タグ別アーカイブ: 因果関係

キラキラネーム1位は「皇帝(しいざあ)」 難読な「読みがな」法律で禁止できるか? (弁護士ドットコム) – Yahoo!ニュース

「親の名付けの権利、命名権の根拠については、親権に含まれるという説や、子どもの権利を親が代行しているという説がありますが、定説はありません。

いずれにせよ、親の名付けは全くの私事であり、子どもに対する親の願いを込めて行うもので、親の内心や価値観、思想信条等が反映されます。ですから、国の介入はやむを得ない限度に限られるべきです」

そうであるなら、どんな名前でも許されるのだろうか。

「名前は個人を特定して、他者と識別する記号であり、人格権の中核をなすといえます。子どもにとって名前は重要な意味を持ちます。その名前をつけられることで子どもの福祉に反するような場合は、命名権の濫用として許されないでしょう。

命名権を制約する規定としては現在、名に使用できる『漢字』について規定する戸籍法50条があるのみです。読みがなについては、何ら規制がなされていません」

読みがなを法律で規制することはできないのか。

「法で名付けの権利を規制するためには、立法事実として、名前をつけられたことが子どもの福祉に反するということが立法事実として証明されることが法的介入の前提となります。

ただ、現在では、たとえば名前でいじめられるなど、子どもの福祉に反するという、明らかな因果関係が示されているとまでは言えないため、法規制までは難しいと考えます」

引用元: キラキラネーム1位は「皇帝(しいざあ)」 難読な「読みがな」法律で禁止できるか? (弁護士ドットコム) – Yahoo!ニュース.

「夫と一緒にいるのもイヤ」「性欲の塊に見える」…産後豹変する妻たち (産経新聞) – Yahoo!ニュース

夫婦が危機的状況となる期間は、人によって1年や2年など差がある。厚生労働省が平成23年、母子家庭の実態を調査した「全国母子世帯等調査結果報告」では、離婚時の末の子供の年齢は「0~2歳」が最も多く35・1%を占めた。その次が「3~5歳」の20・9%。子供が小さいときほど、離婚を選択する夫婦が多いことが分かり、因果関係を指摘する意見もある。

「妻の変化にショックを受けた夫が、寂しさから浮気に走ることもある」と話すのは、育児工学が専門の小谷博子・東京未来大准教授だ。「浮気が原因で離婚に至ると大変」

小谷さんによると、女性は出産を経て母性のスイッチが入り、目の前の赤ちゃんに集中する。24時間ずっと緊張状態が続く生活に疲れ、夫にまで気を配れなくなる。また、女性の母乳の出をよくするホルモン、プロラクチンは排卵を抑制し、授乳を続けている間は次の子供ができない仕組みとなっている。このホルモンが分泌されている間、性欲がなくなるのが一般的だ。小谷さんは「産後の女性が夫に嫌悪感を抱くのは、生物学的にみても当然のこと。赤ちゃんを守らなくてはという意識が強くなり、夫は『外から雑菌を持ち帰ってくる存在』になる」と断言する。

引用元: 「夫と一緒にいるのもイヤ」「性欲の塊に見える」…産後豹変する妻たち (産経新聞) – Yahoo!ニュース.

ほぼ完全な人間の脳、実験室で培養成功 米大学研究 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News

同大によると、アナンド教授は、脳や神経系の疾患に対する治療法を開発する過程で、培養された脳を用いることにより、薬剤が精神に及ぼす影響をより簡単で倫理的な実験で調べることができるようになることを期待しているという。同教授と共同研究者は、脳培養システムを製品化することを目的とした新興企業をオハイオ(Ohio)州に共同で設立している。

 アナンド教授は、自身の研究に関する同大の報告書の中で「この脳モデルの効力は、人間の健康に非常に明るい未来をもたらすものだ。なぜなら、治療法を試験・開発するための選択肢として、齧歯(げっし)動物を用いる以外の、より的確で関連性の高い選択肢が得られるからだ」と指摘している。

 また、これは神経科学研究全般にとっても恩恵となる可能性がある。この脳を利用することで、ゲノム研究においては、現在用いられているコンピューターモデルではない実践型のアプローチを実行できるからだ。このことについては、「数学的相関法や統計的手法はそれ自体、因果関係を特定するには不十分だ。実験システム、つまり人間の脳が必要なのだ」と説明している。

引用元: ほぼ完全な人間の脳、実験室で培養成功 米大学研究 写真1枚 国際ニュース:AFPBB News.

