タグ別アーカイブ: 偉大

今からでも遅くはない:US版『WIRED』創刊編集長ケヴィン・ケリーから、2014年の起業家たちへ « WIRED.jp

未来の人は正しい。現代の視点から未来を見れば、今世紀前半のネット上の重要な発明は、すべて私たちの前方に存在している。これらの奇跡的な発明品は、途方もなく向こう見ずな夢想家が現れて、そこにころがっている成果をつかみ取るのを待っている。1984年のドットコムドメイン名と同じ状況なのだ。

2044年の老人は、きっとこんなことを言うだろう。「2014年にあなたが起業家だったとしたら、どんなにすごいか想像できるだろうか? その当時は、制限のない未開拓の地であった。何でも好きなX分野を選んで、多少の人工知能を付加してクラウドに置けば良いのだ。当時の装置は、せいぜい1個か2個のセンサを使うだけだった。今のように何百個も使わない。期待も障壁も低かった。容易に世界初を達成することができた」。そして、嘆く。「あのとき、すでに何でも可能になっていたことに気づいていたら!」

つまり、これが真実だ。今、すなわち2014年の現在は、インターネットで何かを始めるのに最良の時期である。世界の歴史において、何かを発明するのにこれほど最適な時代はなかった。現在ほど良い状況、多くの機会、低い障壁、高いベネフィット・リスク比、良い利益率、多くの利点に恵まれた時期はなかった。たった今、この瞬間だ。未来の人たちは、現在を振り返って言うだろう。「ああ、あの時代に生きていたら良かったのに!」

過去30年間に、すばらしい開始点、すなわち、本当に偉大なものを作るためのプラットフォームが生まれた。しかし、最高のものはまだ発明されていない。この新しくて偉大な発明品は、今日存在するものとは比べものにならない。単に「秀逸」というだけでなく、異質、超越、その他の性質を持つ。しかし、それは、すでにわかっていることだ。

気づいていなかったかもしれないが、今の時代は、制限のない未開拓の地である。人類の歴史上、かつてないほど何かを始めるのに最適な時期である。

引用元: 今からでも遅くはない:US版『WIRED』創刊編集長ケヴィン・ケリーから、2014年の起業家たちへ « WIRED.jp.

世界の資源は枯渇せず―有限説はエコロジストの杞憂 – WSJ日本版

1679年、オランダの偉大な顕微鏡学者アントニー・ファン・レーウェンフックは地球が収容できる人数を134億人と推定したが、ほとんどの人口統計学者は世界の人口がそこまで増えることはないと考えている。その後、10億人から1000億人までさまざまな数字が挙がっているが、意見はまとまりそうにない。

経済学者によると、私たち人間は肥料を使い、機械化を進め、殺虫剤を噴霧し、かんがい設備を整備した結果、1エーカー(約4000平方メートル)当たりの土地の生産性は上昇し続けている。今後、イノベーションが起きれば、上限はさらに引き上げられるはずだ。ロックフェラー大学のジェス・オーズベル氏は一定量の食糧生産に必要な土地の広さは全世界でこの50年間で65%縮小したという。

引用元: 世界の資源は枯渇せず―有限説はエコロジストの杞憂 – WSJ日本版.

ゼロのつよさ ~選択肢が無い可能性~ | freshtrax | btrax スタッフブログ

よく考えてみると、現在の自分を作り上げているのは、期せずして他の選択肢が”ゼロ”の状態が大きく起因していると思われる。ある意味、それぞれの重要な局面で選択肢の無さに救われてきている。言い換えると、様々な局面で0が自分の人生に影響を与えたとも考えられる。

その他の選択肢がゼロであった分、自分にとっては残された状況で最大限突き進むしか方法が無かった。

こういうと不思議に聞こえるかもしれないが、人生においての選択肢は限りなくゼロに近い方が強くなれるのではないかと思う。なぜなら失うものが無い、もしくは無かった分、迷い無く突き進むことが出来るからだ。選択のパラドックス (Paradox of Choice) でも紹介されている通り、人間は選択肢が多いと迷いが生じ、選んだ後も選ばなかった選択肢の方が良かったのではないかと思ってしまう。逆に他の選択肢がない場合は自分に残された状況の中で最大限の結果を生み出そうとする。

一方で、恐らく日本の教育や社会ではとかく選択肢を増やす事が美徳とされる。偏差値や学歴、職歴やキャリア、ビジネスにおける資金面など、多くの側面でなるべく多くの選択肢を手に入れた方が強いと考えられているだろう。しかし、ふと考えてみてほしい。自分と同じ選択肢を選んだ人々の中で、それ以外の選択肢が無い人にはなかなか勝てないという事を。なぜなら彼らには”それ”しか突き進む道が無いからだ。

また、選択肢が多い場合は、なるべく安全で楽な方法を選び、自分が本当にやりたい道を選ばない理由にもなってしまう。そういう意味で考えると、いわゆるエリートと言われる選択肢が豊富な人々は意外と不利なのかも知れない。やはりここでも、自分は”これしかできない、やらない、やりたくない”事柄をみつけた者の方が強い気がする。なぜなら彼らにはそれ”しか”無いからだ。ゼロの強さを手にした者にはかなわない理由がここにある。Steve Jobsや本田宗一郎など、歴史的に名を残す偉大な起業家たちも恐らくゼロのつよさを日々体感していたのではないかと想像出来る。

もし自分が強烈に進みたい方向が見つかったのであればその他の選択肢をゼロにしてしまうのも悪く無いだろう。全てを失ってみても、必ずそこにはゼロの強さが残る。

ゼロのつよさ ~選択肢が無い可能性~ | freshtrax | btrax スタッフブログ.

