タグ別アーカイブ: 入札

閉鎖科学館の展示物8億円分、売却4件で数万円 : 科学・IT : 読売新聞(YOMIURI ONLINE)

日本原子力研究開発機構が、2012年3月に閉鎖した科学館「アクアトム」(福井県敦賀市神楽町)の展示物を処分した結果、売却できたのは1割以下の3件にとどまったことがわかった。

01年6月の開館時に約8億円を投じて展示物をそろえたが、売却額は備品も含めた計4件で数万円程度だったという。

14年度の固定資産一覧によると、建物のほか、外灯、空調・給水設備、掲示板など約130件があった。このうち映像ソフトやディスプレーなどを含む展示物関連が約40件で、全国の博物館や科学館の意向を確認し、今年2月頃に入札を実施した。

買い手がついたのは、上り坂のレール上をボールが転がる「坂を登るボール」、加速度のついたボールが楕円だえん状に転がり落ちる「楕円落下するボール」など3件のみ。いずれも科学館「つくばエキスポセンター」(茨城県つくば市)を運営する「つくば科学万博記念財団」が落札した。同財団はほかに、受付にあったカウンターも購入した。

◆売れ残りは廃棄

「売れ残った」展示物は廃棄処分された。大型の展示物ほど運ぶのに手間やコストがかかり、設置場所も限られるため購入希望者が少なかったという。

同館は地上3階、地下1階建て延べ約4500平方メートル。閉館前の11年度の入館者数が約7万6000人だった。原子力機構は県と敦賀市に施設を無償譲渡する方針で、空調などの設備類も大半を譲り渡す方向で協議している。

引用元: 閉鎖科学館の展示物8億円分、売却4件で数万円 : 科学・IT : 読売新聞(YOMIURI ONLINE).

CNN.co.jp : ネット競売で「戦車」を衝動買い、置き場所に苦労 英国

英国人男性がインターネットの競売で「戦車」を衝動買いし、置き場所の確保に苦労し、家を新規購入する羽目に陥った。

ジェフ・ウールマーさんが1万4000米ドル(約166万6000円)支払った戦車は重さ7トンのCVRTスコーピオンで、以前はカナダ軍が保持していた。

買ったものの、イングランド西部ブリストル近くの自宅は寝室が2つあるアパートで、戦車の駐車は禁止だった。

戦車購入のきっかけは職場の同僚との雑談がきっかけ。話の種は「このごろは軍用車両を含めインターネットでは何でも買える」だったという。職場では、時速1000マイル(約1609キロ)を突破出来る車両のデザイン、製造を狙う事業を進めている。

この雑談後、ウールマーさんは自宅で特殊車両の競売サイトに接続し、スコーピオン戦車の入札に参加。その後、連絡がなかったのでほぼあきらめていたところ、職場に電話があり落札が決まったとの説明を受けたという。

CNNの取材に応じたウールマーさんによると、この戦車は製造後の1989年、カナダの英国陸軍訓練部隊に所属。作戦のためエジプトに配備されたこともある。

戦車のバッテリーは交換が必要で、戦車内部は油などで汚くなっている。しかし、ウールマーさんは今後数週間内に走行可能な状態にすることを目指している。また、公道を走ることが出来る可能性もあるとしている。英国内では、正当な書類手続きを進めれば、戦車を公道で運転することも可能だという。

引用元: CNN.co.jp : ネット競売で「戦車」を衝動買い、置き場所に苦労 英国.

五輪「幻のポスター」 ネットで4万5000円 NHKニュース

白紙撤回された東京オリンピック・パラリンピックのエンブレムを使って東京都が作製したとみられるポスターが、「幻のポスター」としてインターネットのオークションに出品され4万5000円で落札されていたことが分かりました。

佐野研二郎氏がデザインした2020年東京オリンピック・パラリンピックのエンブレムは今月1日、白紙撤回され、東京都などはこのエンブレムを使ったポスターを取り外し、回収しました。しかし5日、東京都が作製したとみられるポスターがインターネットのオークションに出品されていたことが分かりました。

ポスターは「東京オリンピック2020幻のポスター」という名前で出品され、オリンピックとパラリンピックのポスター1枚ずつがセットになっています。5000円で入札が始まりましたが、午後11時半すぎに締め切られ、最終的に4万5000円で落札されました。

出品者はポスターの入手先について「都議連のパーティーで配布されたものだ」としていて、「エンブレムが使用中止となり、ポスターも回収されてしまったため、とてもレアです」、「丸めて持ち帰ったため小さなキズなどがあります」などと説明しています。

東京都などはポスターがオークションに出品された経緯について確認を進めるものとみられます。

引用元: 五輪「幻のポスター」 ネットで4万5000円 NHKニュース.

spectrum auctionの意味 – 英和辞典 Weblio辞書

spectrum auction <spectrum>

・spectrum auction 周波数入札, 電波入札《周波数帯域の使用権を入札によって割り当てる制度; 米国で行なわれている》

引用元: spectrum auctionの意味 – 英和辞典 Weblio辞書.

