タグ別アーカイブ: 三角形

都内高速移動の秘訣 – 蕎麦屋

新宿という街は、新宿三丁目を頂点にした三角形の形状をしている。

やんやん遅れそうです!たいへん伊勢丹までダッシュ!したと思ったら待ち合わせ場所が実は高島屋でした!こんなときどうする?

初めてのデートごめんで登場しますか?電車が脱線しちゃったのは遅刻の言い訳としては妥当ですよね。

普通なら、新宿駅にもどって、そこからまた人ごみをかき分けルミネを下って甲州街道の下をくぐって高島屋に向かいますが、これは実は最短距離じゃないんですよね。

答えは、副都心線新宿三丁目の地下通路を突っ切る、です。

副都心線のところでなくても、上を通って行けばいい話ですね。FOREVER21の脇の通りを通って、ブランド王ロイヤルとかを抜けて行けば、そこはもう高島屋です。

地図を見てみると、新宿三丁目交差点を頂点とした直角三角形の形状をしているんですよね新宿の街って。

さらに扇を広げれば、歌舞伎町にもバルト9でもどこでも行けるわけです。

なので、新宿駅を起点に新宿の街をとらえると、結構あちらこちら行くのに遠回りしちゃったりするのですが、新宿三丁目を起点にとらえると、割とルートがすんなり見えてくる、とそういうわけです。

引用元: 都内高速移動の秘訣 – 蕎麦屋.

視点・論点 「古代鏡復元にみる3Dプリンターの応用」 | 視点・論点 | 解説委員室:NHK

私の研究目的は、「三角縁神獣鏡」と「卑弥呼」や「邪馬台国」の関係を論じるのではなく、この鏡の制作技術、そして鏡としての本来の機能を追求することです。三角縁神獣鏡の裏面には、神様や獣の文様が大胆に配置されています。これまでの研究の主な対象は、この裏面のデザインでした。私は、神様や獣たちが肉厚なレリーフとして表現され、その周辺の部分が極めて薄いことに注目しました。そして、さらに鏡としての本来の機能が知りたくて、これまでほとんど関心が持たれてこなかった鏡の鏡面側にも注目したのです。そこで、文様のある裏面だけではなく、表の鏡面側に対しても初めて最新の3次元デジタイザーで詳細に計測し、鏡全体を3次元的に精確に表現しました。これにより、最も厚いところは2㎝を超え、最も薄いところは1㎜にも満たない鏡の断面形状が精確にわかりました。

鎔かした青銅を鋳型に鋳込んで仕上げた1枚の鏡の中で、これほどの肉厚の差を達成する技術は並大抵のものではありません。鏡面全体が凸面に少し膨らんだ断面を見ても、同心円状にまったく破たんがありません。古代技術の凄さを改めて思い知らされました。縁に巡る見事な三角形をみると、この鏡が「三角縁」と呼ばれる理由が納得できるでしょう。

引用元: 視点・論点 「古代鏡復元にみる3Dプリンターの応用」 | 視点・論点 | 解説委員室:NHK.

ジンガもフェイスブックも──腐敗する有望IPO企業 | @シリコンバレーJournal | コラム&ブログ | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

ジンガもフェイスブックも──腐敗する有望IPO企業 | @シリコンバレーJournal | コラム&ブログ | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト: シリコンバレーでは、リスクと努力と報酬という要素が三角形のようにがっちりと結びついて大きな産業が起こってきた。ところが近年は、その報酬の部分だけが一人歩きしている。そんな中で、新興企業がまるで金融商品の一種のように見えることがある。