タグ別アーカイブ: 圧縮

「その6億円、税金ゼロで息子さんに……」 節税ブーム:朝日新聞デジタル

「その6億円、税金ゼロで息子さんに譲る方法がありますよ」。関西の60代男性は3年前、税理士の一言に耳を疑った。親の代から続く食品メーカーを同業者に売り、手元に10億円の現金があった。そのうち6億円を40代の息子に譲ろうと考えた。だが、現金で譲れば3億円以上の贈与税がかかると銀行から聞かされ、贈与をあきらめていた。

税理士のプランは、贈与したい6億円を元手に株式会社をつくり、その会社が人気の超高層タワーマンション(タワマン)物件をいくつか買うというものだ。

男性は6億円で株式会社をつくり、銀行から4億円借りて計10億円を用意。そのお金で、東京の六本木や赤坂などのタワマン物件を5戸購入した。息子には、その物件を所有する会社の株式を贈与した。贈与税は「0円」。息子は時価10億円の不動産を持つ会社のオーナーになり、実質的に父の財産を受け継いだ。

父から息子へ、なぜ無税で財産を渡せたのか。担当した税理士は「不動産は、贈与税や相続税を計算する際の評価額が時価を大きく下回る。その仕組みを応用した」と明かす。

現金10億円を贈与すれば贈与財産としての評価額も10億円だが、時価10億円の不動産では評価額が大きく下がる。不動産は価格が変動しやすいことなどを踏まえた措置だ。建物だと評価額は時価の4~6割、土地だと時価の8割になる。

そこでタワマンの「うまみ」が生じる。マンションの底地を数百もの戸数で分け合うため、1戸ごとの土地の持ち分はごくわずかになり、土地の評価額が小さくなる。さらに人気の高層階ほど時価と評価額の差は大きくなる。加えて物件を賃貸に回すと、評価額をさらに下げることができる。

この父子のケースでは、時価10億円の物件を、贈与財産の評価額としては2億円まで圧縮できた。その2億円にも税金がかからないようにする仕掛けが、株式で資産を渡すやり方だ。

物件を持つ会社は銀行から4億円借りた。評価額(2億円)より借入金(4億円)の方が多いと、その会社の株式は、贈与財産としての評価額ではゼロになる。その株式が親から子に贈与されても、贈与税はかからないというわけだ。

 息子はそのまま不動産オーナーでいてもいいし、時価の10億円で売れれば、銀行にお金を返しても6億円近い現金を手にできる。物件価格が下がるリスクはあるものの、父親は「まるで錬金術。親も子も救われました」と振り返る。

引用元: 「その6億円、税金ゼロで息子さんに……」 節税ブーム:朝日新聞デジタル.

シャープ:45〜59歳対象に3500人希望退職募集 – 毎日新聞

経営再建中のシャープは7月27日から8月4日まで本社と国内の主要グループ企業に在籍する45〜59歳の社員を対象に約3500人の希望退職を募集する。退職日は9月30日。2012年12月に実施した前回(募集数2000人)は40歳からが対象だったが、今回は「若手社員の退職が相次げば再建に支障が出る」として、対象年齢を引き上げた。割増退職金は最も多い50歳で26カ月分前後などと、全年齢で前回より減らす。

賃金カットについては、今年8月から来年3月まで基本給を一般社員で2%、管理職で5%それぞれ減らす。冬の賞与は一般社員で前年実績の半分の1カ月分とするほか、管理職は業績次第で1カ月分からさらに圧縮することも検討する。残業や休日出勤時の割増額を法定基準の25〜35%まで引き下げ、単身赴任手当や家族手当、育児支援金も2%削減する。

労働組合との合意を経て正式に決める。希望退職に伴う割増退職金などの費用は約350億円を見込み、16年3月期に特別損失として計上する。一方で、人員削減で150億円(今年10月〜来年3月分)▽賞与半減で70億円▽賃金・手当カットで30億円−−の経費削減効果を見込む。

3年間で2度目の大規模な希望退職の募集を行うシャープは収益改善に人件費の大幅な削減が不可欠な一方、再建に必要な人材は確保しなければならない二律背反の状況に直面している。経営不振が続く中、ここ数年は40歳以下の若手・中堅社員が相次ぎ他社へ流出。「これ以上の若手が流出すれば、現場力が落ちる」(幹部)として、今回は希望退職募集の対象を「45歳以上」とした。

ただ、再建に必要な人材は若手に限らない。柱の液晶や家電事業で中核の人材が抜けたり、応募者が想定以上に膨らんだりすれば、再建に打撃を与えるリスクがある。

引用元: シャープ:45〜59歳対象に3500人希望退職募集 – 毎日新聞.

