タグ別アーカイブ: 右脳

「イノベーション」は陳腐化した流行語か? | スコット・アンソニー/HBRブログ|DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー

誤解1:イノベーションと創造性は同じものである

 この罠にはまった企業は次のように考える。イノベーションの課題を解決する最善の方法は、幅広い分野から右脳思考型の人々を1つの部屋に集め、素晴らしいアイデアを考えてもらうことであると。もちろん、素晴らしいアイデアはインパクトを生むための重要な要素にはなるが、企業がこのアイデア出しの段階で満足し立ち止まってしまうと、期待外れの結果が待っている。拙著でも述べたように、イノベーションとは「ビジネスチャンスを発見すること」「そのチャンスをものにする計画を立てること」「結果を出すためにその計画を実践すること」――この3つを組み合わせたプロセスである。そしてインパクトがなければ、イノベーションではない。

引用元: 「イノベーション」は陳腐化した流行語か? | スコット・アンソニー/HBRブログ|DIAMOND ハーバード・ビジネス・レビュー.

「左脳は論理、右脳は創造」は誤認 | web R25

末神先生によれば、僕らの脳は右脳と左脳で分担しながら処理することで、目に見える世界を効率的に認識している。

「しかし、その“得意”というのも、処理にかかる時間が数十ミリ秒~数百ミリ秒(1ミリ秒=0.001秒)ほど短いだけで、もう一方の半球がその処理を行えないわけではありません。そもそも左右の半球は脳梁でつながっており、それぞれの半球で処理される情報は常に行き来しています。ですから、ある課題や知的作業について、一方の脳“だけ”が使われるという状況はまず考えられないんです」

ただ、大脳の左右半球に構造的・機能的な差があること自体は、様々な研究によって確認されていると末神先生は解説する。しかし、それが「左脳は計算、右脳はクリエイティブに使われる」というのは飛躍しすぎだというのだ。

「これは赤血球の抗原の種類によって性格が分類できるという、血液型占いに近い迷信といわざるを得ません。科学的根拠はありませんのでご注意を」

引用元: 「左脳は論理、右脳は創造」は誤認 | web R25.

7歳前から楽器を習っている子は頭も運動神経も良くなると判明:カナダ大学調査 | IRORIO(イロリオ) – 海外ニュース・国内ニュースで井戸端会議

7歳前から楽器を習っている子は頭も運動神経も良くなると判明:カナダ大学調査 | IRORIO(イロリオ) – 海外ニュース・国内ニュースで井戸端会議: 楽器の演奏と運動神経は無関係と思われがちだが、早い時期に音楽を始めた人ほど、わずかな練習時間で初めての運動を正確に習得できたという。また脳内スキャンでも顕著な違いがあらわれ、小さいうちに楽器を習い始めた人ほど脳梁白質、つまり右脳と左脳のつなぎ目の部分が大きく情報伝達能力に優れていることがわかった。この様な脳の持ち主は計画実行能力に優れた人物とされ、運動神経が良いのもこのためらしい。

ジョン・マエダの考える「デザインを超えるもの」 � WIRED.jp

ジョン・マエダの考える「デザインを超えるもの」 � WIRED.jp

左脳的な合理性と右脳的な直感とを組み合わせることがイノヴェイションにとっての鍵である。もっとも「デザイン」と「アート」を混同してはいけない。これらは異なるものであり、その違いは重要だ──デザイナーが生み出すのが「解決策(答え)」であるのに対し、アーティストが生み出すのは「問いかけ」である。 解決策がわれわれを前進させる製品やサーヴィスだとすれば、問いかけは物事の目的や意味を深く追求していくものであり、時に進むべき道を見つけるために、 われわれを後ろに引き戻したり寄り道させたりするものである。アーティストの問いかけは謎めいたものであることも多く、ある問いに対して、別の問いで答え るようなものもある。だからこそ、アートを理解するのは難しい。私が好んで言うのは、誰かがアートを理解するのに苦戦しているとしたら、アートはその役割 を果たしているということだ。