タグ別アーカイブ: ユダヤ人

LGBT差別を許容したい|レアジョブ英会話 会長の日記 ~ Chances for everyone, everywhere. ~

「ニューヨークに行ったときに思ったんだけれどさ、ここは本当に生きていくのが楽だと思ったんだ」

ニューヨークに行ったことのない僕は、それはなぜですか、と尋ねた。

「ニューヨークがすごいのは、ジャップとかイエローとか、人種差別する人がいないからじゃない。

人種差別することも一つの個性だと認められていることがすごいんだ」

わかるような、わからないような話だった。

そのはみ出している元同僚、正確には元先輩は、続けて言った。

「ただし、人種差別するような人はそれ相応の場所でしか生きられない。いわゆるエクセレントカンパニーで昇進していくといった人生は難しい。そういったリスクリターンも含めて、あるがままを受け入れてくれる。それがニューヨークのすごさだ」

僕はその話を聞いて、学生時代に読んだ落合信彦の本「アメリカよ、あめりかよ」の話を思い出した。

・・・・・・・・・・

あるときアメリカで、ネオナチの男が、「ユダヤ人は全員収容所送りにすべきだ」と言った。

当然物議をかもし、裁判に訴えられた。

その男の弁護を買って出たのが、なんとユダヤ人の腕利き弁護士だった。

やがてその男と弁護士は裁判で勝った。

判決後のメディアインタビューで、男は弁護士にこう言った。

「今回勝たしてくれたことについて、お前に大変感謝している。

しかしオレはお前やその家族が収容所に送られるべきだと今でも思っている」

すると弁護士はその男にこう言った。

「あなたのその意見は心から軽蔑する。

しかしあなたがそれを言う権利は、命をかけて守る。」

・・・・・・・・・・

以上はうろ覚えなので細部は間違っているかもだが、

最近、元ネタがあるのだと教えてもらった。

ヴォルテール

 “I disapprove of what you say, but I will defend to the death your right to say it”

(私はあなたの意見には反対だ、だがあなたがそれを主張する権利は命をかけて守る)

引用元: LGBT差別を許容したい|レアジョブ英会話 会長の日記 ~ Chances for everyone, everywhere. ~.

エルサレム市長 通り魔にタックル NHKニュース

中東・エルサレムの路上でパレスチナ人の男がユダヤ人をナイフで刺す事件があり、その場を通りかかったエルサレム市長がみずから男をタックルして取り押さえ、男は逮捕されました。

エルサレム中心部の市庁舎に近い路上で22日、パレスチナ人の18歳の男が通行人のユダヤ人の男性を突然ナイフで刺しました。

このとき偶然、現場を通りかかったエルサレム市のバルカト市長が、ボディーガードと共に犯人を取り押さえ、男はその後、警察に逮捕されました。

襲われた男性はけがをしましたが、命に別状はないということです。

監視カメラの映像には、男が信号待ちをしている男性を一回刺したあと、再び襲いかかるようなそぶりを見せ、白いシャツを着たバルカト市長がボディーガードと共に男の前に歩み寄ったあと、タックルして取り押さえる様子が捉えられています。

イスラエル軍でパラシュート部隊に所属した経験を持つ55歳のバルカト市長は、記者会見で「ボディーガードが銃を男に向け構えたところ、男がナイフを手放したので、すぐにタックルした」と振り返りました。

エルサレムやその周辺の地域では、イスラエルとパレスチナの緊張の高まりなどを背景に、去年以降パレスチナ人とユダヤ人双方による襲撃事件が相次いでいます。

引用元: エルサレム市長 通り魔にタックル NHKニュース.

『ウクライナの地を買うユダヤ人』 | 北尾吉孝日記

この間あるスイス人投資家と話しをする機会があったのですが、その時彼から聞いた話で面白いと思ったのは、「多くのJewishの集団がオデッサに土地を買いに行っている」というものです。

此のオデッサというのは、一昨日大統領選が行われたウクライナ南部の黒海沿岸の割合風光明媚な保養地でありますが、そこで「今月2日、親欧米の暫定政権を支持する住民らとロシア系住民らが衝突し、労働組合の建物で火災が発生して40人以上が死亡した」という事件が起こりました。

つまりJewishの多くは、今回の騒ぎの中で非常に値段が下がったオデッサの土地を「買い」だとして実際そこに行っていたというわけですが、私はその話を聞いていて「米ゴールドマン、ロシア不動産会社に1億ドル出資」(14年5月7日)というニュースを思い出し、「なるほど。同じJewishの考えることはやっぱり似ているんだなぁ」と再認識した次第です。

要するに、あれだけマネーにセンシティブで嗅覚の鋭いJewishの連中は、戦争が永続的に行われねば大きく下落した不動産の価値なぞまた直ぐに上昇すること、そしてまた、現下の戦争としてシアリアスなものは起こり得ないと、きちっと感じ判断を下しているのだと思われます。

引用元: 『ウクライナの地を買うユダヤ人』 | 北尾吉孝日記.

CNN.co.jp : 通行人を殴る「ノックアウト・ゲーム」が流行、死亡例も 米 – (1/2)

ニューヨーク(CNN) 米国の若者らの間で通行人をいきなり殴りつける「ノックアウト・ゲーム」という行為が流行し、捜査当局が警戒を強めている。被害者が死亡した例もあるという。

流行しているのは、見知らぬ相手を「一発で気絶させる」ゲームとされ、ニューヨークやイリノイ、ミズーリ、ワシントンなどの各州で報告されている。

ニュージャージー州では9月、1人で歩いていたホームレスの男性が後ろから襲われた。もともと脳に損傷を負っていた男性はけいれん発作を起こして倒れ、近くにあった鉄製フェンスが体に刺さって死亡した。現場の防犯カメラには、十代の若者3人が走り去る姿が映っていた。3人は2週間後、警察に拘束された。

今月22日には、ニューヨーク・ブルックリンの路上で殴打事件が発生。警察は暴行による憎悪犯罪などの疑いで28歳の男を逮捕した。市内では同様の「ノックアウト」が今秋だけで7件報告されている。警察によると、特にユダヤ人を狙ったとみられるケースが目立ち、子どもが襲われるケースも多いという。

引用元: CNN.co.jp : 通行人を殴る「ノックアウト・ゲーム」が流行、死亡例も 米 – (1/2).

アシュケナジム – Wikipedia

アシュケナジムとセファルディムは、今日のユダヤ社会の二大勢力である。イスラエルでは一般に、前者がヨーロッパ系ユダヤ人、後者が中東系ユダヤ人を指す語として大雑把に使われる場合があるが、これはオスマン朝からイギリス委任統治期を経てイスラエル共和国建国後に至るユダヤ教の宗教行政において「オリエントのユダヤ教徒」(Yahudei ha-Mizrah)がセファルディムの主席ラビの管轄下に置かれていたことに起因する[2]。しかし、それ以前の歴史や人種的にはっきりしたことは不詳で、現在も論争がたえない。

引用元: アシュケナジム – Wikipedia.