勝者の呪いとは – はてなキーワード

競売において、落札者が自らが推測する市場価格以上の価格を設定し、過度に高い額で入札して、かえって損をしてしまうという現象を指す経済学用語。

証券取引や資源の採掘権の入札、企業買収の時はもちろんのこと、美術品や骨董品のオークション、競走馬のセレクトセール、はたまたインターネットオークションでも見られる現象である。

多くの入札希望者がいるほど価格がつりあがり、その結果、勝者の呪いを受けて大損することが多くなる傾向がある。

今では、ヤフオクなどのネットオークションの普及により金持ちではない一般市民でさえもこの呪いを受けることがある。

引用元: 勝者の呪いとは – はてなキーワード.

ハウスエージェンシーの新たな役割と存在意義 – 業界人間ベム

リスティング広告やDSPによるディスプレイ広告を、ブランドごとにAE代理店に発注していると、同じ会社内でキーワードやクッキーを競争入札して買い上げてしまうという何とも間抜けな現象を起こす。したがって、入札運用型広告はブランド横断的な買い付けをしなければならない。

米国では大企業を中心に、DMPや入札運用型広告のインハウス化が進んでいる。

インハウスと言っても、導入にはエージェンシーからコンサルが入ったり、オペレーションのサポートが入る。

グローバルエージェンシーのすごいところは、グループ内のメディアエージェンシーのビジネスを破壊するようなコンサルをやっているところだ。日本ではなかなか考えられないが、まあ海外のメガエージェンシーではメディアのマージンというビジネスモデルは既にマイナーだから、将来を見据えてのことだろう。

引用元: ハウスエージェンシーの新たな役割と存在意義 – 業界人間ベム.

競争入札における見積精度とコスト超過のこまった関係 : タイム・コンサルタントの日誌から

もっとも広く用いられる三社相見積りでは、真の値よりも2.2%ほど安い値段での受注となる。これは、10%程度のマージンが常識である建設・重工・エンジ業界などにとっては無視しえない金額である。

さらに入札者数と入札最低価格の関係を調べてみた。見積精度も、±5%のみではなく、10%, 15%, 20%とふってみて、入札者数が増えると落札価格がどう下がるかをグラフ化したのが下図である。

(図2 入札者数と入札最低価格の関係)

横軸が入札者の数である。見積精度±5%の場合、5社競合では真の値より3%価格ダウンとなる。そして、±10%精度だと、5社競合では6%ダウン、±15%精度では9%ダウン、±20%精度では約12%ダウンである。たとえば見積精度が±10%で、1億円のプロジェクトを競争入札する場合、同等の力量を持つ5社が呼ばれたら、落札価格は9,600万円前後になる可能性が高い。念のためにいっておくと、ここには営業的な値引き競争は一切入っていない。技術者たちが愚直に見積作業をした結果が、これだけの価格ダウンを生むのだ。そして現実には、この上でさらにコストダウン努力だとか営業での値引きだとかが加わって(というか、さらに差し引かれて)出し値が決まる。利益などろくに出なくなってしまう。

そもそも考えてみると、10%程度しかマージンのない重工・エンジ業界で、コストを±5%の精度で見積もること自体に、かなりのリスクというか無理があるわけだ。SI業界だって、平均マージンが最近は何%程度なのか、わたしは詳しく知らないが、見積精度がそれよりも有意に小さくなければ、赤字プロジェクトの比率が減るわけがない。

以上を考えれば、企業が入札型の単純価格競争に陥るのを避けること、ないし、適切な競争案件選択をすることが、いかに利益確保上、重要であるかがあらためて理解できる。このような業種においては、いかにムダな見積や競争を避けるかが、戦略(=つまり「戦いを略す」)課題の一つとなるのである。

引用元: 競争入札における見積精度とコスト超過のこまった関係 : タイム・コンサルタントの日誌から.