タグ別アーカイブ: ボーイング

ボーイング787に248日問題、電源停止で制御不能の恐れ – Engadget Japanese

米国の連邦航空局がボーイングに対して、旅客機 Boeing 787 " Dreamliner " の電源系を少なくとも248日ごとに再起動することを求める耐空性改善指令を出しました。

理由はボーイング787の電源系を制御するソフトウェアに不具合があり、248日を超えて稼働し続けると動作を停止してしまい、機体の制御が不可能になる危険性があることから。

248日以内の再起動が必要な理由について、FAAの改善指令では「ソフトウェアの問題」としか形容していないものの、『248日』はコンピュータやエレクトロニクス製品でたまに見かける数字です。

サーバやルータなど長期間の連続駆動が想定される機器で問題となる248日問題は、連続稼働時間などを記録する内部のカウンターに符号付き32bit整数を使ったため、2の31乗(2147483648) / 10ミリ秒単位カウントで2147万4836秒、日にして248.551日で溢れてしまい、想定外の動作を引き起こす現象のこと。符号なしで二倍の『497日問題』のほうは、Windows Server 2008 や Windows Vista, 7 でも話題になりました。

ボーイング787の場合は248日を超えて通電し続けると発電機を制御するシステムがセーフモードに入り、一斉にAC電源が落ちて飛行中ならば制御不能になる恐れがあるとされています。ボーイングはこの問題を解決するパッチ提供に向けて作業中ですが、適用の時期などは明らかになっていません。

引用元: ボーイング787に248日問題、電源停止で制御不能の恐れ – Engadget Japanese.

ボーイングがSF風「プラズマシールド」を考案。爆発の衝撃波を減衰させる技術で特許取得 – Engadget Japanese

ボーイングが、爆発で発生する衝撃波をやわらげる防御技術を開発し特許を取得しました。この技術は近くで発生した爆発による衝撃波を、電磁的に発生させたアークプラズマによって減衰させ、人体への影響を減らすことを目的としています。

しくみをおおまかに説明すると、まず近くで発生した爆発を検知したセンサー装置が、その方向と距離を算出してアーク生成装置に送ります。そして信号を受けたアーク生成装置は即座に爆発の方向に対して強力な電磁波によるアークプラズマを発生させます。

アークプラズマが発生している部分は温度や空気の密度に変化が生じ、衝撃波が伝わりにくくなります。つまり目に見えない防護幕が生成された状態となるわけです。ボーイングはこのしくみにより衝撃波は対象物に到達する前に減衰され、考えられる有害な影響を軽減できるとしています。

ボーイングはまた、このシステムが実用化できれば軍用車両や建造物への装備のほか、ひとかたまりで行動する軍人または一般人保護のため利用したいと考えており、今後は別ユニットとなっているセンサーとアーク発生装置の一体化を計画しています。

なお、この技術はあくまでも衝撃波の軽減を目的としたものであり、爆弾の炸裂とともに飛散する破片などの「物体」を止めることはできません。

引用元: ボーイングがSF風「プラズマシールド」を考案。爆発の衝撃波を減衰させる技術で特許取得 – Engadget Japanese.

転職なら「訓練費返還を」 スカイマーク、操縦士を提訴:朝日新聞デジタル

「教育訓練費」とは何か。航空会社のパイロットは操縦士の国家資格に加え、機種ごとに国のライセンスがいる。さらに各社ごとに社内訓練があり、副操縦士になるには社内の審査、機長になるには国の審査に合格する必要がある。それぞれ一定の飛行時間も求められる。

スカイマークが訴えている裁判の記録によると、国家資格を持って2011年に入社した40代の男性パイロットは、7カ月の社内訓練でボーイング737型機のライセンスを取り、副操縦士の審査に合格。同8月の人事発令で副操縦士の乗務を始めた。さらに訓練を受けて国の機長審査に受かり、13年8月には機長に昇格。だが14年2月に退職し、国内の別の航空会社に移った。

同年4月、スカイマークは、副操縦士の人事発令から3年以内に自己都合で退職した場合は教育訓練費を請求する、と定めた就業規則などに基づき、男性に約407万円を返すよう求めて東京地裁に提訴した。

引用元: 転職なら「訓練費返還を」 スカイマーク、操縦士を提訴:朝日新聞デジタル.

