タグ別アーカイブ: 大きな政府

「燃えるゴミ」が燃やせない町・夕張に、暗い日本の未来をみた | おときた駿

「ここでは、視界に入るもののほとんどが市の持ち物です」

という衝撃の一言から始まった夕張視察。

約5000世帯のうち、なんと3700世帯が公営住宅。

公衆浴場、スキー場、ホテルに観光施設など、箱モノはほぼすべて行政所有です。

「炭鉱の街」

として誕生した人工都市夕張は、

かつて住宅・光熱費・娯楽施設などをすべて炭鉱会社が面倒をみていたという

歴史的経緯から、稀にみる「大きな政府」による地方都市となりました。

そこに輪をかけて、「炭鉱から観光へ」の箱モノ投資は見事に失敗し、

市税収入は8億しかないのに、322億円もの負債を抱えて財政再建団体に転落。

地方交付税などを活用しながら、平成37年まであと10年以上、借金を返済していくことになります。

引用元: 「燃えるゴミ」が燃やせない町・夕張に、暗い日本の未来をみた | おときた駿.