タグ別アーカイブ: 外資

同じ仕事を3年以上続けてはいけない | 足立 光

最近、知り合いが「6年間も同じ会社にいたこと」に対して、香港のヘッドハンターからネガティブな印象を持たれた、という話題をSNSに載せていました。そのヘッドハンターが言うには、長く同じ会社にいる方は、「1つの会社でしか価値を発揮できない保守的な人」だと思われる、とのこと。

この意見は確かに少し極端な気もしますが、グローバルな人材市場という視点からは、理解できる部分もあります。もしグローバルな人材市場で自分の価値を上げていきたいのであれば、同じ仕事を、ポジション(役職)も変わらずに、3年以上続けているのはお勧めできません。その理由は2つ。

1)グローバルの人材市場では一般的に、3年以上、同じ仕事で同じ役職についている方は、自分の成長に貪欲でないか、またはその仕事・ポジションで良い評価を受けていない(だから昇進しない)、と考えられるのが普通です。「3年で昇進は短くない?」と思うかもしれませんが、日本でも海外でも、特に外資系では、平社員で入社して40代前半でCEOや社長になる方が少なくありません。40台前半でCEO・社長、から逆算すると、3年に1回は昇進(または仕事の幅が広がっている)ようなスピードでないと、「とても優秀」なキャリアとして認められないのは御理解頂けると思います。

2)当たり前のことですが、同じ仕事・ポジションを長くやればやるほど、うまく仕事をこなせるようになります。それは、仕事から得ることができる、新しい知見や経験が減っていることに他なりません。ミスミのCEOだった三枝さんもおっしゃっていましたが、「経験とは、修羅場の数」です。やり方がわかっている仕事をいかに長く続けても、それは「経験」ではなく、「惰性」です。「仕事が順調だな」と感じたら、今すぐ上司に「仕事を増やしてくれ」「もっと難しい仕事をくれ」と直訴すべきです。

引用元: 同じ仕事を3年以上続けてはいけない | 足立 光.

【日本でも外資に見放される日本人】 : TJ DAYS (教育で世界を変える起業家ブログ)

昨日外資投資銀行で採用をしているアルファ道場生と話をしていたら、投資銀行部門でも新卒採用の多くは外国人留学生になってきていると言っていた。

この傾向は前からだが、いよいよ顕著になってきた。やっぱりこの日本ののんびりした雰囲気は日本を負け組へ誘導していると思うんだよね。シリコンバレーで共感したことの一つはみなが真剣に、必死になって頑張っていること。それが当たり前。なんか日本は頑張っていることに対してネガティブな雰囲気が出てきてない?なんでそんなに頑張ってんの??みたいなさ。

真剣に必死にやる人が勝って富を得るわけで、それをやらない個人や組織が世界で勝ち続けられるわけがない。それで日本企業の競争力が落ちて、雇用が支えきれなくなって、税金が減って、国が滅びていく。国はご丁寧にワーク・ライフ・バランスとか朝に働きましょうとかご指導してくれてるけど、そんなのいらねーつうの。

真剣に必死にやりたいやつはどんどんやらせて世界に出すべきだし、そいつらに投資しまくったほうが孫正義とか三木谷さんのように大量雇用してくれる会社創ってくれるだろ。こんな生ぬるい社会の雰囲気を作ってると、元気のいい日本人は海外に出て行くし、外国人留学生は更に日本で圧勝だ。

真剣に、必死にやるのがカッコイイ。

そんな当たり前の雰囲気にしたいな。

引用元: 【日本でも外資に見放される日本人】 : TJ DAYS (教育で世界を変える起業家ブログ).

