タグ別アーカイブ: ローマ

フランシスコ法王がボーカル ロックアルバムの発売が明らかに – ライブドアニュース

訪米中のローマ・カトリック教会のフランシスコ(Francis)法王(78)のアルバムが近々発売されることが明らかになった。法王は、宗教指導者らの間でロックスターと呼ばれていたが、本物のロックスターになる日も近い。

11月27日にリリース予定のアルバムのタイトルは「Wake Up!(目を覚ませ)」で、法王は「リードボーカル」を務める。

アルバムには、アルゼンチン生まれのフランシスコ法王の祈りの言葉や発言が盛り込まれ、新たに作られた曲が収められている。

米誌ローリング・ストーン(Rolling Stone)は、フランシスコ法王が韓国を訪問した際に英語で行った演説をアレンジした「Wake Up! Go! Go! Forward!」と題されたシングルを初公開した。

同法王の声と群衆の拍手に、1970年代のロックをほうふつとさせるロックギターやキーボード、トランペットも加わる。

「寝ている者は誰も歌ったり、踊ったり、喜んだりすることはできない」とフランシスコ法王は曲の中で語っている。

アルバムのプロデューサーかつアーティストであるドン・ジュリオ・ネローニ(Don Giulio Neroni)氏は、同誌に対し、フランシスコ法王の言葉と現代音楽はよく合うと語った。

フランシスコ法王は近代において、欧州以外で生まれた初めての法王。保守的な性的モラルよりも社会の公正さを強調する同法王は、12億人のカトリック教徒以外からも幅広い支持者を獲得している。

ロック調のものは伝統的ではないが、歴代の法王もこれまでに演説や聖歌、礼拝の歌などを組み合わせたアルバムをリリースしている。

引用元: フランシスコ法王がボーカル ロックアルバムの発売が明らかに – ライブドアニュース.

陸上金メダリストの「女性化」にキレた米FOXニュースのご乱行 | アメリカ | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト

保守系の米報道番組FOXニュースは、やはりLGBTがお嫌いなようだ。陸上競技のオリンピック金メダリストで4月にトランスジェンダー(体と心の性が一致しない人)だとカミングアウトしたブルース・ジェンナーを、放送で侮辱しまくったのだ。

ジェンナーが女性的になるための整形手術を受け、ケイトリン・ジェンナーとなってファッション誌バニティ・フェアの表紙を飾ったのがよほど我慢ならなかったらしい(報道によると、ジェンナーは性転換手術はまだ受けていない)。FOXの男性キャスターたちは、カミングアウト後は自分のことを「ケイトリン」「彼女」と呼んで欲しいというジェンナーの希望をあざ笑うかのように、彼女を繰り返し「彼」と呼び、バニティ・フェアの表紙に「なんだよこれ!」と毒づいた。

解説者のチャールズ・ペインを紹介する際には、ふざけて「シャーリーン・ペイン」と女性名で呼んで笑いを取る始末。ジェンナーについての意見を求められたペインも「こんな時代だからね」と、現代を退廃したローマ帝国末期になぞらえた。

金メダリスト カミングアウトする前のブルース・ジェンナー(右)と当時の妻クリス(2009年) STEVE MARCUS-REUTERS

FOXほど悪質でなくとも、他のメディアも似たり寄ったりだ。AP通信はジェンナーを「彼」としてツイートし、後から削除。ニューヨーク・ポスト紙は「HERE "SHE" IS」(これが"彼女"だ)と揶揄した。

引用元: 陸上金メダリストの「女性化」にキレた米FOXニュースのご乱行 | アメリカ | 最新記事 | ニューズウィーク日本版 オフィシャルサイト.

