タグ別アーカイブ: 実現

飛行機の機内Wi-Fiによるネット接続はこうやって実現されている – GIGAZINE

◆方法その3:Kaバンドを用いた衛星通信前出のKuバンドよりも高い周波数を用いるKaバンドは、かつては軍用に確保されていたバンドであることから、その実力は高いものといえます。衛星通信企業のViaSat社が提供するKaバンド通信は、受け持つ航空機全てに対して最大で70Mbpsの通信を保証しており、現時点では最も速い機内Wi-Fiシステムといえるとのこと。

引用元: 飛行機の機内Wi-Fiによるネット接続はこうやって実現されている – GIGAZINE.

大阪じゃないのに…尼崎の市外局番「06」の理由 巨額費用で「編入」の歴史 (withnews) – Yahoo!ニュース

兵庫県内の市外局番は、西宮市が主に「0798」、芦屋市が「0797」、神戸市が「078」……と、ほとんどが07系です。尼崎がなぜ、大阪市、豊中市、吹田市などで使われている「06」なのか、不思議に思う人は少なくありません。

明治時代から、多くの企業が工場を立地した尼崎にとって、取引先がある大阪との連絡は何より重要でした。

20世紀に入ると、尼崎にも電話が普及し始めますが、当時の市外通話(異なる電話局管内への通話)は、交換手に通話先を告げても、なかなかつながらないことが多く、大阪との連絡は大変不便だったようです。もちろん、料金も市内通話より高額でした。

さらに、町村合併を重ねた尼崎市の中には、尼崎局、伊丹局、西宮局など複数の電話局の管轄区域が混在し、市内から市内へ電話をかけるにも市外料金が必要という、ひどい状況に陥っていました。

「通話が14円から7円に」

このため戦後間もなく、「市内全域を一括して大阪局の管轄区域に編入させてもらおう」という声が地元で高まります。市や商工会議所による日本電信電話公社(現NTT)への陳情の末、編入は1954年に実現。その8年後、全国的に市外局番が整備され、尼崎を含む大阪局管内に「06」が割り当てられました。

1954年当時の新聞を見ると「市外通話の約6割を占めていた大阪との通話が従来の14円から7円になる」とメリットが紹介されています。1992年刊行の「尼崎商工会議所八〇年史」も「その後の尼崎の産業経済活動に大きく貢献した」と編入を高く評価しています。

「2億円余りの電信電話債券の引き受け」

もっともこの編入は、タダではありませんでした。電電公社は当時、条件として「2億円余りの電信電話債券の引き受け」を市側にのませました。管轄区域の再編などに伴う工事費の地元負担という意味合いです。

県内では異彩を放つ「市外局番06」。その裏には、阪神工業地帯の中核を担った「工都尼崎」の歴史が隠されていたのです。

引用元: 大阪じゃないのに…尼崎の市外局番「06」の理由 巨額費用で「編入」の歴史 (withnews) – Yahoo!ニュース.

光ファイバーの通信容量増やす新技術研究 NHKニュース

色や明るさなどと並ぶ光の性質の1つ「モード」を人工的に変化させることに成功したと、九州大学の研究グループが発表しました。光を信号にして情報をやり取りする光ファイバー通信に応用できれば、通信の容量を飛躍的に増やすことができるとしています。

研究を行ったのは九州大学大学院総合理工学研究院の浜本貴一教授の研究グループです。光には色や強さのほか、人間の目では感じ取ることのできない「モード」と呼ばれる性質があり、中心が明るく外側に向かうにつれて暗くなる「モード」や、左右に明るい部分がある「モード」などがあります。

これまでは光の「モード」を自由に変えることはできませんでしたが、研究グループは特殊な装置を使って変化させる方法を確認したということです。研究グループによりますと、光の「モード」を人工的に変化させることに成功したのは世界で初めてだということです。

光ファイバー通信では同じ波長の光でも「モード」が異なれば別の光信号として区別することができるため、研究グループは「さらに複数のモードへの変化を実現できれば、光ファイバーの通信容量を飛躍的に増やすことができる」としています。

浜本教授は「理論上は光ファイバーで今の100倍以上のデータを同じ時間でやり取りできるようになる。3Dや8Kの動画をインターネットで見られるようになるかもしれない」と話しています。

引用元: 光ファイバーの通信容量増やす新技術研究 NHKニュース.

