タグ別アーカイブ: 宇宙飛行士

宇宙船模した閉鎖環境で2週間生活 JAXAが一般公募:朝日新聞デジタル

宇宙航空研究開発機構(JAXA)と筑波大などは、宇宙船を模し、外部との行き来ができないようにした閉鎖環境に一般の人に滞在してもらう研究を来年から始める。宇宙滞在によるストレスを客観的に把握する方法を開発し、宇宙飛行士の精神面の健康管理に生かす。24日から参加者の公募を始めた。

20~55歳の健康な男性が対象で、8人を公募で選ぶ。JAXA筑波宇宙センター(茨城県つくば市)のバス2台分の広さがあるという訓練設備に2週間滞在。国際宇宙ステーションでの滞在を模し、宇宙食を想定した保存食を食べ、ロボットの製作やパソコンでの作業をする。外部との連絡は管制室のみ。血液や尿などを医師が調べ、表情や声の様子などを見て、ストレスの指標となるものを探す。

2016年度にかけ最大4回公募する。最初の滞在は2月5日からで、専用のウェブサイト(http://www.jcvn.jp/)から申し込む。この研究と宇宙飛行士の採用は無関係。協力費38万円が出る。

JAXA宇宙医学生物学研究グループ長の古川聡宇宙飛行士は「私が宇宙に行っていた時も、自分ではへっちゃらと思っていたが疲れていることがあった。客観的なストレス指標があると有用だ」と話した。

引用元: 宇宙船模した閉鎖環境で2週間生活 JAXAが一般公募:朝日新聞デジタル.

「火星へ手紙を送る費用は?」5歳児質問、英郵便事業が回答 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

英郵便事業ロイヤルメール(Royal Mail)は4日、5歳の少年からの、火星に手紙を送るのにいくらかかるかとの質問に、米航空宇宙局(NASA)の協力を得て回答した。

質問をしたのはイングランド(England)北西部ライサムセントアンズ(Lytham St Annes)近郊在住のオリバー・ギディングス(Oliver Giddings)くん。だがオリバーくんは、おそらく自分のお小遣いでは宇宙に手紙を出すことはできないだろう。郵便代には1万1602.25ポンド(約220万円)かかるからだ。

将来の夢は宇宙飛行士だというオリバーくんに回答する際、ロイヤルメールは、どうやって金額を計算したかを説明した。

「燃料代がとても高く、手紙を送る費用に大きく影響してしまう」と同社の顧客相談窓口の担当者は返信している。

また、「NASAに教えてもらったのですが、この前、火星探査車キュリオシティー(Curiosity)を火星に送ったときには約7億ドル(約862億円)かかったそうです」とし、「宇宙船自体がとても小さいので、その中に物を保管するお金はとても高くつくことになります。宇宙船の重さと火星に行くのにかかる費用を比較したものを基に計算すると、100グラムまでの重さの物を火星まで運ぶのに、およそ1万8000ドル(約220万円)かかるのだそうです」と回答している。

ロイヤルメールはさらに、手紙の送料は、国内速達用の切手1万8416枚分に相当すると付け加えている。

オリバーくんは、回答したロイヤルメールにお礼の手紙を送ったという。

引用元: 「火星へ手紙を送る費用は?」5歳児質問、英郵便事業が回答 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News.

クリスマスイブに鳴ったのは 宇宙からの間違い電話 NHKニュース

国際宇宙ステーションに滞在中のイギリス人の宇宙飛行士が、クリスマスイブに地球上の知人に電話をかけようとして間違い電話をしてしまった失敗談が、インターネット上で話題となっています。

宇宙から間違い電話をかけたのは日本人の宇宙飛行士、油井亀美也さんのあと、今月から国際宇宙ステーションに滞在しているイギリス人の宇宙飛行士ティモシー・ピークさん(43)です。

ピークさんは24日のクリスマスイブに、地球上にいる知人と話そうと国際宇宙ステーションから電話をかけ、電話に出た相手に「こんにちは。そちらは地球ですか」と話しかけました。

