タグ別アーカイブ: 一線

コンビニ上位3社、過去最高の営業益 沈む総合スーパー:朝日新聞デジタル

総合スーパー(GMS)が沈み、コンビニ頼みを強める小売業界――。流通各社の2015年8月中間決算が8日に出そろい、そんな傾向がより鮮明になった。コンビニ上位3社が過去最高の営業利益をたたき出す一方、収益力の低いGMSは閉店や業態転換を迫られている。

■イトーヨーカ堂、地方で苦戦

「構造改革を徹底し、どうしてもできない店舗は閉鎖していく」。セブン&アイ・ホールディングスの村田紀敏社長は8日の決算記者会見で、90億円の営業損失を出したGMSのイトーヨーカ堂についてそう述べた。上半期の営業赤字は2010年以来のことだ。

従来の本部主導を改め、各店に仕入れを任せて品ぞろえを多様化する構造改革を進めており、通期では黒字を見込む。だが特に地方の店が厳しく、不採算の40店は収益が改善しなければ5年で閉める。百貨店についても同様の方針で、この日も、前身から30年の歴史がある西武春日部店(埼玉県春日部市)を来年2月末に閉めると発表した。

イオンもGMS事業は87億円の営業赤字だが、大量閉店に踏み切るセブン&アイとは一線を画す。「店舗の閉鎖は考えていない。すべてぴかぴかの店に作り替える」(イオンリテールの岡崎双一社長)

店舗を高級路線の「イオンスタイル」に改装し、利益率を高める取り組みを続けるという。来年以降も10店以上の新規出店と50店以上の改装を予定。通期では営業黒字を見込み、「今後2~3年でかつてのように400億円ほどの営業利益を稼ぎ出せる」とGMS復活に自信を見せる。

引用元: コンビニ上位3社、過去最高の営業益 沈む総合スーパー:朝日新聞デジタル.

若者に機会格差をもたらした日本の中年世代の大罪 – グダちゃん日報

日本において「機会を与える立場の人」が世の中のそこら中にいたのは団塊世代が最後だろうと思う。

団塊世代までなら伝統的な地縁社会があり、教師のような地域の「先生」が例えば貧困層の経済的な自立のための援助をしただろう。そこにはもしかすると、縁故で就職機会を与えるようなグレーなこともあるかもしれない。

一方で、地縁社会を脱した、ゲゼルシャフト的な社会が一般化したのもまた団塊世代からだ。しかし、そこにもやはり、ビートたけし氏ややしきたかじん氏のような豪快な人物がいたわけである。

では団塊世代より若い大人たちは、はたしてどれほどの人が「機会を与える立場」にいるだろうか。

中年世代のタレントが軍団を結成したという話は聞いたこともない。あらゆる業界に、第一線で活躍する壮年世代がいくらでもいるが、アメリカのタレントや実業家のように私財や自らの余暇時間をおおがかりなチャリティー活動に割いたという話は聞こえてこない。

ボランティアやチャリティー活動の世界には、プチブルないし富裕層の大人は大勢いるのだが、彼らは決められた範囲以上の利他的行動をとらない傾向がある。あくまで個人主義であり、自らのプライベートはかたくなに守っている。それでも、そうした活動に参加しているだけでマシだというのだから救いようもない。大半はそれすらせずに、稼いだ資産は私利私欲に満たすことにしか使っていないのだ。

昭和の時代のその辺の田舎の教師と、現代の富裕層では経済的な豊かさや暇は確実に後者の方がある。しかし、そこにはノブレスオブリージュは欠如しているのである。

引用元: 若者に機会格差をもたらした日本の中年世代の大罪 – グダちゃん日報.

ワールドカップに「一線を越える」ことの意味を見る : NED-WLT

15年間で急速に成長したわけです。で、僕は、この成長の背景にあるのはサッカーのテクニック向上だけではないと思っています。もちろんテクニック向上があったことは確実であり、選手たちの恐ろしいまでの努力があることは当然です。しかし、もう一つ重要なことがあると思うのです。

それは「一線を越える」という体験です。

「1998年にワールドカップに行けた」という事実は、日本のサッカー選手たちに、日本のレベルはワールドクラスであることを自覚させたはずです。色々と改善点はあるものの、日本のやり方が世界に通用するということが証明されたことは、非常に大きかったのではないかと思います。

「乗れなかった自転車に乗れるようになったようなもの」と言えば伝わりやすいでしょうか。あるいは「過去に一人も東大合格者を出していない高校」と「たった一人であっても東大合格者を出したことのある高校」との間には、大きな差があるというほうが良いかもしれません。

こうした差を生んでいるのは「努力が報われたという事実のあるなし」であり、それは「一線を越える」ということです。より正確には、自己効力感(self-efficacy)を形成するための達成体験があるかどうかです。

奇跡というものは、実際にそれを起こしてみれば「こんなものか」と感じられるものです。そして一度それを起こした人は、以降、同じ程度の奇跡であれば何度でも起こせるようになるのだと思います。

引用元: ワールドカップに「一線を越える」ことの意味を見る : NED-WLT.