メールに返信をしないアメリカ人のメンタリティ – Casual Thoughts

「メールでアメリカ人に問い合わせをしているが返信がこない」、というのは外資系企業に勤めていればよくある話。その内容が難しければ難しい程、返信率は悪くなる。もちろん、日本人でもレスの遅い人、しない人はいるが、度合いの問題。アメリカ人の場合はかなり気合をいれて、しつこくプッシュしないと返事がもらえないことが多い。

一番良いのは電話をすることで、電話をしてみると「おぉ、あの件ね、見た見た」みたいな感じで話が進むことが多い。メールで聞いていることを一々電話しないといけないのはかったるいし、時差や言語の問題があって容易ではないし、そもそも「お前、見てるんなら返信くれよ」という思いもある。

でも、そういうことで頭を痛めている人は、理解しておいたほうが良い彼らのメンタリティがある。それは「何度もプッシュされないということはきっと大事なことではないんだ」という考え方だ。メールを出して返信がしばらくこないものが、プッシュなしで返ってくることは殆どない。そういう場合は「返信しなくても何も言われないということは、解決したか、大して重要なことではないんだ」と彼らはまず考える。また、アメリカ人は自分が問い合わせていることについては、必ず席に立ち寄ったり、電話で念押しをする。そういう直接的な督促に日々触れている彼らは、日本から送られてきた、オリエンタリズムがほのかに漂う英語でかかれた、少し理解の難しいメールは、どうしても放っておきがちになる。

また「何度もプッシュ」というのも大事な要素で、相手に遠慮して一度のプッシュで「答えてくれない、、、」と諦めてはいけない。時差の関係で電話が難しい場合は、毎日「親切に督促してあげる」ことが大事だ。メールへのレスが遅い人でも4日連続プッシュして返信がなかったということはまずない。お困りの皆さん、しつこくいきましょう。

引用元: メールに返信をしないアメリカ人のメンタリティ – Casual Thoughts.

戦略とはなんなのか – β2

英語の戦略系の読み物では、よく「フォーカス」と出てくる。絞り込みのことだ。経験から言っても、外資系はよくフォーカスを意識する。なぜこんなに彼らは絞り込みを重視するのだろう。ひとつの仮説は、海外では人種や生活レベルがバラバラで、考えていることもバラバラ、いちどに全員を相手に支持されることは難しいと考えていることだ。そういう意味では、日本は逆の傾向がある。日本の場合、根性とか工夫とかによって資源は無限になると考えていそうなところも、違いといえば違いではある。

最近、もう一つのことに気づいた。彼らは時間軸で考えているということだ。最初はどこかに絞り込むかもしれないが、そのあと勢いがついて領域が広がっていくことをイメージしている。だから彼らは絞り込むポイントを入念に探す。最初にうまくいきやすいかどうかだけでなく、その後どれだけうまいことが成立するかを見ている。ドミノを倒すときに、どこから倒せば最終的にたくさんのドミノが倒れるのかを見ている。

このことを彼らは「戦略」と呼んでいるのだろう。現時点でマルバツをつけてマルが集まるところを選ぶのが戦略ではなく、時間をかけてドミノがたくさん倒れる見込みと、最初のドミノのありかについての考えを戦略と呼ぶ。最初のドミノは、できるだけ小さい力で倒せるところ、自分だけが倒せるところがよい。

引用元: 戦略とはなんなのか – β2.

外資系OLのぐだぐだ 「外資系」でくくる危うさ:アメリカの会社に行ったら、イギリスの英語も文化も通じなかった

たとえば、イギリスでは 少数の「0.8」を

nought point eight と読みます。

カタカナにすると ノー・ポイント・エイト。

ゼロ=ノー、なんです。これが全く通じない。

zero point eight でないと通じず、直後に上司に呼ばれて

「その変な英語を”グローバル”に合わせろ」と言われました。

激務だろうが宴会芸だろうがのらりくらりと過ごした自分ですが

これはかなり大きなショックでした。

引用元: 外資系OLのぐだぐだ 「外資系」でくくる危うさ:アメリカの会社に行ったら、イギリスの英語も文化も通じなかった.

外資系OLのぐだぐだ 「外資系」でくくる危うさ:アメリカの会社に行ったら、イギリスの英語も文化も通じなかった

最後に、同じ内容でイギリスとアメリカでどう変わるか

適当な例文を作ってみましたので、ご覧ください。

日本語での論旨:

我々がターゲットにしている女性たちは、家事労働の際にしかCMを見ないのでCMに集中していない。CMへの費用対効果が低く見込まれるため、新しいCMの放映を3ヶ月留保し、業績への影響を見てから最終判断を下すことを提案したい。

イギリスの英語:

The research result was not hundred per cent positive, showing that most female targets tended to watch TV only when they were on housework. This means, there is no time for them to pay high attention to the TV with low return on investment. The proposal is to pend new TV advertisement for 3 months and see the business impact before the final judgement to cancel on airing.

