タグ別アーカイブ: 伊藤忠商事

<残業削減>朝型勤務で能率アップ 朝食無料の会社も出現 (毎日新聞) – Yahoo!ニュース

冷え込みの厳しい早朝6時半ごろ、東京・北青山の伊藤忠商事東京本社ビルに社員が続々と出社してきた。地下1階の社員食堂で無料のバナナやおにぎり、缶コーヒーなどを受け取り、職場に急ぐ。 同社は昨年5月、残業時間の削減や社員の健康増進を目的に、午後8時以降の残業を原則禁止し、午前5時から同8時までは深夜勤務と同様の割増賃金を支払う朝型勤務制度を始めた。朝は軽食を無料提供する。 エネルギー・化学品カンパニーの下山陵介さん(25)も、朝型勤務をする一人。「午前9時までは取引先からの電話もなく、仕事に集中できる」といい、パソコンでの資料作成や、上司との打ち合わせに充てている。時間配分の意識も変わった。午後8時には会社を出ないといけないので「残り時間を逆算して仕事をしており、メリハリがついた」と効果を語る。 「かつての商社マンは夜遅くまで働き、それから飲んで未明にタクシーで帰宅……という生活でしたが」。こう語るのは、人事・総務部の梅山和彦さん(45)。2013年10月から朝型勤務を試験導入し、半年後に検証すると、総合職の残業は1人当たり月平均約4時間減り、残業代が約7%削減できた。%E

引用元: <残業削減>朝型勤務で能率アップ 朝食無料の会社も出現 (毎日新聞) – Yahoo!ニュース.

米国弁護士資格取得のアビタス/Abitus

両社の具体的な相違ですが、まず、伊藤忠商事では、全世界を統括する本社の法務にいるわけで、かつ日経新聞の一面に載るような大きな案件に、法務部門として、案件の仕込みから契約の調印に至るまで、他部門と一緒になって担当していました。厚さが10センチ以上もある契約書の束を精査しなければならないような、外国での国家レベルのプロジェクトに関与することなどもあり、その意味での楽しさがありました。一方、アップルジャパンは、あくまで米アップルの子会社です。新製品などは注目されるものの、日本での子会社の法務部門として、訴訟が起きないようにとか、政府の規制に反しないようになど、予防的な業務を粛々と行い、黒子に徹して仕事を行います。グローバル企業として、なるだけ世界各国で統一的なルールに基づく運用が必要となる中、グローバルなルールと日本法との整合性をいかに取るかが、問われました。

引用元: 米国弁護士資格取得のアビタス/Abitus.