タグ別アーカイブ: ベンチャーキャピタル

CIAが支援する謎のビッグデータ企業 「Palantir」の市場価値は2.5兆円   | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン)

Palantir Technologiesは秘密主義のビッグデータのスタートアップだが、今月4億5千万ドル(約557億円)の資金調達を行ったことがSEC(米国証券取引委員会)へ提出した書類から7月23日に判明した。同社は今回のラウンドで5千万ドル(約62億円)の株を売りたいと考えており、合計で5億ドル(約620億円)を調達する見込だ。

同社に親しい情報元よれば、カリフォルニア州パロアルトに本社を置く同社の時価総額は200億ドル(約2兆5000億円)とのこと。このラウンドに関する報道は以前にBuzzfeedとウォール・ストリート・ジャーナルにより行われ、同社が11月時点で市場価格150億ドル(約1兆8570億円)と評価されたことを伝えている。

CIAのサポートを受け大企業や政府組織向けのデータマイニング・ソフトウェアの開発を行うPalantirは今回の資金調達により世界で4番目に高い市場価値を持つ、ベンチャーキャピタルから資金調達した企業になった。同社はウーバーやシャオミ、Airbnbに次ぐ存在になった。Airbnbは先月のファンディングにおいて15億ドル(約1860億円)の資金を調達した。

今回の資金調達でPalatirの資金調達額は15億ドル(約1860億円)を越えた。このラウンドで誰が出資したのかは依然として不明だ。しかし過去の投資家にはCIAの投資部門のIn-Q-Tel、Founders Fund、Tiger Global Management、それにケニス・ランゴンやスタンリー・ドラッケンミラー等の多くのビリオネアが出資している。

PalantirのCEOのアレクサンダー・カープも、同社の市場価値の増大によりビリオネアとなった人物だ。彼が所有する推定8%の株式は、16億ドル(約1980億円)の価値がある。

Palantirの広報はフォーブスの取材に対し、資金調達についてのコメントを拒否した

引用元: CIAが支援する謎のビッグデータ企業 「Palantir」の市場価値は2.5兆円   | Forbes JAPAN(フォーブス ジャパン).

赤外線でがん狙い撃ち 米研究所、新治療法の臨床試験へ:朝日新聞デジタル

人体に無害な光(近赤外線)を当ててがん細胞を壊す新しい治療法を米国立保健研究所(NIH)の小林久隆・主任研究員らが開発し、患者で効き目を調べる治験(臨床試験)を近く始める。光を受けると熱を出す特殊な化学物質をがん細胞の表面に結びつけ、がんだけを熱で狙い撃ちする。

この治療法は「光線免疫療法」。小林さんらが2011年、マウス実験だと8割でがんが完治したと発表。副作用が少ない新治療法になると注目を集め、オバマ大統領が翌年の一般教書演説で取り上げた。今年4月末、米食品医薬品局(FDA)が治験を許可。通常、動物実験から治験開始まで早くても5年以上はかかるとされており、今回は異例の早さだという。米製薬ベンチャーと組んで準備を進め、新興企業に投資するベンチャーキャピタルなどを通して約10億円の資金も確保した。

治験ではまず、近赤外線を受けて発熱する化学物質を、特定のがん細胞に結びつくたんぱく質(抗体)に結合させた薬を患者に注射する。最初は、首や顔にできる頭頸部(とうけいぶ)がんの患者10人前後で、近赤外線を当てずに副作用などがないことを確認。その後、患者20人前後で、近赤外線を当てて効果を調べる。3~4年後にがん治療薬として米国での承認を目指す。

引用元: 赤外線でがん狙い撃ち 米研究所、新治療法の臨床試験へ:朝日新聞デジタル.

特許を取得したスタートアップ企業は成長の確率が25倍高いというMITの研究について | 栗原潔のIT弁理士日記

スタートアップ企業にとっての特許の価値について、米国ベンチャーキャピタルY-Combinator創業者のポール・グレアムは(だいぶ昔の)コラムで以下のように書いています(抄訳は栗原による)

我々は投資対象のスタートアップ企業に特許出願を勧めているが、それは競合他社を訴えるためではない。スタートアップ企業の成功とは、大企業に買収されるか、大企業として成長するかのいずれかになる。大企業とし成長したいのであれば他の大企業と対抗できる特許ポートフォリオ構築のために特許を取得しておくべきだ。大企業に買収されたいのであれば交渉材料として特許を取得しておくべきだ。

買収側企業がスタートアップ企業のビジネスに興味を持ったときの重要な意思決定は、自社で類似製品を作ってそのスタートアップと競合するか、スタートアップを会社ごと買ってしまうかのいずれの選択肢を取るかだ。この時、スタートアップ企業が強力な特許を持っていれば、この意思決定は「会社ごと買ってしまう」に大きく傾くことになる。「自社で類似製品を作って競合」では特許によるトラブルに巻き込まれることになるからだ。

引用元: 特許を取得したスタートアップ企業は成長の確率が25倍高いというMITの研究について | 栗原潔のIT弁理士日記.

