タグ別アーカイブ: 制約

キラキラネーム1位は「皇帝(しいざあ)」 難読な「読みがな」法律で禁止できるか? (弁護士ドットコム) – Yahoo!ニュース

「親の名付けの権利、命名権の根拠については、親権に含まれるという説や、子どもの権利を親が代行しているという説がありますが、定説はありません。

いずれにせよ、親の名付けは全くの私事であり、子どもに対する親の願いを込めて行うもので、親の内心や価値観、思想信条等が反映されます。ですから、国の介入はやむを得ない限度に限られるべきです」

そうであるなら、どんな名前でも許されるのだろうか。

「名前は個人を特定して、他者と識別する記号であり、人格権の中核をなすといえます。子どもにとって名前は重要な意味を持ちます。その名前をつけられることで子どもの福祉に反するような場合は、命名権の濫用として許されないでしょう。

命名権を制約する規定としては現在、名に使用できる『漢字』について規定する戸籍法50条があるのみです。読みがなについては、何ら規制がなされていません」

読みがなを法律で規制することはできないのか。

「法で名付けの権利を規制するためには、立法事実として、名前をつけられたことが子どもの福祉に反するということが立法事実として証明されることが法的介入の前提となります。

ただ、現在では、たとえば名前でいじめられるなど、子どもの福祉に反するという、明らかな因果関係が示されているとまでは言えないため、法規制までは難しいと考えます」

引用元: キラキラネーム1位は「皇帝(しいざあ)」 難読な「読みがな」法律で禁止できるか? (弁護士ドットコム) – Yahoo!ニュース.

レゴが世界一愛される玩具メーカーになった6つの理由|Career Supli

現CEOのヨアン・ヴィー・クヌッドストープ氏がレゴ社の低迷期である2004年にトップに就任した際に行った改革の1つが、開発デザイナーへの厳しい制限でした。それまでは自由度を高めることで創造性を確保しようと、レゴのパーツの形や色、数はデザイナーに一任していたのです。

クヌッドストープ氏はこのやり方を改め、1つの製品で使えるパーツの数に制限を課します。デザイナーからは「自由度が制限されれば、製品の創造性も損なわれる」と反論しましたが、同氏は「制約があるからこそ革新が生まれるのだ」と言下に断ったのでした。

これはレゴの製品そのものにも通じる精神です。1つの製品には限られたパーツしか入れられていません。しかし子供達はその中で創意工夫し、大人では想像もつかないようなオブジェを作り上げます。限られた状況の中で知恵と創造力を振り絞るからこそ、真のブレークスルーが見つかるのです。

引用元: レゴが世界一愛される玩具メーカーになった6つの理由|Career Supli.

【動画】中央大学研究者が開発、快適性と安全性を追求したハイヒールがダイソン アワード入賞 | Fashionsnap.com

ヤチャイカは、従来のハイヒールが着用者の立ち姿と足取りの美しさを主に考えてデザインされているために疲労や姿勢の悪化、関節痛などを起こしやすい問題を解決するために開発された作品。ハイヒールを履くと足首を使った歩行が難しく、着地時の衝撃がそのまま身体負荷となってしまうことに着目し、板バネとゴム板による衝撃吸収機能有したヒール部を搭載することで足首を動かして衝撃の少ない自然な歩行と疲労軽減を可能にした。中央大学精密機械工学科の中村研究室でバイオメカトロニクスなどを研究する山田氏は、「一部の男性はヒールなんて履かなければいいと言うかもしれないが、仕事上の(暗黙の)ルールやTPOなどの個人では解決できない制約や、ファッションの流行がハイヒールありきでデザインされた洋服であるなどの理由から、現代女性はハイヒールを長時間履くことがあり、疲労や健康被害が起きることもしばしばです。そうした問題を女性個人の選択で解決できるようにするため、むしろ履いたほうが快適になるハイヒールをデザインしようと思いました。」とコメント。ジェームズ ダイソン アワードで審査員を務めたフリージャーナリストでコンサルタントの林信行は「世界中で女性が日常的に接している問題にスポットを当て、誰もが変わることがないと思い込んでいた原型の再構築に挑んだ姿勢を高く評価した。歩行時の姿勢をモーションキャプチャーで検討するなど検証を重ねている点も高く評価したい」と評している。

引用元: 【動画】中央大学研究者が開発、快適性と安全性を追求したハイヒールがダイソン アワード入賞 | Fashionsnap.com.