CNN.co.jp : フォント変えれば数百万ドルの節約に、米14歳が政府に提言 – (2/3)

スヴィア君は、教師が配るプリントのサンプルを集め、最も頻繁に使用される5文字(e,t,a,o,r)に着目した。そして各文字が、ガラモン、タイムズ・ニュー・ローマン、センチュリー・ゴシック、コミック・サンズの4つの書体でどのくらいの頻度で使用されているかを図表にし、市販のソフトを使って各文字に使用されるインクの量を調べた。さらに、異なる書体で書かれた同じ文字を拡大印刷し、各書体で使用されるインクの量をグラフ化した。

その結果、ガラモンを使用することにより、学区全体のインクの消費量は24%減り、年間2万1000ドルものインク代が節約できることが分かった。

引用元: CNN.co.jp : フォント変えれば数百万ドルの節約に、米14歳が政府に提言 – (2/3).

CNN.co.jp : 聖職者384人が解任・辞職、児童への性的虐待で バチカン

ローマ法王庁は17日、子どもへの性的虐待が原因で2011、12両年に教会から解任処分などを受けた聖職者は384人に達したことを明らかにした。バチカンで性的虐待問題の調査を指揮していたチャールズ・シクルナ司教が発表した。

ベネディクト16世が法王だった両年に聖職を離れた人数は、米AP通信が17日に最初に報道。バチカンは当初、この記事に疑問を呈していたが、報道担当者が17日に一転して事実と認めた。

シクルナ司教によると、384人には自主的に聖職を放棄したり、追放処分を受けたりした者がいる。

CNNの取材に応じた同司教によると、11年に性的虐待が原因で解任されたのは125人、自主的に辞めた者は135人だった。12年の場合はそれぞれ57人と67人だった。

11年に人数が増えた原因は不明としている。

引用元: CNN.co.jp : 聖職者384人が解任・辞職、児童への性的虐待で バチカン.

「群れ」の科学 « WIRED.jp

天気のよい冬の夕方、この黒い小鳥はローマの日没の空に群れ集い、帆がはためくような音を立てて飛び回る。そこにハヤブサが襲いかかると、ムクドリは一斉にハヤブサをかわす。ハヤブサが見えるはずのない離れた場所を飛んでいるムクドリまでがそうするのだ。どうなっているのだろう?

イタリアの物理学者アンドレア・カヴァーニャは、美術館の冷たい屋根に設置した3台のカメラで数千羽のムクドリを撮影し、コンピューターで鳥たちの動きを三次元的に再現することでその秘密を解いた。

伝言ゲームを思い浮かべてもらえばよいが、個体から個体へと情報を伝達するシステムでは、そのたびにノイズが入って情報の質は低下する。だがカヴァーニャの発見によると、ムクドリはいわば「スケールフリー」的に動くらしい。1羽が向きを変えると群れ全体が向きを変える。1羽が速度を上げると群れ全体が速度を上げる。その規則は単純だ。簡単に言えば、近くの6羽とだけぶつからないように動きを合わせる、ということだ。

こうすると情報の劣化がずっと抑えられるため、個々のムクドリの知覚が群れの隅々にまで拡大され、群れ全体がひとつの動きを取るようになる。

引用元: 「群れ」の科学 « WIRED.jp.

CNN.co.jp : ローマ法王フランシスコ、「かつてバーの用心棒だった」

ローマ法王フランシスコがこのほどローマ郊外の教会で信者を前に、自分はかつて出身国のアルゼンチンでナイトクラブの用心棒をしていたと告白した。

フランシスコ法王は用心棒のほかにも、床の清掃や化学研究所での実験に携わっていたこともあると打ち明けた。作家のクリストファー・ロウニー氏によると、アルゼンチンの枢機卿だった当時は午前5時半に起床して神父たちの衣類の洗濯をしていたという。

用心棒だった過去については多くを語らなかったものの、文学や心理学を教えていたことが、教会に来る信者を増やした経緯などについて語ったとカトリック系メディアは伝えている。

フランシスコ法王は先に、教会改革を呼びかけた「福音の喜び」の中で、「閉じこもって安全にしがみつく不健康な教会よりも、街に出て打たれ、傷つき汚れた教会の方がいい」と訴えていた。

引用元: CNN.co.jp : ローマ法王フランシスコ、「かつてバーの用心棒だった」.