【日本版コラム】アップルに買収された「Siri」が生まれたわけ、技術移転の“秘伝”/ WSJ日本版 – jp.WSJ.com – Wsj.com

「技術を出発点に会社を設立すると、失敗は目に見えている」とウィナースキー氏は主張する。そうではなくて、大きな市場機会があったから、それに見合った技術を事業化したのだという。SRIでは2003年に「携帯電話が次の偉大なコンピューターになる」という調査結果をまとめ、その波にいかに乗るかを考え続けていた。そして2007年、ちょうど初代アイフォーンが発売になったころ、同氏らはある問題に気付いた。チケット販売やレストランの予約といったウエブサービスが、スマートフォン使用者による利用拡大に大きな期待を寄せていたが、小さな端末はクリックがしにくく、クリック操作が1つ増えるたびに多くの顧客を失うという問題が発生していた。この問題の解決策は「クリック数をゼロにすること」(同氏)。ではどうすればクリック数をゼロにできるかを考え、生まれたのがSiriのコンセプトだったのだ。

引用元: 【日本版コラム】アップルに買収された「Siri」が生まれたわけ、技術移転の“秘伝”/ WSJ日本版 – jp.WSJ.com – Wsj.com.

THE MINIMALIST PROGRAM | 人間の成長における自覚と志の役割について

「人を偉大にしたり卑小にしたりするのは、その人の志である。」

シラーはそう言った。ドイツの偉大な詩人である彼以外にも、同じような言葉を残している人は多い。

つい最近まで、この箴言の意味がよく分からなかった。でも、自覚が人の成長にもたらす劇的な効果を理解するに至って、やっとその意味が理解できるようになった。

通常において人を成長させる要因は漸次的に人を変えていくが、自覚は人間を急激に成長させる。分かりやすい例でないかもしれないが、普段の精進が坂道だとしたら、自覚は大きな階段みたいなものだ。

私たちは、こういった自覚のもたらす効果を一度や二度は目の当たりにしている。たとえば、子どもを持った人々は、親としての自覚を持つようになって一気に成長する。若くしてリーダーとしてのポジションについた人も、最初は頼りないかもしれないが、一年もあればそのポジションが様になってくる。

この自覚は、通常は客観環境の変化によってもたらされるものだ。しかし、環境の変化よりも、自分自身の内的な動機によってもたらされることもある。それが、志の果たす役割なのだと思う。

志というのは、それそのものを抱くだけではだめなのだろう。単なる空想でなく、それを本当に実現しようと心の底から思い、行動を続けることで、その人に自覚をもたらす。それがその人の立ち居振る舞いを変化させ、精神レベルを成長させる。

実際に会って話したことはないけれど、志が人の成長にもたらす意味について話していた人々は、こんなことを考えていたのではないか、と最近思う。

引用元: THE MINIMALIST PROGRAM | 人間の成長における自覚と志の役割について.

オバマ氏の大統領令が、特許ゴロのばかげた悪用を阻止する | TechCrunch Japan

知的財産の囲い込みは、アメリカで多くの偉大なイノベーターたちが主張してきた由緒ある伝統だ。ライト兄弟は補助翼(翼につけられた着陸時に伸びる小さなフラップ)を持つ飛行機を商品化する者は誰でも訴えると脅した。「1917年に政府が介入し、ライト兄弟に特許をライセンスするよう命じたことで、ようやく飛行機のイノベーションが本格的に始まった」とスタンフォード法科大学のマーク・レムレー教授は書いている。

引用元: オバマ氏の大統領令が、特許ゴロのばかげた悪用を阻止する | TechCrunch Japan.

文藝春秋|梅田望夫著「ウェブ時代 5つの定理」|ビジョナリーたちの名言リンク集 第5定理「大人の流儀」

真に偉大な企業は、欲によってではなく、情熱によってつくられる。

現在の市場環境は、強い情熱を持ったアントレプレナーを

見つけるための素晴らしいフィルターである。── ウィリアム・ガーレイ

Truly great companies aren’t built by the greedy, but by the passionate.(…) Today’s market is a great filter for finding passion-driven entrepreneurs. ──William Gurley

引用元: 文藝春秋|梅田望夫著「ウェブ時代 5つの定理」|ビジョナリーたちの名言リンク集 第5定理「大人の流儀」.

偶然が生んだ偉大な発明と、科学的方法の関係 � WIRED.jp

偶然が生んだ偉大な発明と、科学的方法の関係 � WIRED.jp: 一見間違いのように見えて、探していたものとは異なるために、最初は人が注意を払わなかったようなデータを取り出して、それに意味を与えるのは、科学的方法なのだ。

偉大なアーティストは盗む � maclalala2

偉大なアーティストは盗む � maclalala2: 「優れたアーティストはマネするだけだが、偉大なアーティストは盗む」

スペースXのイーロン・マスクは本物の「アイアンマン」なのか? � WIRED.jp 世界最強の「テクノ」ジャーナリズム

スペースXのイーロン・マスクは本物の「アイアンマン」なのか? � WIRED.jp 世界最強の「テクノ」ジャーナリズム: ひとつの挑戦が失敗したからといって、偉大な目標を断念することはありません」。この実業家は締めくくる。「そうでなければ、わたしたちは電球だって手に入れることはなかったでしょう」。