ところが、実際は誤って違う電話番号をダイヤルしていたということで、ピークさんは自身のツイッターで「電話をかけてしまった女性におわびしたいです。いたずら電話ではなく、ただの間違い電話でした」と失敗談を明かしました。

これに対し、気に入った投稿を利用者が引用するリツイートが日本時間の26日朝までに2万回以上行われ、読んだ人から「自分にも間違い電話をかけてきてほしい」とか「宇宙からの電話料金は天文学的に高いのかな」といったコメントが寄せられ、ネット上で話題を集めています。

ピークさんからの間違い電話を受けた女性は、今のところ名乗り出ていません。

引用元: クリスマスイブに鳴ったのは 宇宙からの間違い電話 NHKニュース.

遠い – はてな匿名ダイアリー

もうすぐ40になる独身・一人暮らしの自分

 

仕事はあまりできない

決められた時間に行ってできない部分は言葉で誤魔化したりしつつ、終わりの時間が来るまで何とか乗り切る、その繰り返し

新しいことは学ばず、古いことはだんだん忘れてゆく

 

生活はだらしない

掃除機かけるのもバスタオルの洗濯も、月1回もやらない、猫のトイレだけは2日以内に何とか掃除する

食事は半分くらい安い外食、栄養バランスもあまり考えてない

税金払うのを忘れていてよく督促状が来るが、滞納金は発生する前に払えている

 

こんな駄目人間だけど、それでも自分の人生の中では、今は一番ちゃんとまともに生きられている時だ

何もできない子供の時代から、カタツムリよりもゆっくりだけど、前進はしていると思う

まがりなりにも自力で稼ぎ(そうできるようになれたのは、嫌がる自分に金と発破かけて受験とかさせてくれた親の力だが)

まがりなりにも自分で身の周りの事を処理して(一般的には処理できているレベルに達していないにしても)

破たんしないで毎日を継続できている

 

周囲の話を聞くと、仕事も生活もそのレベルの高さにポカーンとする

そんなにもエネルギッシュに、高い目標をいくつも達成しながら、どうやって毎日を送れているのか

結婚している人に対しては特にそう思う

一人で適当に折り合いをつけながらだから、今ようやく自分は破たんせずに回っているのに

他人と日々折り合える点を探しつつ、自分以外の人間の人生に責任を持てるレベルの仕事や家事をするなんて

あまつさえ複数の人間関係を、何十年にわたって死ぬまで壊さず保ち続けられるなんて

自分には、宇宙飛行士になるとか石油王になるくらいに、想像がつかない遠い話だ

 

でも多くの人間ができているのだから、人という生き物のポテンシャルとしては、それは可能なことなのだろう

自分にだって、生まれた時点ではそれができる可能性があったに違いない

いや、もしかしたら今だってあるのかもしれない

ただ、今までにそれが出来たことはないし、今後も実際に出来る有様をおよそ想像できないというだけで

 

今から宇宙飛行士になろうと本気で思わないように、今後そういう生活を目指そうとは正直思わない

低レベルながらも自力で何とか回している今の生活は、気に入っている(それが単なる錯覚だったとしても)

40年近くかけてどうにか作り上げた、このちっぽけで粗末な自分の世界を、壊したくはない

 

猫はいい

彼らの幸せに対して負うべき自分の責任は、人間に対するそれよりもずっと軽くていいことに、世の中ではなっている

同じキャットフードを毎日やって、トイレの砂を取り換えて、時々爪を切る

餌を食わなくなったら獣医に連れて行って点滴をしてもらう、そのくらいで済む

人間の子供にこれだけしかしなかったら、とんでもない虐待だろう

真っ当な人間の世界は自分にはあまりに遠すぎる

遠い – はてな匿名ダイアリー.