原価の秘密 - なぜ、黒字案件だけを選別受注すると赤字に陥るのか : タイム・コンサルタントの日誌から

機械の減価償却費は、固定費である。それを、「稼働率」と「機械賃率」を用いて変動費化して原価計算に組み入れる、というのが、通常用いられる製造業の原価管理だ。この手法は、機械の能力が制約であり、作れば売れる大量生産時代は有効であった。しかし上の例で見たとおり、受注生産で仕事量が不足気味のときには、かえってミスリードになる。

引用元: 原価の秘密 - なぜ、黒字案件だけを選別受注すると赤字に陥るのか : タイム・コンサルタントの日誌から.

女性役員のいる会社は競争力がある?そんなつまらん議論はやめたほうが良い – Casual Thoughts

一部重箱の隅という話もあるが、何で「the 30% Club」に自分がこんな反感を覚えるのかというと、私自身がダイバーシティによる女性登用が逆噴射しているケースを何度か見たことがあるからだ。「有能な人をより活躍できるポジションに」という原則に異は全くないのだが、「the 30% Club」みたいな「比率をあげることが正」みたいが議論になると「有能ではないのに女性だから役員になる」というケースがどうしてもでてきてしまう。それは組織にとっても不幸だし、本人にとって一番不幸な話だと思う。 実際にパフォーマンスも発揮できてなく、「あぁ、あの外人役員はダイバーシティ枠ね」みたいな陰口を叩かれている人を見たことが何回かあるが、数字ありきだからそういうつまらない話になるのだと思う。

数字ありきでとにかく「役員比率をあげよう」という話ではなく、有能な女性が経営陣として活躍できるまでのキャリアを積んでいく道にある、様々な障害を取り除こうという個別具体的な議論をもっとすべきだ。妊娠・出産という多くの女性が直面する必然的なライフイベントがもたらすインパクトの軽減とか(アメリカ女性は産休、育休のアメリカの制度としての少なさに皆不満をもらしている)、何時から何時まで職場にいたことを評価するのではなく、あくまで労働の成果を評価し、時間と場所の制約から解き放つワークスタイルの確立とか、強面のおばさんが集まって話すべき内容はもっと他にあるんではなかろうか。なお、大変蛇足ではあるが、ということが趣旨であり、女性登用率の向上そのものを苦々しく思っているおじさんの溜飲を下げるために本エントリーを書いたわけではないので、あしからず。

引用元: 女性役員のいる会社は競争力がある?そんなつまらん議論はやめたほうが良い – Casual Thoughts.

世界の資源は枯渇せず―有限説はエコロジストの杞憂 – WSJ日本版

しかし、収穫高が増えるかどうかは資源次第であることは間違いない。まず水について考えてみよう。水は世界各地で食糧生産の制約になっている。1960年代と70年代に算出された2000年までの水の需要の予測は過大に見積もられていたことがわかった。実際に使われた水の量は30年前に専門家が予想した量の半分に過ぎなかった。

新しいかんがい技術が開発され、水が効率的に使われるようになったことが最大の理由である。イスラエルやキプロスなど一部の国では、「細流かんがい」という技術を採用することでかんがいに必要な水の量を減らすことができた。さらに太陽電池を活用して世界中で海水の脱塩を行えば、人口が真水の制約を受けることなくなるだろう。

引用元: 世界の資源は枯渇せず―有限説はエコロジストの杞憂 – WSJ日本版.

