タグ別アーカイブ: プロ

AirBnB、本家アメリカの規制事情と、日本への状況観察 ( 不動産 ) – アメリカ/米国不動産投資日記 – Yahoo!ブログ

4)実際に儲けているのは、プロの短期貸し運営者ばかり。AirBnBは「ホストとの部屋のシェアで、豊かな旅を」と標榜し、対外的には「庶民が部屋貸しを進める事で、収入の多様化に貢献」というスタンスですが、主収入は一戸まるごと貸しです。また、儲かっているのは3室以上賃貸するプロの運営者となっています。

AirBnB収入内訳?LAでの調査では、部屋貸しのリスティングの52%を占めるが、収入の11%足らず。3室以上運営するプロの短期貸し業者の部屋はリスティングの6%程度だが、総収入の35%を占める。

AirBnBのシェア革命での儲けの大半は資本家に NYT http://nyti.ms/1tBgg5T NY州政府調べだと、AirBnBで収益の半分程度は3部屋以上貸出する「プロ」の資本家だそう

引用元: AirBnB、本家アメリカの規制事情と、日本への状況観察 ( 不動産 ) – アメリカ/米国不動産投資日記 – Yahoo!ブログ.

Windows上のFirefoxユーザはプラグインなしでNetflixを見られるようになった | TechCrunch Japan

そこでFirefoxの最新バージョンでは、HTML5がPremium Video Extensions(有料ビデオを見るためのHTML5の拡張)をサポートしている。それによりNetflixは、コンテンツプロバイダにDRMによる保護を提供できる。またビデオのストリームを可利用な帯域に合わせることもできる。同社はAdobeと密接に協力し、Mozillaの<video>タグがAdobeのPrimetime Content Decryption Module(CDM)を使って、Netflixを視聴できるようにした。

というわけで今のFirefoxはDRMソリューションありになったが、DRMのないバージョンをインストールすることもできる。しかし今やPrimetime CDMがデフォルトでインストールされるのだから、よっぽどのDRM批判者でないかぎり、わざわざそうする人はいないだろう。

引用元: Windows上のFirefoxユーザはプラグインなしでNetflixを見られるようになった | TechCrunch Japan.

Kevin Esvelt がメディアラボに着任 – Joi Ito’s Web – JP

CRISPRジーンドライブを用いれば、既存の生物のゲノムを編集して以後の子孫に強制的に変更内容を受け継がせることが可能になる。これにより、例えば、蚊を野生に放って時間をかけて野生の蚊がマラリア、デング熱その他の病気を媒介できなくすることができうるのだ。それ以外にも、ライム病をマダニに媒介するネズミに恒久的な免疫をもたせることで根絶を図ったり、住血吸虫症の原因である住血吸虫症を一掃したり、害虫・害獣が作物を食べたがらないようにプログラミングすることで有害な農薬の必要性を軽減できるかもしれない。

ご想像いただけるかと思うが、利点が多々見込まれる一方で、かなりの懸念と、いくつかの現実的リスクも伴うものだ。これらの技術をどのように実用化するかという点に加え、Kevinが取り組んでいる要素のひとつに、研究段階での事故が環境に影響するのを防ぐ安全技術、および、編集内容の効果を解除したい場合に投入できる「取り消し」版の開発が挙げられる。

引用元: Kevin Esvelt がメディアラボに着任 – Joi Ito's Web – JP.

Windows 10 (バージョン 1511) における Sysprep 実行時の注意点 – Ask CORE – Site Home – TechNet Blogs

通常クリーンインストールを行った場合、上記の説明通り、新規ユーザーが初回ログオンする際には、OS 既定のプロビジョニング パッケージをもとにユーザーごとのパッケージが生成され、ユーザーにストア アプリがインストールされる形になりますので、端末ごとにプロビジョニングされたパッケージとユーザーにインストールされたパッケージの整合性とれている状態になります。この状態で Sysprep を実施すれば問題ありません。

しかし、マスター イメージ作成中に、インターネットに接続可能な状態にしておくと、前述のおすすめのアプリ (たとえば Candy Crush Soda Saga) が自動インストールされ、かつ、これらのアプリは OS 既定のプロビジョニング パッケージには含まれていないため、プロビジョニングされていないパッケージがユーザーにインストールされているということで、Sysprep の実行に失敗いたします。

引用元: Windows 10 (バージョン 1511) における Sysprep 実行時の注意点 – Ask CORE – Site Home – TechNet Blogs.

