タグ別アーカイブ: プロバイダー

アフィリエイト、報酬申告を…2千万所得隠しも (読売新聞) – Yahoo!ニュース

インターネットサイトに広告を掲載する「アフィリエイト」で報酬を得ている個人に対し、国税当局がプロバイダーを通じて税務申告を促す取り組みを始めた。

アフィリエイトは手軽な副業として全国で100万人以上が手がけているとされるが、意図的に収入を隠す人が後を絶たないためだ。税務調査で2000万円を超える所得隠しが発覚したケースも出ている。

「税務署にばれるはずがないと思っていた。突然の調査はショックだった」。東京都内の男性(50)が振り返る。

男性の自宅をスーツ姿の男たちが訪れたのは2011年10月。勤務先の会社にいた男性は、妻からの連絡を受け、すぐに税務署に電話した。「パソコンでお仕事をされていますよね」。税務職員の一言で、「全て知られている」と悟った。

男性は当時、副業のアフィリエイトで年間200万~250万円の報酬を得ていたが、申告していなかった。税務署は、通信費などの経費を差し引いた所得が2年間で計約350万円に上ると指摘。男性は無申告加算税などを含め、約90万円を追徴課税された。

男性は「妻の実家に頭を下げて、やっと納税資金を工面した。恥ずかしい思いはもうしたくないので、その後は毎年ちゃんと申告している」と話す。

業界関係者によると、アフィリエイトを手がける人は「アフィリエイター」と呼ばれる。ネットの普及で市場規模が拡大し、アフィリエイトの広告費は年間1500億円に上る。アフィリエイターの中には年間2000万~3000万円の報酬を得る人や、スタッフを雇って1億円超を稼ぎ出す人もいるという。

アフィリエイトの報酬は「事業所得」や「雑所得」として申告する必要があるが、会社員や主婦が副業で行うことが多く、申告を怠る人も少なくない。そのため、税務調査で申告漏れを指摘され、追徴課税を受けるケースが相次いでいる。

引用元: アフィリエイト、報酬申告を…2千万所得隠しも (読売新聞) – Yahoo!ニュース.

(3/3)「Internet of Everything」支えるネットワークの中核には、新しいカテゴリーのルーター必要—サービスプロバイダーネットワーキンググループ シニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャー スリヤ・パンディティ 氏:ITpro

NCSとCRSでは、当社製品で始めて「シリコンフォトニクス」を採用した。これは「CMOSフォトニクス」とも呼ばれており、デジタル論理回路に使われるCMOSプロセスで光デバイスを製造し、LSIに集積する技術だ。2012年に買収した米ライトワイヤーの技術をベースとしている。

この技術により、非常に小型で消費電力も小さい「CPAK」という100ギガビットイーサネット(100GbE)モジュールを開発できた(写真3)。

現在業界で一般的に使われている100GbEモジュールの「CFP」は、とてもサイズが大きい。また、消費電力も約25W程度になる。これに対し、CPAKでは7.5W以下に消費電力を抑えることに成功した。

CPAKは、標準化された仕様ではなく、シスコの独自規格か。

まず確認しておきたいのは、あえて独自の道を歩みたいということではない。利用できる標準規格があれば、それを推進し、積極的に採用していく立場だ。ただ、我々がNCSやCRSに必要と考えている集積度や省電力性能を満たす標準仕様が存在しなかったため、自社で開発することにしたのだ。

引用元: (3/3)「Internet of Everything」支えるネットワークの中核には、新しいカテゴリーのルーター必要—サービスプロバイダーネットワーキンググループ シニアバイスプレジデント兼ゼネラルマネージャー スリヤ・パンディティ 氏:ITpro.