プロダクトマネージャーはどんな仕事をしているのか – 小さなごちそう

私がプロダクトマネージャーとしてプロダクト開発のディレクションを行う際の、一連のプロセス(タスク)を洗い出してみた。

1. ミッションの発見

ユーザー理解(インサイトの発見と整理)

ソーシャルリスニング、アンケート、デプスインタビューの実施

関連する自社プロダクトの問い合わせ傾向の確認

他領域/同構造のユースケース発見(アナロジーによるユーザー課題推測)

インサイトの洗い出しと、キーインサイトの発見

3C分析(バリュープロポジションの導出)

ユーザー課題の発見と整理

競合調査と分析

自社の強みの把握

問題の構造理解

論点思考、仮説思考、2軸図、マトリクス図、バリューグラフなどを使った問題の整理と図式化

ファシリテーション

関係者のアイデア・気付きを引き出す

メンバーの問題理解を補助

問題vsチームの構造へ議論を誘導

Next Actionの導出

2. コア・アイデアの創出

課題解決のためのアイデア創出

アイデアの実現可能性判断

コンセプトの定義(ターゲットとバリューの言語化)

4P整合性のチェック

3. ゴールイメージの共有

プロダクトイメージの具体化

プロトタイピング(ペーパープロト)

カスタマージャーニーマップの作成

画面設計と要件定義

ビジュアルデザインのトンマナ決定

4. アウトプットのクオリティ・コントロール

コンセプトを確実に具現化する

プロダクトのレビュー(ユーザービリティ、機能性の確認) 

UIデザイナーへのディレクション(デザイン、文言の改善案提示) 

実装過程で発覚した矛盾の解決案提示(仕様や画面設計の修正案を提示)

引用元: プロダクトマネージャーはどんな仕事をしているのか – 小さなごちそう.

LGBT差別を許容したい|レアジョブ英会話 会長の日記 ~ Chances for everyone, everywhere. ~

うちの会社で、というよりも、グローバル化しつつある日本社会において、

冷静にリスクリターンを考えれば、人に不快感を与える行動は慎むのが合理的なように思える。

考えられうるケースとしては、不快にさせている本人がそうとは気づいていない場合もあるが、

周りからフィードバックしてもらえるかや、フィードバックを受け止められるも含めて、

本人の力量が不足しているだけなのかもしれない。

しかしいずれにせよ、他人のリスクの取り方が適切かどうかは、僕が口出しすることではない。

むしろ僕は、全ての人の生き方を許容する人でありたいと思っている。

差別をする側も、される側も同様に許容し応援したい。

Chances for everyone, everywhere というレアジョブのビジョンは、

全ての人の生き方を許容し応援する、ということだと思っている。

だから、LGBTもLGBTを差別する人も許容したい。

ただし、少なくともレアジョブという会社はLGBT差別を許容したとしても寛容ではありえないとは言っておきたい。

レアジョブは日本人の国際化を手助けする会社なので、

LGBT差別に寛容でない方が売上増大しやすく、ミッション・ビジョンも実現しやすいので、

これは合理的判断だと思っている。

だから、たとえLGBT差別が社内であったらどうするか、という空想の問いに答えるとすると、

LGBT差別をする人の合理性を僕は不思議には思いつつ、

わざわざ差別を禁止することはなく許容する、

ただし寛容にはしない。

そうするだろうと、思っている。

引用元: LGBT差別を許容したい|レアジョブ英会話 会長の日記 ~ Chances for everyone, everywhere. ~.

飛行機の機内Wi-Fiによるネット接続はこうやって実現されている – GIGAZINE

◆方法その1:Air-To-Ground方式(ATG方式)

主に国内線などの洋上を飛ばないルートで用いられることが多いのが「ATG(Air-To-Ground)方式」です。以下の図を見ればイメージがつかめると思いますが、ATG方式では航空機のルートに沿って設置された地上の基地局との通信を行うことで、機内Wi-Fiを実現しています。

ATG方式では、機体の底に2つのアンテナを取り付けることで通信を行うようになっています。2015年現在で普及している「ATG-3」方式で可能な通信速度は3Mbpsとなっているとのことで、これはメール受信やSNSのチェック程度なら問題なく行えるというレベル。アメリカの通信企業・Gogoは、10Mbpsまで速度を引き上げた最新の「ATG-4」システムの導入を進めていますが、まだまだATG-3に取って代わる段階には至っていない模様。また、基地局のエリアを外れると通信が途絶えてしまうと言うウィークポイントも存在します。

引用元: 飛行機の機内Wi-Fiによるネット接続はこうやって実現されている – GIGAZINE.

飛行機の機内Wi-Fiによるネット接続はこうやって実現されている – GIGAZINE

◆方法その2:Kuバンドを用いた衛星通信

地上の基地局には頼らず、宇宙の人工衛星を介して通信を行う方法ももちろん存在します。その一つが12GHz~18GHzの電波・Kuバンドを用いるものです。以下の図では、機上のユーザーが操作した内容が衛星を経由して地上へ届き、サーバから送り返された内容を再び衛星に飛ばして飛行機へ返す様子が示されています。

インターネット通信を乗せた電波が宇宙から届くため、この場合のアンテナは機体の上部に取り付けられます。アンテナを多うドーム状の部品を取り外すと内部はこのようにアンテナが設置されており、衛星の向きに合わせて角度を変えられるようになっています。

この方式の利点は、ひとたび飛行機が衛星の電波を掴むと最大で30~40Mbpsという速度を出せるところにあるとのこと。とはいえ、広いエリアを少ない衛星が担当するために受け持つ航空機の数が多くなるほど速度が低下してしまうというデメリットが同時に存在します。また、衛星を経由するための遅延が発生することも避けられず、せっかく速い速度が出ても遅延のためにトータルの読み込み時間がかかってしまうことがあるようです。

引用元: 飛行機の機内Wi-Fiによるネット接続はこうやって実現されている – GIGAZINE.