“Q”と”Z”がパスワードに使えない! 格安航空会社ジェットブルーの謎 | 秋元@サイボウズラボ・プログラマー・ブログ

英語圏での電話機は、数字ごとにアルファベットが割り当てられていて、英単語を使って電話番号を覚えたりできるようになっていました。

たとえば、アメリカの無料ダイヤルの1-800で始まる”1-800-PAINTER”という文字がついた数字をダイヤル/タッチしていくと、実際には 1-800-724-6837 に掛かる、というものです。日本では数字の語呂合わせで電話番号を覚えてもらう仕組みができましたが、英語圏では数字ごとにアルファベットを割り当てていたのですね。

# 昔の話かと思いましたが、手元のAndroidでも電話のモードにすると数字の横にアルファベットが表示されますね。こちらは、QやZも4文字目に割り振った国際式のようです。

このアルファベットの割り当てで、(アメリカ式の場合は)QとZはどこにも割り当てられなかった、というのが、JetBlue航空のパスワードでQとZが使えない遠因のようです。0から9までの10個の文字に3個ずつアルファベットを割り当てれば、30個となり、26個しかないアルファベットの全部を使えそうですが、0はオペレーター、1は市外局番用なので、そこにアルファベットを割り当ててしまうと、局番以下で英単語を作る時に使いたい文字が使えなくなることから、0と1以外の8個の数字に3個ずつ→24個、という割り当てとなったそうです。

Sabre での予約などを、電話でアルファベットを伝えることでも行っていたことから、電話で入力できない(電話上に割り振られていない)QやZはパスワードとすることもできなかった、というのが真相のようです。

Sabreシステムの開発開始は1957年、ローンチが1960年ということで、当時の環境から考えられたQとZが使えないという制約が、50年以上たった今のウェブシステムのパスワードの制限にまで続いている、ということなんですね。

だからといって、今までこの制限や他の時代遅れな制限を取り除くチャンスが無かったとは思えないですけど。よく使うパスワードにqやz普通に入ってる人も多いでしょうし。まあ一度動いてしまったシステムの仕様を変えるのがいかにたいへんか、という話の一つなのかもしれません。

引用元: “Q”と”Z”がパスワードに使えない! 格安航空会社ジェットブルーの謎 | 秋元@サイボウズラボ・プログラマー・ブログ.

“Q”と”Z”がパスワードに使えない! 格安航空会社ジェットブルーの謎 | 秋元@サイボウズラボ・プログラマー・ブログ

英語圏での電話機は、数字ごとにアルファベットが割り当てられていて、英単語を使って電話番号を覚えたりできるようになっていました。

たとえば、アメリカの無料ダイヤルの1-800で始まる”1-800-PAINTER”という文字がついた数字をダイヤル/タッチしていくと、実際には 1-800-724-6837 に掛かる、というものです。日本では数字の語呂合わせで電話番号を覚えてもらう仕組みができましたが、英語圏では数字ごとにアルファベットを割り当てていたのですね。

# 昔の話かと思いましたが、手元のAndroidでも電話のモードにすると数字の横にアルファベットが表示されますね。こちらは、QやZも4文字目に割り振った国際式のようです。

このアルファベットの割り当てで、(アメリカ式の場合は)QとZはどこにも割り当てられなかった、というのが、JetBlue航空のパスワードでQとZが使えない遠因のようです。0から9までの10個の文字に3個ずつアルファベットを割り当てれば、30個となり、26個しかないアルファベットの全部を使えそうですが、0はオペレーター、1は市外局番用なので、そこにアルファベットを割り当ててしまうと、局番以下で英単語を作る時に使いたい文字が使えなくなることから、0と1以外の8個の数字に3個ずつ→24個、という割り当てとなったそうです。

Sabre での予約などを、電話でアルファベットを伝えることでも行っていたことから、電話で入力できない(電話上に割り振られていない)QやZはパスワードとすることもできなかった、というのが真相のようです。

Sabreシステムの開発開始は1957年、ローンチが1960年ということで、当時の環境から考えられたQとZが使えないという制約が、50年以上たった今のウェブシステムのパスワードの制限にまで続いている、ということなんですね。

だからといって、今までこの制限や他の時代遅れな制限を取り除くチャンスが無かったとは思えないですけど。よく使うパスワードにqやz普通に入ってる人も多いでしょうし。まあ一度動いてしまったシステムの仕様を変えるのがいかにたいへんか、という話の一つなのかもしれません。

引用元: “Q”と”Z”がパスワードに使えない! 格安航空会社ジェットブルーの謎 | 秋元@サイボウズラボ・プログラマー・ブログ.