4億5000万ユーザーWhatsAppのエンジニアはたったの32人 「広告なし、ゲームはやらない」貫く – ITmedia ニュース

「450, 32, 1 and 0」。買収発表を受け、WhatsAppに投資していた著名ベンチャーキャピタルSequoia Capitalのジム・ゲッツ氏がWhatsAppの強さを4つの数字を挙げて説明している。 「450」は450 million、つまり月間アクティブユーザーの数。2億ユーザーに到達したのは9カ月前だったが、それから倍以上に増えた計算だ。ゲッツ氏によると4億5000万ユーザーへの到達は「史上最速」という。 「32」はエンジニアの数。同社の開発者は1人当たり1400万ユーザーを支えていることになり、IT業界では前代未聞のレベルだとしている。それでもErlangによって構築されたプラットフォームでは1日当たり500億のメッセージが飛び交い、ダウンタイムは0.1%以下。「ユーザーは電話への信頼と同様にWhatsAppを信頼している」という。 共同創業者のジャン・コウム氏の机には、「広告なし! ゲームはやらない! ギミックいらない!」という張り紙がしてあるという。このポリシーを貫くための数字が「1」だ。同アプリは2年目以降、年額0.99ドルの有料制になるが、わずかな金額を支払うことでユーザーはピュアにメッセージングサービスを利用できるようになっている。 「0」は、WhatsAppが完全に口コミだけで広まったことを示す。同アプリの成功は、マーケテ%2

引用元: 4億5000万ユーザーWhatsAppのエンジニアはたったの32人 「広告なし、ゲームはやらない」貫く – ITmedia ニュース.

ネット印刷通販のラクスル、Wilなど6社から14.5億円を調達 | TechCrunch Japan

ネット印刷通販のラクスルは2月6日、WiLをリードインベスターとして第三者割当増資を実施し、総額14億5000万円を調達したことを明らかにした。割当先はこのほか、グローバル・ブレイン、伊藤忠テクノロジーベンチャーズ、プラス、GMOベンチャーパートナーズ、ミクシィの合計6社。

ラクスルは、日本各地にある印刷会社をネットワークし、各社の非稼働時間を活用することで、低価格な印刷物を提供するサービス。調達した資金をもとに、顧客サポートを強化したり、印刷物デザインやチラシ配布などサービス領域を拡大する。ラクスルによれば、自社のビジネスモデルは海外にはないとしており、グローバル展開も視野に入れている。

今回の資金調達ではベンチャーキャピタルだけでなく、オフィス家具や文房具のプラスやミクシィといった事業会社とも資本・業務提携を実施。プラスとは共同で印刷物を販売したり、ラクスルがプラスの物流機能を活用して配送コストの低減や短納期商品の強化を図る。ミクシィともサービス連携について協議を進めていく。

引用元: ネット印刷通販のラクスル、Wilなど6社から14.5億円を調達 | TechCrunch Japan.

【日本版コラム】アップルに買収された「Siri」が生まれたわけ、技術移転の“秘伝”/ WSJ日本版 – jp.WSJ.com – Wsj.com

精巧な手順に基づいた成功モデル

プロセスは大きく4段階に分かれる。第1段階は「コンセプト」の段階で、市場機会と、その市場が抱えている問題を解決する技術、顧客のニーズなどを分析し、起業候補となる技術の「ネタ」を見つける。これは行けそうだと思ったら、第2段階の「事業化委員会」に進む。ここではSRIが実際に数十万ドル規模の予算を投じ、経営者や専門家を雇って、プロトタイプないしはデモを作製する。6週間おきに事業モデルや顧客への価値提案を見直し、改善させて行く。