プロダクトマネージャー宣言 – 小さなごちそう

プロダクトマネージャーを目指す人にとって指針となるようなマニフェストを、日本語で作りたいと思っている。

僕自身も修行中の身だが、僕がプロダクトマネジメントを行う際に気をつけていることをマニフェスト風にざっと書き出してみた。

まだ粗々なのでここからブラッシュアップして行きたい。

私たちは、ユーザーに愛されるプロダクトによって利益を生み出すことに情熱を持っています

私たちは、プロダクトの力で難しい問題を解決できると信じています

私たちは、問題の定義が最初の仕事であることを知っています。

私たちは、ターゲットとその課題を定義すること無しに良いプロダクトを作れないことを知っています

私たちは、要件定義はゴールではなく出発点であることを知っています

実現可能性のあるアイデアを選定するのは私たちの仕事です。

私たちは、自分の考察に盲点があることを知っています。

私たちは、多数決ではイノベーションが生まれないことを知っています

ステークホルダー間の意見を調整することではなく、ステークホルダーに理想へ共感してもらうことが私たちの仕事です。

私たちは、4P(Product/Promotion/Price/Place)の整合性を常に考慮します。

私たちは、ユーザー観察によって仮説を検証します。

私たちは、実装過程で判明する矛盾を一つ一つ解決していきます

私たちは、ある役割の人にとって便利な機能が、別の役割の人にとってはその逆になり得ることを知っています

私たちは、よいアイデアを生み出すまでとことん考え抜きます

私たちは、機能や設定を増やすことなく複数のユーザー課題を解決します

私たちは、機能だけではなく、デザインやコピーライティングが問題解決につながることを知っています

私たちは、価値あるものを生み出す喜びをチームで分かち合います

私たちは、ユーザーからの問い合わせに改善のヒントが隠されていることを知っています

私たちは、自分たちのプロダクトをユーザーの代表として自ら使用します

引用元: プロダクトマネージャー宣言 – 小さなごちそう.

鉄道トリビア (56) リニアモーターカーは日本の5都市の地下をすでに走行中 | 旅行 | マイナビニュース

私たちはリニアモーターカーというと「磁石の力で車体を浮かせ、磁石の力で走る」と思いがちだ。これは国鉄時代から開発され続け、中央新幹線で実現する予定のリニアモーターカーや、過去に日本航空が開発していたHSSTの印象が強いため。しかし、リニアモーターの「リニア」の意味は「直線」、つまり「リニアモーター」は「直線型のモーター」である。「浮上」という意味はない。中央新幹線やリニモは、正確には「磁気浮上式リニアモーターカー」という。

一方、都営地下鉄大江戸線は「鉄輪式リニアモーターカー」である。見かけ上は普通の鉄道のよう。しかし、大江戸線の車両は従来の電車とは異なり、円筒型のモーターを搭載していない。車体の床下と線路に電磁石を設置したリニアモーターによって走行している。

従来の円筒型モーターとリニアモーター

リニアモーター式電車は、台車など床下の機器を小さくできるため、車体を小さくできるというメリットがある。特に地下鉄では小さな車両ほどトンネル断面積が小さくなるため、建設コストが下げられる。また、加速時の車輪の空転がなく、急勾配に強い。これらの理由から、最近は鉄輪式リニアモーターカーの地下鉄路線が増えている。大江戸線のほかにも、日本初の鉄輪式リニアモーターを採用した大阪市営地下鉄の長堀鶴見緑地線、同今里筋線、横浜市営地下鉄グリーンライン、神戸市営地下鉄海岸線、福岡市地下鉄七隈線で稼働している。また、仙台市営地下鉄東西線も鉄輪式リニアモーターカーとして建設中だ。

引用元: 鉄道トリビア (56) リニアモーターカーは日本の5都市の地下をすでに走行中 | 旅行 | マイナビニュース.

<近畿大>養殖 次の戦略は! 「ウナギ味ナマズ」の試食会 (毎日新聞) – Yahoo!ニュース

近畿大がウナギ味のナマズを開発した。土用の丑(うし)の日(24日)に、大阪と東京の養殖魚専門料理店「近畿大学水産研究所」でかば焼きが入ったナマズ御重(2200円)を各30食限定で販売する。

ウナギは、稚魚の激減で国内の供給量が15年前の約3分の1に。業者から相談を受けた有路昌彦准教授は完全養殖可能なマナマズに着目。水質と餌の配合を研究し、6年かけウナギ味を実現した。

地下水で育てて泥臭さをなくし、7種の餌でウナギに似た脂の乗り、香り、味を再現した。「人気もうなぎ登りにしたい」と関係者は期待を寄せる。

引用元: <近畿大>養殖 次の戦略は! 「ウナギ味ナマズ」の試食会 (毎日新聞) – Yahoo!ニュース.