タグ別アーカイブ: ローカライズ

あらゆる部屋を没入型ゲーム空間に変えるテクノロジー「RoomAlive」(動画あり) « WIRED.jp

マイクロソフトは、あらゆる部屋を没入型のインタラクティヴなゲーム空間に変えてしまう実験的技術「RoomAlive」を披露した。

RoomAliveは、マイクロソフトが2013年に披露した「IllumiRoom」が基になっている。IllumiRoomは、「Kinect」モジュールとプロジェクターを使い、没入型の画面をつくるディスプレイ技術だ。

最新の概念実証であるRoomAliveでは、インタラクションがより強化されており、連続した同じ物理環境に存在する拡張コンテンツをタッチしたり、撃ったり、かわしたりできる。これを可能にしているのは、プロジェクターとデプスカメラを組み合わせた「プロカム」(procam)だ。

以下の動画で、最初のデモゲームはモグラ叩きだ。部屋でモグラを追いかけ、手やガンでやっつけて消す。次のゲームでは、ヴァーチャル・キャラクターを操作して部屋の中で移動させている。最後のゲームでは、壁から発射されるダーツをかわす。

安価なプロカムがそれぞれ自動で較正とローカライズを行うので、専門家による設置は必要ない。コンテンツが3Dに見えるように、RoomAliveはプレイヤーの頭部をトラッキングして、プレイヤーの視点からの見え方が考慮されたかたちで、コンテンツをレンダリングする(アマゾンの「Fire Phone」でも、同様の技術(オムロンの顔追跡技術)が使われている(日本語版記事))。

RoomAliveのプロジェクションマッピング技術では、プロカムを個別でも組み合わせても利用できる。ほかのプロジェクションマッピングコンテンツとは違い、コンテンツを部屋のサイズと色にリアルタイムでダイナミックに合わせることが可能なので、デザイナーは使われる空間やサイズを考えずにゲーム開発に取り組むことができる。

「Oculus Rift」などのヘッドマウントディスプレイによる没入型ゲーム体験に代わる面白い体験であり、マイクロソフトがこれをどう発展させるのか、見守っていきたい。

引用元: あらゆる部屋を没入型ゲーム空間に変えるテクノロジー「RoomAlive」(動画あり) « WIRED.jp.

Solaris 10 Feature Spotlight: Solaris ゾーン

Solaris ゾーン機能は、FreeBSD Jails と同じ基本概念に基づいています。 FreeBSD Jails と Solaris ゾーンのどちらでも、実行環境のそれぞれのビューはお互いに完全に隔離され、ある環境にあるプロセスは別の環境にあるプロセスにシグナルを送出できず、そのプロセスを参照することさえできません。 Jails とゾーンでは、1 つのインスタンスのオペレーティングシステムだけが共有されるため、CPU が 1 つしかないマシンでも、複数の実行環境が共存できます。

ゾーンには、グローバルゾーンと非グローバルゾーンの 2 種類があります。 Solaris ゾーン機能が有効になっているマシンには、1 つのグローバルゾーンと最大で 8191 の非グローバルゾーンがあります。 1 台のマシンで使用できる最大ゾーン数は、そのマシンのハードウェアリソースによって決まります。 それぞれのゾーンには、起動時に ID が割り当てられます。 グローバルゾーンの I D は常に 0 になり、起動可能な Solaris カーネルはグローバルゾーンだけに収容されます。 すべてのデバイス、ファイルシステム、他のゾーンを認識できるのはグローバルゾーンだけです。 また、グローバルゾーンは、非グローバルゾーンの設定、インストール、管理を行える唯一のゾーンでもあります。

非グローバルゾーンには、グローバルゾーンにインストールされた Solaris OS のサブセットが収容されます。 さらに、グローバルゾーンにインストールされていないパッケージも組み込むことができます。 それぞれの非グローバルゾーンには、そのゾーンに関連するインストール済みのソフトウェアパッケージを記録した専用のパッケージデータベースがあり、グローバルゾーンや他の非グローバルゾーンとの間でパッケージの情報は共有されません。 非グローバルゾーンには、ローカライズされた設定情報や、他のゾーン固有のファイルやディレクトリも含まれています。

引用元: Solaris 10 Feature Spotlight: Solaris ゾーン.

