タグ別アーカイブ: 世界標準

【ビジネスの裏側】世界制覇へダイキン「マル秘技術開放」の“肉を斬らせて骨を断つ”…基幹技術の世界標準化へ深謀遠慮(2/3ページ) – MSN産経west

ところが、R32はやや燃えやすいという弱点があり、エアコンメーカーは、採用に及び腰だった。

地球温暖化を防ぐ

ダイキンは昨年秋、R32を採用した家庭用エアコンを世界に先駆けて発売した。R410Aと性質が似ているため、エアコンの大幅な設計変更は必要なかったが、やや燃えやすいという弱点を克服するため、これまでのデータをもとに最適な材料や部品を選定した。

簡単そうに思えるが、世界で唯一、冷媒開発からエアコン生産までを手がけるダイキンだからこそ、R32採用のエアコンを世界で初めて量産できたのだ。

ダイキンは、「HFC32を使用した空調機の製造・販売に不可欠な基本特許」を世界各国で申請・取得している。

しかし、地球温暖化を防ぐため、技術開発が遅れている新興国メーカーに対し、これらの基本特許を無償開放するという。

さらに、国内メーカーに対しては、ダイキンと同じ数の特許の使用を金銭の支払いなく認め合う「クロスラインセンス契約」を結んだ。

「市場を味方につける」

「技術のブラックボックス化は必要だが、利益につながらなければ意味はない。市場を味方につけることが重要」

引用元: 【ビジネスの裏側】世界制覇へダイキン「マル秘技術開放」の“肉を斬らせて骨を断つ”…基幹技術の世界標準化へ深謀遠慮(2/3ページ) – MSN産経west.

INTERVIEW 「日本は未来の世界標準」:ダイソン「DC48」の革新性を実現したジャパンパワー � WIRED.jp

INTERVIEW 「日本は未来の世界標準」:ダイソン「DC48」の革新性を実現したジャパンパワー � WIRED.jp: ダイソンの製品にとって「日本」の存在は大きい。マーケットとしては、北米に次いで世界で2番目の大きさである。すでに本国イギリスよりも大きな市場なのだ。だが、日本は単純にマーケットとして魅力的というだけではない。洗練されていて、要求の多い日本の消費者の声に応えることは、商品を完璧なものにするための近道なのだと言う。