国内ではクラウド、BPMスイート、グリーンITなどが「幻滅期」、ビッグデータやモバイルは「過度な期待」のピーク、ガートナー国内版ハイプサイクル - Publickey

ビッグデータについては、ガートナーは次のように説明しています。

一般に取り上げられるビッグ・データは、流通・小売りにおける消費者の行動や嗜好に関するものが多く、他業種では参考にならないという声が多いと同時に、個人情報の適正な取り扱いについても議論の余地がある状況です。このため、ビッグ・データは典型的な「過度な期待」のピーク期にあると評価しています。

クラウドについては幻滅期は決してネガティブではなく、冷静に受け止められてきている状態になってきたとのこと。

ユーザー企業であればクラウドでコスト削減が必ずできる、またプロバイダー企業であれば、クラウドで必ず儲かるといった「過度な期待」の時期が過ぎ、冷静な判断が行われるようになってきていることを意味します。多くの企業が引き続きクラウド・コンピューティングに期待していますが、議論と実践はより地に足の付いたものとなってきています。ここでは本物と偽物が区分されることになるため、クラウドを標榜する多くのプレーヤーは戦略の見直しが必要になっています。

エンタープライズ・ソーシャルは、漠然と導入したものの根付いていない点が幻滅期へ向かうところだと指摘。

エンタプライズ・ソーシャル・ソフトウェアは、「過度な期待」のピーク期を過ぎ、幻滅期に向かっています。これは、ピーク期に多くの企業が社内コミュニケーションの活性化のために漠然と導入してはみたものの、一部の参加者が趣味や遊びなど特定の話題に終始し、企業の改善活動のベースとなる「談論風発」ツールとして根付くまでには至っていないためです。「導入後は利用者任せ」ではうまくいかないのが、このソフトウェアの特徴です。

引用元: 国内ではクラウド、BPMスイート、グリーンITなどが「幻滅期」、ビッグデータやモバイルは「過度な期待」のピーク、ガートナー国内版ハイプサイクル - Publickey.

パブリック・クラウドからプライベート・クラウドへ: なぜ移行するのか

どのような場合にプライベート・クラウドを検討すべきか

パブリック・クラウドからプライベート・クラウドへ切り換えることで、組織にメリットがもたらされるシナリオを以下に記載します。
シナリオ 1: 急速な成長

買収、合併、市場の変化などにより、中小企業が急速に大規模な組織へと成長する場合があります。このような組織は、プライベート・クラウドを使用することにより、新たに拡張されたネットワークやインフラストラクチャーを制御することができます。
シナリオ 2: 契約の解除

パブリック・クラウド・サービスがサービスの提供を取りやめる場合や、サービスの停止が非常に多い他のパブリック・クラウド・プロバイダーに買収された場合など、組織はパブリック・クラウド・サービスの契約を解除せざるを得ない場合があります。プライベート・クラウドを使用することにより、組織は内部ユーザーにクラウド・サービスを提供し続けることができます。
シナリオ 3: 新しい技術

組織は、パブリック・クラウド・サービスにはない新しいハイパーバイザー技術をテスト、インストール、デプロイしたい場合があります。プライベート・クラウドを使用することにより、組織は仮想サーバー上でのパブリック・クラウド・プロバイダーの制約を超えることができます。
シナリオ 4: フェイルオーバー計画

組織は、データ・センターのフェイルオーバーやスケーラビリティーに関して、パブリック・クラウド・プロバイダーが使用しているアルゴリズムよりも効果的なアルゴリズムをテストしたい場合がありますが、クラウド・プロバイダーのアルゴリズムをテストすることは許可されていません。プライベート・クラウドでは、組織はフェイルオーバー・アルゴリズムを制御することができます。
シナリオ 5: しきい値レベル

組織は、パブリック・クラウド・プロバイダーが交渉する意思を持たないしきい値レベルをテストしたい場合があります。例えば、パブリック SaaS プロバイダーは、SaaS 契約者としての組織と、ユーザーしきい値レベル、データ・リクエストしきい値レベル、リソースしきい値レベルの変更に関して交渉することはありません。またパブリック PaaS プロバイダーは、PaaS 開発者としての組織と、マルチスレッドしきい値の変更に関して交渉することはありません。プライベート・クラウドを使用することにより、組織はしきい値レベルの設定を制御することができます。
シナリオ 6: コンプライアンス要件