米軍の極秘シャトル、周回軌道から22か月ぶりに帰還 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News

米軍の最高機密とされる無人シャトル「X-37B」が、22か月間にわたる地球周回を終え、米カリフォルニア(California)州バンデンバーグ空軍基地(Vandenberg Air Force Base)に現地時間17日午前9時24分(日本時間18日午前1時24分)、帰還した。米軍は現在もX-37Bのミッションは極秘だとしている。 X-37Bは米航空宇宙大手ボーイング(Boeing)製で、全長約8.8メートル、翼幅約4.6メートル、重量約5トン。スペースシャトルを小さくしたような外観を持ち、音速の25倍で飛行できる。往路はロケットに積載されて打ち上げられ、ミッションを完了した後には飛行機のように帰還する。ただし、米航空宇宙局(NASA)のスペースシャトルとは異なり、後部には1個ではなく2枚のスタビライザー(安定板)がV字型に取り付けられている。 2010年に初めて打ち上げられたときには約8か月間、2回目は15か月以上、周回軌道上で活動した。3回目のミッションとなる今回は2012年12月11日に打ち上げられ、活動期間は過去最長となった。 帰還を受け、米軍第30宇宙航空団(30th Space Wing)のキース・ボールツ(Keith Balts)団司令は「一丸となって3回目となる着陸を無事成功させることができ、われわれのチームを誇りに思う」と語った。 専門家の間では、X-37Bは他国衛星に対するものを含め宇宙からの%2

引用元: 米軍の極秘シャトル、周回軌道から22か月ぶりに帰還 写真3枚 国際ニュース:AFPBB News.

本物の飛行機で作られたホテル – 革新的発明と製品情報

中米のコスタリカに位置するホテル。本物の飛行機「ボーイング727」を、外装から内装までリフォームし、ベッドルーム、バスルーム、キッチン、ダイニング、テラスなどを完備した宿泊施設を作り上げた。機体が宙に浮かぶように見えて、室内から大自然を十分に満喫することができる。その他の客室や屋外プールなども揃って、1度泊まったら忘れられない思い出になりそう。

引用元: 本物の飛行機で作られたホテル – 革新的発明と製品情報.

航空機リースのエアリースが好決算  – Market Hack

エアリースのCEOであるスティーブン・ウドヴァ・ヘイジーは1973年にILFCを立ち上げ、そもそも航空機リースという概念を確立した人でもあります。その関係で、業界のウラのウラまで知り尽くしています。

エアリースはボーイングやエアバスの上得意の顧客であり、メーカーから直接、旅客機を購入します。

他のリース会社は先ず商売相手の航空会社がメーカーから新品の飛行機を買い、それをリース会社に売却してから、そのリース会社から自分が購入した新品の飛行機をリースする……そういうやり方の商売をします。これだと顧客は固定しており、リース会社は単にバランスシートを航空会社に貸しているに過ぎないのです。

エアリースの場合、先ず自分で旅客機を購入してから、それを誰に貸すかを決めます。これだと一番有利な相手に旅客機を貸し出せるわけです。言い直せばリース会社が顧客を選ぶのであって、航空会社がリース会社を選ぶのではないということです。

2013年末の時点でエアリースは193機の旅客機を保有しています。機体の平均年齢は3.7年と極めて若いです。

一方、327機の旅客機を既にメーカーに対して発注しており、納品は2023年までスケジュールが詰まっています。こうして納品された新品の旅客機を、どんどん世界の航空会社に貸し出してゆくのがエアリースの仕事なのです。

引用元: 航空機リースのエアリースが好決算  – Market Hack.