アメリカ英語:

This proposes to pend new TV advertisement on air. There is one reason from the last survey. The survey showed our female targets only watched TV when they were on housework, with no time to pay attention to the TV. As low return on investment suggested, final advertisement GO/NO GO to be decided after seeing biz impact via 3 months pending.

引用元: 外資系OLのぐだぐだ 「外資系」でくくる危うさ:アメリカの会社に行ったら、イギリスの英語も文化も通じなかった.

外資系OLのぐだぐだ 「外資系」でくくる危うさ:アメリカの会社に行ったら、イギリスの英語も文化も通じなかった

アメリカ英語を話す人間からすれば、英語はコミュニケーションツール。

多国籍の人間と常に話し合うためには、伝わることが一番大事です。

できるだけ表現をシンプルに、結論から。

実は日本でよく自己啓発本に見る書類の作成方法で

「結論から書け」「シンプルに論点をまとめて」というのは

極めてアメリカ的な小論文指導です。

イギリスでは逆に、遠まわしで、マニアックな単語を使って

1文をなるべく長く書いたほうが教養があると思われる。

なので、イギリス人にとってアメリカ人のシンプルな文章は

「こんちゃーす!俺、バカでーす!!!」という文章に見えてしまう。

先ほどの 0.8 = nought point eightの話はそこにもつながっています。

このnoughtという単語、小数点の表記くらいにしか使わない

極めてマニアックな英単語です。

この極めてマニアックな英単語をさらりと使って

プレゼンするという美しさがイギリスでは重宝されます。

アメリカでは逆です。

「なんで通じる言語を使わないの」となります。

だからこそ「通じるようにシンプルな言葉を」「結論から」というのは

衝撃的で、受け入れるのが難しい文化でした。

毎回、レポートをまずイギリスで教わったとおりに書いて

そのあとアメリカ流に修正して提出する日々。

その後、ヨーロッパ系の企業へ転職して、非常に楽なのは

”総論を読んで判断しよう”とか”英語は美しさも問われる”という部分で

何も考えなくてよくなったことでした。

長い文章で、きちんと全容を伝えること。

シンプルに、結論を出してスピーディな判断を促すこと。

どちらも欠点と長所があります。

でも、私は美しい英語を話すのが、とても好きです。

引用元: 外資系OLのぐだぐだ 「外資系」でくくる危うさ:アメリカの会社に行ったら、イギリスの英語も文化も通じなかった.

Jに外資マネー!チェルシー級ビッグクラブ誕生も : サッカー : スポーツ報知

Jリーグが来季以降に実質的な外国資本企業のクラブ運営を認める方針であることが15日、分かった。現在の規約では外資系企業によるクラブの過半数の株式保有を認めていないが、日本法人を設立して運営に当たれば規約違反にはならないと解釈。外資参入で爆発的に予算が増え、強豪の仲間入りを果たしたイングランド・プレミアリーグのチェルシーのようなビッグクラブを作り、Jリーグ全体のマーケットを拡大する狙いがある。

世界と戦うために、Jリーグが大改革へ打って出る。観客動員やスポンサー収入が頭打ちな現状を打破すべく、数年前から外資参入の是非を検討。今年にはJリーグ幹部が、インドネシア人の大富豪でイタリア1部(セリエA)のインテルでオーナーを務めるエリック・トヒル氏と会談を行うなど、規制緩和に向けた動きを続けてきた。

1月に就任した村井満チェアマン(55)は、リクルート社の香港法人で社長を務めるなどアジアでの経営経験が豊富。アジアを中心としたマーケット拡大に強い関心を持っていた。外資の直接参入でなく日本法人に経営を行わせることで、不慮の撤退を防止する。Jリーグ関係者は「日本法人ならば、仮に裁判になった場合にも迅速に対応できる」と明かした。

引用元: Jに外資マネー!チェルシー級ビッグクラブ誕生も : サッカー : スポーツ報知.