第3段階が興味深い。SRIでは「nVention」という、著名ベンチャーキャピタリストを交えた顧問会議を設けている。4-6か月ごとに開かれるこの会議で、SRIは事業化委員会の審査をパスしたプロジェクトを披露する。出席した投資家は最終的に投資するとは限らないが、その技術が世の中で使い物になるかどうか、フィードバックをくれる。顧問会議に参加するベンチャーキャピタルが実際にSRIの会社に投資する確率は20%だというが、ここで良い感触が得られた事業計画は、他の投資家を見つけに外に出る。そして第4段階でようやく会社設立の運びとなる。外部の投資家が見つからない限り、SRIは起業しない。「コンセプト」から会社設立までの期間は9-12か月だという。会社設立時にはSRIは新ベンチャーにIPを提供し、それと引き換えに株式を取得する。

引用元: 【日本版コラム】アップルに買収された「Siri」が生まれたわけ、技術移転の“秘伝”/ WSJ日本版 – jp.WSJ.com – Wsj.com.

旅立ち – 愛の日記

「旗を立ててみて学んだこと」を3つ書いてみます。

ひとりぼっちで、「何かやります」という旗を立てるというのは、いざ自分でやってみるとわりと怖い事です。やばい。惨めに倒れたらどうしようとかいくらでも心配することはあるし。僕はベンチャーキャピタルファンドで多くのすごい起業家たちと時間をともにしてきたけど、いざ自分でやってみると、孤独の中で巨大なビジネスを作り上げていったCEOたちのことを改めて尊敬する。僕もまだまだわかってないけど、いろいろ含めて起業家ってのは根性いるわ。

けど、何かやりたいなら、旗を立てるしかない。立てないと誰も支えてくれない。

僕は旗を支えられるだろうかと心配していたが、それはそもそも間違った心配だった。夢がでかいほど、もとから一人の力ではぜんぜん支えられないのだ。僕ではなく、すごいチーム、すごい投資家といったみなさんが全体として支えられたときに安定して立つのだ。僕の役目は無理して旗を支えることではなかった。旗を立てて、まわりの人たちが勝手に支えたくなるような夢を描くことだった。

引用元: 旅立ち – 愛の日記.

今年1年を振り返って|シリコンバレー日記 ~ベンチャーキャピタル(VC)より~

シリコンバレーの起業家マインドや、それに投資するVC、これを買収して成長を続ける大手企業、健全な株式市場、それら全てが揃って、いろんな製品が生まれてきました。アメリカ経済は終わりだと言う人もいますが、こういったベンチャーの循環がしっかりと機能していたのは、世界広しといえども、アメリカだけです。ヨーロッパ、日本などでも、ベンチャー企業のシステムは、ちゃんと機能しているとは言えません。それ以外の国には、なおさら不可能です。つまり、アメリカがダメになってしまえば、世界中から、革新的な医療機器はしばらく出現しなくなるということを意味します。現存する医療機器の大半は、アメリカで開発されています。それによって、どれだけの人が救われているかを考えれば、人類の発展のためにも、そんなことがあって、良いはずはありません。

引用元: 今年1年を振り返って|シリコンバレー日記 ~ベンチャーキャピタル(VC)より~.

文藝春秋|梅田望夫著「ウェブ時代 5つの定理」|ビジョナリーたちの名言リンク集 第1定理「アントレプレナーシップ」

もしフラストレーションが報酬よりも大きかったら、

そして、失敗の恐れよりも欲のほうが大きかったら、

そして、新しい技術や製品がつくれるのなら、始めよ。

(仕事を)辞めよ、

そして(ビジネスプランを書く道具を)揃え、

(ビジネスプランを)書き、

(ベンチャーキャピタルから)資金を集め、

(新しい会社を)始めるのだ。── ゴードン・ベル

if frustration is greater than reward

and greed is greater than fear of failure

and a new technology/product is possible then

begin

exit(job);

get(tools to write business plan);

write(business plan);

get(venture capital);

start(new company);

end;──Gordon Bell

引用元: 文藝春秋|梅田望夫著「ウェブ時代 5つの定理」|ビジョナリーたちの名言リンク集 第1定理「アントレプレナーシップ」.

ベンチャーキャピタル業界の実態―出資受けた企業の4分3が行き詰まり – WSJ日本版 – jp.WSJ.com

ベンチャーキャピタル業界の実態―出資受けた企業の4分3が行き詰まり – WSJ日本版 – jp.WSJ.com: ダウ・ジョーンズ・ベンチャーソースによると、06~11年にVCによる出資を受けて起業した米企業全6613社のうち、現在非上場で独立経営の企業が84%、他社に買収されたか、上場している企業が11%、廃業した企業が4%、現在新規株式公開(IPO)の申請手続きの企業が1%弱ある。