タグ別アーカイブ: 人工繊維

農業革命“スマートアグリ” – NHK クローズアップ現代

ハウスでまず目を引くのが、高い天井です。

日本の平均的なハウスのおよそ2倍、6メートル以上の高さがあります。

トマトを縦に高く伸ばすことができるため、面積当たりの収穫量は日本の3倍になります。

土の代わりに使われているのは人工繊維。

そこに養分を加えた水を1日60回、自動で与えます。

苗の下のビニールの管からは二酸化炭素も自動で散布。

光合成が最も活発化する外気の2倍以上の濃度にコントロールされています。

さらに栽培に使用する水はすべてこの機械で殺菌し、徹底した品質管理が行われています。

スマートアグリはこうした設備を集中管理することで、ハウスの中を常に理想の環境に制御します。

農業経営者 フランク・ファン・クレーフェさん

「赤のラインが理想の温度、ほかのラインは実際に測定された温度です。」

まずトマトにとって理想的な一日の温度変化を設定します。

すると、ハウス内で計測されたすべての温度が赤い線に近づくよう24時間自動で調整されるのです。

引用元: 農業革命“スマートアグリ” – NHK クローズアップ現代.