組織はインフラストラクチャーの構成、およびコンプライアンスに関し、特定の要件を満たさなければなりません。プライベート・クラウドを使用することにより、大規模な金融機関や連邦政府機関はそれぞれに対する要件を満たすことができます。
シナリオ 7: SLA 管理

組織は、SLA 同士の直接的な関係および間接的な関係についての管理を、もっとわかりやすいものにして、不必要な SLA を排除したい場合があります。プライベート・クラウドを使用することにより、組織は SLA 同士の関係を把握しやすくなります。パブリック・クラウドの契約者としての組織は、そうした関係を見たり利用したりすることはできません。
シナリオ 8: データ分析

組織は、データを分析して有用な情報を得たい場合があります。

引用元: パブリック・クラウドからプライベート・クラウドへ: なぜ移行するのか.

NASA、クラウドコンピューティングのセキュリティ慣行に問題–報告書が指摘 – CNET Japan

不適切な慣行を示すいくつかの例として、NASAが最高情報責任者(CIO)室へ通知しないまま、データをパブリッククラウドに移行することや、クラウドコンピューティングのITセキュリティリスクに「十分対応」していない請負業者と提携することなどが挙げられる。ある事例では、無許可、あるいはセキュリティ計画やテストシステムを実装しないまま、データがパブリッククラウドに2年間保存されていた。さらに、NASAの内外のウェブサイト100件以上に適切なセキュリティ管理が施されていなかった。 「こうした問題が起きたのは、NASAのCIO室が適切な監視権限を持たず、クラウドコンピューティング固有のリスクを緩和する契約の締結に時間がかかり、クラウドプロバイダーにNASAのITセキュリティ要件を確実に履行させるための対策を実施していなかったためである」(報告書) 報告書によると、NASAはクラウドホスティングに関する契約を5件結んでいたが、いずれもデータセキュリティ要件の順守からは「ほど遠かった」という。

引用元: NASA、クラウドコンピューティングのセキュリティ慣行に問題–報告書が指摘 – CNET Japan.

マルチ・クラウドを活用する組織が、大勢を占めるようになってきた | Agile Cat — in the cloud

66% の組織が、2〜5 社のクラウド·プロバイダーを操作し、79% の組織が、少なくとも 2社以上のベンダーを利用している。

33% の組織は、マルチ・クラウドサービスをまたぐ、シングル・サイン・オンを開発していない。

21% の組織は、クラウド·ベンダーと交渉せずに、そのままの SLAを受け入れている。

19% の組織は、クラウド・アプリケーションの性能が、自身のオンプレミス・アプリを上回ると発言している。

引用元: マルチ・クラウドを活用する組織が、大勢を占めるようになってきた | Agile Cat — in the cloud.

Fairphone – 社会にやさしいスマートフォン | 秋元@サイボウズラボ・プログラマー・ブログ

(紛争地域ではない)コンゴ民主共和国産のスズ・タンタラムを使用

工場従業員の昇給や作業環境改善を意識した中国の工場で生産

売り上げの一部を発展途上国の電子製品ゴミ回収に寄付

将来は古くなったFairphoneの中古買取を計画

SIMの二枚挿しが可能 – プロバイダー選択の自由度や、発展途上国での長期利用に貢献

バッテリーは自分で取り外して交換可能 – 長期利用やリサイクルにもつながる

ルート権限開放 – 好きなOSを入れられる

制作・コストの透明化 – 部品代や部品メーカーの内訳を出来る限り公開

引用元: Fairphone – 社会にやさしいスマートフォン | 秋元@サイボウズラボ・プログラマー・ブログ.