タグ別アーカイブ: 再生医療

東大・中内教授:iPS有力研究者が米国流出- 毎日jp(毎日新聞)

人工多能性幹細胞(iPS細胞)を使った再生医療研究の第一人者、東京大医科学研究所の中内啓光(ひろみつ)教授(61)=幹細胞生物学=が、米スタンフォード大に年内にも研究室を開設し、3年半後に完全移籍することを毎日新聞の取材に明らかにした。中内教授は、iPS細胞を使ってブタの体内でヒトの臓器を作製することを目指すが、日本では現在、研究指針で禁じられている。政府の成長戦略の柱となっている再生医療のトップランナーの「頭脳流出」は波紋を広げそうだ。

研究指針については、政府の生命倫理専門調査会が今年8月、中内教授の研究を踏まえ、動物の受精卵にヒトの細胞を入れて、子宮に戻す基礎研究を条件付きで容認。5日、指針改定に向けた議論が始まる。

だが、中内教授は、規制によって研究が2年半停滞したと指摘し、「もしこの研究しかしていなかったら、とっくに海外に移っていただろう」と明かした。「今後指針が改定されるとしても実施までは何年もかかる。リスクをとらないという日本特有の体制では、新しいことはやりにくい」と語った。中内教授によると、数年前から、スタンフォード大や英ケンブリッジ大など海外の複数の大学から移籍の誘いが来ていた。

スタンフォード大には教授として赴任し、カリフォルニア再生医療機構から6年で約6億円の研究費が支給される。東大の定年までは日本でも研究するが、3年半後は完全に米国に拠点を移す。中内教授は「(移植可能な臓器を作るという)医学上の利益が目的。日本での研究の遅れの責任は誰が取るのか」と話した。

引用元: 東大・中内教授:iPS有力研究者が米国流出- 毎日jp(毎日新聞).

600文字で解説する世界で1番わかりやすい最新科学ニュース: あなたの尿から心臓を作れるかもしれない。再生医療はどんどん発展していく。

最新の研究では、17歳から75歳の人の尿から細胞を取り出し、その細胞が成体幹細胞としての能力を持つことを確認しました。

また、驚くことに尿から取った成体幹細胞は特定の組織だけではなく、骨や筋肉や神経など様々な組織に変化する能力を持っていました。

さらに、成体幹細胞を筋肉の細胞と尿管の細胞に変化させてからマウスに注入すると、マウスの体内で組織を形成することも確認できました。

尿から成体幹細胞を手に入れられるとなると非常にお手軽ですね。尿からできた人工心臓なんてのも現れるかもしれません。

引用元: 600文字で解説する世界で1番わかりやすい最新科学ニュース: あなたの尿から心臓を作れるかもしれない。再生医療はどんどん発展していく。.

Google広告:最も儲かる検索語は? � WIRED.jp 世界最強の「テクノ」ジャーナリズム

Google広告:最も儲かる検索語は? � WIRED.jp 世界最強の「テクノ」ジャーナリズム: [臍帯血は臍帯(へその緒)に含まれる血液で、造血幹細胞が多量に含まれており、白血病等の治療で幹細胞の供給源として利用されている。また、将来の再生医療で利用されることを期待して、臍帯血を子供本人のために保存しておくというビジネス(民間臍帯血バンク)が米国を中心に拡大しており、日本でも数社が臍帯血保管事業を行っている]