Google ウェブマスター向け公式ブログ: HTTPS ページが優先的にインデックスに登録されるようになります

この流れの一環として、Google は、より多くの HTTPS ページを探すよう、インデックス システムを調整していることをお知らせします。具体的には、HTTP ページに対応する HTTPS ページのクロールを開始します。これは、対応する HTTPS ページがどのページからもリンクされていない場合にも対象となります。同じドメインの 2 つの URL が同じコンテンツを掲載していると思われ、かつ、両者が異なるプロトコル スキームで配信されている場合、通常、以下の条件を満たしていれば HTTPS URL を選択してインデックスに登録します。

セキュアでない依存関係が含まれていない。

robots.txt によってクロールがブロックされていない。

セキュアでない HTTP ページに(または HTTP ページを経由して)ユーザーをリダイレクトしていない。

HTTP ページへの rel="canonical" リンクが含まれていない。

noindex robots メタタグが含まれていない。

同一ホスト上の HTTP ページヘのリンクが含まれていない。

サイトマップに HTTPS URL が掲載されている(または URL の HTTP バージョンが掲載されていない)。

サーバーに有効な TLS 証明書がある。

Google のシステムではデフォルトで HTTPS バージョンが優先されますが、HTTP サイトを HTTPS バージョンにリダイレクトしたり、サーバー上に HSTS ヘッダーを実装することで、他の検索エンジンでも HTTPS バージョンを明示的に優先させることができます。

引用元: Google ウェブマスター向け公式ブログ: HTTPS ページが優先的にインデックスに登録されるようになります.

木更津市:ロケの木更津PR、市がサービス開始へ 撮影場所の情報提供など /千葉 – 毎日新聞

木更津市は12日、映画やドラマ、CM、プロモーションビデオ(PV)などの撮影を誘致する「木更津ロケーションサービス」をスタートさせる。撮影場所の情報提供などを行い、木更津の魅力を全国に発信する。

東京湾アクアラインで都心から1時間の好アクセスで、映画などの撮影が年々増加している。市によると、2008年は26件だったのが、11年は141件、昨年は248件、今年も6月現在で128件を数える。

これを受け、市観光振興課は「これまで以上に、市の豊かな自然や歴史を感じさせる町並みをPRし、ロケ・観光地の木更津を広くPRしたい」と、映像支援に本腰を入れることにした。

具体的には、ホームページをリニューアルして撮影場所のライブラリーを構築するとともに、過去の市内撮影作品をアルバム形式で紹介する。また、映像製作者の9割が利用するとされるロケ地検索サイト「ロケなび!」への情報掲載やエキストラの公募なども始める。

市はサービススタートにあたり、専門家を招いたセミナーを開く。12日午後1時から、木更津市中央1の中央公民館1階大ホールで、参加無料。

引用元: 木更津市:ロケの木更津PR、市がサービス開始へ 撮影場所の情報提供など /千葉 – 毎日新聞.

ASCII.jp:最高99%の正答率、ハトによる乳がんの発見方法が開発される

米アイオワ大学は11月18日、断層撮影画像から乳がんの病巣を発見するのにハトが使えることを発見した。

乳がんはX線マンモグラフィーなどによる定期検診で発見できるものの、早期の乳がんは経験を積んだ医者にとっても診断が難しく、専門の訓練を必要とされるほど。一方、鳥類の視力は上空から草むらの上にいる小さな昆虫を見つけるなど、単に視力が良いだけではなく、思いもよらないほどの画像解析能力を発揮することがある。

研究では、8羽のハト(Columba livia)をケージに入れ、乳がんの病理学サンプル画像をスライドで映写。腫瘍画像をつついたときには餌が与えられるという訓練を施した。さまざまな乳がんのサンプル画像を用いてトレーニングを行なったところ、ハトたちは15日間で平均85%の正答率を記録した。また、とくに成績の良かった4羽は30日後に最高99%の正答率を出したという。

訓練に用いた乳がんの画像(3種類の拡大率、回転させた画像、モノクロ画像なども用いている)

単にハトの視覚が診断のサポートに有用というだけではなく、彼らがどのように複数の画像から病巣を判断しているかは、コンピューターにより画像解析プロセスの向上にも役立つという。

引用元: ASCII.jp:最高99%の正答率、ハトによる乳がんの発見方法が開発される.