先駆的な企業は競争に勝てない? 技術に酔いしれ…シャープ経営危機の本質+(2/2ページ) – MSN産経ニュース

コリンズによれば半導体大手インテルの初期がお手本になる。

70年代、インテルの創業者たちは「規律の伴わないイノベーションは破滅をもたらす」と肝に銘じ、現実を無視したイノベーション至上主義と一線を画していた。情熱あふれる技術者が夢物語を語って過大な期待を抱かせ、「妥当なコストで十分に信頼できる製品を顧客に送り届ける」という約束を果たせずに終わる-。こんな不安があったからだ。

コリンズが挙げるインテル成功の主因は、「インテル・イノベーツ(インテルはイノベーションを起こす)」ではなく、「インテル・デリバーズ(インテルは顧客の期待に応える)」なのだ。

日本企業がイノベーションで先駆的な役割を果たしながら、世界の覇者になれなかった分野は多い。モバイルインターネットで「iモード」のNTTはアップルに負け、電子書籍端末で「リーダー」のソニーはアマゾン・ドット・コムに負けた。

日本企業の間で根強く残る「モノづくり文化」では、イノベーションを担う技術者主導で物事が決まりがちだ。だが、自分の技術に酔いしれて市場の現実を軽視すると、企業として行き詰まることは珍しくないのである。

引用元: 先駆的な企業は競争に勝てない? 技術に酔いしれ…シャープ経営危機の本質+(2/2ページ) – MSN産経ニュース.

Tips for 転職 外資系転職求人サイト[ダイジョブ Daijob.com]英語を活かした仕事が満載 外資系、英語、バイリンガルの転職・求人情報、英文履歴書

Tips for 転職 外資系転職求人サイト[ダイジョブ Daijob.com]英語を活かした仕事が満載 外資系、英語、バイリンガルの転職・求人情報、英文履歴書: 以前、ダウンタウンの松本人志さんが、ラジオでこんなことを言っていました。

「売れ出した頃の芸人は、本当に忙しい。朝も昼も夜もなく、呼び出されたところに行かなければならないし、自分の時間など一切ない。でも、自分の名前を冠した番組が始まると、自分のペースで仕事をすることができる。収録場所や時間も、融通が利くようになってくる。そうなると、世間が思うほど忙しくはなくて、結構楽。自分の名前を冠した番組を持てるかどうか、この一線が分かれ道だと思う・・・」

今後も日本に製造業が必要な理由 – @fromdusktildawnの雑記帳

今後も日本に製造業が必要な理由 – @fromdusktildawnの雑記帳: だから、我々が目指すべきは、
「本質を外さない範囲でぎりぎりまで話を単純化して分かりやすくする」
ということであって、
その努力をギリギリまでやってそれでも「分かりにくい」と言われて叩かれるなら、
それはそれでしょうがないと諦めるべきであって、
「本質を外してまで分かりやすくする」
ということまでやって多くの人々の支持を得ようとするのは、
越えちゃいけない一線を踏み越えちゃってるな、と思うのです。

慶應MCC通信【てらこや】:プロフェッショナルの働き方

慶應MCC通信【てらこや】:プロフェッショナルの働き方: キャリア研究の世界的権威であるスタンフォード大学のクランボルツ教授の提唱する「計画的偶然性理論」によれば、キャリアの八割は予想外の偶発的な出来事によって決定されるとのこと。つまり、現代のような変化の激しい時代においては、想定外のことがかなりの確率で起こるので、事前の計画どおりものごとが進まないほうが、むしろ自然なのです。
 そう考えると、大事なのは目標を立てて効率的にそこに向かうことではなく、偶然のチャンスを引き寄せる日ごろの働き方や、偶然性を高める人間関係の構築に投資することのほうだといえます。
 同時に、現代社会では誰もが、好む好まないにかかわらず、人生のかなりの部分を仕事に費やさざるを得ないのですから、長期にわたって充実感と働きに見合 う収入を確保しながら、第一線で働くというイメージを持ち続けることも忘れてはならないのです。それは、プロフェッショナルとしての働き方を模索し続ける ことだと言い換えてもいいかもしれません。