タグ別アーカイブ: ムーアの法則

ムーアの法則が、スタートアップの成功あるいは死を意味する理由 | TechCrunch Japan

「私の考えは、ます製品や何かをしたい領域を決め、それが理にかなっているなら、新たな事業を始める。つまり、今日の多くの起業家はものごとに逆のアプローチをしているように思える。彼らは新しい会社を起こすことを決め、それから利用できるアイデアを探し始める。それが大成功することもある、例えばGoogleのように。多くの場合、線香花火のように、短期間成功したあと他の何かに取って代わられる。もし私が現在および未来の起業家にアドバイスを贈るとすれば、今やろうとしていることを元に長期的事業を作る方法を探しだすことだ ー 短期的成功だけでなく。

引用元: ムーアの法則が、スタートアップの成功あるいは死を意味する理由 | TechCrunch Japan.

LINEの暗号化について « LINE Engineers’ Blog

この事例では、一般的なPCとES2という日本のスーパーコンピュータを利用して暗号を解読するのにかかる時間を推定したところ、一般のPCを使用した場合は、RSA-1024より弱い暗号を使用した場合でも最低2000年以上かかることがわかりました。スーパーコンピュータのすべてのリソースを使用した場合でも、RSA-1024の暗号に使用されたキーデータを見つけるのにおよそ10年ほどかかるといいます。(スーパーコンピュータに存在する640個のノードをすべて使用した場合)

実際、LINEではRSA-1024よりさらに強化された暗号RSA-2048を使用しているため、暗号を強制的に解除するのはさらに難しいといえます。

しかし、問題はまだ残っています。それはPCの演算能力です。時間が経つほど性能が向上するため(1.5年で2倍ずつ向上:ムーアの法則)、既存の暗号方式はいつかは破られるだろうというものです。したがって、ある時点でさらに強力な暗号方式に変える必要があります。参考までに、RSA-1024暗号化方式は2019年までの使用が推奨されているため、現在の状況では安全な方式だといえますが、日々変化している暗号化解読技術やPC性能向上により、また状況は変わるかもしれません。

引用元: LINEの暗号化について « LINE Engineers' Blog.

ムーアの法則は2020年で終了 | スラッシュドット・ジャパン ハードウェア

Colwell氏はムーアの法則が終わる日が来る一番早い時期として2020年を選び、「2022年とすることもできるが、それが7nmなのか5nmなのかが重要だ」と述べたとのこと。EE Timesの記事では、リソグラフィ技術の進歩に陰りがみられ、プロセスの微細化が限界に近づいているという技術的な要因と共に潤沢な開発資金を得られるか不透明という経済的な問題も示唆されている。

引用元: ムーアの法則は2020年で終了 | スラッシュドット・ジャパン ハードウェア.

収穫加速の法則 – Wikipedia

収穫加速の法則と技術的特異点の到来

カーツワイルの唱えた収穫加速の法則は、技術革新のスピードに関する法則性だけを射程に入れたものではなく、広義の有用な情報量と定義される秩序とカオスと時間の関係の一般法則の下位法則として位置づけられている。これはエントロピー増大の法則を考慮にいれたもので、宇宙の秩序増大に関する法則性を射程に入れたものである。カーツワイルの定義によれば、収穫加速の法則は

“ 秩序が指数関数的に成長(英語版)すると、時間は指数関数的に速くなる — つまり、新たに大きな出来事が起きるまでの時間間隔は、時間の経過とともに短くなる。 ”

というものである。

また収穫加速の法則は、生命進化のプロセスにも適用されており、DNAの成立、生殖という発明、発明を作る発明としての人間の誕生などを一元的に捉え、ムーアの法則によって示されたような秩序を増大させる技術革新はトランジスタ製造技術の枠を超えて継続するという主張を展開した。

PPTMooresLawai.jpg

このプロセスの継続により、人間の脳の能力を数値化した際に、早ければ2020年代前半、遅くとも2045年ぐらいにその数値をコンピュータの能力が追い越すことから、カーツワイルは「シンギュラリティ(技術的特異点)は近い」と結論付けた。

引用元: 収穫加速の法則 – Wikipedia.

技術的特異点 – Wikipedia

技術的特異点は、「強い人工知能」や人間の知能増幅が可能となったとき出現する。フューチャリストらによれば、特異点の後では科学技術の進歩を支配するのは人類ではなく強い人工知能やポストヒューマンであり、従ってこれまでの人類の傾向に基づいた人類技術の進歩予測は通用しなくなると考えられている。

この概念は、数学者ヴァーナー・ヴィンジと発明者でフューチャリストのレイ・カーツワイルにより初めて提示された。彼らは、意識を解放することで人類の科学技術の進展が生物学的限界を超えて加速すると予言した。意識の解放を実現する方法は、人間の脳を直接コンピュータネットワークに接続し計算能力を高めることだけに限らない。それ以前に、ポストヒューマンやAI(人工知能)の形成する文化が現生人類には理解できないものへと加速度的に変貌していくのである。カーツワイルはこの加速度的変貌がムーアの法則に代表される技術革新の指数関数的傾向に従うと考え、収穫加速の法則(Law of Accelerating Returns)と呼んだ。

特異点を肯定的に捉えその実現のために活動する人々がいる一方、特異点は危険で好ましくなくあってはならないと考える人々もいる。実際に特異点を発生させる方法や、特異点の影響、人類を危険な方向へ導くような特異点をどう避けるかなどが議論されている。

引用元: 技術的特異点 – Wikipedia.

理論物理学者のカク・ミチオ氏。ムーアの法則はこの10年で終わり、次は分子コンピュータとの見通しを語る - Publickey

理論物理学者のカク・ミチオ氏。ムーアの法則はこの10年で終わり、次は分子コンピュータとの見通しを語る - Publickey: カク博士は、ムーアの法則が熱と量子力学的な微細化の限界に近づきつつあると説明します。現在のプロセッサの回路は原子20個分の幅しかなく、これが5個になると、熱によってチップが溶ける、あるいは量子論に支配されて電子の位置が決定できなくなり、電子が回路の中にあるのか、外にあるのか分からなくなるため、シリコンによる回路の微細化に限界がくると。

理論物理学者のカク・ミチオ氏。ムーアの法則はこの10年で終わり、次は分子コンピュータとの見通しを語る - Publickey

理論物理学者のカク・ミチオ氏。ムーアの法則はこの10年で終わり、次は分子コンピュータとの見通しを語る - Publickey: ではシリコンの先には何があるのでしょう。タンパク質コンピュータ、DNAコンピュータ、光コンピュータ、量子コンピュータ、分子コンピュータなどの名前が挙がります。

金融日記:過剰と破壊の経済学 「ムーアの法則」で何が変わるのか? 池田信夫

金融日記:過剰と破壊の経済学 「ムーアの法則」で何が変わるのか? 池田信夫: しかしこのイノベーションは全ての人を幸せにするわけではない。情報産業の主役を大企業から一人ひとりのユーザーに移したこの破壊的イノベーションは、ITで武装した個人が直接グローバルにつながる世界を実現した。この極めて民主的な世界は平等なユートピアとは程遠く、既存の権威や肩書きが意味を失い、すべての個人が対等に競争を強いられ、情報処理能力の優劣で所得格差が拡大していく孤独な世界なのだ。