宇宙でエスプレッソ。無重力空間で「本格的な味わい」が可能に « WIRED.jp

社会から隔絶された状態で地球上空を秒速7kmで飛び続ける宇宙飛行士たちに癒しの時間を提供するべく、国際宇宙ステーション(ISS)にエスプレッソマシンが設置されることになった。

「ISSpresso」(冗談ではなく本当の名前だ)は、イタリアの大手コーヒー・ブランドであるラヴァッツァが、イタリアの機械・ソフトウェア企業のArgotecおよびイタリア宇宙機関と協力して製造したものだ。

追加の安全機構を含めると20kgの重さがあるこのマシンは、イタリアで初めての女性宇宙飛行士として宇宙に向けて出発するサマンサ・クリストフォレッティ空軍大尉に「同行」して、今年11月にISSに送り込まれる。

ごくわずかな重力の中で完璧なコーヒーの芸術を実現するためには、数多くの工夫が必要だった。

幸運なことに、ISSは海面上での気圧と同じ1気圧に加圧されているため、水の沸騰温度には影響がない。しかし、最新の注意を必要とする環境の中で、液体に圧力をかけて、粉にしたコーヒー豆のカプセルの中を通すという作業を安全に行えるよう、いくつかの予防策が取られている。

例えば、近所のスターバックスならプラスティックのパイプが使われている蒸気パイプは、400バールの圧力に耐えられるスチールのパイプに置き換えられている(これは、イタリア国立エスプレッソ研究所が認定するイタリア式エスプレッソ『Certified Italian Espresso』を淹れるために定められた9バールよりも、はるかに高い)。

引用元: 宇宙でエスプレッソ。無重力空間で「本格的な味わい」が可能に « WIRED.jp.

宇宙の放射線障害、最新研究:人は宇宙で長期間活動できるのか « WIRED.jp

宇宙飛行士が銀河宇宙線で被ばくする量を減らすためにとりうる方法のひとつは、11年周期の太陽活動のピーク期にのみ宇宙飛行を行なうというものだ。太陽極大期には、太陽の放射線が太陽系内に流入する宇宙線の多くをブロックするため、宇宙飛行士が浴びる宇宙線の量も減少するだろう。しかしもちろん、この時期に宇宙へ行くことは、太陽が出す太陽フレアによって、宇宙船内の飛行士が致命的なダメージを受ける危険もはらんでいる。

引用元: 宇宙の放射線障害、最新研究:人は宇宙で長期間活動できるのか « WIRED.jp.

宇宙の放射線障害、最新研究:人は宇宙で長期間活動できるのか « WIRED.jp

4月23日付けで「PLoS One」に発表されたこの研究では、この宇宙線を多量に浴びたことで発症する癌は危険性が高いと述べられている。

「宇宙線イオンによって発生する腫瘍は、その他の放射線で発生する腫瘍に比べて悪性度が高い」と、今回の研究論文の著者で、ネヴァダ大学ラスヴェガス校の放射線研究者フランシス・クチノッタは話す。

宇宙飛行士が浴びる銀河宇宙線は、原子核を主成分としており、驚異的な速度とエネルギーで宇宙空間を飛び交う放射線だ。この銀河宇宙線がDNAなどの重要な細胞構造に当たると、遺伝子突然変異を引き起こす可能性がある。

銀河宇宙線は非常に高速なため、遮蔽したところでさほど防ぐことができない。宇宙空間で3日間過ごすと、約60兆個とされる人体の細胞のすべてが、高エネルギー陽子線(陽子線とは、水素の原子核である陽子=プロトンが数多く加速されて束になって流れている状態/最も一般的な銀河宇宙線)を浴びると推定されている。

また、1年間過ごすと、人体のすべての細胞が、重くダメージの大きい鉄の原子核に最低一度はぶつかる可能性が高い。他の種類の放射線が比較的弱く拡散しているBB弾だとすると、銀河宇宙線は大きく重く、強烈な威力をもった砲弾の流れなのだ。

引用元: 宇宙の放射線障害、最新研究:人は宇宙で長期間活動できるのか « WIRED.jp.

投票で決まった次世代宇宙服、デザインは「トロン」風 « WIRED.jp

人々は、明らかに「クールな宇宙服」を求めている。「テクノロジー」と名付けられたこの未来的なデザインは、投票の60%以上を獲得した。

Z-2は、NASAによるZシリーズの最新の宇宙服だ。Zシリーズは、1950年代にマーキュリー計画の宇宙飛行士たちが着ていたような、単なる与圧服とは大きく異なる。現在の宇宙服は、服と言うよりは、「人の形をした宇宙船」なのだ。

宇宙旅行が始まって以来、宇宙服を着た宇宙飛行士たちは、加圧した固い風船に等しいもののなかで作業するという大きな物理的負担に対応する必要があった。Zシリーズをはじめとする次世代の宇宙服は、宇宙飛行士が圧力レヴェルを変えられるようにしたり、着やすくするために関節部の巧妙な設計や新素材を活用することを目指している。

引用元: 投票で決まった次世代宇宙服、デザインは「トロン」風 « WIRED.jp.