機内でスマホ、常時OKに 今夏解禁、通話禁止は継続:朝日新聞デジタル

国土交通省は今夏をめどに、飛行機内でスマートフォンやタブレット端末などの電子機器を常時使えるよう規制を緩和する。これまでは離着陸時の使用を制限してきたが、乗客のニーズが高まる中、欧州と米国の航空当局が安全性を確認したことから、欧米にならって解禁する。

常時使用が認められるのは、機内モードに設定したスマートフォンやタブレット端末、携帯ゲーム機、デジタルカメラなど。従来は「発する電波が計器に悪影響を及ぼす恐れがある」として、慎重な操縦が求められる離着陸時は電源を切る必要があった。強い電波を発する通常モードでの使用や通話、携帯電話の通話は、安全性が確認できないため引き続き禁止する。

米連邦航空局(FAA)が昨年10月、電波の影響を防ぐ基準を満たした機種について常時使用を解禁し、欧州航空安全局(EASA)も検討中だ。日本の大手航空会社のジェット旅客機は大半が米ボーイングか欧州エアバス製で、この基準を満たしているという。日本でも、各航空会社がこれらの実機で安全性をテストするのを条件に、常時使用を解禁する。

引用元: 機内でスマホ、常時OKに 今夏解禁、通話禁止は継続:朝日新聞デジタル.

ボーイング777xが同社の歴史始まって以来の大型受注 – Market Hack

ドバイのエアショーでボーイングの777x(トリプル・セブン・エックス)がエミレーツ航空から150機の注文を受注しました。これは760億ドルに相当します。カタール航空も50機、190億ドルの発注をしています。その他、合計すると今回の見本市だけでボーイングは1000億ドルを超える777xの注文を受注しました。納品は2020年頃と予想されています。ボーイングは向こう20年間で1.1兆ドルの777xを受注すると見積もっています。

777xはエミレーツ航空を初めとした中東の顧客の都合を最優先したデザインになっています。例えば砂漠の極めて高い気温の中でもエンジンが過熱することなく安全に離陸できること、また中東の航空会社のルートは長距離が多いので、一回の給油でこれまで以上に遠くへ飛べることなどの性能が要求されます。777xは特殊な合成素材を採用することで翼幅234フィートという、極めて長い主翼を実現しています。

引用元: ボーイング777xが同社の歴史始まって以来の大型受注 – Market Hack.

ディスラプティブなコトをやろうと思えば、ビジネス・エクセキューションがとても大事になる – Market Hack

例として宇宙事業のスペースXを例に出す事が出来ます。同社の創業者、イーロン・マスクは宇宙事業に参入しようという夢を持っていたので、最初、最も安いロケットを持っているロシアから大陸間弾道弾(ICBM)を買おうと思いました。

しかし実際にロシアに商談に行ってみると、安いと言われているミサイルでもイーロン・マスクには高すぎ、これでは採算に合わないことがわかります。

そこでイーロン・マスクはロスアンゼルスのホーソーンで、昔、ボーイングがジャンボジェット(B747)を組み立てていた巨大なハンガーを購入します。

3

そして殆どの部品や部材を自社でデザインし、オリジナル部品を設計する段階から、いままでとはぜんぜん違うコスト意識で図面を引き、既存技術の10分の1と言われる、驚異のプライス・ポイントを実現したのです。

これも「ディスラプティブ・テクノロジーズを実現するためには、先ずオリジナル部品を増やし、エクセキューションに徹する」というクリステンセンの理論を、そのまま地で行く戦略です。

引用元: ディスラプティブなコトをやろうと思えば、ビジネス・エクセキューションがとても大事になる – Market Hack.

ボーイング787 定期便就航後、半年の運航で低燃費と機内快適性が実証されました|プレスリリース|企業情報|ANA

ボーイング787 定期便就航後、半年の運航で低燃費と機内快適性が実証されました|プレスリリース|企業情報|ANA: 787の燃費は、当初のボーイング社の効果予測として、既存機(B767型機)との比較で2割減見込みとされておりましたが、実運航後の比較で予想を上回る約21%の低減を達成しております。