外資系OLのぐだぐだ 日本の格差社会は「差が見える」から問題になる:サイゼリヤで食べることで”気遣う”富裕層

しかし、日本では格差が問題視される。

なぜならば「貧しい家と、富裕層の家が頻繁に接触する」からだ。

たとえばイギリスでは貧しい家の子と、富裕層の子が一緒に授業を受けることはない。イギリスは階級社会なので、富裕層の子弟は全寮制の私立に小学校から通い、そのまま大学進学を目指す。

いっぽう、労働者階級の子弟は公立高校で義務教育を終えるとすぐに労働者になる。階級によって利用するスーパーマーケットすら異なるので、接点はほとんどない。仮に労働者階級からベッカムのようにサッカー選手が輩出されても、彼の階級が上昇するわけではない。英語のアクセントすら異なる階級社会では、幼少期の教育からやりなおさない限り階級を変更できない。

別にイギリスの階級社会が優れているというつもりはないが、少なくとも私が知る範囲で固定した格差=階級があることを問題視する声は聞いたことがない。かく言う私も中産階級の学校に通ったので、労働者階級の声すら知らないのだが。

しかし、日本は違う。日本ではごく一部の子供を除き、初等教育を公立の学校で受ける。地域差によって貧富が多少分類されていても、必ずそこには貧乏な子、裕福な子が混ざる。私は”東京だったら普通、地方では金持ち”くらいのそこそこ家庭で育ったので、小学校で貧乏で家にシャワーが無い子を見るのは衝撃だった。彼らも彼らで、夏休みに今年はどの国へ行こう?なんてノンキな話をする私のことが許せなかっただろう。

引用元: 外資系OLのぐだぐだ 日本の格差社会は「差が見える」から問題になる:サイゼリヤで食べることで”気遣う”富裕層.

外資系OLのぐだぐだ 日本の格差社会は「差が見える」から問題になる:サイゼリヤで食べることで”気遣う”富裕層

日本ではごく一部の子供を除き、初等教育を公立の学校で受ける。地域差によって貧富が多少分類されていても、必ずそこには貧乏な子、裕福な子が混ざる。私は”東京だったら普通、地方では金持ち”くらいのそこそこ家庭で育ったので、小学校で貧乏で家にシャワーが無い子を見るのは衝撃だった。彼らも彼らで、夏休みに今年はどの国へ行こう?なんてノンキな話をする私のことが許せなかっただろう。

いったん交じり合った交友関係は続くこともある。facebookには小中学校の友人が複数いるが、同級生Aはフルート奏者になってミュンヘンに留学しており、同級生Bは18歳で結婚してトラック運転手の夫と一緒に3人の子供を育てている。音楽留学は年間600万以上かかるとも言われ、私の家庭ではほぼ不可能。このような歴然とした差が「同級生」というあたかも同じくくりで扱われることに違和感を禁じえない。

そして、そういった場合に遠慮するのは「富裕層」だ。ご飯を食べるとき外ならサイゼリヤかさくら水産で、それでも相手のペース以上にお酒を飲んではいけない、海外の話はしない、暮らしぶりが判るような話ではなく「男女間の友情ってあると思う?」みたいな、誰とでも話せる話題を選ぶ。それでもちらっと現状がもれることがある。そのとき、富裕層は「しまった」と思い、貧困層は「なぜ”同じ”なのにこんな差が」と思う。

格差が問題に見えるのは、目に見える場所に差があるからだ。派遣社員の前に正社員が座っていて「同じ」仕事をしている。「同級生」で貧富が明らかに違う。平等だといわれているのに実情が異なるとき、怒りが生まれるのは当然のことである。

そういう意味で、私は階層別に学校を分けたり職場を分けたほうがいっそお互いにやさしくなれるのではないかと、一番最初のサイゼリヤの件を聞いて思っている。無論、教育という格差移動のチャンスをむしろ今より手厚く用意しながら。

引用元: 外資系OLのぐだぐだ 日本の格差社会は「差が見える」から問題になる:サイゼリヤで食べることで”気遣う”富裕層.