「ビッグデータ」がもたらす「因果関係」から「相関関係」へのシフト—理由なんてどうでもいいんです – ihayato.書店 | ihayato.書店

本書が興味深いのは、ぼくらがこの相関関係の「理由」を重要視しなくなる、と主張している点です。

ぼくらは「理由を知りたい」という強い欲求を持っています。「渋谷に住む20代は摂取カロリーが平均の25%高い」とデータが指し示したとすると、真っ先にぼくらは「なんで?」と思い、「ファーストフードをよく食べるからかな?睡眠が短いのかな?」と、理由を推定します。

ビッグデータの時代においては、この自然な欲求が抑制され、ぼくらが「データがそう指し示しているんだから、理由はひとまずどうでもいい」と思えるようになる、と本書は指摘しているのです。これは大きな価値観のシフトです。今後50年くらいのスパンで見れば、確かにそうなっていくのかもしれません。

特に顕著なのは、相関関係が単純になる結果、社会が因果関係を求めなくなる点だ。

著者が指摘しているように、現実的には、「世の中、因果関係で説明できないことは山ほどある」のです。ビッグデータの時代は、そういう「説明できないこと」がどんどん露わになっていく時代ともいえるのでしょう。

それは、データが人間の知性・認識の限界を凌駕し、詩的に言えば「新たな神」になる時代といってもいいかもしれません。

引用元: 「ビッグデータ」がもたらす「因果関係」から「相関関係」へのシフト—理由なんてどうでもいいんです – ihayato.書店 | ihayato.書店.

大企業で育つ力。ベンチャーで育つ力。 � イトクロ 人事ブログ

大企業で育つ力。ベンチャーで育つ力。 � イトクロ 人事ブログ: この研究においては、優れた事業家が持つ洞察をeffectual reasoningと呼んでいます。それによると、優れた変革者、事業家は具体的なゴール設定をしないようです。その変わりに彼らは自分の強みや持っているリソースを使って、いかに高みにむけて発展していけるかを考えながら、不確実性に対処していくようです。かなり状況対応的、ということでしょう。これは、事業家が目標を持たない、ということではなく彼らにとっての目標の定義は大企業のマネジメントに比較してもっと広義で、かつ状況に応じて変化していくものだ、ということです。

一方、大企業で成果を出しているマネジメントや役員は因果関係を示すような理由づけを重視するようです。彼らはゴールを設定し、そこに行くための最善の方法を見つける努力を熱心にした上で取り組みます。大企業の中で働くにおいては他者を説得していく必要性が多く発生するわけで、コミュニケーションのツールとしての因果関係や論理性というものが必要とされる中で成果を認められる人とは、つまりそういうことに長けている人である、ということでしょう。

また、アーリーステージの事業家は両方のやり方を行ったり来たりしているようです。生い立ちでいうと実家が事業をやっている中で育った事業家は、MBA卒の事業家が因果関係のリーズニングを大切にするのに比べて、比較的effectual 寄りなります。そして当然のことながら、熟練したVCやエンジェルはアーリーステージの事業家よりも、より熟練した事業家に近い思考法を持っているようです。

“寒い”と“風邪を引く”の因果関係を調べてきた! | web R25

“寒い”と“風邪を引く”の因果関係を調べてきた! | web R25: 風邪の病原は、80~90%が約200種類あるウイルスによるもので、インフルエンザも同様です。その多くは、気温が15℃以下になると活発に働くという性質があり、また、湿度が40%以下になると空気中を漂う時間が長くなるので、寒くなると風邪を引きやすくなるのです。また、体温が平熱より1℃下がると、体内で病原と戦う白血球の機能が30%低下するといわれていることからも、寒い季節は風邪を引きやすいといえるでしょう