ASCII.jp:不正広告3700サイトの衝撃!トレンドマイクロが現状を説明

インターネット広告は広告を出稿する広告主、広告を配信するアドネットワーク、広告枠を販売する媒体社によって成立している。広告主とターゲットと期間を指定し、広告を出稿すると、アドネットワークでは広告を審査した上で、秒単位で表示広告と表示先のサイトのマッチングを実行。ターゲットや期間にあわせた広告が媒体社に配信されることになる。しかし、広告配信を行なうアドネットワークには数多くの流通業者が介在しており、広告主と媒体社の意向を反映し、刻一刻と広告と掲載サイトが変化する。こうした複雑でリアルタイムなアドネットワークの中で、不正広告の混入を探すのは至難の業になる。

複雑なアドネットワークにある不正広告を検出するのはきわめて難しい

こうした中、トレンドマイクロとしては広告混入の原因を2つ考えている。1つ目は、外部からの不正アクセスにより、正規広告が改ざんされるパターン。実際、遠隔操作型の不正プログラムに感染した海外の事例では、広告配信ネットワークのサーバーへの不正アクセスから行なわれたという。2つ目は審査を回避して不正広告を正規手続きで出稿してしまうパターンだという。後者の場合、正規手続きで不正広告が混入してしまうので、より検知が難しい。

トレンドマイクロが推測する不正広告混入の原因

攻撃側としても、不正広告を使うのはメリットが大きい。そもそも広告を表示させただけで、複数のサイトから攻撃サイトに誘導できるほか、Webサイトを改ざんするより、攻撃範囲を拡大できる。また、前述したように複雑なアドネットワークでは、不正な広告の追跡が難しいというのも攻撃者のメリット。「Webサイトの改ざんよりも容易に攻撃を仕掛けられる。広告の仕組みを悪用することで、攻撃をターゲッティングすることも可能になる」と森本氏は指摘する。攻撃時期や表示サイトなどをコントロールでき、攻撃者側も詳細にターゲティングできる。まさに広告の仕組みを悪用することで、効率性の高い攻撃が行なえるわけだ。

引用元: ASCII.jp:不正広告3700サイトの衝撃!トレンドマイクロが現状を説明.

マーケター必読! ミレニアル世代の高所得者「ヘンリー」5つの実態 | DIGIDAY[日本版]

まず「ヤッピー」(若い都会派プロフェッショナル)が現れ、続いて「ディンクス」(子どものいない共働き夫婦)」が出現した。そして今度は、経済的にゆとりがある1980年から2000年までに生まれたミレニアル世代の「ヘンリー」(Henry:high earning not rich yet=まだ富裕層とはいえない高所得者)の登場だ。

アメリカ合衆国国勢調査局によると、ミレニアル世代は1982〜2000年に生まれた若年層で8310万人。このうち44.2%が非白人の少数派となり、ヒスパニック系がこの少数派の半数にあたる50.2%を占める。

大半のミレニアル世代は、まだ購買力のピークに達していないかもしれないが、この世代の「ヘンリー」は、経済に対する影響力が大きいサブグループとして浮上してきた。金融大手ゴールドマン・サックスの最近の調査によると、ミレニアル世代の世帯はすでに、1兆ドル(約120兆円)相当以上の金融資産を管理しているようだ。

引用元: マーケター必読! ミレニアル世代の高所得者「ヘンリー」5つの実態 | DIGIDAY[日本版].

米無人機、殺害した9割以上が「標的ではない」:「第2のスノーデン」のリーク « WIRED.jp

ニュースサイト「The Intercept」は10月15日(米国時間)、アフガニスタンやイエメンなど諸外国の標的を殺害することを目的とした米国の無人航空機(UAV)攻撃に関連する新たな文書を公開した。

無人機作戦を行っているCIAと統合特殊作戦コマンドに関するこの暴露には、例えば、2012年の5カ月間における米国無人機による殺害のうち、実に90パーセントがもともとの標的以外の人々だったこと(北アフガニスタンでは155人が無人機で殺されたが、そのうち標的とされていたのは19人であり、残りの136人については「EKIA(enemies killed in action)」と分類されていること)や、誰を攻撃対象にするかを米国政府が選ぶ恐ろしいプロセス(個人ターゲットのプロフィール情報リストは「ベースボールカード」と呼ばれていた。また、攻撃は携帯電話のSIMカードを対象として行われることが多い)や、最終的には大統領へとつながる承認の指揮系統の詳細を示す一次証拠などが含まれている。元英国民だった人物が、彼を捕獲する機会はたびたびあったにもかかわらず、無人機による攻撃で殺害されたという情報もある。

Interceptは、エドワード・スノーデンが所有する国家安全保障局(NSA)の文書の残りを分析・発表することを目的のひとつとして開設されたメディアだ。開設には、スノーデン・レポートを『ガーディアン』紙に掲載したジャーナリスト、グレン・グリーンウォルドらが関わっている。

引用元: 米無人機、殺害した9割以上が「標的ではない」:「第2のスノーデン」のリーク « WIRED.jp.