほうの相手のリアクションはどうなのか。それらを分析するのに有効なのは、一方の音をつねに消しながら録画を見ることです。

つまり、さんまさんの声だけを消しながら見る。あるいは、相手側の声を消しながら見るのです。リモコンのミュートボタンを何度も押しながら、声を消されている人がどんなことを発言しているかを想像します。何を言えば、相手がそんな反応をするのか、いろいろ考えてみます。

そのあとでさんまさんの発言を確認してみれば、彼のすごさがよく分かるでしょう。そして、これを繰り返すことであなたもさんまさん流話術が身についていきます。

もしあなたが、「このタレントのトークはおもしろい」と思う人がいたら、ぜひこの手法を試してみてください。

引用元: 「話のおもしろい人」の法則:自分の話し方を「客観的」に研究する – 誠 Biz.ID.

“let it go”のアイロニー « SOUL for SALE

結局のところ、僕たちは個人の努力では抗いようのない運命の中に生きていて、あるがままの自分を肯定して行動したからといって、よき結果に巡り会える保証はない。だからって、他人の置かれた状況を客観的に判断できているつもりになって、勘違いして行動した結果がご覧の有様だよ!なんて笑っていいわけでもない。アイロニーとは宙吊りの構造であって、明らかな勘違いであっても「これでいいの」と言わなければ先に進めない僕たちの生き様そのものがアイロニカルなのだと思う。

引用元: “let it go”のアイロニー « SOUL for SALE.

JR北、「飲めない」申告でアルコール検査免除 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)

飲酒運転を防ぐため、JR各社が行っている乗務前のアルコール検査について、JR北海道では「体質的に酒が飲めない」と申告すれば、検査を免除していたことがわかった。

JR他社は同様の例外を認めておらず、専門家は「『酒が飲めない』という自己申告が、検査を免除する理由にはならない」と批判している。

免除されていたのは乗務員11人。運転士らのアルコール検査は法律上の義務ではないが、国土交通省令は飲酒などで正常な運転ができない場合、乗務を禁じている。

JR北海道では昨年7月、社内の通達で、運転士と車掌に対する乗務前のアルコール検査を義務化した。点呼時、専用の検知器に息を吹き込み、呼気1リットル中0・1ミリ・グラム以上のアルコールが検出された場合、乗務を認めていない。

ところがこの通達には、乗務員が「体質的に酒が飲めない」と上司に申告し、上司が認めた場合は検査を免除するとの内容も書かれていた。上司には医師の診断書など客観的資料の確認を求めておらず、自己申告のみに基づいて免除できる。同社によると、9月末現在で運転士8人、車掌3人の計11人にアルコール検査を行っていない。

引用元: JR北、「飲めない」申告でアルコール検査免除 : 社会 : YOMIURI ONLINE(読売新聞).

会社員も市場に評価される時代へ – Chikirinの日記

たとえば企業の中には研修の一環として、社員に「クラウド・ソーシング市場で仕事を受注するよう」命じるところもあるとのこと(得られた報酬は個人に入ります)。

市場で直接仕事を受ければ、「自分はいったいいくらの報酬がもらえる人なのか」という事実に、すべての労働者が直面します。

多くの場合、社員は「会社からもらっている給与は、市場から得られる報酬よりかなり多い」ことを身をもって理解することとなり、それ以降は文句を言わず、危機感を持って働くようになるというわけです。

また企業内では(新人はやたらと怒られますが)、勤務年数の長いベテラン社員になると、厳しい指導を受ける機会がほとんどなくなります。

そういう社員(たとえば部長やマネージャー)にも、クラウド・ソーシングで仕事を受けさせれば、市場から遠慮のないフィードバックを受け、(部下を叱り飛ばすだけではなく)自分もまだまだ成長しなくてはならないのだと認識させられます。

さらに、ホワイトカラー職種の社内評価はしばしば、「上司に好かれているかどうか」的なことで決まってしまうと言われますが、定期的にクラウド・ソーシングで仕事を受注させることで、企業は社員評価に使える客観的なデータを手に入れることもできます。

加えて、65歳までの雇用延長がなされ、社内で余ってしまっている労働力を少しでも活用するため、「仕事はクラウド・ソーシング市場を使って自分で受注し、毎月、自分の給与分くらいは稼いでください」と言い出す企業もでてくるかもしれません。

このように、クラウド・ソーシングは、

・社員の採用プロセスとして使える

・社員の業務態度やスキルの評価ツールとして使える

・社員の育成や研修機会として使える。さらに、

・給与と市場価格とのズレの補正のためにも使えて、

・余剰労働力の活用にも使える

と、人事政策のあらゆる面で活用できるのです。

引用元: 会社員も市場に評価される時代へ – Chikirinの日記.

知的ゲームで強くなる方法

上級者→上位陣になるには、データーを見て自分をコーチするのが重要

トップ10%になると、回りもかなり強いでしょう。

ここを抜けて、トップ1%になるには、これまで以上に大変になります。

なぜなら、「基本技を打っているだけでは勝てない」からです。

しかし、上級者は、「基礎が大事だ」と言います。

ここが味噌です。

上級者の基礎っていうのは、「その人自身が使うのにフィットした形」になった基礎であり、基礎という体をとったオリジナルになっています。

データーをとるのが重要です。

データーをとって、客観的に自分のどこが弱いのか、どこが強いのかを理解しましょう。 積極的に上級者の意見を聞きましょう。

そして、データーからてらした、自分の個性、不得意を埋めていき、「基礎的なワザ」の中で、自分にあったものを「工夫を込めてレベルを上げて」いきましょう。

この過程が一番苦しいと思います。

ただ練習するだけではだめ、ただ上級者の意見を聞くだけでもだめ、ただデーターを見るだけではだめ。

人それぞれの体のつくりや思考の速度、得意不得意が違うので、どこで戦略で相手に差をつけられるのか? 相手もすべての基本技を使えるのに、どうやって差をつけるのか?

しかも、その「差」というのを、「基本技」で作るわけです。

「基本のレベルで絶対的な差を相手とつける」

これだけで、トップ1%に入れます。

基礎であるから、絶対に追いつけない差になり、基礎であるから、オリジナルが付けば絶対超えられません(それぞれの人が違うので、自分にあったオリジナルな工夫というのは、自分の体、脳みそ、心でしか使えないものだからです)

引用元: 知的ゲームで強くなる方法.

「PRISMプログラム導入は必要だった」–ブッシュ元米大統領が語る – CNET Japan

歴史における自身の位置づけについて、より広範な質問を受けたBush氏は、「最終的に、私が下した決断の数々は歴史の裁きを受けるだろう。客観的な歴史家たちが現れるまでには時間がかかるので、その裁きが下されるとき、私はもうこの世にいないだろう。したがって、私はそれについては非常に気が楽だ。私は自分がやるべきことをやった。自分がどういう意図でそれをやったかは分かっている」と付け加えた。

引用元: 「PRISMプログラム導入は必要だった」–ブッシュ元米大統領が語る – CNET Japan.