タグ別アーカイブ: 偶発

つまずいた少年が1.8億円の名画に穴 台北の美術展 (CNN.co.jp) – Yahoo!ニュース

台北市内で開催されている美術展で12歳の少年がつまずき、150万ドル(約1億8000万円)相当の展示作品に穴が開いた。修復費用には保険が適用されるという。

会場の「華山1914文創園区」ではレオナルド・ダビンチをテーマにした特別展が開かれ、55点の作品が展示されていた。少年は17世紀のイタリアの画家、パオロ・ポルポラの「花」と題した絵画に「こぶし大」の穴を開けてしまった。

転倒の様子は会場内の防犯カメラに収録されていた。主催側の担当者は「ガイドの説明に夢中になりすぎてつまずいたのだろう」と話す。

台北市内で専門家らが修復作業に取り掛かっている。

同担当者によると、特別展を企画したキュレーターは報告に衝撃を受け、「2~3分間は言葉を失った」という。キュレーターは開催に先立ち、来場者が展示作品を間近に見ることができるよう特別な許可を下していた。

少年のニュースが話題になってから来場者の数は増えたが、会場では再発防止のため、作品との距離を広げる措置が取られている。

キュレーターが一番心配していたのは、少年や家族が責任を感じすぎてしまうことだった。同担当者は「偶発的な出来事だった」と強調し、少年には「罰として」会場での1日ボランティアを依頼したいと話している。

引用元: つまずいた少年が1.8億円の名画に穴 台北の美術展 (CNN.co.jp) – Yahoo!ニュース.

起業研究して分かったが、今の日本にはサイエンス(科学)とチャリンチャリン屋台の間が無い。 | 京都の自習室・コワーキング | べーコン研究室

自分は安易に考えているのかもしれないが、知恵ある人が、その技術や頭脳を生かして、普通に自分の為に金儲けすれば、途中で意図しない偶発的な新結合が生まれて、ドンドン世の中良くなると私は信じている。

そのような試みが個人レベルで沢山、行われる事が大切で、雑誌で例えるなら日本には『サイエンス』と『ビッグトゥモロー』の融合とも表現できる

943082_461389613952458_1583289194_n

『商売』と『科学技術』を繋げる事、①金を稼ぎたいという身も蓋も無い感情と、②テクニカルに『面白い』と思うような金儲けに関係ない知的好奇心。その2つが融合した何かが、イノベーションを生む土壌となると信じたい。

引用元: 起業研究して分かったが、今の日本にはサイエンス(科学)とチャリンチャリン屋台の間が無い。 | 京都の自習室・コワーキング | べーコン研究室.

慶應MCC通信【てらこや】:プロフェッショナルの働き方

慶應MCC通信【てらこや】:プロフェッショナルの働き方: キャリア研究の世界的権威であるスタンフォード大学のクランボルツ教授の提唱する「計画的偶然性理論」によれば、キャリアの八割は予想外の偶発的な出来事によって決定されるとのこと。つまり、現代のような変化の激しい時代においては、想定外のことがかなりの確率で起こるので、事前の計画どおりものごとが進まないほうが、むしろ自然なのです。
 そう考えると、大事なのは目標を立てて効率的にそこに向かうことではなく、偶然のチャンスを引き寄せる日ごろの働き方や、偶然性を高める人間関係の構築に投資することのほうだといえます。
 同時に、現代社会では誰もが、好む好まないにかかわらず、人生のかなりの部分を仕事に費やさざるを得ないのですから、長期にわたって充実感と働きに見合 う収入を確保しながら、第一線で働くというイメージを持ち続けることも忘れてはならないのです。それは、プロフェッショナルとしての働き方を模索し続ける ことだと言い換えてもいいかもしれません。