米国のテレビ局が密かに映画やドラマを加速圧縮再生、CM時間を水増し (動画) – Engadget Japanese

米国で多数のケーブルTV局が、CMの時間を増やすためドラマや映画を「加速再生」していることが話題となっています。

映画のテレビ放送などでは、枠に押し込みつつコマーシャルも挿入するため場面やクレジットをカットすることが古くから慣行となっていますが、今回あらためて話題となったのは、再生速度そのものを数%ほど加速して「圧縮再生」する手法。

上は『サインフェルド』の再放送と過去の放送を並べて比較した動画。上が近年の再放送(ライブ放送)、下が10年前の録画。

最初は微妙なズレですが、すぐにオリジナルがシーン単位で引き離されてゆきます。三分ほどの再生時間で差は約15秒。元は30分枠で放送時間23分のため、1話につき2分ほどコマーシャルが増えている計算です。

リンク先の Wall Street Journal によると、コマーシャル時間を増やすために圧縮再生していることが分かった米国のケーブルネットワークはタイム・ワーナー傘下の TBS、Viacom傘下の TV Land など。

加速されていた番組にはサインフェルドやフレンズなどのテレビドラマだけでなく、古典映画の『オズの魔法使い』他も含まれています。

こうしたことがおこなわれる背景には、米国のケーブルテレビ局の加入者はNetflixなどネットのオンデマンドストリーミングサービスに押されて年々低下おり、減ってゆく収益を埋め合わせるためコマーシャルを増やす傾向があることが挙げられています。

引用元: 米国のテレビ局が密かに映画やドラマを加速圧縮再生、CM時間を水増し (動画) – Engadget Japanese.

生殖器を使い捨て、再生させて交尾 ウミウシ驚きの生態 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

交尾の後に雄性生殖器を自ら切り落とし、新たに成長させるというウミウシの奇妙な性生活についての報告が、13日の英国王立協会(British Royal Society)の専門誌バイオロジー・レターズ(Biology Letters)に掲載された。

 発表した日本の研究チームは、「このような『使い捨て生殖器』を使って繰り返し交尾する生物は他に知られていない」と指摘し、この行動を「極めて奇妙」と表現した。

 学名「クロモドーリス・レティクラータ(Chromodoris reticulata)」のこのウミウシは、東南アジアの暖かい海に生息している。人間の親指ほどのサイズで雌雄同体、交尾の際には雄と雌の両方の役割を担い、相手に精子を与える一方で、相手からも精子を受け取り、のちの受精のために蓄えておく。

 研究チームによると、このウミウシは24時間で、外側に突出した使用済み生殖器を切断し、巻かれた状態で体内に圧縮された幼い生殖器を外側に出すことができる。また、この行為を少なくとも3回は行うことができるという。

 また、生殖器には細かい逆トゲがあることもわかった。交尾の相手の体内に蓄えられている他個体の精子をかき出すのに使われているとみられる。

 尾を切り離すヤモリのように、さまざまな生物が、自らの体の一部を切り離すことが知られている。だが生殖器を切り離す動物は極めて少ないと研究チームは指摘している。

引用元: 生殖器を使い捨て、再生させて交尾 ウミウシ驚きの生態 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News.

「エア・マックス」という名のペーパーカンパニー page 2 | GQ JAPAN

具体的な節税手法だが、米国内での事業活動で生み出した知的財産(IP)をこれらのペーパーカンパニーに移した上で、各国の現地法人がバミューダ法人に知的財産の使用料を支払う形にして、それぞれの地域での課税利益額を圧縮する、というもの。Quartzの記事によると、ナイキが保有する現金(短期流動性資金)38億ドルのうち25億ドルが米国外にあるとされる。また、CTJには、この種の利益が過去1年で12億ドル増加して合計67億ドルになったこと、ししてこの利益を米国内に持ち込むと約22億ドルの法人税が課される、と書いてある。米国外で塩漬けにされる利益が膨大な額になっていることは、以前に「税金を払わないグローバル企業」で示した通り。GEは1100億ドル、Microsoftは764億ドル、Appleは544億ドルの利益を海外にため込んでいる。裏返して言えば、課税されるので米国に持ち込めない、という状況である。

引用元: 「エア・マックス」という名のペーパーカンパニー page 2 | GQ JAPAN.

「船のエアバッグ」が海難事故のリスクを減らす « WIRED.jp

EUが資金を援助している研究グループ「SuSY」(Surfacing System for Ship Recovery)は、緊急時に船の沈没を防ぐことができるかもしれない「船のエアバッグ」を開発している。

SuSYは、潜水を制御できなくなった潜水艦の浮力増大にすでに使われている技術を用いて、15秒以内に作動できる膨張式の安定化装置を開発することを目指した。緊急時に人々の避難や危険物を含む貨物の救出のために時間稼ぎができるほか、転覆した船の安定化や、沈んだ船の引き上げにも役立つよう設計されている。

SuSYのエアバッグ・システムで使うケブラー強化バルーンは、船のバラストタンク内か、ダブルハル(二重船殻)(タンカーで、事故のときに油漏れを防ぐために備えられている)の間に設置することができる。

ケブラー強化バルーンには、硝酸カリウム(火薬の成分)、エポキシ樹脂、および酸化第二鉄(いわゆるサビ)の入ったカートリッジが取り付けられる。作動時には、硝酸カリウムがエポキシ樹脂を酸化(爆発)させ、それによってバルーンが急速に膨らむ(サビはこの爆発過程を促進する)。そして、燃えやすい貨物などに危険がおよばないよう、圧縮空気が入った第2のカートリッジ等を使って爆発を鎮める。

「バルーンは、点検ができるように二重船殻の天井の下に設置する」と説明されている。開発チームは概念実証を終えているが、システム全体の制御装置はまだ開発していない。

引用元: 「船のエアバッグ」が海難事故のリスクを減らす « WIRED.jp.