世界の「英語化」はいいこと? EF Englishtown CEOに訊く語学教育の最前線と「言葉の未来」 « WIRED.jp

モバイルデヴァイスが、英語学習において大きな役割を果たすのではないか、とわたしたちは期待をもっています。わたしたちは人の習慣というものがどうやって生成されていくかをリサーチしていますが、習慣化というサイクルのなかにうまく英語を組み込んでいくことができれば、よりストレスなく英語が上達するのではないかと思っています。教材を小さく分断して、日々の暮らしのなかのあちこちに埋め込んでいくことで、学ぶ意識をもたずに学んでいけるといったやり方です。

ただ、そのことによってトータルな学習時間が減るかどうかは未知数です。細切れにしたものを合わせると結局は、これまでと同じだけの時間を費やしていることになるかもしれません。学習時間の短縮ということで言えば、重要なのはむしろ学習内容のクオリティです。英語を学ぶ際に、普段話している母国語がいったいどのようなバイアスをかけているか、といった研究はいまだ十分にはなされていません。日本人と中国人の英語の理解の仕方の違いについて専門家ですらきちんと述べることができないのです。わたしたちは、そうした研究を行うべく、ケンブリッジ大学、ハーヴァード大学、モスクワ大学、北京大学の4つの大学と連携して研究を行っています。こうした研究を通して、英語学習をいかに効率的にローカライズできるのか日夜研究しているのです。そのことによってより短時間で効率的で、エレガントな学習が可能になるのではないかと考えています。

引用元: 世界の「英語化」はいいこと? EF Englishtown CEOに訊く語学教育の最前線と「言葉の未来」 « WIRED.jp.

お〜いお茶から学ぶメイドインジャパンの海外展開【インタビュー】角野賢一氏 – 伊藤園米国西海岸マネージャー | freshtrax | btrax スタッフブログ

ナチュラルにローカライズされたモノよりも、どこかエキゾチックで変わっているお〜いお茶の方が目に留まったんだと思います。

加えて、ここシリコンバレーには本物志向の人が多く、ローカライズされた商品よりもそのままの味を好んだのではないかと思います。そうしたユーザーエクスペリエンスから、お〜いお茶がトレンドになるのではと思ったので、そちらをよりセールスしました。

引用元: お〜いお茶から学ぶメイドインジャパンの海外展開【インタビュー】角野賢一氏 – 伊藤園米国西海岸マネージャー | freshtrax | btrax スタッフブログ.

お〜いお茶から学ぶメイドインジャパンの海外展開【インタビュー】角野賢一氏 – 伊藤園米国西海岸マネージャー | freshtrax | btrax スタッフブログ

ローカライズに関しては、商品だけを変えるだけではないと思うんですよ。飲食業界においてローカライズというと、味をその国の好みにあわせたりするというようなイメージしかもたれていない気がしますが、それだけではないんです。商品が本質をついたモノであれば、後は売り方や、広げ方を上手く行えば広まると思います。だから、そう考えると商品のディストリビューション方法や提供するユーザーエクスペリエンスをそれぞれの土地に合わせてローカライズするということは、本来の味をローカライズすることと同じぐらい重要になってきます。

引用元: お〜いお茶から学ぶメイドインジャパンの海外展開【インタビュー】角野賢一氏 – 伊藤園米国西海岸マネージャー | freshtrax | btrax スタッフブログ.

第1回: なぜひどい品質の翻訳が世に出てしまうのか?(予算編) – 『LYEのゲーム翻訳地獄道』ブログ|ファミ通.com

第1回: なぜひどい品質の翻訳が世に出てしまうのか?(予算編) – 『LYEのゲーム翻訳地獄道』ブログ|ファミ通.com: Blizzard 創設者 マイク・モーハイム氏が「うちは、ローカライズ版を遊んでくれるユーザーが自国産のゲームだと思ってもらえるようにローカライズする」という理念を語った