宇宙の放射線障害、最新研究:人は宇宙で長期間活動できるのか « WIRED.jp

国際宇宙ステーション(ISS)に滞在する宇宙飛行士は、女性なら18カ月、男性なら2年で、一生分の限界値を超える量の宇宙線を浴びるという。火星を目指すミッションの宇宙飛行士たちは、少なくともこのくらいの期間は深宇宙の強い放射線にさらされることになる。

米国では、人口全体の約41%が、生涯に一度はなんらかの癌と診断される。NASAのガイドラインは、宇宙飛行士が癌で死亡するリスクの増大を3%以内に収めるよう定めている。

米国では、1人当たり年間約3mSv(ミリシーヴェルト)の自然放射線を浴びている。これに対し、宇宙飛行士が2年半の火星往復ミッションで浴びる宇宙線の量は、1mSvの1,000倍に当たる1Sv(シーヴェルト)前後に達する可能性がある。

火星に赴く宇宙飛行士と同じ1Svの放射線を100人が浴びた場合、癌の発症者数は合計61人に上ると予想され、前述した米国人の生涯癌リスク(41%)を20ポイント上回ると、米国科学アカデミー(PDFファイル)、および原子放射線の影響に関する国連科学委員会(UNSCEAR)は報告している。発症した癌の約半数は死に至ると推定されている。

クチノッタ氏は、火星ミッションで宇宙線を浴びた宇宙飛行士の寿命は、平均より15~24年短くなると予想している。

引用元: 宇宙の放射線障害、最新研究:人は宇宙で長期間活動できるのか « WIRED.jp.

ヘルメット内に液体、宇宙飛行士が恐怖の体験振り返る 写真2枚 国際ニュース : AFPBB News

パルミターノ飛行士は国際宇宙ステーション(International Space Station、ISS)からESAのブログに、7月16日に行った自身2度目の船外活動開始後間もなく発生した、ヘルメット内の水漏れについて投稿した。

首の後ろに水滴を感じたことについて、「汗にしては冷たすぎると思った。何より、間違いなく量が増えていると感じた」と回想。

船外活動を切り上げ、ISSのクエスト(エアロック)に戻ろうとする間、ヘルメット内の液体の量は急激に増加。目の前が暗くなり、窒息しそうになったという。

「次に呼吸をしたら、肺に空気が入るのか、液体が入るのか分からなかった。エアロックまでどう行けばいいのかもわからなかった」

宇宙服の安全バルブを開放して液体を排出しようかとも考えたが、「宇宙服に穴を開けるのは最後の切り札だ」と思い直したという。

「一刻も早く戻らなければならなかった。同じ場所で待っていればクリス(同僚の宇宙飛行士)が連れ戻してくれると分かっていたが、どれだけ時間が残っているか分からなかった」

さらに、交信も徐々にできなくなっていった。ヘッドフォンを液体が覆い、ヒューストンからの指示を聞くのが困難になったのだ。

ISSに戻ると、カレン・ナイバーグ(Karen Nyberg)飛行士がヘルメットを脱がせてくれたため、おぼれることも、意識を失うこともせずにすんだという。耳と鼻には水が充満していたため、ISSに滞在する飛行士たちの言葉は聞こえなかったという。

米航空宇宙局(NASA)はこの事故について2件の調査を開始。調査チームはヘルメット内の飲料水バッグではなく、宇宙服の冷却装置の不具合に焦点を絞っているという。

調査の結果が出るまで、NASAの船外活動は中断している。

引用元: ヘルメット内に液体、宇宙飛行士が恐怖の体験振り返る 写真2枚 国際ニュース : AFPBB News.