ショック! Twitterがサポートを始めたGIFアニメはGIFではなかった―しかしうまい考え – Techcrunch

GIFとMP4の差などささいなことのように思われるかもしれないが、実は大きな違いが出る。圧縮だ。

GIFは1987年に登場し、1989年にアニメーションをサポートし始めたたいへん古いフォーマットだ。良い点はどんなデバイス、プラットフォームでも表示できるところだ。悪い点は…なにしろ30年も前のテクノロジーだけにあちこちにやつれが見えている。わずか数秒のGIFでもサイズは何メガバイトもあり、色はおそろしく悪い。

一方、ビデオ圧縮テクノロジーはこの30年で長足の進歩を遂げた。GIFに比べるとMP4は動きが2倍も滑らかで色は3倍もきれいだ。そしてファイルのサイズは4分の1だ。

つまりTwitterとしてはMP4フォーマットを使うことでプロバイダに支払う帯域料金が大幅に節約できるし、ユーザーにとってはロード待ちの時間が短縮される。

引用元: ショック! Twitterがサポートを始めたGIFアニメはGIFではなかった―しかしうまい考え – Techcrunch.

ショックを吸収可能なホイール – 革新的発明と製品情報

2008年に骨盤を骨折したイスラエル人農業家が、車椅子の乗り心地を変えてくれるホイールを設計した。3本の圧縮シリンダーを持って、ホイール自体がショックを吸収することができて、乗っている人に衝撃を伝えない。サスペンションを内蔵し、自転車や自動車、列車などにも広く応用できそう。

引用元: ショックを吸収可能なホイール – 革新的発明と製品情報.

車椅子の乗り心地を変えた「ショックを吸収するホイール」 « WIRED.jp

イスラエルの農業家ジラッド・ウォルフは、2008年に骨盤を骨折したが、農作物を枯れさせないため、車椅子で働くことにした。このとき、畑のデコボコを横切るときの痛みに苦んだウォルフ氏は、その後、オフロードに適した新設計の車椅子の開発を始めた。

農機具を基にしたソリューションをいくつか試した後、コンセプトを、テル・アヴィヴにあるRad-BioMed社に持ち込んだウォルフ氏は、同社の協力を得て「SoftWheel」を開発し、特許出願した。

従来の車椅子にはサスペンションがない。このため乗り心地が悪く、乗っている人が疲れるほか、エネルギーの最大30%が失われ、推進力としては70~80%しか使われないという。

「サスペンションのない固定車椅子を常に使っていると背中を痛める」と、SoftWheel社のダニエル・バレルCEOは話す。SoftWheelは、「バランスのとれた選択式の技術」で、この問題に対処している。

SoftWheelでは3本の圧縮シリンダーが内蔵されており、ホイール自体がショックを吸収することで、乗っている人に衝撃を伝えない。目標は、車椅子の重量を支えつつ、ホイールのハブを「空中に浮かせる」ことだ。これによって、車輪が衝撃に対応して、階段や縁石を、まるで普通の傾斜を下るようになめらかに移動できるようになる。

引用元: 車椅子の乗り心地を変えた「ショックを吸収するホイール」 « WIRED.jp.

空気でゲームを体感できる装置 « WIRED.jp

ピッツバーグにあるディズニー研究所が、渦巻きを発生させ、マイクロソフトの「Xbox 360 Kinect」や任天堂の「Wii」でジェスチャーの効果を体感できるフィードバック装置「Aireal」を開発した。7月21日~25日(米国時間)にカリフォルニア州で開催されるコンピューターグラフィックスとインタラクティヴ技術に関する国際カンファレンスで発表される。このフィードバック装置は、圧縮空気の輪(目に見えない「煙」のリング)を発生させ、蝶々が腕にとまったようなものからテニスの試合中にボールを強打したようなものまで、実際に肌で感じることができる効果を生み出す。ディズニーは技術解説の動画で、「Airealは、ユーザーが空間のなかで自由に感じることができる物理的な力をつくり出すことで、ヴァーチャル3D要素のユーザー認識を高める」と語っている。Airealは「4D」の映画体験には遠く及ばない。4Dでは観衆の顔に空気が吹き付けられ、ジェットコースターに乗ったときや空中を飛んでいるときのような感覚をシミュレーションできる。だが4Dでの空気噴射は、ジェスチャーへのフィードバックとして正確な狙い付けには適していない。一方、Airealでは渦を利用することで比較的遠くまで安定して届くようになり、最高で1.5m離れていても高解像%A

引用元: 空気でゲームを体感できる装置 « WIRED.jp.