いつ来るか分からない15分のために常に準備をしているのがプロ、デザイナー奥山清行による「ムーンショット」デザイン幸福論 – GIGAZINE

個人力の日本、団体力のイタリアというタイトルを見ると、「逆じゃないの?」「個人力のイタリアで団体力の日本じゃないの?」と思うかもしれませんけれど、イタリアというのは実は全く逆でして、イタリアというのは実はご存じのようにワールドカップとか、それからいろんな、例えばフェラーリのようなブランド企業をゼロから作り上げたりとか、その陰にある力というのは実はローマ時代から伝わる、いわゆる民主主義の元を作った彼らの団体力なのです。イタリア人の個人個人も非常に個性のある人たちが多いですけれども、その何というか、味が強い野菜が集まってもっと面白い料理ができるように、イタリアは非常にその団体で行動をするというのが僕が想像していたよりもはるかに得意でした。

引用元: いつ来るか分からない15分のために常に準備をしているのがプロ、デザイナー奥山清行による「ムーンショット」デザイン幸福論 – GIGAZINE.

「もしもし、法王です」 伊北部の学生に直電 – MSN産経ニュース

「もしもし、法王のフランシスコです」。イタリア北部パドバに住む学生ステファノ・カビツッア君(19)が、法王から直接電話をもらい、地元メディアに「人生最高の日になった」と感動を語った。庶民派として知られる法王は友人らにちょくちょく電話することで知られている。 ステファノ君は今月、家族とローマ郊外で開かれた法王のミサに参列。その際に関係者に法王宛ての手紙を託した。数日後、法王から自宅に電話があったという。約8分間の会話で法王は「友達同士で敬語はやめよう。キリストと使徒たちも敬語では話さなかった」と打ち解けた態度だった。ステファノ君は「法王の謙虚さと信者との距離の近さを感じた」と話した。 アルゼンチン出身の法王は3月に選出された後、ブエノスアイレスの新聞店に自ら電話し、新聞購読の契約打ち切りを伝えたことで知られる。今月初めにも、兄を殺害されたイタリア中部ペサロ在住の男性に慰めの電話をかけたと報じられた。

引用元: 「もしもし、法王です」 伊北部の学生に直電 – MSN産経ニュース.

朝日新聞デジタル:思わず、本音ポロリ 「法王になりたくなかった」 – 国際

「法王になりたかったですか」という質問に、法王は「私はなりたくなかった」と打ち明けた。同時に「なりたがる人を、神は祝福しないんです」とも話し、法王に選ばれたコンクラーベでのやりとりを示唆した。 法王宮殿ではなくバチカン内の質素な宿泊施設で暮らしていることについても、「一人は寂しい。みんなと一緒にいたいんです。心の健康のために」と答え、冗談めかしながらも、11億人の信者を抱えるローマ・カトリック教会トップの孤独な立場をうかがわせた。

引用元: 朝日新聞デジタル:思わず、本音ポロリ 「法王になりたくなかった」 – 国際.

国家が衰退するムード|外資系 戦略コンサルタントの着眼点

国家が衰退するムード|外資系 戦略コンサルタントの着眼点: ギリシャやローマが衰退した最大の理由は「気力の喪失」であったと古典学者であるギルバート・マーレーが喝破し、イギリスが衰退した重要な要因は「精神的な活力の衰え」だったと中西輝政氏は著書で述べているように、国民の気力や精神力は、国家の存亡に大きく影響を与えます。

今の日本は、当時のギリシャやローマ、大英帝国と同じようなムードに支配されつつあるのではないかと不安になります。

ただでさえ多くの日本国民が自信を喪失しつつあるなか、せめて自分たちの世代は、チャレンジを忘れないようにしたいと思うのです。