今さら聞けない Immutable Infrastructure – 昼メシ物語

Blue-Green Deployment は、クラウドネイティブなデプロイ方法として近年注目されているデプロイパターンで、 Amazon.com や Netflix などで採用されていることが知られています。 たとえば、古典的なアプリケーションサーバのデプロイでは、アプリケーションコードをサーバに配置したのち、サーバソフトウェアを再起動することが求められます。しかし、 Blue-Green Deployment では、サーバ群をまるごと複製し、ロードバランサで切り替えることでデプロイとします。もしアプリケーションサーバが100台あれば、新しいバージョンのアプリケーションをインストールしたサーバをもう100台セットアップし、ウォームアップしたのち、そちらにトラフィックを切り替えるということです。 そうすることで、サーバソフトウェアの再起動時のパフォーマンス低下を気にする必要がなくなったり、ロールバックが簡単になったりという恩恵があります。Auto Scaling と同様、 Blue-Green Deployment では、サーバは使い捨てになってしまうという制約があります。この制約を逆手に取り、「すべてのサーバは必ず使い捨てである」と割りきってしまえば、サーバの構築や管理がシンプルにできるのではないか、というのが Immutable Infrastructure の基本的な考え方です。

引用元: 今さら聞けない Immutable Infrastructure – 昼メシ物語.

パブリック・クラウドからプライベート・クラウドへ: なぜ移行するのか

どのような場合にプライベート・クラウドを検討すべきか

パブリック・クラウドからプライベート・クラウドへ切り換えることで、組織にメリットがもたらされるシナリオを以下に記載します。
シナリオ 1: 急速な成長

買収、合併、市場の変化などにより、中小企業が急速に大規模な組織へと成長する場合があります。このような組織は、プライベート・クラウドを使用することにより、新たに拡張されたネットワークやインフラストラクチャーを制御することができます。
シナリオ 2: 契約の解除

パブリック・クラウド・サービスがサービスの提供を取りやめる場合や、サービスの停止が非常に多い他のパブリック・クラウド・プロバイダーに買収された場合など、組織はパブリック・クラウド・サービスの契約を解除せざるを得ない場合があります。プライベート・クラウドを使用することにより、組織は内部ユーザーにクラウド・サービスを提供し続けることができます。
シナリオ 3: 新しい技術

組織は、パブリック・クラウド・サービスにはない新しいハイパーバイザー技術をテスト、インストール、デプロイしたい場合があります。プライベート・クラウドを使用することにより、組織は仮想サーバー上でのパブリック・クラウド・プロバイダーの制約を超えることができます。
シナリオ 4: フェイルオーバー計画

組織は、データ・センターのフェイルオーバーやスケーラビリティーに関して、パブリック・クラウド・プロバイダーが使用しているアルゴリズムよりも効果的なアルゴリズムをテストしたい場合がありますが、クラウド・プロバイダーのアルゴリズムをテストすることは許可されていません。プライベート・クラウドでは、組織はフェイルオーバー・アルゴリズムを制御することができます。
シナリオ 5: しきい値レベル

組織は、パブリック・クラウド・プロバイダーが交渉する意思を持たないしきい値レベルをテストしたい場合があります。例えば、パブリック SaaS プロバイダーは、SaaS 契約者としての組織と、ユーザーしきい値レベル、データ・リクエストしきい値レベル、リソースしきい値レベルの変更に関して交渉することはありません。またパブリック PaaS プロバイダーは、PaaS 開発者としての組織と、マルチスレッドしきい値の変更に関して交渉することはありません。プライベート・クラウドを使用することにより、組織はしきい値レベルの設定を制御することができます。
シナリオ 6: コンプライアンス要件

組織はインフラストラクチャーの構成、およびコンプライアンスに関し、特定の要件を満たさなければなりません。プライベート・クラウドを使用することにより、大規模な金融機関や連邦政府機関はそれぞれに対する要件を満たすことができます。
シナリオ 7: SLA 管理

組織は、SLA 同士の直接的な関係および間接的な関係についての管理を、もっとわかりやすいものにして、不必要な SLA を排除したい場合があります。プライベート・クラウドを使用することにより、組織は SLA 同士の関係を把握しやすくなります。パブリック・クラウドの契約者としての組織は、そうした関係を見たり利用したりすることはできません。
シナリオ 8: データ分析

組織は、データを分析して有用な情報を得たい場合があります。

引用元: パブリック・クラウドからプライベート・クラウドへ: なぜ移行するのか.